自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. 下鴨店TOP
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

行ってみた

2020年9月22日 

今日は祝日だったので下鴨店は営業、芸大店は火曜日なのでお休み。

そんなわけで、少しだけゆっくり寝て、7時過ぎから鴨川へ。

昨夜カリーを食べてしまったので、今日はバシッとカロリー消費しなくては!

ってことで、朝から五条まで。

好天の下、気分よく歩けた。

昼間は少し用事があったので、外に出たり家にいたり。

そして、夕方からは再び鴨川へ。

夜もいい感じに晴れていた。

さて、毎晩ウォーキングをしていて気になっていたラーメン屋さんが一軒。

このお店は不定休なようで、「今夜は入ろう」と思った日に限ってなぜか休んでいたり、満席だったりでなかなか行けず。

今夜はもし開いていて、空席があったら入ろうという強い決意をもって、ポケットに2000円だけ入れて歩き始めた。

で、

開いてたので入ってみた。

餃子と

ラーメンの並。

しょうゆラーメンで、黒豚チャーシューがウリのようだった。

アップで。

そんなわけで、とりあえず念願成就。

個人的には、もうちょっとあっさりした方が良いので、通おうとは思わないが、こういうしょうゆラーメンが好きな方は多いような気がする。

かなり塩っ気が強いが、東京にいたころに食べたような味で、けっこう懐かしく思いながら帰路についた。

継続は

2020年9月21日 

今朝も涼しかった。

この連休中、おかげさまで多くのお客様にご来店頂き、特に下鴨店は席数が少ない中、お待ちいただいた方も少なくないはず。

ご来店下さったお客様、本当に有難うございました。

そんな今日は、ランチタイムを終えたら、私は先に上がらせて頂き、娘たちのバレエの発表会を見に行ってきた。

今年はコロナの影響で、本来だと3月に行われるはずだった「くるみ割り人形」全幕上演の発表会は10月に延期。

9月は一つの演目を皆で上演するのではなく、各々が踊りたいヴァリエーションを披露するもの。

今回の発表会は、次女にとって17年間やってきたバレエのラスト舞台。

学校が忙しかったり、就職活動があったりで、私が認識している限りでは2~3回しか練習をしていないようにも見えたので、本当に踊れるのか心配していた。

が、やはり17年間打ち込んできた凄さと言うか、現役バリバリの人たちと同じレベルで激しい踊りはできないものの、本当に基本的な部分、伸ばすところは伸ばし、止めるところはピッタリ止め、回るときに芯がぶれなければ素人目にはバッチリ決まって見えるからすごいもの。

演じているときの顔を見れば、トチったことはわかるものの、素人目にはどこをどうトチったのか分からないレベルに仕上げていた。

親バカではあるが、これで彼女の踊りが見られないのはちょっと寂しい気もする一夜であった。

発表会の後は、だいたい恒例となっているヌーラーニへ。

いつもだと、いろいろととってシェアするところ、今回は一応コロナのこともあるので、各々が好きなカリーを注文して頂いた。

サラダ

マトンチェチナード

美味しく頂きました。

けど、カリー食べたら翌日は、動いて食事制限して頑張らねばならない。

明日はあさからたくさん歩こう。

秋めいてきた

2020年9月20日 

今朝も肌寒いほどの気温。

連休と言うこともあってか、朝の鴨川はいつも見ない人がおおく散歩していた。

そんな秋の気配を感じる連休中の日曜日。

おかげさまで、下鴨本店も芸術大学店も、多くのお客様にご来店いただき、皆様に珈琲をお楽しみ頂いた。

慌ただしく一日を終え、ふと外を見たらちょうど夕日が沈むころ。

雲の合間から日没を見ていたのだが・・・

太陽が西の山に沈んだ後、なんだか空がすごい色になっていた。

で、外も暗くなった後、秋の新商品として予定しているロールケーキの試食。

ちょっとずつレシピを変えて作ってみた。

わりとスタッフの中でも好みが分かれるのだが、これからも試作を重ねて美味しいものを楽しんで頂ければと思う。

そして、夜のウォーキング。

ホテルの客室に、こんなに明かりが灯っているのを見るのは何か月ぶりだろうか。

木屋町も、ものすごい人出。

コロナの感染拡大は心配と言えば心配だが、ちょっと希望の光も見えてきたような気分になるのであった。

初めてのインド料理店へ

2020年9月18日 

今日は湿度が高く、けっこう暑く感じる朝だった。

さて、そんな蒸しっとした今日は、明日からの連休を控え、朝から銀行へ行ったり午後は配達回りだったり。

慌ただしく一日を終え、夜はカミさんと一緒に神戸へ。

初めていくインド料理店へ伺った。

普通、初めてのお店へ行ったら、しっかりとメニューを見るのだが、今回はロクに見ることなく、注文をとりにきたシェフに向かって「チェチナードありますか?」という一言からスタート。

