自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. 下鴨店TOP
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

一期一会カリー#1~#17

2019年8月9日 

 

ほぼ週替わりで作っております、レギュラーメニューとは一味も二味も違う限定カリー「一期一会カリー」

4月からスタートして、これまでに17種類のオリジナルカリーを提供してまいりました。

ここで一挙にレシピナンバー 1 ~ 17 をご紹介

 

#1 南インド・マラバール風シーフードカリー

ココナツミルクの甘みとシーフードの濃厚な風味に、ほのかな酸味が絶妙な南インド風のカリーです。

 

#2 ポークのベリーマサラ

飴色まで炒めた玉ねぎをトマトとブルーベリーで煮込んだスパイスフルなカリー。

 

#3 ヴェルディ風サブジコルマ

 

カシューナッツとピスタチオのペーストを贅沢に使ったリッチな野菜カリーです。

スパイスをまぜてオーブンで焼き上げた野菜を添えてお楽しみいただきます。

 

#4 しびれチキンカリー

スパイスに漬け込んだ鶏むね肉を丸ごと1枚使ったトマト風味のカリーです。

四川山椒のしびれる美味しさ!

 

#5 白身魚のピスタチオカリー

ピスタチオペーストとヨーグルトの爽やかで濃厚なカリー。

スッキリ系のスパイスとヨーグルトの酸味に、ピスタチオのナッティーな風味が絶妙なハーモニー。

ヨーグルトに漬け込んだ白身魚と焼き野菜とともにお召し上がりください。

 

#6 ピンクのポークカリー

フルーティーな風味にシャープな辛さ、コクがあるのに爽やかな後味のフリーティーなカリーです。

 

#7 白いチキンカリー

カシューナッツとヨーグルトをベースにした爽やかなカリーです。

マサラペーストを挟み込み、ヨーグルトに漬け込んで焼き上げたチキンと一緒にお召し上がりいただきます。

 

#8 マトンのほうれん草カリー

じっくり、しっかり、丁寧に作ったほうれん草のマトンカリーです。

濃厚なマサラグレービーに新鮮なほうれん草のペーストを合わせて煮込みした。

 

#9 マイルドマトンカリー

ミックスベリーとカシューナッツを使ったスペシャルソースのマイルドなカリーです。

マサラグレービーで煮込んだマトンとフルーティーなソースがベストマッチです。

 

#10 パイナップルとココナツ、ヨーグルトの野菜カリー(アヴィヤル)

ココナツの風味とヨーグルトの酸味にパイナップルの甘酸っぱさが爽やかな南インドの野菜カリーです。

季節の焼き野菜と一緒にお楽しみ頂きます。

 

#11 東インド風フィッシュカリー

ベンガル地方でよく使われるスパイス、パンチフォロンを自家配合。

マイルドながら重厚な味わいの東インド風カリーです。

 

#12 キーマ パプリカ

 

特製キーマカリーをパプリカに詰めてオーブンで焼き上げました。

添えられた旨味ペーストと混ぜながらお楽しみ頂きます。

 

#13 季節野菜のジャルフレッジ

季節野菜の炒めカレーです。

全体的にマイルドながら、ピリッと刺激的な味わいも楽しめます。

 

#14 トマトが主役のチキンマサラ

じっくり煮込んだトマトの旨味、隠し味のマンゴーとラズベリーが甘みと酸味を演出します。

 

#15 オレンジポークの宮廷風コルマ

カシューナッツペーストとサフランを贅沢に使った宮廷風コルマ。

オレンジで煮込んだポークとともに。

 

#16 南北インドの野菜カリー合いがけ

南インドの家庭料理風ほうれん草カリーと北インドのレストラン風野菜カリー。

素朴な家庭風とリッチなレストラン風を食べ比べるもよし、混ぜて食べるとより美味!

