自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. 下鴨店TOP
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

わがまま

2019年4月4日 

鴨川沿いの桜もほぼ満開。

そして、定点撮影地点にたどり着くころが丁度日の出の時間。

せっかくだから写真を撮ろうと思うと、常に一番良いアングルの先にはブルーシート。

毎年言っているのだが、花見のゴザ条例とかって作れないものだろうか。

せっかくきれいな桜が満開なのに、あの青いシートが目の前一面に広がっていると全てが台無しになってしまう。

今まさに市議会・府議会の議員選挙真っただ中。

鴨川で花見をするとき、ブルーシートは使用禁止で、ゴザを敷かねばならないという条例の制定を公約にする議員候補がいたら、政党とか関係なく一票入れてしまうのだが・・・

実は、この写真もど真ん中にブルーシートが写っていたりして・・・

ほんの2日前は、まだこんな感じでつぼみが多かったのに、今日はほぼ満開。

この季節は、毎日目に入る光景が変わるので、歩いていると楽しいですねぇ。

 

さて、昨日は造形芸大の入学式で、なんだか慌ただしくしており、今日はスタッフの頭数が足りなかった上に、焙煎量が多かったので、なんだか落ち着かない一日だった。

そんな日は、ちょっとマサラ補給がしたくなる。

で、仕事を終えたらヌーさんのお店へ。

黒板を見たら「赤エビのバンガリマサラ」というのがあった。

今日の気分は、トマトベースのマサラ系カリーが食べたいものの、そのものズバリではなく、ちょっと風味に変化があるマサラ系がいいなと思っていた。

そんなときに、フェンネルが効いているバンガリマサラと書かれていたら注文しないはずもなく、赤エビのバンガリマサラをオーダーした。

すると、奥からヌーさんが出てきて、「赤エビ、ないでしゅよ。ホタルイカかホタテならあるでしゅね」と。

ホタルイカなら「サートチャトニ」か「ジャルフレッジ」。

ホタテなら「ムグライ」といったところがラインナップされているが、今夜の気分はそのどれでもなかったのと、今夜は珍しく他のお客様がいなかったので、つい「フェンネルの効いたマサラが食べたい」とわがままを言ったら「じゃぁ、赤エビじゃなくて、ふちゅのエビでちゅくるですね」と、普通のエビのバンガリマサラを作ってくれた!

そんなわけで、まずはチャルテセットのサラダとスープ、このスープも美味しかった。

普通のエビのバンガリマサラとパロタ&カップライス

〆はチャイで。

滅多にお店でわがままは言わないのだが、今夜はどうしてもこういうフェンネルの効いたマサラカリーが食べたかったので、つい無理を言ってしまった。

ヌーさんごめんなさい。

でも3月で大学卒業組が大挙抜けたため、現在かなりヤバイ人不足状態の造形芸大だが、このカリーのおかげで今週末も乗り切れそうである。

頑張ろう!

 

いよいよお花見シーズン

2019年4月3日 

今年は早いと言われていた関西の桜が、ここへきてようやく開き始めました。

「あとから振り返れば次の週末がピークやったなぁってことになるでしょうね。」
先日タクシーの運転手さんから聞いたちょっと不思議な言い回し、つまり、次の週末が見頃になるようです。

花冷えで長持ちして5月ごろまで咲いてくれたらいいのに。

桜は本当にタイミングが難しいですよね。

ヴェルディのコーヒーをポットに入れて、背割の桜を見ながら朝ごはんを食べました。
というお客様のスタイルに憧れて、初めて背割堤に行ってきました。

満開には届きませんでしたが、お花見モーニングを試みた結果混雑に合うこともなく、清々しい空気の中で咲き始めの桜を満喫することができました。

木津川御幸橋から見える二本の大きな川と京滋バイパス、そこに朝日が当たる光景も美しかったです。

祇園白川は… 咲いても咲かなくてもすごい賑わいです。

宮川町歌舞練場前では夕日に照らされた桜が綺麗でした。
けっこう開いてきています。

今年は京おどりに行く機会をいただき、宮川音頭の迫力と一体感に感動しました。

まわりの席から聞こえてくるお客さんたちの歌声も素敵で、皆さん宮川音頭を聞くと春の訪れを実感されるんだそうです。

伝統文化の継承とは尊いものですね。

ここ数日は真冬さながらの冷え込みでしたが、明日からは春らしい気候になっていくようです。

店頭の寄せ植えも春仕様に変わりました。

ガーベラ、と思いきや「オステオスペルマム」という全く別の品種でした。
花言葉は “心も体も健康” 素晴らしい!
4月17日と20日の誕生花なんだそうです。

水色の勿忘草
勿忘草をテーマにした大好きな歌がありまして、今回寄せ植えの中に入っているのがとても嬉しいです。

最後になりましたが…
売り切れておりましたドリップバッグが入荷いたしました!

