自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. 下鴨店TOP
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

朝夕

2020年9月15日 

昨夜はソファーで寝てしまい、日記を今朝書いたので、こちらは本日2本目の日記。

今日は定休日だったので、私も少しゆっくりして、朝の7時30分から鴨川へ。

いつもだったら北上するところ、今日は南下して四条まで歩いてみた。

6時ごろと比べると、太陽も高く気温も少し高かったが、それでもけっこう涼しくて、あまり汗をかくことなく歩けた。

朝の木屋町

この通りを朝歩くと、なんだか夜とのギャップが大きくて面白い。

三条から再び鴨川沿いを歩いていたら、丸太町あたりで鴨川の鴨さんたちが土手をヨチヨチ歩いていた。

で、一日がたつのは早いもの。

先週末の天気予報では、火曜まで雨模様とのことだったが、昨日・今日は素晴らしい好天。

ちょっと前だと、午後7時でもまだまだ暑かったが、今日は夜も涼しい風が吹く中、気持ちよく歩けた。

では、明日からの一週間の頑張ります!

久し振りにパスタ

2020年9月15日 

昨夜は久し振りのアズーロさんで食事をした後、帰宅してフットマッサージャーに足を突っ込みながらテレビを見ていたら、ものすごい睡魔に襲われて、そのままソファーで寝てしまったので、今書いている日記は昨日の日記。です。

そんなわけで、昨日の朝は肌寒いほどであった。

水たまりにも青空が映っていた。

日の出の時間が随分と遅くなってきた。

さて、そんな久しぶりに30℃に届かなかった(天気予報曰く)一日。

次女は日曜日から就職試験のため東京へ。

高校の時から働きたいと思っていた会社の一次試験は無事パスして、今日は二次と言うか最終の実技試験。

このところ、毎日朝は私より早く学校へ行って二次試験のために実技の練習を積んできていた。

一次試験をパスした10名の中から、もしかすると採用はゼロかもしれないと言われつつも、本人的には納得できる内容だったそうである。

コロナのせいで、採用見送りや採用人数を減らす企業が多いので、当然競争率も高くなるが、彼女は第一希望以外は全く手を付けていないので、ダメだったらどうするつもりかわからないが、良い知らせが届くことを祈ろう。

と言うわけで、今日はその次女の、ひとまずお疲れ会。

仕事を終えて、いつものようにウォーキングに出た。

久しぶりに雲一つない晴天

オーダーストップ前に帰宅しなくては、と思いつつ歩いていて、時計を見たら帰路の四条あたりで7時50分。

ちょっとヤバイと思って四条から二条まで走ったら、丸太町あたりでちょっと気分が悪くなってしまって、結局自宅に戻った時点でダウン。

カミさんと娘たちに先に行ってもらい、私は少し横になって落ち着いてからアズーロさんへ。

もうLO時間になりそうだったので、私が好きそうなものを注文しておいてくれた。

そんなわけで、アンティパストは逃してしまったが、各々が注文したパスタを少しずつもらいつつ、けっこうたっぷり頂けた。

カミさんは「ナスのトラパニ風」

次女は「ウニのパレルモ風」

長女は「生ハムとイチジク」

私には、「カラスミのペペロンチーノ」をたのんでおいてくれた。

どれも美味しく頂けた。

〆はブドウのパフェ

「急がば回れ」と言うが、朝3キロ歩いて、一日立ち仕事をして、そこから時速6.5キロで4キロほど歩いた後、けっこう全力で走ったら気持ち悪くなるって・・・

ちょっとオッサンだなぁ、と、自分の体力を過信しすぎないようにしろという警告だと悟りつつ。

これからはあまり過信しないようにしながら頑張ろう。

イタリアン居酒屋

2020年9月13日 

今朝起きたら外からは雨音が。

そんなわけで、今朝のウォーキングはお休み。

でも、出勤のころには雨も上がっていたので、少し待って歩けばよかった。

さて、コロナの影響で、有難いことに通信販売での珈琲豆販売量は増えているのだが、一方で飲食店への卸部分は激減状態。

街を歩いていても、閉店や期間を書かずに休業という張り紙がしてあるところを目にすることが多い。

そうでなくても、席数を減らしたり、営業時間を短縮したり、さらに衛生費もかかるし大雨や暑さで原材料の値段も上がっているしで、この時期なかなか新規のお取引はないだろうと思っていた。

が、先日ヴェルディの豆を使いたいというお問い合わせをいただき、早速サンプルをお持ちしたところ、ご注文を頂いたので、今後のお取引についてのご説明も兼ねて、普通だったら配達地域外だが直接お持ちすることにした。

ついでに、娘と一緒に食事もさせて頂いた。

そんなわけで、伏見の「伏水酒蔵小路」へ。

ここは、大きな施設内にいくつもの飲食店やカウンターの日本酒バーなどが並ぶ商業施設。

各々のお店は施設内の道に面して並んでおり、ドアなどがあるわけではないが、各店専用のテーブルやカウンターがあるので、フードコートのような感じではなく、あくまで多店舗が集積している施設。

お気に入りの店で日本酒を飲むもよし、しっかり食事をするもよし。

注文しようとメニューを見たら、各店のメニュー以外に、「出前メニュー」というものがあって、同じ施設内の他のお店から料理を出前してもらって、席を移ることなく施設内の好きな料理が食べられるというユニークなサービスもある。

