自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. 下鴨店TOP
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

ポークカレー

2018年12月17日 

今朝は雨上がりということもあって雲が多く暗かった。

このところ、なんだか天気がイマイチだが、だからと言ってしっかりと降るわけでもない。

もうちょっと降るときはしっかり降って、晴れるときはスキっと晴れてほしいものなのだが、なかなかそうはいかないですねぇ・・・

 

さて、年末は何かと集まりが多いものだが、今週は造形芸大店でも夕方から貸し切りで忘年会のご予約を頂いている。

単に貸し切り営業ということであれば、そんなに珍しいことではないのだが、今回はお客様のリクエストもあって、食事のメインにカレーを入れることになった。

で、久しぶりに私のレシピノートを引っ張り出してきて、先日はマラバール風のカレーを作ってみたが、我ながらけっこう上手くいった。

そして、もう一つ野菜カレーを作ろうと、自宅で試作をしてみたのだが、途中からポークカレーに変更。

インドカレーのレシピって、チキンやマトンのカレーはいろいろあるのだが、ポークカレーと言うとゴア地方のポークビンダルー程度しか思い浮かばない。

なので、味覚のイマジネーションを膨らませて、オリジナルレシピで作ってみた。

スターターマサラに、クミンシード、シナモン、グリーンカルダモン、クローブ、ベイリーフが入るオーソドックスな北インド風。

玉ねぎを色づくまで炒めて、ニンニクと生姜を投入、トマトを加えてパウダースパイスはコリアンダーにターメリック、レッドチリ、スターアニス。

だけなら、ごくフツーの北インド風カレーなのだが、実はそこにブルーベリーと刻んだプルーンも加えてみた。

このほんのり甘みが、ポークとよく合って普通に美味しく食べられた。

次回は、もうちょっと改良してみよう。

でも、次回ポークカレーを作る前に、こんどの貸し切り営業、久しぶりに大勢の方に私のオリジナルカレーをお召し上がりいただくことになる。

注文していたバスマティライスも届き、これで準備万端。

皆さんに楽しんでいただけたらいいなぁ・・・

続けざまに

2018年12月16日 

最近、造形芸大店では週末ランチの立ち上がりが遅い。

ヴェルディ造形芸大店では11時から「本日のヴェルディプレート」や「パスタ」「カレー」といったランチメニューを提供開始するのだが、夏の土日などは11時30分頃からぼちぼちお客様がおいでになりはじめ、12時~12時30分にピークを迎えるのに、このところ席がお客様で埋まり始めるのは12時半ごろでピークは13時前後ということが多い。

こちらは本日のヴェルディプレート

やはり、日が昇るのが遅くなって、さらに朝が寒いと週末はなかなか布団から抜け出せず、昼食も遅くなるってことだろうか。

今朝も、寒くて暗かった。

さて、一昨日は今シーズン初めての鍋焼きうどんをそば鶴さんで頂いたが、なんか食べてみると、また無性に食べたくなって、夜にふらっと立ち寄ったのが、「早ようて安すうて美味しいしはやし」の食堂はやしさん。

こちらはキムチなべ焼きうどん。

キムチとえのきだけと、ネギ、白菜、もやし、牛肉、ウインナー、卵が入っていて800円は、なかなかコストパフォーマンス高いと思う。

半分口の中をやけどしながら、全くもって私の好みではない、やわらかいうどんを食べると、「あぁ冬だなぁ」という気分になる。

次はどこで食べようかな。

今年初の

2018年12月14日 

今朝はいつもより30分早く起きて、ウォーキングではなく車で京都駅方面へ。

以前からお誘い頂いていた「朝会」というものに参加をさせて頂いた。

単なる名刺交換会かと思っていたら、なかなかしっかりと組織化された会で、話を聞いていると面白いビジネスチャンスがあるかもしれないという雰囲気。

こういう異業種交流会のようなものに最近よく誘われるが、概ね名刺交換をしてたわいもない話をして、戻ったら不要な名刺の山ができるだけということも少なくない中、ちょっと気になる「朝会」であった。

 

さて、そんな今日は、夕方から貸し切り営業が入っていたので、早めに配達周りをして店に戻って準備をしようと思っていたら、存外に早く配達が終わったので、塩釜さんで蕎麦でも食べようかと東大路を北上していたら、曼殊院道のところで、そば鶴さんの前にまだ『営業中』の看板が出ていたので久しぶりに入ってみた。

 

