自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. トップページ
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

ストレートとブレンド

2017年7月16日 

今日は祇園祭の宵山。

だいたい、例年だと宵々山か宵山の日にものすごい雨が降って、巡行の日はカラッと晴れて猛暑になって、そのあたりで梅雨があけるというイメージなのだが、そうすると今日あたりものすごい雨がふるかも・・・

と、予感させるような空のもと、かなり汗をかきつつウォーキング。

はやく涼しくならないかなぁ・・・

さて、そんな予想がぴたりと当たり、今日はお昼過ぎに外が一面真っ白になるほど激しい雨が降りはじめた。

ちょうどサロンライヴのためオーダーストップをする頃だったので、この雨の中「閉店です」とお客様にお引き取り願うのは気がひけると思っていたら、閉店時間には小降りになり、サロンライヴがスタートする頃には晴れ間も見えてきた。

そのサロンライヴ、今回は初となる「お箏」。

恐らく、今までにも生で箏の音色を聴いたことはあるのだろうが、改まってコンサートとして聴くのは初めてかもしれない。

前半は、一ノ瀬佳子さんによる箏のソロ、後半はフルートの奥田裕美さんとのデュオを堪能。

こんなにも複雑かつ繊細な音色を奏でられる楽器なのだと、ある種衝撃を受けた前半。

そして、後半はもっと驚きの協奏であった。

普段は、歌とピアノとか、ヴァイオリンとピアノといった組み合わせが多い Verdi サロンライヴだが、そういうときは歌がメインでピアノは伴奏といった色が濃かったのに、この箏とフルートのデュオは、どちらが主役というのではなく、互いが双方をより輝かせつつ、一体となったハーモニーを聴かせてくれる、まさに『協奏』という表現がぴったりくるものであった。

オブリガートと主旋律が混ざり合いながら交錯しながら、一つの音楽を作っていく様はとても感動的で、先に箏のソロを聴いていただけに、よけいフルートが加わったハーモニーが、いかに豊かな音楽表現と新たな音色の創造につながるかということを認識させてくれる。

もし、これが聴きなれた組み合わせなら、こんなに感じなかったのかもしれないが、日本の古典的な楽器と西洋の楽器との融合が、より一層そんな思いを強くさせてくれたのかもしれない。

そんなことを感じながら、ふとこれを珈琲に置き換えると、ストレートとブレンドがそれに当てはまるという考えがより一層強固になった。

ストレート(最近は、シングルオリジンと言う人が多いが)は、確かにその豆の個性を主張できるものではあるが、どこまで行っても一種類の豆の個性しか出すことはできない。

しかし、何種類かの豆をブレンドすることで、一種類の豆では決してできない表現力を持つことができるし、数種類の豆が混ざることで、10しかなかったストレート豆の表現力が、12にも15にもなる可能性すら持っている。

だからと言って、ブレンドこそ素晴らしく、ストレートは味気ないなんていう気は毛頭ない。

しかし、単一豆至上主義とも思える昨今の風潮は、ピアノソナタだけを聴き、壮大な交響曲を聞かずしてベートーヴェンの全てを知ったかのように語られるのと同じような気がしてならない。

もちろん、ピアノソナタも素晴らしいし、その時の気分次第ではオーケストラ曲ではなく、器楽曲を聴きたいときも少なくない。

ふらっと入った喫茶店で、カザルスの弾くバッハの無伴奏なんかが流れていたら、その時の気分にかかわらず、なぜだかホッとする。

だから、どちらが上位と言うわけではなく、もっと多くの人にブレンドが持つ可能性を感じてほしいのだが、どうも最近の珈琲業界は「シングルオリジンこそ最高」というような表現が多いように思えて、ちょっと悲しくなる。

