自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. 下鴨店TOP
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

開花宣言

2020年3月25日 

高野川河川敷の桜の開花を宣言いたします。

咲き始めたと思ったら、雨続きの予報ですね。

桜の時期はいつもお天気との戦いです。

そういえば4月は、9月・6月に次いで3番目に降水量が多かったような。

曖昧な記憶ですが・・・

視線を上げれば桜、下ろすと雪柳が綺麗です。

店内も春仕様になりました。

豆棚の上やお手洗いに、ミモザを飾っています。

束の間、店内で春を感じてホッコリしていただけると嬉しいです。

ご来店の際は是非ご覧ください。

ここはひとつ褌を締め直して、といった状況ですので、通信販売もどんどんご活用ください。

100gから発送させていただきます。

お花見はなくとも、全国各地で綺麗な桜が咲きますように。

皆様ご自愛ください。

土田

まさかの

2020年3月24日 

今日はちょっとゆっくりしていたので、朝のウォーキングはおさぼり。

午前中に下鴨へ行って必要な資料を持って造形へ。

間もなく年度末なので、いろいろと事務作業が山積しているため、お昼過ぎまでパソコンに向かい、ひと段落したところで店を後にした。

で、大学の施設課に用事があって行ったのだが、現在学校は入構規制中のため、大階段の北側にある守衛さんの詰め所がある門しか学内に入れないようになっているおり、ちょっと遠回りをして学内へ。

実際に歩いてみると、けっこう距離もあるのでこれではなかなか学校の教職員さんはVerdi にご来店下さらないよなぁ、と実感した。

そんなわけで、大階段の上に行ってみたら、こんなものが鎮座していた。

なかなか迫力ありますねぇ

現在、学校へは入構制限されているので、一般の方は入れないようになっているが、4月に制限が解除されたら(それまで展示されていれば)Verdi へおいでの際はぜひご覧くださいませ。

さて、先日KBS京都のテレビ取材が入っていたのだが、どうやら20日に放送ということだったので、一応ビデオに撮っておいたら、今回はちゃんと珈琲のことを中心に編集してくださっていた。

以前に放送された「となりの人間国宝さん」では、取材中にお話ししていた珈琲のことは約8割カットされて、ディズニーランドの回り方を中心にオンエアされちゃいましたからねぇ・・・

となりの人間国宝さんのときのオンエア映像

でも、祝日の午後1時過ぎ、そんなに多くの方はKBS京都のテレビ番組は見ていないだろうと思っていたら、造形芸大の先生から「あ、マスター、この前テレビ出てましたよね」と声をかけられてしまった。

KBS京都のオンエア映像

そんなわけで、見られなかった方は、もう見られないと思いますが、Verdi にご来店くださっている方にとっては特段珍しいことは語っておりませんので、何か珈琲について疑問点がありましたら、お気軽にスタッフまでお問い合わせくださいませ。

再会

2020年3月23日 

今朝は少し雲が多かったのと風が強かったので、若干寒く感じた。

でも、桜も咲き始めて、これからしばらくは歩く楽しみが増える感じ。

もうすっかり歩いている間に日の出の時間を迎えるようになってきた。

さて、このところ私のメインカメラはフルサイズセンサーの EOS 6Dなのだが、その前はEOS 50DというセンサーサイズがAPS-Cのものを使っていた。

なので、当時は店のメニューを撮影する際は SIGMA の50mmマクロがメインレンズだった。

しかしカメラを6Dにかえてからは、50mmでは少しワイドすぎるので、100mmマクロが現在のメインレンズとなっている。

で、以前使っていた50mmマクロは、花の写真を撮りたいという長女に譲ってしまった。

が、料理の集合写真を撮るときなどは、100mmマクロだと長くなりすぎて少し困ることがあり、やはり「50mmマクロがほしいな」と思っていたとき、ある方がSIGMAの50mmマクロを手放すことになり、私にお譲りくださった。

このレンズはすでに生産が終了している上、ネットで探しても、キャノン用のマウントのものはあまり出回っておらず、手放したことを少し後悔していたのだが、思わぬ形でSIGMA50mmマクロと再会して、新しいおもちゃを与えられた子供のごとく、急いで撮りに(いや、食べに)アズーロさんへ伺った。

