自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. 下鴨店TOP
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

そんなわけで・・・

2019年4月9日 

今日は風が強いものの穏やかに晴れて絶好の花見日和。

明日は雨な上、風も強いそうなので、満開の桜を楽しめるのは今日が今シーズン最後かも。

鴨川沿いはなかなか賑やかだった。

 

そして、私にとっては今日が開幕!

試合開始前に「糸井の超ハラミ丼」を食べて、今夜の大活躍を前祝い

そんなわけで、これからプレイボール!

勝ったら夜中に再度更新します。

負けたら・・・

いや、負けません!

今年こそ!!!

 

今、試合終了!

正直7回表のホームランで、今日は終わったかと思ったが・・・

いやもう、素晴らしい試合でした。

そして、

梅ちゃん、サイクルヒットおめでとう!!

いや〜いい1日でした、

 

また行ってしまった

2019年4月8日 

雨上がりの朝、鴨川沿いは桜のカーペット状態

咲き誇る桜を見るのもいいが、散った花びらも美しい。

自宅の前とかにあると掃除が大変だけど・・・

そして、今朝は雨上がりと言うこともあって雲がすごく複雑な模様だった。

せめてコンデジでも持っていれば、もうちょっときれいに撮れるのに、スマホカメラの限界ですねぇ・・・

いつもの定点観測地点。

雲に覆われて、日のでは拝めなかった。

 

そんな今日は、多くの小中学校や高校などで入学式や始業式が執り行われていた。

そんなこともあってか、昼間のお客様はかなり少な目。

まぁ、年度初めはこんなものでしょう。

 

さて、先日初めて行って、けっこう気に入ってしまい、こんどは娘も連れて行って彼女たちの気に入った「ラッキー餃子センター」

週末の営業を終え、ちょっとお疲れモードだったので再び行ってしまった。

まずは餃子。

今のところ、普通の焼き餃子と生姜餃子しか食べていないのだが、蒸し餃子や鶏汁餃子なんて言うのもあるので、こんどはそれにもチャレンジしてみよう。

このお店、餃子以外のものはイマイチだと思っていたのだが、初めて行ったときに常連と思しき人たちが、みな担々麺を注文していたので前回は私も担々麺を食べてみたのだが、これがなかなか美味しかった。

なので、その初めて行ったときにこれまた常連さんが注文していた「ハツとレバーの黒胡椒炒め」を今回初めて注文。

たっぷりのもやしと一緒に炒められて出てくる。

アップで

これが、料理的に完成度が高いというわけではないのだが、なかなかウマい!

「美味しい」とお上品に言うのではなく「ウマい」のである。

そして、前から気になっていた「台湾ラーメン」

注文しようとしたら「辛いですよ」と言われたが、とりあえず食べてみたかったのでオーダー。

この丸い唐辛子、もし口に入れたら大変なことになるヤツ。

たしかに辛くて、豆板醤スープと言っても良いほどの味なのだが、これも個人的には好きであった。

もう一品、気になっていた「肉玉ごはん」

まぁ、これは想像通りの味だったが、餃子と一緒に食べるにはいい感じ。

近くにあったらけっこう通いそうだが、千本七条という立地のせいで、そんなにしょっちゅうは行けない。

でも、娘たちも気に入っているので、またちょくちょく行きそうである。

 

カリー作りは楽しい♪

2019年4月7日 

桜満開の週末!