で、今回ヴェルディの豆をお使い下さるのは、イタリアン居酒屋の BAR BANA(バルバナ)さん。

6人掛けのテーブル2つの他、カウンターもあるので、一人でフラッと飲みに行くこともできるし、料理も一皿500円前後~千円前半がメインなので、数人でいろいろ注文してシェアするのも楽しい感じ。

スモークサーモンのイタリアンサラダ

イタリアン唐揚げ

チキンの肉と衣の間にバジルペーストが入っている。

出来心で注文したバターチキンカレー

バターチキンはバリバリの北インドカリーなので、通常は入っていないはずのマスタードシードが入っていて、つまりは粒マスタードで酸味を出しているのですね~

面白かった。

本日のパスタ=鶏ハートのマスタードトマトソース

二人でけっこうお腹いっぱいになった。

私は基本的にお酒を飲まないのだが、近所にこういう施設があったら、けっこう遅めの夕食などで立ち寄るのではないかと思う。

お酒を飲む店でコーヒーがどれだけ出るかはわからないが、〆のコーヒーを美味しくお楽しみ頂けたらと思う。

そんなわけで、イタリアン居酒屋さんで夕食をとって帰宅したら、いきなり外が真っ白になるほどの雨・・・

これは夜のウォーキングも無理か?と思ったら、30分ほどでやんだので鴨川へ。

けっこう大きな水たまりができていた。

しかし、丸太町より南は、道が全く濡れていない。

ということは、あの激しい雨は局地的なものだったのか?

荒神橋あたりは水たまりで、丸太町橋は濡れていないって、どんだけ局地的やねん?と思いながら、今夜もなんとかノルマは達成。

このところ、ちょっと食べすぎな気もするので、明日は節制することにしよう。

久し振りに白梅町

2020年9月11日 

今朝は昨日に比べて涼しさが半減。

以前ほど暑くはないけど、涼しくもない朝だった。

ところで、今、出町柳近辺では鴨川と言うか出町あたりの昔の写真が飾られている。

ウォーキング途中なので、あまりゆっくり見られないのが残念。

こんど、休みの日にでもゆっくり見に来ようと思うのだが、チラ見していてもなんかいい感じ。

川の東側にも展示があり、橋の西側は神社の横にもパネルがあったので、けっこうな点数が飾られているはず。

ご覧になっていない方はぜひ。

そんなわけで、朝はしっかりとウォーキングができたのだが、午前中の青空から一転、午後は土砂降りで始まった、って感じ。

今日は金曜日で豆の配達日だったのだが、途中から外が真っ白になるほどの雨が降り始めた。

天気予報でも言っているが、本当に空模様の急変には気をつけねばですねぇ・・・

で、この調子だと夜のウォーキングは中止か?と思っていたら、暗くなると同時に雨も上がるから面白い。

今日も朝夕とも日課は果たせた。

さて、今夜は久し振りに白梅町へ。

最近、美味しいマサラ系のカリーを食べていないなぁ、と思ったので、今夜はスペシャルビーフカリーをサラダとチャイのセットで注文。

セットのサラダ

スペシャルビーフカリー

久し振りに、バシッと本場のインド然に作られたカリーを食べて、お腹いっぱいになってしまったのであった。

とりあえず、教子さんが頑張っていらっしゃる姿が見られただけでも良かった。

コロナの渦中、飲食店は本当に大変な営業を強いられているが、お互い頑張りましょうと言って店を後にした。

でも、明日は絶食かな?

超大ショック

2020年9月10日 

今日は肌寒いほどの朝。

そこそこ湿度もあって、どんよりしている空だったが、風はけっこう心地よかった。

昼間は、青空が見えていると思っていたら、次の瞬間土砂降りになったり。

なんとも忙しい空模様。

でも、閉店時間のころに外を見ると、雲は多いものの、その雲の隙間から朱い光が美しかった。

さて、表題のこと。

先日、ヌーラーニのマダム、教子さんの日記を見たら・・・

コロナとダイエットが重なって、しばらく行けていなかったのだが・・・

ちょっとショックすぎて、悲しすぎて・・・

言いたいことは一つだけ

「ヌーさん、カムバ~ック!」

第4弾 14時スタート!

2020年9月9日 

突然の肌寒い夜ですね。

一気に秋らしくなりました。

いよいよ明日から17周年企画第4弾がスタートいたします!

9月10日木曜日 14時販売開始「オ・レ・グラッセ」

苦味のきいたコーヒーと甘いミルクのコントラストが印象的な、秋の始まりにぴったりな飲み物です。

ぜひ混ぜずにお飲みいただき、お口の中で混ざり合う苦味と甘みをお楽しみください。

本を読みながら、携帯を見ながら、じっくりゆったり飲み進めてもらえたら…というのは、ごく個人的なイメージですが。

真夏の清涼感というよりは少しまったりとした味わいですので、スタートする頃には涼しくなってくれたらという願望がありました。

仕込みの都合上、数量限定での販売となりますが、季節の移ろいとともにご堪能いただければ幸いです。

風邪も引きかねないほどの急な気温の変化ですので、皆様くれぐれもお気をつけください。

明日もご来店お待ちいたしております!

土田裕子

このページの先頭へ