自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. 下鴨店TOP
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

ウイルス

2020年2月10日 

今日も寒い朝

恐らく、これくらいの気温が京都の冬としては普通なのだろうから、今年は本当に暖冬だったのだろうと実感。

そんな今朝は、雲のバックに月が明るく輝いていた。

もちろん、いつもの定点撮影も。

昨日は雪が舞っていたので、川沿いは悪路になっているのではないかと心配していたが、存外に地面は乾いていた。

 

さて、今日は普通に平日だったが、卒展期間中ということもあり、造形芸大店は朝から夕方まで一時に忙しくなるということはないものの、一日を通して接客していない時間がないような状態で過ぎていった。

とはいえ、店の中から外を見ていると、例年と比べ人通りが少ないように思う。

卒業を控えた学生渾身の作品をもっと多くの方に見て頂ければと思うのだが、急に寒くなったのと新型肺炎の影響もあってか、なんとなく京都中が静かな感じ。

明日は祝日なのと、春秋座で能と狂言の公演もあるので、おそらく2月の中では最も多くの人が来校されると思われるため、Verdi 造形芸大店も特別営業いたします。(振替休業はいたしません)

よろしければ、卒業展示を見がてらぜひ珈琲を飲みにお越しくださいませ。

雪と桜

2020年2月9日 

今朝は歩こうと思って外に出たら、けっこう雪が降っていたのでウォーキングは中止。

出勤しようと外へでたら、けっこう山が白くなっていた。

造形芸大近くの早咲き桜にも雪が積もっていて、なかなか珍しい光景を見せてもらった。

雫が半分凍っていて、雫の中に気泡があって、これまたなかなか珍しくて思わず出勤前に写真撮影。

とりあえず、今年の冬はタイヤを冬用に履き替えていないので、路面凍結だけはしないでほしいなぁと思っていたら、午後からは晴れて積もりかかっていた雪もきれいさっぱり消えていた。

そんな今日はサロンライヴ。

フルートの奥田さんがフルート2本とファゴットでトリオを組んでご出演くださった。

前半は、ハイドンやモーツァルトといった古典的な作品。

今回はピアノ無しでのライヴだったが、木管トリオの楽しさを存分に堪能。

後半は、なんとフルート2本で「カルメン」のハイライトだったが、歌がない分ナレーションで情景を説明しながらの演奏。

こういうスタイルの演奏は今までなかったので新鮮だったと同時に、フルート2本でオペラをやってしまうというのは大丈夫かと思ったが、これがなかなか素晴らしかった。

 

話は全く変わるが、昨日テレビのニュースを見ていたら、コロナウイルスについてWHOが記者会見を開いているところを流していた。

アップで

このWHOの人とは何となく気が合いそうな気がした。

明日から卒展!

2020年2月7日 

今朝も寒かった。

昨夜、仕事から帰るころ小雪が舞っていたので、夜のうちに積もったり路面凍結したらどうしようと心配していたが、それも杞憂に終わって良かった。

そんな寒い今日は、営業的にも寒かった・・・

 

でも、昨日・今日は焙煎がたくさんあったので、今朝も開店前から焙煎機を回して、11時から予定がはいっていたのでその前になんとか焙煎を終了。

で、午後からは金曜日恒例の配達回り。

下鴨へ豆を取りに行ったので、配達に出る前にコンサートホール前の「ここ家」さんで、いつものおそうざい定食。

すきあらば、これを食べに来ようと思っているのだが、なかなかすきがないから困ったもの。

造形芸大店に戻ったら、文芸表現学科の卒業展示会場へ。

昨年に引き続き、今年もVerdi の豆を使ってカフェ営業をして下さるので、進捗を見に行ってみた。

お貸ししたコーヒーグラインダーも設置されており

カウンターもできていた。

明日からは卒展が始まるので、今日は学校中がともかく慌ただしい。

大階段上のスペースでも展示の設営が進んでいたが、その後方に落ちていく太陽がまぶしかった。

そんなわけで、明日から造形芸大の卒業展示がスタートします。

毎年時間に余裕ができた時に見て回りますが、見ているだけでもなかなか楽しいもの。

一般の方も見られますので、お時間のある方はぜひお運びくださいませ。

その際は、ヴェルディでコーヒーもお楽しみいただければ幸いです。

 

はやっ!

2020年2月6日 

今朝は寒かった!

真っ暗なのでよく見えないのだが、歩いていると小雪が顔をさすような感じで冷たくて痛い。

出町柳の橋まで来たら、夜間の道路工事をしていたのでいきなり暖かくなったのだが、アスファルトの溶けた臭いでくさい!

