自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. 下鴨店TOP
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

フェアトレード-1

2023年11月20日 

先日、髙島屋S.C.店のスタッフから、こんな質問が届いた。

「お客様から、フェアトレードの豆はないのか?と訊かれましたが、フェアトレードの豆はありますか?」

恐らく、この質問をされたお客様は、素直に善意から、こんなことをお考えなのではないかと思う。

「一般的にコーヒー農家から輸出業者が買い取る価格が不当に安いため、農家の人たちが苦しめられている、人道的な観点から。農家の人にきちんとした代償を支払った豆を購入したい。」

普通に考えたら真っ当で、そうお考えになるお人柄は素晴らしいと思う。

ただ、実情はそんなに簡単なものではないのである。

先日、あるお客様から「おいしいコーヒーの真実」という映画のDVDを貸していただいた。

コーヒー生産国の事情を知らずに、この映画を見たら、その質問をされお客様のような気持になるかもしれない。

この映画で描かれていた世界は、ある意味正解で、ある意味全てを伝えているわけではないので、正解とは言えないもの。

例えば、三角柱を真上から見たら三角に見えるが、横から見ると四角に見える。

それを知った上で、真上からも横からも見せていれば良いのだが、真上からしか見ずに、「これは三角である」と断言してしまうと、誤った情報を与えてしまうこともある。

まず、前提条件として、コーヒー生産国の中でも、農園が価格の決定権を持っているところも少なくない。

有名なところでは、パナマのエスメラルダ農園なんて、農園を区画で割って、その区画ごとのオークションを行い、下手をすると1キロ10万円なんていう狂気じみた価格を要求するところだって存在する。

ある意味、大農園の豆を買いたたいて安価に仕入れるなんて話は、あまり聞いたことがない。

では、フェアではない価格で買い取られる可能性があるのは、どういったところかと言うと、小規模零細農家ということになる。

そして、小規模零細農家がメインの生産国というのは、主にアフリカやインドネシア、東ティモール、パプアニューギニアといったアジア・オセアニア地域にみられるもので、中南米のものは、ほとんどが単独農園から仕入れられるものなので、先の映画のようなことが起こるとは考えにくい。

さらに、アフリカと言っても、国によってシステムが違うので、ひとくくりにできないところがある。

つまり、コーヒー生産国の生産者は全ての人たちが虐げられていると考えるのは間違いで、中南米の農家などへ行くと、実はすごくリッチな生活をしていることだってあるし、アフリカにしてもケニアあたりの農園へ行ったら、家族一人が一台の車を持っているところだって少なくない。

一方で、エチオピアの零細農家などは、必ずしも多くの収入を得ているとは言えないが、現在のエチオピアは法律で収穫したチェリーの最低買取価格が決められている(一昨年に施行された法律)ので、不用意に安価で売買がしにくい。

そして、これがここ数年エチオピアの豆が高騰している原因の一つである。

それでもエチオピアの農家が貧困にあえいでいるのは、単に農園の面積が小さくて、収穫したもの全てを売っても、十分な収入を得られるほどの量が作れないということもある。

と言うわけで、ぱっと全体を見ても、フェアトレードという概念が必要な国・地域は限られてくる上、「コーヒー農家」と全体をひとくくりにはできないため、まずは、どの国の豆ならフェアトレードをする可能性があるかどうか、ということから考え、そこでフェアトレードが実現する土壌ができているかと言う点も見て行かなくてはならない。

そう書くと「フェアトレード実現の土壌とは?」という疑問が出てくるかもしれないが、このことを書き始めたら、またまた超長くなってしまうので、その点については、また次回個別の案件をもとに説明したいと思う。

北白川焙煎所

2023年11月18日 


平素よりカフェヴェルディ京都芸術大学店をご利用いただき誠にありがとうございます。

昨日の日記で、続木が書いておりました通り、

京都芸術大学店は2023年12月11日(月曜日)を持ちまして営業を終了し「ヴェルディ北白川焙煎所」として、移転する運びとなりました。

私達、芸大店社員は新たな移転先「ヴェルディ北白川焙煎所」へ移ります。

これを機により一層の努力を重ねて参りますので、今後とも変わらぬご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。


新店舗の営業開始日、営業時間、営業形態につきましては決まり次第、お知らせ致します。

これまで、ランチや喫茶をご利用いただいていたお客様にはご不便をおかけしますがどうかご理解、ご了承の程お願い申し上げます。

閉店後は、少しの間準備期間を取らせて頂きます。

また新たな移転先でも皆様にお会いできたら、

とても嬉しいです。

残りの営業日までのランチに関しましては、メニューの変更等があるかと思います。詳しくはInstagramにてお知らせ致します。ヴェルディオリジナルカレーのご提供も同時に終了となりますので、最後にヴェルディのカレーをお楽しみいただけると幸いです。