実は、「ぶっかけ」を食べようかと思っていたのだが「鍋にしますか?」と聞かれたので、それではこの冬初の!ってことで鍋焼きうどんを頂いた。

ぐつぐつと泡立って出てくるド迫力の鍋焼きうどん。

ちょっと湯気がおさまったところで。

海老天、しいたけ、おあげ、こんぶ、鶏肉、たまご、餅の入ったボリューム満点の一品。

冬はこういうのがいいですねぇ。

これを見たら、カミさんも「私も食べたい」と言いそうなので、こんど隙を見つけてまた食べに行くことにしよう。

なんだかほっこり

2018年12月13日 

来年の2月終わりか3月あたりまで、朝のウォーキング中はほぼ真っ暗なのだが、今朝歩いていたら前方でいつもすれ違う時に朝の挨拶を交わす私より一回り以上は上と思しき女性三人組が、これまたよく朝に見かける年配の男性と立ち話をしていた。

ここまではよく目にする光景なので何とも思わなかったのだが、すれ違いざまに4人の会話が耳に入ってきた。

女性:「もう顔も見えないけど、だいたいシルエットと歩き方で誰かわかるわよねぇ」

男声:「毎日見てるしなぁ、まぁ、分かるわな」

女性:「そうよね」と言いつつ私の方を見て「あ、ほれ、あの人、ひげおじさんやんね」と言ってから私に向かって「おはようございます!もう、真っ暗やねぇ」

私:「おはようございます、そうですねぇ」とかえしつつ、私は彼女たちに【ひげおじさん】と呼ばれていることが判明した今朝であった。

今朝も、雲間から少し光はもれているものの暗い朝であった。

 

さて、今日は午後から一件打ち合わせ。

来週の金曜日に珈琲の出張サービスをすることになったので、空いてご担当者との打ち合わせをしつつ、その会場の配置や設備の確認をしに行ってきた。

今回は、シンポジウムのコーヒーブレイクとパネルセッョン時のコーヒー提供で、一日で500杯のご契約を頂いたので、さすがに一人ついて提供の陣頭指揮をとらねば。

ということで、現地を見に行ったのだが、たまに岩倉方面へ行ったとき、「こんなところにこんな研究所があるんだ」と思っていた場所で、まさかコーヒーを提供することになろうとは・・・

いつもは、施設の入り口の前を素通りしていただけだが、実際に中に入ってみると、なかなかいい眺めだった。

シンポジウムにご参加になった方々が、良いブレイクできるようしっかり準備して頑張ろう。

今年の漢字…

2018年12月12日 

こんにちは、土田です。

「今年の漢字」にびっくりです。
確かになぁとは思いつつも、やっぱりもう少し明るいのがよかったなぁ、と。

2019年は明るく穏やかな年になって欲しいですね。

と…なんだか年越しのようなことを書いてしまいましたが、まだちょっと早いですよね。

今年も店内にスタッフ手作りのリースを飾っております。

お客様からお褒めの言葉をちょうだいすることも多く、嬉しいです。
ありがとうございます。

店頭のお花もリニューアルしました。

ぜひご覧くださいませ。

寒さにめっぽう弱いコーヒーの木は、店内に移動中です。
去年の冬はあまりの寒さに葉っぱがたったの一枚になってしまい、もうダメかと思いました。
今年は暖冬らしいので、なんとかもう少し元気に越冬して欲しいです。

お歳暮とクリスマスギフトが重なる時期に入りまして、通信販売など発送のご注文を多くいただいております。

お日にちに余裕を持たれてご注文いただけましたら幸いです。
何卒よろしくお願い申し上げます。

いよいよ冬本番の寒さになってまいりましたので、皆様ご自愛くださいませ。
明日もご来店お待ちいたしております。

サボってしまった。

2018年12月11日 

ちょっと暖かい日が続いたと思ったら、ここ数日は随分と寒くなってきた。

朝は真っ暗

街中へ出る機会の多い方は、もうすっかりクリスマスモードなのだろうけど、下鴨とか上終町あたりに一日中いると、あまりクリスマスという感覚がない。

でも、もう師走なんですよねぇ・・・

 

さて、昨日は日記を書こうと思ってパソコンをつけたものの、起動中にちょっとテレビを見ていたらそのまま寝てしまい、気が付いたらテレビの前のソファーで寝込んでいた。

そんなわけで、昨日は日記をサボってしまった。

で、今日は自宅待機の一日。

と、言うのも、現在自宅で使っている高速回線が来年1月をもってサービス終了ということで、今月中にフレッツ光ネクストというサービスへの変更工事をする必要があると言われ、今日はその工事が入ることになっていた。

てっきり、自宅まで光ケーブルがきていると思っていたのだが、その光ケーブルを引き込むところから工事があるということで、とりあえず工事終了まで自宅にいなくてはならず。

休みを一日無駄にした気はするが、無事回線も切り替わり、来年以降もちゃんと電話とWifiが使える。

少し前まで、電話工事と言えば通話用の電話のことだったが、今となっては言葉で会話をする電話以上に、 Wifi 用途の方が重要になっている。

時代の変化をちょっと感じた電話工事であった。

10 / 163« First...89101112...203040...Last »

このページの先頭へ