なんて、箏とフルートの素敵な競演を聴きながら思ってしまった今夜のサロンライヴであった。

また是非演奏して頂きたいお二人でした。

ランチボックス

2017年7月14日 

今朝はもっと暑いかと思ったら、鴨川沿いは存外に涼しい風が吹いて、比較的心地よく歩けた。

で、話はかわって、今日は金曜日なので配達回りの日。

実は、先日東京主張した折に、普通の白いワイシャツを着たら、脇の下と言うか、胸回りと言うか、ともかくそのあたりに、ちょっとシャツの張りを感じてしまい、これはヤバイとウルトラスーパースペシャルダイエットモードに突入。

とりあえず、昨日と一昨日は、ほとんど朝のヨーグルトと昼にカロリーメイト、夜は台湾製のグリーンピースのスナック小袋1つという食事で通したのだが、今日は配達途中にふらっと、ざるそばなど食べてしまった。

すると、ものすごい満腹感・・・

配達に出るまでは、ちょっとお腹周りが楽になったような気がしていたのに、今は一気に太ったような気分。

困ったものである。

と、自分では食事制限をしていても、お客様には食べて頂かなくてはならないのが飲食業の宿命。

どこの飲食店も同じだと思うが、夏場はやはりお客様の足も鈍るもの。

だからと言って、手をこまねいていても仕方ない。

足を向けて頂けないなら、こっちから出向こう!ってことで、造形芸大では来週から、通りを渡った向こう側の校舎へコーヒーとランチボックスの出張販売を開始することにした。

デミタマバーグ丼+ナポリタンとサラダ。

このハンバーグ、Verdi が作るものだから私的にはフツーだが、一般的に言うとフツーではないらしい。

試作段階でも「これは好き嫌い分かれるのではないか?」という意見もあったが、Verdi が一般的なハンバーグを作ってどうする!?と私が押し通してレシピを完成。

口に入れた瞬間、ふわっとシナモンの香りが鼻孔をくすぐり、かみしめるとカルダモンとフェンネルの爽やかな風味が口に広がる他ではまず食べられない味に仕上げた自信作、と言うより私好みの一品。

売れたらいいなぁ・・・

そんなわけで、今日はこのランチボックスの試食に加え、キッチンチーフがビーフのキッシュと言いつつ、実はビーフシチューパイみたいなものを作っていたので、それの試食までしてしまい、かなりお腹いっぱい。

この職業の宿命ではあるが、なかなかダイエットは難しいもの。

こんなことになるのなら、そばを食べなければよかったと思っても後悔先に立たず。

明日から再びウルトラスーパースペシャルダイエット頑張ろう!

と、言いつつ、こういう誘惑にはめっぽう弱いんだよなぁ・・・

JR京都駅の宝泉さんで、氷ぜんざい。美味爽涼。

下を見ていたら

2017年7月13日 

今日は、起きた瞬間から暑さが肌に絡みつく。

湿度も高く、不快指数もうなぎのぼり!

そんな朝だったが、ふと下を見ると変なキノコが・・・

これ、食べたらヤバいんだろうなぁ、と、思いながら歩いていた。

そして、先日は青山墓地あたりを歩いていたら、なんと玉虫が!

子供の頃はよく捕まえていた気がするが、最近では永田町の答弁の中でしか見かけなくなっていた。

なんか夏だなぁと思いながら、下を向いて歩くのも悪くないものである。

明日も暑くなりそう。

そんな日は、涼しいVerdi で、ハニーレモンアイスコーヒーでもいかがでしょうか?