後3週間となりますが引き続き、ヴェルディ京都芸術大学店をどうぞよろしくお願い致します。

新たな一歩

2023年11月17日 

2016年9月、カフェ・ヴェルディは下鴨本店に次いで、二号店として当時の京都造形芸術大学瓜生館1階に食事も楽しめるカフェをオープンさせて頂きました。

しかし、始まりがあれば必ず終わりはあるもの。

2023年12月11日(月)をもって、ヴェルディ京都芸術大学店は営業を終了いたします。

そして、12月下旬、「ヴェルディ北白川焙煎所」として、場所を変えて新たな一歩を踏み出します。

芸大店は、オープン以来これまでの下鴨本店にはなかった食事メニューやアルコールメニューも提供し、珈琲専門店から食事もできるカフェとして営業してきました。

「週替わりカレー」や、季節限定メニューなど、私も楽しくメニューを考えてきましたが、コロナの流行で営業は一変しました。

そして、コロナの規制が明けて、お客様も戻ってきた今、同時に髙島屋店のオープンもあり、焙煎が追い付かない状態になってまいりました。

また、コロナの間に自然減したスタッフも多く、人手不足の中、私が京都芸術大学店に入り込まないと店が回らない状態で、本来私がすべき仕事が滞り、様々な副反応がでてきました。

またお盆以降の3か月、私自身が1日も休みを取れない現状、だからと言ってお客様やスタッフの前では、決して疲れた顔を見せないようプロ意識をもって仕事をしてきましたが、さすがにこのまま走り続けたら、倒れるのは時間の問題だろうという思いもあり、そうなっては本末転倒。

いろいろと考えた結果、京都芸術大学店はコーヒーよりも食事メニューに力を入れなくてはならない、また立地柄複雑なオペレーションを必要とするため、私が最前線レベルで入り込まないと回らない営業をしていて良いのか、かなり悩みました。

コロナ後、お客様も戻り、新たな常連のお客様も増えてきた中、後ろ髪を引かれる思いはありましたが、ここは原点に立ち戻り、本当に良い珈琲を提供することに全力を尽くすべきだと言う考えに至りました。

そんな私の判断を最終的にコーヒーの方へと後押ししたのは、髙島屋店のスタッフたちの姿でした。

10月に採用して、わずか2週間という短い期間の間に、皆がしっかりとコーヒーについての知識をつけようと私にくらいついてきて、おいでになったお客様には、自分の得た知識を駆使してコーヒーの説明をしてくれる姿。

そして、私のLINEには毎日のように、誰と言わずスタッフたちから「お客様にこのような質問を受けたのですが、どうこたえたら良いでしょうか?」といったメッセージが届きます。

芸大の店長は、「マスターが私たちに教えてくれるコーヒーのこと、You Tubeで語って、コーヒーの深層について発信すべきですよ」と進言してきます。

私も四捨五入したら60。

そろそろヴェルディという会社も次のステップを考えなくてはならない中、やはりどこまで行ってもヴェルディは自家焙煎珈琲店。

本当に良いコーヒーをお客様に提供し、本当の情報をしっかりと伝えていくことこそ本分だという結論に至りました。

ヴェルディ京都芸術大学店をご愛顧下さった皆様には、本当に心苦しい思いではありますが、どうかご理解くださいませ。

そして、明日から芸大店のカウントダウンが始まります。

最後の3週間、全力で頑張ります。

ラスト3週間のヴェルディ京都芸術大学店、どうぞよろしくお願いいたします。

そう言えば、オープン当初はロッキングチェアがありましたね。笑

12月から

2023年11月17日 

先日の日記にも書いていたが、昨年の11月に1ドル150円近くまで下がった円相場。

いっとき少し戻ったかと思ったものの、このところ150円を突破。

昨年の今の時期以上の円安傾向になっている。

ヴェルディの場合、主要な豆については、国内に入って来てから商社や問屋から購入するのではなく、流通前に1年分のオファーをかけているため、一般に流通した後の価格より安価に仕入れられていた。

そんなこともあり、同じクオリティーレベルの豆であれば、他の自家焙煎店と比べても、お値打ち価格で販売できていたのだが、さすがにここまで円安が進むと、現状の販売価格維持が難しくなってきた。

10月以降に入港した豆の価格が、全体的に上がってきていることもあり、現在情報を集めて今後の生豆価格の予想を出しているが、なかなあ厳しい数字が並ぶ。

そこで、ここまで頑張ってきたものの、12月から売価改定をしなくてはならなくなりそうな状況。

各豆の価格など詳細は、来週に発表できるかと思う。

そして、もう一つ。

恐らく明日、大きなご報告をさせて頂くことになるかと思います。

明日の日記もご覧いただければ幸いです。

このページの先頭へ