すると、シェフも、「メニューにないものでも、なんでもちゅくるでしゅね。」と返してきたので、とりあえず、マトンチェチナードとパニールサラダとシーフードの何か。

と、オーダーしたら「ビリヤニあるでしゅよ」と。

聞けば、よくある一人分を作るものではなく、大鍋でバシッと作られたものということなので、ビリヤニも注文してみた。

料理を作るシェフ

パニールサラダ

マトンチェチナード

私に「一番好きなカリーは何か?」ときかれたら、躊躇なく「チェチナード」とこたえる。

が、京都はもちろん、東京でもずいぶんたくさんのチェチナードを食べたが、恐らくこのチェチナードを超えるチェチナードは存在しないのではないかと思う。

シーフードの何か=カオス フィッシュカリー=赤エビとホタテ、牡蠣、カンパチをトマトベースにパンチフォロンとパクチーでベンガル風に炒め煮したカリー。

大きなエビがゴロンと

ハイデラバディ チキンビリヤニ

これぞビリヤニ!懐かしい味

ライスケーキと自家製アイス

チャイにはミントをうかべて

本当に、久しぶりに満足できるインド料理であった。

希有なカリーを作るシェフ。

そんなに頻繁には来れないが、また絶対来ます。

白い

2020年9月17日 

今朝は湿度も高くて、ここ数日の涼しさと比べると不快指数が高かった。

さて、コロナの非常事態宣言が出たころ、リモートワークや在宅での会議などで、「ZOOMを使って」という表現をよく耳にしていたが、そのころ私にとっては無関係なものだと思っていた。

しかし、このところ打ち合わせやセミナーなどは、ほとんどがこのZOOMを使ってということになるから、遅ればせながら私もほぼ週に一回はZOOMを使うことになってしまった。

まぁ、便利と言えば便利なのだが、やはり直接会って話をした方が感覚的にはいいなぁ、と思ってしまう。

今のご時世、こういうのを使いこなせないとビジネスもできないのだろうが、リアルな方がいいと思うのは、オジサンの証拠ってところなのかもしれない。

さて、ヴェルディではスイーツの全品自家製に向けて、芸大店のキッチンで連日試作を繰り返しているのだが、白いロールケーキを作りたかったので、黄身が白い玉子というのを購入してみた。

送料を一緒に計算すると、なんと1個84円の玉子。

それを言ったら、2個使ったら普通にスーパーで1パック買えてしまう、とおっしゃるお客様がいらっしゃった。

でも、とりあえずその黄身が白い玉子を使ってみた。

確かに黄身が白い!

生地も白いロールケーキができた!

あとは、味の方をもう少しブラッシュアップしなくては。

ってことで、今日は何種類か洋酒も購入。

私たちの挑戦は、まだまだ続くのであった。

栗の季節です

2020年9月16日 

やっと過ごしやすくなったと思ったら、クリスマスケーキ予約受付中の貼り紙を目にしました。

まだ、おはぎも食べてないのに。

12月なんてあっという間にやって来ることはわかっていますが、今はしばし秋の訪れを喜んでいたいのです。

ヴェルディでは、本日より栗のタルトが登場しました。

お好みのコーヒーとセットで、秋の味をお楽しみください。

オレンジタルトは、先週をもって終了いたしました。

たくさんのご注文ありがとうございました。

ヴェルディしぐれも、まもなく終了予定でございます。

売り切れ次第となりますのでご了承下さい。

大好評をいただいております17th Anniversary Blendは、9月いっぱいの販売を予定しております。

ぜひグランドメニューに、というリクエストを頂戴することもあり嬉しい限りです。

また何かの機会に、特別なブレンドをお作りできたらと考えております。

楽しみにお待ちいただけると幸いです。

雨がちょっと前倒しになったような予報で、連休は降らないかもしれません。

どなた様にとっても、楽しく安全な4日間になりますように。

ご来店お待ちしております!

土田裕子

このページの先頭へ