 

#17 北インドのムスリム風ビーフマサラ

深みのある味わい、コク豊かなグレービーとスパイスの織りなすハーモニーをお楽しみ頂きます。

 

そんなわけで、一期一会カリーはまだまだ続きますが、最大のネックはサラダとスパイス珈琲付きで1,200円という価格で、この値段で提供するには、使える材料に大きな制約があります。

今後、一期一会カリーを続けていくには、価格を変動制にする必要が出てくるかと思います。

可能な限り1,200円で提供したいと思いますが、この猛暑で野菜の値段もうなぎ上り。

その時々で価格を変えなくてはならなくなったときは、どうぞご了承くださいませ。

 

明日から

2019年8月8日 

一昨日の日記で、朝の鴨川沿いは涼しい風が吹いているといったことを書いたが、それは一昨日までのことで、昨日・今日は朝から熱風が吹いていた。

そんな暑い中、造形芸大店ではリニューアルオープン前に、昨日はお世話になっている方や関係者などをご招待しての内覧会、今日はLINEの公式アカウントでお友だちになって下さっている方や、ポイントカードの会員の方々向けにプレオープンをさせて頂いた。

昨日はご招待の方のみだったのであらかじめ人数が分かっていたが、今日はどうなることかと思っていたものの、予想以上に多くの方にお越しいただき、無事明日の開店を迎えられることになった。

で、昨日はお昼ご飯時のピークが終わり、ちょっとひと段落したところで、SOU・SOUご一行様がご来店。

女性陣はスパイスの量り売りコーナーでスパイスの香りを試して楽しんでおられた。

社長は、さすが Verdi と言えばスパイスではなく珈琲だろう、ということで、珈琲の香りを試す棚の方を撮影。

やはり、若林さんは Verdi のコンセプトがよく分かっていらっしゃると思ったら、「いよいよカレー専門店ですね」と言われた。

意図としては、カレー専門店ではないのだが、やはりこれだけの席数がある店で、しかも市内中心部から離れていると、珈琲だけで営業するとなったら大型駐車場でもないと難しい。

なので、珈琲は柱としてしっかり保ちつつ、もう一本の柱ということでカレーに力を入れてみたのが今回の趣旨。

でも、スパイスとカフェインという、常習性のある嗜好品を二つ掌握できればある意味非常に強いお店になるのではないかと思う。

ぜひ、多くの方にスパイスとカフェインの中毒になって頂きたいと思う。

 

そんなわけで、今週の一期一会カリー。

北インドのムスリム風ビーフマサラ。

基本的にヒンドゥー教徒は牛肉を食べないので、インドではめったにビーフカリーを見ることはできないのだが、ムスリムの人たちは豚は食べないが牛は大丈夫。

なので、インド料理のレシピとしてビーフが入ったスパイスの使い方は、どうしてもムスリムの人たちが作るものを模倣しなくてはならない。

深みとコクが豊かなビーフカリー、よろしければおためしくださいませ。

お盆は営業しております!

2019年8月7日 

夏の甲子園が始まりました。

盛り上がってますか?

京都の代表校は本日無事に一回戦を突破しました。

勝ち進むごとに巷はどんどん盛り上がり、試合時間中の店内が静かになっていく…というこの時期特有の現象が起こるのですが、とにもかくにも地元の勝利は嬉しいものです!

明日8日は琵琶湖の花火大会(昨年の人出35万人)
明後日10日はなにわ淀川花火大会(昨年の人出60万人) 60万人?!

うっかり電車に乗り合わそうものならとんでもない事になるかと存じますので、どうか気をつけてお出掛けください。

そして、お盆に突入です。

お盆期間中、カフェ・ヴェルディは通常通り営業いたします。

・13日(火)は振替休業
・16日(金)は五山送り火による交通規制のため18時閉店(17:30LO)

となっておりますので、お間違えのございませんようお願いいたします。

お盆が過ぎましたら、いよいよ先週お伝えした下鴨神社のたまご達に明かりが灯ります。

昨年より規模を拡大して行われるそうで、その名も
「下鴨神社 糺の森の光の祭 Art by teamLab – TOKIO インカラミ」
令和元年8月17日から9月2日まで
とのことでございます。

