自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. 下鴨店TOP
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

ぷらっと七条でタイ

2019年2月7日 

今日はは曇っていて放射冷却がなかったからか、ほとんど寒さを感じない朝だった。

曇が厚くて、大文字山の稜線すら見えない。

やはり、朝はもうちょっといい感じの光景を目にしたいのだが、まぁ、仕方ないですねぇ・・・

 

さて、先日の火曜日は、今月で唯一仕事の予定のない日だったので、カミさんの買い物に付き合って京都駅近辺へ。

せっかくだったので、食事でもしようということになったのだが、京都駅近辺の食事事情に詳しくない私は、どこにしようか悩んだ結果、無難にタイ料理を食べることにして七条通を河原町から東へ歩いていた。

すると、新しい店ができていて、カフェめしが食べられそうなメニュー看板が外に出ている。

立ち寄ってみようかと一瞬思って目を上げたら・・・

昔のパチンコ屋さんの新装開店のような花輪。

なかなか面白そうだったが、やはり初志貫徹でタイ料理を食べに行くことにした。

伺ったのは キンカーオ さん。

けっこう久しぶりの訪問となった。

カミさんはトムヤムクン麺のランチセットを注文。

麺は、細めの平麺

私はダブルカレーセット

とてもマイルドで食べやすいタイ料理なので、タイ料理初心者にはもってこいのお店。

またこちらの方へ来たときは、利用したいと思う。

ヴェルディからバレンタインのご提案

2019年2月6日 

立春を迎えましたね。

先日何気無く見ていたテレビ番組のアンケートでは、早く終わって欲しい季節(ぶっちぎりで)ナンバーワンに選ばれていた冬。

クリスマスもお正月もあるのに…
人気無いんですね…

今月からスタートいたしましたチーズケーキは大人気です。

もうかれこれ、5,6年ぶりの登場となります。

表面は少しサクッと、中はしっとり濃厚な味わいをコーヒーと一緒にぜひお召し上がりください!

店頭では、ドリップバッグ&クッキーセットの販売を再開しております。

ドリップバッグ3袋とクッキー3種が入ったお手軽サイズから、ドリップバッグ10袋(ヴェルディブレンド・スペシャルブレンド各5袋)とクッキー15枚をお詰めした大きなギフトボックスまで。

ドリップバッグをお好みのコーヒー豆に変更することも可能でございます。

チョコレートが主流のこの時期、ちょっと変化球なセレクトはいかがですか。
コーヒーとクッキーのセット、大変おススメです!

ご来店お待ちいたしております。

土田

スイーツもいいですねぇ

2019年2月5日 

今日はお昼過ぎから所用で出かけて、帰宅したら夜にカミさんと映画を見に行ったは。

自宅近くのバス停からバスに乗って河原町三条で降りるはずだったが、今日はなぜかバスがやたらすいていて、普段だと市役所前のバス停を出たら、すぐに誰かによって降車のボタンが押されるのに河原町御池を通過しようとしていいるのに降車ランプが点灯しない。

もしかしたら、これは自分が押さないとヤバイのか?と思いつつ、そういえばこの降車ボタンを押すのは恐らく20年ぶりくらいだなぁ・・・と、ちょっと喜びながらカミさんに「今日は誰も降車ボタン押さないね、私がおさなきゃかな?」と言ったら、「押したらええやん」とカミさんにボタンを押されてしまった。

20年ぶりくらいに押せるチャンスだったのに、この調子だと私は一生この降車ボタンを押せないかもしれない。

言わなきゃよかった・・・

 

さて、先日の東京出張では、カレー以外にスイーツも食べていたのだが、そちらを今日はアップ。

まず、二日目の朝は渋谷のカフェ「人間関係」でスコーンのモーニング。

「人間関係」って店名、すごいなぁと思ったが、横文字の店名を訳してみたらけっこうすごい店も多いので、まぁそんなものでしょう。

いろいろな種類のスコーンがならぶ

種類が多くて悩んでしまうが・・・

スコーンは1個120円、珈琲が230円なので、これだけ食べて470円というなかなかの安さ。

 

渋谷で朝食をとったら、新大久保へ向かい、CAFE DOMO さんへ。

現在、台湾のショコラを売り出し中!