まぁ、なかなかひどい朝であった。

そんな寒い朝だったが、造形芸大近所の早咲き桜は、まだ葉っぱが何枚か残っている状態。

だが、下の方の枝を見たら・・・

もう咲いている!

暖冬とはいえ、ちょっと早すぎないか!?と思いつつ、今日はとりあえず寒かった。

話は変わって、毎月一か月分のスパイスを購入しているのだが、送られてきた箱を開けたら、スパイスと一緒に中からカレンダーが出てきた。

このスパイス輸入会社、昨年は価格表と請求書の金額が違っていたので、3月くらいに「最新の価格表を送ってくれ」とたのんだら、3月にその年のカレンダーを送ってきたということがあった。

今年はちょっと早く届いたと思ってみたものの、やはり今年の価格表は届かなかった。

で、これがそのカレンダー。

1月はもう終わってしまったが、ガネーシャから始まるヒンドゥー教の神様カレンダー。

でも、見てみたら曜日が縦軸になっているという、なかなか日本人にはなじみのない表記。

インドでは曜日が縦軸になるのが普通なのだろうか?

まぁ、そんなわけで、今年事務所に飾られるカレンダーは、ちょっとわかりにくいものになりそうなのだが、これはこれで面白いかもしれない。

実は、3つ届いたので、お入り用の方がいらっしゃったら差し上げます。

早い者勝ちなので、欲しい方は造形芸大店で「インドの神様カレンダーちょうだい」とお申し出ください。

なくなっていたらごめんなさい。

やっと…!

2020年2月5日 

とっても寒いですね。
ちらちら雪が舞っております。
明日の最高気温は5度との予報です。

2019年12月6日にリニューアルオープンしたショッピングモール、カナート洛北改め「洛北阪急スクエア」

つい先日、ようやく、やっとこさ、行ってきました。

新田通りを歩いていくと、初めて見る外観にびっくり!
知らない町に来たみたい!!

と、興奮して写真を撮る様子はちょっと浮いていましたが…

ご近所の皆様はもうご存知の方がほとんどかとは思いますが、こちらがそのエントランス(裏口)。

Rakuhoku HANKYU SQUARE

一階の雑貨屋さんが面白く、随分見入ってしまいました。

KALDIの新登場はとても嬉しいです。

巷で大人気のガチャガチャが充実していました。

まだオープンしていないお店もありまして、
ロフトに強い期待を抱いております。

用事のついでに駆け足で見て回ったので、またゆっくり行ってみようと思います。

土田

ガレット!

2020年2月4日 

今日は店に出る予定はなかったので少しゆっくり寝ようと思っていたのに、体内時計は正確なもので、5時半ごろには目が覚めてしまう。

二度寝しようと再び目を閉じたものの、今日やらねばならないことのリストが頭の中を走馬灯のように回りだし、結局6時過ぎには起きてリビングでパソコンを開けてしまった。

ので、ウォーキングはサボり。

 

下鴨の開店時間を待って、書類などを届けた後、造形大店の買い物があったのでヨドバシへ。

メニュー用のプリント用紙やインクなどを購入してから、ちょっと出来心で超久しぶりに「写るんです」なんてものを買ってしまった。

その後、造形芸大店へ行って、次の動画用の素材撮影。

焙煎による豆の色の変化が分かるように並べて撮影していたら、先生や職員の方たちがやってきて「へぇ~」なんて言いながら写真を撮ていかれたり。

この豆の撮影で2時間ほど使ってしまったので、けっこう時間がおしてしまい、一瞬間に合わないかと思ったが、今日は何としても行こうと思っていたので超急いで出町柳へ。

 

私が大好きなビストロの一つ、ビストロ スリージェ さんが、2月から平日のランチタイムのみ「クレープリー スリージェ」として営業されることになった。

以前、静市でマダムのお嬢さんがされていたガレットとクレープのお店、場所的にもなかなか伺えなかったのが残念だったが、こんどは行こうと思えばいつでも!という立地なので、ふらっとガレットを食べに伺えるのが嬉しい。

今回はランチメニューを頂いた。

人参のポタージュ

ガレットは、マッシュルームのソテにチーズとたまご

クレープは、アーモンドと塩キャラメル

紅茶で〆

日本では、なかなかガレットをこうして専門で出しているお店は少ないが、個人的には気軽にガレットが食べられるお店が近所にあったらとても嬉しい。

クレープも1枚の中で歯触りのコントラストが楽しめて、また静市のときから好きだった塩キャラメルが再び食べられて幸せなひとときであった。

月曜から金曜の11:30~15:00はクレープリー

土日のランチと平日の夜(木曜のディナーはお休み)はビストロとして営業されることになり、楽しみ方も2倍になったスリージェさん。

足を運ぶ機会が増えそうである。

このページの先頭へ