インターネットでの販売も再開しております。
よろしくお願いいたします。

週末にかけて好天が続くようです。
お花見ついでに、ぜひともお立ち寄りくださいませ。
ご来店お待ち申し上げております。

土田

CookpadTV スタジオでのオフラインイベント

2019年4月2日 

昨夜と言うか、今朝と言うか、ともかくちょっと遅くまで仕事をしていたので、今朝は少し寝坊して7時過ぎまで寝てしまった。

起きたら、amazon prime video で、この前途中まで見ていた映画を見終えてからパソコンに向かう。

普段の営業中は、なかなかデスクワークができないのと、年度末のいろいろな作業が山積しているので、お昼過ぎまでちょっと集中してキーボードをたたいてみた。

 

さて、話は全く違いますが、今月 4月13日(土)に大阪の心斎橋にある、Cookpad studio で珈琲の手網焙煎体験と、焙煎度合いによる味変化を体験するワークショップを開催します。

主催は CookpadTV(クックパッドTV)で、現在参加者募集中!

詳しくは、こちらをご覧ください。

https://peatix.com/event/625170/view

募集のページに書かれている案内文には、私のことをバリスタと記載されておりますが、私は自分のことをバリスタと表現したことがなく、個人的にはバリスタと言われるのが好きではないので、ちょっと違和感を覚えつつ、でも、今の世の中そういう名称の方が分かりやすいのかもしれないと思いつつ。

ともかく、皆さんに楽しんで珈琲に対する理解を深めて頂けるようなイベントにしたいと思っております。

人数に限りがありますので、ご希望の方はお早めに。

なお、ヴェルディでは受付をしておりません、必ず上記サイトからお申し込みをお願いいたします。

春ですねぇ

2019年4月1日 

ちょっと暖かくなったと思ったら、ここ数日はけっこう冷え込んだりして。

今朝もわりと寒かったが、桜はどんどん開花している。

鴨川の東側を北上していると、もう7割程度開花している感じ。

このところ、出町柳あたりに来た頃がちょうど大文字山の北の方から太陽が顔を出すところ。

出町柳の西側、タネゲンの前あたりは、ほとんど満開になっていた。

そんな今日は、早くも新年度スタートの日。

造形芸大も事務の方の顔ぶれがけっこう入れ替わったようで、大学の名札を首から下げてご来店下さる方の中には、今までお見掛けしたことのないお顔も多く、なんだか新鮮な気分。

昨年・一昨年は、春秋座で都をどりが開催されていた。

そんなこともあって、4月は何が何だか分からない状態で、ともかく突っ走っていたのだが、こうして落ち着いて新たに造形芸大でお仕事を始められる方の接客ができる新年度初日は開業以来初めてのこと。

しかし、これが本来の姿なわけなので、お一人お一人のお客様にしっかりと接していきたいと思う。

 

さて、話は変わって、以前から一度伺いたいと思っていたイタリアン「リストランテ野呂」さん。

先日、とある方が、珈琲豆をご注文下さった折、「野呂さん美味しそう」とつい言ってしまったら、ではこんどの日曜日一緒にいかが?とお誘い頂いたので、お言葉に甘えて初の野呂さんへ伺った。

まずは、レタスの温かいスープ。

続いて、カンパチと白アスパラガス。今回は白アスパラガス七変化といった感じのお料理となった。

モッツァレラとミニトマト、ほたるいかに白アスパラガス。胡麻風味のソースで。

モッツァレラとトマトという、カプレーゼを彷彿とさせる一皿だが、ここにほたるいかとアスパラガス、そこに胡麻のソースという組み合わせはイタリアンの範疇を超えている一皿。

こちらもベースは白アスパラガスで、その上の魚、失念してしまいました。

手元に寄せたとき、上にのっているウニがソースの上に落ちてしまい、ちょっと皿の上が荒れたので、隣の方のお皿も撮らせて頂いた。

これもかなり美味しい一皿でした。

続いて白アスパラガスのコロッケ、魚介のスープ添え

中はこんな感じ。食べた感じクリームコロッケなのだが、中はほとんどが白アスパラガスを柔らかくなるまで加熱したものとのこと。

エビと白アスパラガスのアンチョビバター。

これも非常に旨味が強く、かなり美味しい一皿であった。

ホロホロ鳥にも白アスパラガスが添えられている。

外側カリッと、中はしっとりと、とても素晴らしい焼き加減。

パスタはラザニア

中はこんな感じ。

パスタが出来立てということで、とても柔らかくカットし辛かったが、肉を使わずイカの風味だけでうまみを引き出しており、香り豊かで濃厚なラザニアであった。

ドルチェはプリン。

黒豆茶で終了。

どの皿も印象深く、美味しく頂きました。

今回、お誘い下さったのはこの道具一式を持ち歩いている方。

私も以前は、ちゃんと食べたものをノートに書いて間違わないようアップしていたが、今回はプロが横にいらっしゃったので、今回のお料理について詳しくはこちらのサイトをご覧ください。

とても楽しいひと時でした。

2019年3月31日 

無事に足の痛みもひいて、今朝はちゃんと歩けた!