夏だけの限定商品。

下鴨本店でも、造形芸大店でもお楽しみ頂けます。

2017年7月12日 

こんにちは、土田です。

暑いか、めちゃくちゃ暑いか、蒸し暑いかの毎日ですね。
たぶんきっとおそらく梅雨明けも近そうです。

今更ではありますが、今年の祇園祭の日程のすごさに驚きを隠せません。

繁華街で働いていた頃はできるだけ近づかないようにしていたのに、ここ数年は欠かさず宵山に出かけています。
不思議なものです。

平日でもちょっと恐怖を覚えるほどの人の量なのに、三連休と重なるなんて…
想像しただけでもうなんというか、暑いですよね。

行かれる方はどうか万全のコンディションで、こまめな水分補給をされながら楽しんでください。

夕暮れ時、夕日を浴びて美しかった今日の鉾です。

京都の夏が始まりますね。

17日(月)は8:00から18:00(ラストオーダー17:30)まで営業しております。

ヴェルディは毎年その時期は蚊帳の外状態ですので、ぜひぜひ涼みにいらしてください。
遠方からお越しの方も、少し足を伸ばしてぜひご来店ください。

お待ちしております。

※18日(火)・19(水)は連休を頂戴しております。
よろしくお願い申し上げます。

試食会

2017年7月11日 

東京3日目の朝は、ロスで人気という上陸系のパイ専門店、The Pie Hole からスタート。

 

シェパーズパイとマック&チーズにブレンドコーヒーを注文。

さて、今日は新大久保の DOMO CAFE で関係者を呼んでの内覧&試食会。

 

昨日の店内を見ていたら、大丈夫だろうかと思っていたが、無事準備も整って

試食会が始まった。

 

台湾のネギ入りクレープ

Verdi で提供しているコレも。

私も、こちらのフードメニューであったり、ドリンクメニューの全貌が分かっていなかったので、今日初めて知ることも多く、事前に飲食できてよかった。

初実戦を終えたスタッフの皆さん

もう本当に秒読み段階

頑張って行きましょう!

今回の出張に合わせて、お昼過ぎから青山一丁目で一つ打ち合わせを入れていたので、試食会が終わったら新大久保を後に、青山方面へ。

無事打ち合わせも終わり、せっかく青山まで来たので、久しぶりに SOU・SOU の青山店へ行ってみた。

 

この抽出、久しぶりだった。

青山で珈琲を頂いたら、今日の試食会でご一緒した、中目黒のカフェのオーナーさんのお店 RED BOOK へ。

こちらのカレーが美味しいとのことだったので、早速伺ったのだが、ちょうど仕込中で、このタマネギの山。

これは期待できると確信。

そして、ほうれん草のカレーが一般的にはおすすめらしいのだが、ここはオーナーリコメンドのポークビンダルーを頂いた。

 

ごはんを少な目でお願い。

期待に違わぬ、なかなか美味しいカリーであった。チャイも美味♪

その後、新幹線の時間まで少し余裕があったので、赤坂見附の 豆虎 さんへ。

イルガチェフを頂いたが、これが香り良くてとても美味しく、終わりよければ全てよし、ではないが、二泊三日の東京出張の〆に、よいものを飲ませて頂きました。

オープン前の雰囲気

2017年7月10日 

今回の東京出張は、食べ歩きが目的ではないとは言え、やはり近くに朝食屋さんがあったら行ってしまうもので、今朝は新宿ルミネのサラベスで、夏季限定のパイナップルのフレンチトーストを頂いた。

周りは、中国人観光客だらけだった。

朝食をとったら新大久保へ。

まだ工事が若干残っているものの、もうほぼ店も出来上がり、あとは実戦のみ。

 

今日は、生ビールのサーバーやエスプレッソマシンのつなぎこみなど。

スタッフの皆さんは、使い方やメンテナンスの説明を受ける。

私は、王さんがテストを繰り返すエスプレッソの味チェックなどをしつつ、ハンドドリップのチェックなども。

すごく積極的にドリップを練習する林さん

スタッフの打ち合わせなども

このお店における私の立ち位置は、一歩離れたところにいるわけだが、こういう開店前の雰囲気って、けっこう好きだったりする。

明日は関係者の内覧試食会。

もうラストスパートが始まっているわけで、良い開店ができるようお手伝いできればと思う。

そして、夜はスタッフの皆さんと韓国料理店へ。

「辛ちゃん」という店へ。

どれも美味しくいただきました。

2 / 8112345...102030...Last »

このページの先頭へ