自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. 下鴨店TOP
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

一本締めをしたい!

2020年3月18日 

咲き始めました!と言うには幾分早いのですが…
咲いている木も見え始めました!

卒業や退職、もう少しすると入学や入社も。

様々な式典が止むを得ず中止となり、残念な思いをされている方が多いかと存じます。

今年区切りを迎えられる皆様、おめでとうございます。
心よりお慶び申し上げます。

普通に過ごせる日が待ち遠しいですね。

これが収まったら地球上の全員で一本締めしませんか?
というツイートにちょっと希望を感じたりしながら過ごしております。

ひしひしと騒動を実感するような静かな店内になることもありますが、割と忙しくさせていただく時間が多く、本当にありがたい限りです。

通信販売でも多くのご注文をいただき、ありがとうございます。

少しでも早くお届けできるよう取り組んでまいります。

ヴェルディのコーヒーで、ホッと一息穏やかな時間をお過ごしいただけますように。

土田

久しぶりのSA

2020年3月17日 

今朝は少しゆっくり寝たので朝のウォーキングはサボり。

で.、8時くらいに起きて、午後に用事で少し外出した以外は、ほぼ一日パソコンとにらめっこしていたら、なんか目がチカチカしてしまった。

 

さて、先日久しぶりに車で名古屋より東へ行った。

なので、久しぶりにサービスエリアに立ち寄ったら、面白いものをいろいろ見つけた。

タンドリーチキンって、タンドールと言う窯で焼くからタンドリーチキンなわけで、鉄板で焼いたら「タワ チキン」と言わないといけないのに、堂々と鉄板で焼いている写真を載せてタンドリーチキンって、何考えてるねん?!

これって、土鍋炊きご飯って看板に炊飯器からご飯よそっている写真を載せてるのと同じことなんだが・・・

 

次に、生フランクって?

危険地帯ってことは、生の肉を加工しているから食中毒の危険ってことか?とか。

まぁ、最近なんでも「生」をつければいいって感じだが、生と言いつつ焼いていたりするから不思議である。

 

最後にコレ。

娘に聞いたら、わりとよく売ってるそうで、韓国系のジャンクフードらしい。

世の中、コレをみて食欲の湧く人がいるのかと思ったら、自分の感覚はもはや時代について行けていないのかと、逆に心配になってしまった。

以上、久々にサービスエリアに立ち寄っての感想でした。

まさかの

2020年3月16日 

今朝は、スマホを持ってウォーキングにでたものの、いつもの場所で写真を撮ろうとしたら。あろうことかバッテリーが切れていた。

とりあえず、久しぶりに寒かった。

 

さて、今日は午後から一つ予定があって、花背まで行くことになっていた。

鞍馬あたりまでは小雨だったのに、峠に入ったあたりから雪になり始めた。

けっこう積もってるし、と、思っていたら、だんだん吹雪になってきた。

坂道、雪道、ヘアピンカーブと三拍子揃った状態で、今年は暖冬だったので冬用タイヤに履き替えていなかった。

アクセル踏めばお尻ふるし、ブレーキかけたら横滑り。

仕方ないので、ずっとローで走って難を逃れたが、久しぶりにちょっと怖かった。

下界は全然だったけど、やはり鞍馬より先は積もってますねぇ

怖い思いはしたが、なかなか気持ち良いドライブだった。

いろいろあって

2020年3月15日 

諸事情により、昨夜は仕事を終えたら急遽東京へ。

今週は2回も東京に来てしまった。

品川で降りて、せっかくだったので開通初日の、高輪ゲートウェイ駅へ、

東京タワーが紫色だった。

外観だけ見ても、かなり現代的な駅だが、機能的にも最先端なのだとか。

次に来たときは、見るだけではなく利用してみよう。

お弁当

2020年3月14日 

今朝はここ数日の中では少し寒かった。

さて、コロナウイルスの流行はWHOが「パンデミック」という表現をするに至るまでになってしまった。

この調子だと、本当に収束するには随分と時間がかかりそう。

であれば、「未知」のウイルスではなく、「既知」のウイルスになってもらい、早く有効な薬や対処の仕方が分かるようになれば、インフルエンザと同様の扱いになるわけで、一日も早くそうなってほしいと願う今日この頃。

そんなウイルス大流行中の昨今、我が家ではよくカミさんがウイルスに向かって「菌」という表現を使い、その都度私に注意されて「ウイルス」と言い直すということが日常になっている。

恐らく、多くの人にとって「細菌」と「ウイルス」は同じようなものだと思われているかもしれないが、まずはサイズが全く違うし、そもそも方や自生する【微生物】で、方や宿主がいなくては自生できない【寄生体】なので、そのあたりを取り違えると物事の考え方を誤ってしまいかねない。

と、私が熱弁をふるっても、特に誰も気にしないと思うのでやめておいて・・・

ともかく、このコロナのせいで、今月はどこもボロボロな感じ。

Verdi も造形芸大店は卒業式の後の謝恩会のご予約を頂いていたり、卒展に伴うお客様増を見込んでいたので、けっこうトホホな状態。

だからと言って嘆いているだけでは営業を続けられないので、学校の職員さん向けにお弁当を作って販売させていただくことにした。

本日のお弁当は、「キーマカリー、サラダ付き」。

二段構成になっているボウルの下段にキーマカリー、上段にサラダを入れての販売。

ただ、毎日同じものでは飽きられてしまうので、月曜日からは 私風牛丼を提供しようと思う。

スパイスで香りづけした油で玉ねぎを炒め、牛肉と一緒に和風の出汁で煮込んでいく。

見た目は普通の牛丼だが、実はしっかりスパイスの風味が生きているという、ともかく私に料理を作らせたら、必ずスパイスが入ってしまうという実例としか言いようのないものなのだが、きっと造形芸大の職員の方々は気に入ってくださるものと思う。

その次は、スパイシーチキンライスを検討中。

こうしてメニューをかんがえるのも、けっこう楽しいかもしれない。

クロワッサンは難しい

2020年3月12日 

今日は暖かい、というと語弊があるので、今日は寒いという感覚を持たない朝だった。

さて、一昨日からの東京行きでは、次の動画の取材も兼ねていて、ばっちり録画をさせていただいてきた。

が、その内容は動画ができてからのお楽しみ、ということで、一泊した翌朝に食べたもの。

午前中に青山で予定が入っていたので、表参道にあるカフェで「クロワッサンフレンチトースト」。

1,400円・・・

クロワッサンに、フレンチトーストのアパレイユを浸して、チーズとベーコン、バナナにシナモンをふってホイップを添えて、メープル風味のシロップをつけたもの。

でも、アパレイユを浸すといっても、ちょこっと塗る程度でないとクロワッサンの原型をとどめて焼き上げることはできないので、これをフレンチトーストと呼んでいいのかどうかは疑問。

とりあえず、食べてみたかったので、その点では満足できたが、フレンチトーストはクロワッサンでする意味がないと思った。

 

で、何となくフレンチっぽい朝食をとったが、何となく消化不良な気分だったので、岡崎の オ タン ペルデュさんでフレンチなお昼。

パテ ド アンクルートを頂いた。

このところ、けっこう寒さも和らぎ、室内より屋外の方がウイルス感染のリスクも低いようなので、テラスでいただいたのだが、なかなかいい気分であった。

このページの先頭へ