小型ミラーレスにアタッチメントをつけてこんな感じに

今回は、フルサイズに装着するのではなく、以前同様APS-Cのカメラにつけて、80mmとして使用することにした。

まずはスープ。

F3.5で撮影したら、きちんと皿の中で合焦している部分と、ボケている部分はあるものの、SIGMA特有のシャープさもあって、過度なボケにならないところがいい感じ。

鯖のソットオーリオ。

こちらはF5.6まで絞ってみたが、こんどは逆にSIGMAのシャープさが仇となって、特に前ボケが雑然としてしまった。

F4で撮ってみたが、やや前ピンにしたのでホタルイカが少しボケてしまった。

そんなわけで、久しぶりに使うと、ちょっと思い通りに扱えなかったが、やはりこのレンズは特性を理解していたらものすごく使えるレンズ。なので中古市場になかなか出回らないのも納得。

手ブレ補正がないので、照明を落としている夜のレストランでは、シャッター速度が1/10とか速くても1/30くらいになってしまうので、そのあたりに気を付けたながら、このレンズに美味しいものをたくさん食べさせてあげられるようにしよう。

よくわからん

2020年3月23日 

けっこう桜も咲き始めた。

と、ここまで日記を書くのに1時間以上かかってしまっている。

というのも、この日記のフォーマットが古いものなので最新に更新するよう、ここしばらくずっとメールが届ていたので、バージョンを更新したら、ともかく使い方がよくわからず、写真をアップして載せるだけで1時間かかってしまい、今夜は精も根も尽き果てたので、今夜の日記はここまでということで。

最新のものって、うちの娘たち世代だったら何も考えずに使えてしまうのかもしれないが、初めて接したパソコンがDOS-Vとかだった人間にとっては、使い方がわからない。

明日はもうちょっと勉強して、ちゃんと書けるように頑張ります。

フルッタメルカドン 販売開始!

2020年3月20日 

今朝はわりといい感じの気温。

少し歩き始めるのが遅くなったのだが、そうしたらちょうど大文字山から太陽が顔を出しつつあった。

もうそんな季節なんですねぇ・・・

 

さて、昨夜はリストランテ野呂さんにお邪魔したことを書いたが、食後のミッションとは野呂シェフにコーヒーを飲んで頂いて、コメントをもらうと言うことであった。

そのコーヒーとは、ブラジルのフルッタメルカドン。

 

ブラジルの豆と言うと、ナッツのような香ばしさとビターチョコのような風味が特徴で、あまりフルーティーという印象はないのだが、このフルッタメルカドンはワインのような芳醇な香りとフルーティーな風味が口の中に広がる新しい感覚のブラジル豆。

8年に及ぶ試行錯誤の結果、これまでになかった製法で作られたブラジルを超えたブラジルと言うにふさわしい豆です。

 

詳しくは、こちらの動画をご覧ください。

ミッション

2020年3月19日 

今朝は少し肌寒かったが、お昼ごろには20度になるということで、寒暖の差が大きな一日になりそう。

鴨川沿いも、少しずつ桜が開花し始めましたねぇ・・・

さて、先日の夜、こちらのお姉さまとご一緒させて頂いて、リストランテ野呂でディナー。

まずは、今シーズン最後の最後と言われた「黄色かぶらのスープ」から。

お任せと言ったら、全部乗せで前菜プレートが登場。

12時の位置から、『カツオのたたき』『石鯛のカルパッチョ』『鰆の炙り』『ハマチの炙り』『マナガツオの炙り』その隣を聞きそびれた、『鯵の炙り』『本マグロのカルパッチョ』、中央はホタテとエビとアボカドのタルタル、上にはキャビア。

シンプルに塩ゆでしたホワイトアスパラガス、フロマージュとともにいただきました。

ホタテのフライ。

かなり大きなホタテだったが、分厚い分真ん中部分はレアで食感、味わいとも一つの中で微妙に変わる美味しさ。

ホタルイカのフリット

メンチカツ

オーソドックスに普通だけど普通ではないカルボナーラ。

黒豆茶でご馳走様。

どれもとても美味しく頂けた。

シンプルな料理というのは、ごまかしがきかないので、それだけに難しいと思うのだが、そんなシンプルな料理がしみじみおいしいというのは素晴らしい。

昨年も、この時期にお邪魔したような記憶があるのだが、こんどはシーズンをかえて伺いたい。

 

そして、食後は一つミッションがあったのだが、それがどんなことかは明日の日記でお知らせします。

 

このページの先頭へ