この土日は花見に出かけた方も多いのではないかと思う。

そんなこともあってか、毎朝私が定点観測で写真を撮っている出町柳橋西詰のあたりにも、ブルーシートを広げている人たちがたくさん。

みんな桜の木の下で楽しみたいのは分かるのだが、定点観測位置から写真を撮ったら、バッチリ写るところにもブルーシート。

なんだかすごいく風情がないので、消してみた。↓

この方がいいと思った。

そんな桜の季節は、なんだかんだと送歓迎会のシーズン。

造形芸大でも、新たに入ってこられた方の歓迎会や懇親会などが催されるようで、この週末は Verdi も夕方から貸し切り営業のご要望を二夜連続で頂いた。

そのうちの一つは、最後にカレーを出すことになったので、ちょっと張り切ってマラバール風シーフードカリーを作ってみることにした。

材料は、これに玉ねぎとトマトとニンニク、生姜、そして海鮮いろいろ。

スパイスもけっこうシンプル。

まずは、スタータースパイスをサラダオイルで熱して油に香りがうつったところで玉ねぎを投入。

玉ねぎが完全に透明になったところで、すりおろしたニンニクと生姜を投入。

香りがたってきたら、トマトを投入。

全体が馴染んで、ふつふつとしてきたところで火を弱めてパウタースパイスを投入。

まんべんなくスパイスが行き渡り、粉感がなくなるまで煮込む。

香りがしっかりと立ってきて、

グツグツと煮込まれて、水分が少し減ってきたところでココナツミルクを入れる。

これでしばらく煮込んだらベースは出来上がり!

ここにエビやイカ、ムール貝などを入れて火が通る程度に煮込んだら完成。

わりと京都中のインド料理屋は食べて回ったが、こういう南インド風のシーフードカリーって東京へ行かないとなかなか食べられないので、初めて口にした味という方も多いのではないかと思うのだが、もうけっこうお酒も入っていたので分からなかったかも。

まぁ、自分的にはけっこう完成度も高かったと思うので自己満足ってことでいいことにしておこう。

でも、恐らく今月末あたりから、こういったあまり京都では食べられない系のカリーをほぼ週替わりでメニューに載せていこうと思っているので、今後の造形芸大店にご期待頂ければと思います。

 

で、今日は市議会議員選挙の投票日!

市民の義務と言うか、権利の行使と言うか、ともかく選挙にも行かずに行政に対して文句は言えないので、出勤前に朝一で投票をしてきた。

京都市の左京区は、他の区に比べてなかなか激戦区。

どうなるでしょうねぇ。

新年度

2019年4月5日 

今朝、私が歩いているころは、まだけっこう寒かったが、昼間は春らしい陽気の一日。

ちょっと前までこの時間は鳥類をあまり見かけなかったのだが、このところ鴨さんが活発。

本当に明るくなるのが早くなった。

 

さて、造形芸大店がオープンしてから2年連続で4月は都をどりが開催されていたため、4月のデータがイレギュラーなものしか存在しない。

そういう意味では開店して2年半が経っているものの、学校の新年度を学内カフェとしてどのように迎えるかという点においては初めての年と言っても良いかもしれない。

そして、やはり年度替わりは何かとあるわけで、今日と明日は二日連続で夕方から学校関係の貸し切り営業をさせて頂くことに。

明日はお客様から「カレーとか出せないか?」とご要望があったので、それでは腕を奮おうかと思ったものの、どうやらフツーのカレーのことをおっしゃっていた様子。

でも、残念ながら私は世間一般の方にとってのフツーのカレーの作り方を知らないので、私にとってのフツーのカレーを作ろうと思っている。

はてさて受け入れて頂けるか否か・・・

まぁ、そんなわけで、明日もちょっとあわただしくなるが頑張っていこう。

わがまま

2019年4月4日 

鴨川沿いの桜もほぼ満開。

そして、定点撮影地点にたどり着くころが丁度日の出の時間。

せっかくだから写真を撮ろうと思うと、常に一番良いアングルの先にはブルーシート。

毎年言っているのだが、花見のゴザ条例とかって作れないものだろうか。

せっかくきれいな桜が満開なのに、あの青いシートが目の前一面に広がっていると全てが台無しになってしまう。

今まさに市議会・府議会の議員選挙真っただ中。

鴨川で花見をするとき、ブルーシートは使用禁止で、ゴザを敷かねばならないという条例の制定を公約にする議員候補がいたら、政党とか関係なく一票入れてしまうのだが・・・

実は、この写真もど真ん中にブルーシートが写っていたりして・・・

ほんの2日前は、まだこんな感じでつぼみが多かったのに、今日はほぼ満開。

この季節は、毎日目に入る光景が変わるので、歩いていると楽しいですねぇ。

 