前売りチケットが必要だったり、入場口が決まっていたり、近隣のコインパーキングがどこもかしこも満車になったりいたします。

夜のイベントとはいえ、あまり気温の下がらぬ中で大変な混雑が予想されますので、しっかりと策を練られてお越しください。

人混みに飛び込む前のコーヒーブレイクに、ぜひヴェルディをご利用くださいませ。

9月に入りますと、下鴨本店は2日(月)から6日(金)まで夏季休業を頂戴いたします。

この間は通信販売業務もお休みとなります。
期間中のご注文につきましては、7日(土)から順次発送させていただきます。

ご不便をおかけいたしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

詳しい営業時間など、トップページのカレンダーでご覧いただけます。
不明な点がございましたら、店舗までお問い合わせください。

皆様のご来店お待ち申し上げております。

土田

いよいよ

2019年8月6日 

先日は勘違いかとも思ったが、やはり朝の6時ごろは少し涼しい風が吹く鴨川沿い。

でも、やはり太陽がもう少し上がるとものすごく暑くなってしまう、皆さまどうぞご自愛くださいませ。

 

さて、改装工事も大詰めの造形芸大店。

今日は白川通りに面した部分に扉を作る工事が進んでいたが、私はその間に一期一会カリーの仕込み。

このボール、見た目にはサイズが分かりにくいが、だいたい1つのボールにみじん切りの玉ねぎが5キロずつ入っている計算。

大きな寸胴に油を入れてスタータースパイスを投入。

クミンから泡が立ち、グリーンカルダモンが白くなって膨らみ、パチンとはじけだしたら玉ねぎを投入。

この玉ねぎが、最初の半分以下程度まで目減りして飴色になるまで概ね4~5時間炒め続ける。

家庭で5人前程度を作るのであれば、30分も炒めれば良いのだが、このカレーベースとなると60食分程度なので、時間にすると7~8倍はかかる。

キッチンのすぐ外にあるカウンターにパソコンを起動して、デスクワークをしながら3~5分おきによくかきまぜて火加減を調整。

8時過ぎから炒め始めて、13時30分ごろに何とかベースの仕込み終了。

あとは、このベースを提供前にフライパンで最終調理してお出しするわけだが、完成形はこの日記ではなく、ぜひ造形芸大店のテーブル上でご確認下さいませ。

 

そんなわけで、お昼過ぎからは工事の最終チェックと引き渡し。

いくつか補修してもらったり、追加でお願いすることもできてきたが、何とか無事改装工事が完了。

水がなくなって全てウッドデッキになると、ずいぶん広くなったような気がする。

メニューボードも固定式のものが新設され、いよいよ明後日はプレオープン。

そんなわけで、明日は関係者のみの内覧会をさせて頂き、明後日は LINE 会員様とポイントカード会員様限定のプレオープン。

店内の珈琲とカリーが全品100円引きとなるので、よろしければお運びくださいませ。

でも「私はどちらの会員でもない」という方は、今からでも LINE のお友だちになって頂ければ8日のプレオープンにご来店頂けます。

8日の営業時間は、11:00~16:00(LO15:30)

LINEのお友だちになって頂ける方は、LINE 内の公式アカウント検索で「ヴェルディ」と検索してください。

皆様のご来店、お待ちしております。

今更ながらタピオカ

2019年8月5日 

今朝は比較的涼しく感じたが、やはり少し歩くと汗がどっと出てくる。

まぁ、日光があたりはじめたら「涼しい」なんて表現はできなくなるわけで、運動はせいぜい午前7時くらいまでにしないと、かも。

夕立はあっても、しっかり一日雨が降る日がなくなったら、鴨川の水もずいぶん減ってしまった。

 

さて、明日から3日間、造形芸大店はお休みを頂き、9日の金曜日からリニューアルオープンをする。

一足先に店内の改装は終わっていたので、ここしばらくの間にご来店下さった方はお分かりかと思うが、まずは店内でお召し上がりいただく珈琲が、ランチセット以外全てハンドドリップになったことに加え、カレーメニューが充実したことが主な変更点。

同時に、外部の改装が終わるまで、閉店時間を午後6時にしていたが、金曜日からは再び午後7時閉店に戻り、お食事のオーダーストップも午後6時30分になる。

そして、いよいよ外の改装もこの月~火で終わり、今までいったん学校の中に入らないとVerdi に入れなかったところが、白川通りからダイレクトに入れる入り口ができる。