珈琲とショコラ3種を頂くことにした。

このショコラがなかなか美味しくて、つい二つほど購入してしまった。

珈琲は浅煎りの台湾 FIKAFIKA によるDOMOブレンド。

 

この後、神保町へ行って、共栄堂とペルソナでカレーを食べた後、銀座でスイーツを頂くことに。

まずは、エスキス サンクへ。

珈琲とキャラメルのタルト

甘さ控えめで美味しかった♪

さすが星付きレストランのスイーツ部門、とてもバランスよく美味しいケーキだったが、残念ながら珈琲は個人的嗜好では私が最も嫌いな、エスプレッソを薄めたやつ、俗にいうアメリカーノだったので、もう一軒絶対安全なお店へ。

 

夕食の予約を入れていたカーンケバブビリヤニへ移動する途中にある紅茶店、マリアージュフレールへ。

サヴァランに合わせるお茶は、コロンビア産のものをチョイスしてみた。

お茶とお菓子で、ちょっといい店でランチできるほどの価格ではあるが、全くタイプの違う2軒でひと時を過ごすと、目に飛び込んでくる光景、隣接のテーブルでの会話、食器からサービス、ケーキの絵面までいろいろと面白かった。

インドカレーな夜

2019年2月4日 

今朝は雨上がりのどんよりとした雲が立ち込める中ウォーキング。

行きは曇り空だったが、帰りの途中で雨が降り出しけっこう濡れてしまった。

曇っていたからか少し寒さも和らいだ立春の朝であった。

 

さて、先日東京へ行った折、普通のカレー(普通と言ってよいかどうか分からないが)を3食とったのだが、それは昼の話で、もちろん夜はインド料理店へ。

初日の夜は、学生時代の友人が10名ほど集まってインド料理会。

以前から一度行ってみたいと思っていた、練馬のケラレバワンというお店へ。

南インド料理店ということだったが、タンドリー料理も多く、ナンを食べている人が目立つところを見ると、わりと何でもありなお店といった感じだったが、メニューには南系の料理も多く、いろいろと楽しめそうな感じ。

まずは、南インド料理店でチキンティッカ(笑)

続いてフィッシュフィンガー

サブジパコラ

エッグドーサ

ウトゥパム

アヴィヤル

何軒かの店で、このアヴィヤルを食べているのだが、どこも全く違う味で面白い。

こちらの店のアヴィヤルは、とても穏やかな味。

個人的には、ダルマサーガラの超攻撃的アヴィヤルが好きだったりする。

マトンペッパーマサラ

このカレーは、もっとガツンときてほしいのだが、全体にやさしい味で、でも逆にそれが皆にはよかったっぽい。

ある意味、日本の客の嗜好に合わせた店かも。

南インド風チキンカレー

アップで

炭水化物は、パロタと

ココナツライスと

レモンライス

チャイは、エアブレンドしてくれる。

全体に無難な味付けなので、誰彼選ばず美味しく食べられるのではないだろうか。

コストパフォーマンスも高く、近隣の人たちが安心して通えるインド料理店といった感じ。

 

そして、帰る前に立ち寄ったのは、新橋のカーンケバブビリヤニ

まずは、サービスのマサラパパド

タンドリーホールゴビ

要するに、カリフラワーの丸焼きだが、これがなかなかいい感じ。

マッシュルームサグパコラ

ラムビリヤニ

なかなかまともなビリヤニと出会うことはないのだが、こちらのはかなり良いと思う。

サムンダリカザーナ

要するにコルマ系のシーフードカリーなのだが、今回東京で食べた全ての料理の中で、これが私個人的には一番衝撃的な美味しさだった。

そんなわけで、2日間でカレー3食、インド料理2食、ロシア料理1食、他朝食を2回、スイーツも2回というなかなかヘビーな東京旅行だった。

明日はスイーツについてアップします。

久しぶりのサロンライヴ

2019年2月3日 

今朝は寒いようなそうでもないような、まぁ、普通に冬の朝。

しかし、ちょっとだけ明るくなるのが早くなってきたような気がする。

ちょっと前までは、真っ暗だったのに東の空がほんのりあかくなってきた。

なんとなくパルナスの宣伝みたいな空を見ながらの朝ウォーキング。

 

さて、今日は1か月ぶりのサロンライヴ。

今回は、バス バリトンの内山建人さんをお迎えして、節分の夜のコンサートとなった。

バリトンは昨年の井上大聞さんをはじめ、何名か歌われたが、バスは初めて。

ドイツリートから始まり、フランスの歌曲、イタリアオペラまで幅広いレパートリーを披露して下さった。

本編最後の曲、シシリー島の夕べの祈りから「おおパレルモ」

なお、過去のVerdi サロンライヴの様子は、こちら からご覧頂けます。

よろしければ、ご訪問ください。

 