鴨川沿いを出町柳あたりまできたところで、よく珈琲を買いに来て下さる造形芸大の学生さんとバッタリ。

こんな朝早くに、こんなところで会うなんて・・・

と、思いつつ、私は川端通へ出て橋を渡って西側に行ったら、その学生さんはカメさんの飛び石を渡って西側に来たようで、川を挟んで東側と西側両方で挨拶をしてしまった。

川の東側は、けっこう咲き始めていたが、出町柳の橋の西側もぼちぼち咲き始めている。

歩いていると、7分咲きくらいの木の下にシートを広げて場所取りをしようとしている人が目に入ったが、次の瞬間けっこう雨がしっかり降りはじめ、シートを広げようとしていた人が、折りたたんだ状態でシートを頭の上にのせて雨除けしていた。

 

そんな今日は、晴れていると思ったら、いきなり雨が降り出したり、なかなか不安定な天気の一日。

昨日は日の光を見ることなく断続的に降る雨を恨めしく眺めながら過ごしたので、コロコロ天気は変わっても晴れ間もあるので、なんとなく今日は気分上々。

そして、今日でいよいよ今年度も終わり。

この2年間は、造形芸大併設の劇場、春秋座で都をどりが開催されていたので、造形芸大店の4月は連日ひっくり返っていたのだが、今年は開店以来初めてノーマルな4月を迎える。

学生さんも1/4が入れ替わり、職員の方々もお辞めになるかたや新たに入ってこられる方がいらっしゃる季節。

良い新年度のスタートが切れるよう、明日から気持ちも新たに頑張ろう!

 

ところで、先日行った中華料理店で、なんか面白いメニューを発見。

インスタントラーメンで料理を作っちゃうんだ!?

食べてみたいような、でも、なんか微妙な気分だったり・・・

とは言え、きっとそのうち食べていそうな気がする。

いよいよ

2019年3月29日 

昨夜の足痛、湿布のおかげでずいぶんよくなり、今朝はちょっと足がつりそうな感じがする程度まで回復。

一応、途中で痛くなったら困るので、今朝のウォーキングはお休みしたが明日からは歩けそうである。

で、自分なりにどうしてあんなに痛くなったのか分析してみた。

実は、3か月ほど前、仕事用に購入した革靴が、当初はピッタリだと思っていたのにはいているうちに左足の小指あたりがキツくなってきて、左足の小指に魚の目かタコかよくわからないが、とりあえずそういう魚介系の固い部分ができてしまった。

とりあえず、せっかく買ったので3か月は無理してはいていたのだが、どうにも痛くて仕方なかったのでワンサイズ上のものを購入したら小指も当たらなくなって痛みも感じなくなった。

足が楽になって良かったと思いつつ、仕事を終えたら何となくいつもと足の疲労感が違うなぁと思っていたら、その夜に右足のふくらはぎが痛くなったわけである。

恐らく左足が痛かったので、それをかばって右足に負担がかかっていたところ、靴を替えたためその負担がなくなり一気に来たのではないだろうか。

まぁ、足に限らず体の痛みとかそういうのって、違う部分にくることもあるってことでしょう。

 

さて、4月から造形芸大店のモーニングを大幅に変更予定。

下鴨では人気のトーストだが、造形芸大ではあまりご注文が入らず、パンを仕入れても大半が廃棄になってしまうため、いっそトーストをやめることにした。

そのかわりに、お持ち帰りにも対応できるよう、毎朝キッチンのオーブンでスコーンを焼くことにした。

同時に、長いフレンチトーストも、短く切ってカップに入れて販売することに。

こちらは同じ味だが、形状の変更。

どちらもテイクアウトはもちろん、店内でもお召し上がりいただけるので、ぜひご利用下さいませ。

 

話は全く変わるが、いよいよ球春到来!

例年だと、今夜は京セラドームへ行くべきところ、今年は甲子園の初戦に行くことにしたので、今夜はテレビとラジオで観戦。

サヨナラワイルドピッチって、ちょっと微妙な勝ち方ではあるが、とにもかくにも今年の初陣は勝利で飾れて良かったよかった。

今年は勝利のメールがたくさん届きますように。

3 / 17012345...102030...Last »

このページの先頭へ