さて、昨日は造形芸大の入学式で、なんだか慌ただしくしており、今日はスタッフの頭数が足りなかった上に、焙煎量が多かったので、なんだか落ち着かない一日だった。

そんな日は、ちょっとマサラ補給がしたくなる。

で、仕事を終えたらヌーさんのお店へ。

黒板を見たら「赤エビのバンガリマサラ」というのがあった。

今日の気分は、トマトベースのマサラ系カリーが食べたいものの、そのものズバリではなく、ちょっと風味に変化があるマサラ系がいいなと思っていた。

そんなときに、フェンネルが効いているバンガリマサラと書かれていたら注文しないはずもなく、赤エビのバンガリマサラをオーダーした。

すると、奥からヌーさんが出てきて、「赤エビ、ないでしゅよ。ホタルイカかホタテならあるでしゅね」と。

ホタルイカなら「サートチャトニ」か「ジャルフレッジ」。

ホタテなら「ムグライ」といったところがラインナップされているが、今夜の気分はそのどれでもなかったのと、今夜は珍しく他のお客様がいなかったので、つい「フェンネルの効いたマサラが食べたい」とわがままを言ったら「じゃぁ、赤エビじゃなくて、ふちゅのエビでちゅくるですね」と、普通のエビのバンガリマサラを作ってくれた!

そんなわけで、まずはチャルテセットのサラダとスープ、このスープも美味しかった。

普通のエビのバンガリマサラとパロタ&カップライス

〆はチャイで。

滅多にお店でわがままは言わないのだが、今夜はどうしてもこういうフェンネルの効いたマサラカリーが食べたかったので、つい無理を言ってしまった。

ヌーさんごめんなさい。

でも3月で大学卒業組が大挙抜けたため、現在かなりヤバイ人不足状態の造形芸大だが、このカリーのおかげで今週末も乗り切れそうである。

頑張ろう!

 

いよいよお花見シーズン

2019年4月3日 

今年は早いと言われていた関西の桜が、ここへきてようやく開き始めました。

「あとから振り返れば次の週末がピークやったなぁってことになるでしょうね。」
先日タクシーの運転手さんから聞いたちょっと不思議な言い回し、つまり、次の週末が見頃になるようです。

花冷えで長持ちして5月ごろまで咲いてくれたらいいのに。

桜は本当にタイミングが難しいですよね。

ヴェルディのコーヒーをポットに入れて、背割の桜を見ながら朝ごはんを食べました。
というお客様のスタイルに憧れて、初めて背割堤に行ってきました。

満開には届きませんでしたが、お花見モーニングを試みた結果混雑に合うこともなく、清々しい空気の中で咲き始めの桜を満喫することができました。

木津川御幸橋から見える二本の大きな川と京滋バイパス、そこに朝日が当たる光景も美しかったです。

祇園白川は… 咲いても咲かなくてもすごい賑わいです。

宮川町歌舞練場前では夕日に照らされた桜が綺麗でした。
けっこう開いてきています。

今年は京おどりに行く機会をいただき、宮川音頭の迫力と一体感に感動しました。

まわりの席から聞こえてくるお客さんたちの歌声も素敵で、皆さん宮川音頭を聞くと春の訪れを実感されるんだそうです。

伝統文化の継承とは尊いものですね。

ここ数日は真冬さながらの冷え込みでしたが、明日からは春らしい気候になっていくようです。

店頭の寄せ植えも春仕様に変わりました。

ガーベラ、と思いきや「オステオスペルマム」という全く別の品種でした。
花言葉は “心も体も健康” 素晴らしい!
4月17日と20日の誕生花なんだそうです。

水色の勿忘草
勿忘草をテーマにした大好きな歌がありまして、今回寄せ植えの中に入っているのがとても嬉しいです。

最後になりましたが…
売り切れておりましたドリップバッグが入荷いたしました!

インターネットでの販売も再開しております。
よろしくお願いいたします。

週末にかけて好天が続くようです。
お花見ついでに、ぜひともお立ち寄りくださいませ。
ご来店お待ち申し上げております。

土田

このページの先頭へ