さらに、瓜生館横に Verdi 専用の駐輪場もできるので、近隣のお客様は利用しやすくなるのではないかと思う。

ハード面のリニューアルは着々と進んでいるので、もう一品くらい新商品を作ろうかということになり、こんなのをお出しすることにした。

タピオカ入りアフォガート。

世の中、今はタピオカブーム、あまりそういう流行に左右されない主義ではあるが、学生さんたち曰く、タピオカが入っていたら購買意欲が上がるということで、若い人が多い造形芸大店では今更ながらではあるが、タピオカドリンクを投入することになった。

そんなわけで、明日から3日間造形芸大店は工事のためお休みを頂いております。

どうぞよろしくお願いいたします。

東京にて

2019年8月2日 

今朝もウォーキングはお休み。

ちょっと夏バテだったかもしれないが、明日には歩けそう。

このままずるずるサボリ癖がつかないようにせねばです。

 

さて、本当は昨日書こうと思っていた東京で食べたもの。

まず、朝は表参道の上陸系珈琲屋さんへ行こうと思って、地下鉄で行ってみたのだが、店の前まで行ったら珈琲屋さんだったはずの店が、なぜか紅茶と焼き菓子やジャムを売っている店になっているではないか!?

すぐにネットで調べてみたら、そのお店は日本から撤退したらしい。

仕方がないので、気を取り直して別のカフェへ。

このフレンチトーストの包み方、どこにでもあるバーガー袋と細いトリコロールカラーの紐だけなのに、めちゃくちゃお洒落。

そのうちパクろう?

ただ、この店の朝の軽食は、フレンチトーストよりもカスクートの方が美味しかった。

で、ちょっとアサイーボウルに関心があったりしたので、もう一軒立ち寄って朝食その2

アサイーボウルって、ブラジルで何度か食べたのだが、味的には日本とブラジルそんなに変わらないものの、見た目はやはり日本の方が繊細ですねぇ・・・

実は、ブラジルのアサイーとかアマゾンの木の実とかを輸入販売している会社から、ちょくちょく連絡がきていて、珈琲とブラジルの食材のコラボができないか考えたりしているが、まぁ、来年の夏かなぁ・・・

 

朝食をとったら、森本と待ち合わせている新橋へ。

日比谷口の改札前で待ち合わせと言うことにしたのだが、あまりにも暑かったので、SL広場が一望できる喫茶店でアイスコーヒーを注文してみたが、何も考えずにオーダーして、出てきた伝票を見てびっくり。

東京価格だ・・・

その後、森本ご合流して、まだちゃんと昼食をとっていないということだったので、新橋からちょっと歩いたところにあった台湾料理店へ。

この雰囲気好き。

私は魯肉飯、森本は魯肉飯と麺のセットを注文。

味も値段も、台湾のそれに近いものであった。

で、食事をとったら目的のカッピングセッションへ参加し、予想よりも早く終わったので、新大久保のDOMOさんへ。

テーブル席は若い女性で満席だったので、カウンターで珈琲を頂いた。

今回は、Verdi 提供のDOMOブレンドを注文、美味しく抽出して下さっていて有難い限り。

森本は、いつもこちらに提供している豆の焙煎こそするものの、まだ実際にお店に行ったことがなかったので、どのようなお店で使っていただいているかわかってよかった。

 

珈琲を飲んだら、再び新橋へ戻って、カーンケバブビリヤニでビリヤニを。

マサラパパド

マッシュルームのパコラ

カラチ風のカライゴーシュト

本当は、チキンビリヤニを注文したのに、なぜかマトンビリヤニが出てきた。

まぁ、インド料理店なのだから、こんなものでしょう。

ちょっと以前とはメニューが変わっており、私が好きだったものがなくなっていたり、若干カリーの味が変わったような気もしたが、ビリヤニはなかなか美味で、やはり東京はいいなぁ、と思うのであった。

 

このページの先頭へ