そんなわけで、ドイツ、フランス、イタリアといろいろな国の作曲家の歌を聴かせて下さった内山さんは、作曲家を料理に例えるという、今までにない MC で曲の説明をされていた。

例えば、ベルリオーズはバーニャカウダで、ベッリーニはジュレのせのカルパッチョ、ヴェルディはステーキだとか。

しかし、いろいろな国の作曲家と言うが、ロシアがなかった。

そういえば、以前のサロンライヴでドイツ語やフランス語、イタリア語の歌は必須だけど、ロシア語はけっこうその気にならないと習得しないからなかなかプログラムに入れ辛いという話をしている方がいた。

そんなわけで、歌が披露できないなら私が料理に例えるのではなく料理をご紹介。

先日東京へ行ったとき、カレーだけではなくロシア料理も食べていたりして(どんだけ食べるねん?というツッコミはまぁいいとして)

神保町の名店「ろしあ亭」

まずはビーツで色付けされたポテトサラダみたいなものが出てきて

ボルシチ

パンは、サワーが効いていた

せっかくなのでピロシキも

中はこんな

白いビーフストロガノフ

小さなスイーツ

私は(恐らく多くの日本人は)ロシア料理をそんなにしょっちゅう食べるわけではないので、比較対象が少なくてどう評価してよいかよくわからないのだが、普通に美味しく頂けた。

もし近所にあったら他のものも食べに何度か通いそう。

で、これを食べたあと、エチオピアへ向かったのだが、その話をしたら「ロシアからエチオピアに行って、スマトラによってから欧州って、忙しいなぁ」と言われた。

明日の日記はインドへ飛びます。(笑)

神保町カレー

2019年2月1日 

今朝はちらほら雪が舞う中のウォーキング。

東京ではなんだか歩きすぎて、今までそんなところ筋肉痛になったことないのに!という、両足のスネの部分がなぜか痛い中頑張って歩いてみた。

さて、今回の東京出張二日間で、私は食事9食とスイーツ3食とったのだが、その食事のうちの3/9はインドではないカレー、2/9はインド料理、そして1/9はロシア料理という、なんともバランスの取れた配分でいろいろなものを食べてみた。

で、今回はインドではないカレーを3つ。

まずは神保町でカレーと言えば真っ先に出てくる「エチオピア」

14時近くだったのに、ほぼ満席状態でガンガン回転しているって凄いことだと思う。

辛さは3にしてみた。

ジャガイモがついてくるのだが、この皿が何となく灰皿に見えて、ちょっと微妙な気分。

 

そして、エチオピアの次はスマトラへ。

スマトラカレーの共栄堂

スマトラ島にカレーがあるのかどうか知らないが、最もムスリム比率が高いと言われているインドネシアのカレーにしてはポークがあるって面白い。

ビーフカレーを注文

ある意味独特の、「スパイス香る」というより一風変わった欧風カレーという感じ。

こちらも店内満席で、ごくごく当たり前に相席となるのだが、今回は若くてきれいな女性二人組を前に食べることになったので、緊張でカレーが喉を通らないのではないかと思ったが、まぁ、ちゃんと食べられた。

 

スマトラの次は、The 欧風カレーを謳う「ペルソナ」

こちらも人気店なので、ほぼ満席だったが、なんとか1席開いていたので待たずに入れた。

こちらでもビーフカレーを注文、エチオピアはイモが1個だったが、ペルソナはイモが2個ついてくる。

本当にいい感じに王道を歩む普通のカレーという感じで、この味のファンになる人が多いのも頷ける。

このラッチョと福神漬けと緑の漬物、いいですねぇ。

そんなわけで、今回はインドではなく普通のカレーを3軒ハシゴしてみたが、普通のカレーと言っても全く違う個性でとても楽しく頂けた。

友人に「エチオピアと共栄堂とペルソナ行ってきた」と言ったら「なんでボンディ行かなかった?」と言われたが、さすがの私もボンディ分の胃袋があいていなかった。(実は行く気でいたが、ちょっと無理だった)

明日は日記お休みなので、また明後日以降に他のものはアップします。

3 / 16312345...102030...Last »

このページの先頭へ