自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. 下鴨店TOP
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

エチオピア旅行記その1

2019年12月2日 

1週間ぶりの日本、と言うかわが家。

蛇口をひねればお湯が出て、入ることを躊躇する必要のないトイレで用を足せ、パソコンを開ければネットにつながり、ミネラルウォーターを購入しなくても、安心して水道水が飲める。

それを当たり前ととるか、凄いことだと感じるか。

珈琲の産地から帰国した直後は、凄いことだと思えるのだが、しばらくしたら当たり前だと思ってしまう。

さて、そんなエチオピアの旅行記、まずはエチオピアの首都から農村部へ移動しながら見たものと感じたこと。

首都、アディスアベバは近代的なビルも立ち並ぶ大都市と言える。

しかし、車で走っていると目につくのは建設途中で工事がストップしてしまった建物が多いこと。

この建物、本当に建てる気があるのだろうかと思って聞いてみたら、建てる気はあるのだが、資金が不足していたり外国からの輸入に頼っている建材が届かなくてストップしているそうである。

現在都市部では建設ラッシュの状態にもかかわらず、なかなか工事が進まないのが現状で、そんなこともあり、エチオピア政府は外貨(USドル)の獲得を最優先事項としていろいろな政策を打っているそうである。

そのことが、実は珈琲産業にも非常に大きな影を落としているのだが、それはまた後の旅行記で。

 

そんな建設ラッシュが続く表通りから、少し横道に入るとビルの間にはバラックのような商店が軒を連ねる。

首都の街を歩くと、もしかしたら襲われるのではないかという緊張感が漂い、特に外人は常に周りをよく見ていないと、持ち物を取られる危険にさらされている。

同行の珈琲店主の話しでは、先日エチオピアを訪れた同業者が、ズボンの前ポケットに入れていたスマホをものの見事に盗られたということで、なおさら緊張して街を歩くことに。

また、バラックのような商店が並ぶ傍ら、首都の中でも繁華街にはちょっと昭和の香りが漂うような商業施設や飲食店も多くあり、中に入ろうとしたら入り口に座るガードマンから金属探知機を使ったボディーチェックを受ける。

カルディーズコーヒーでも、入り口の両サイドにいるガードマンからボディーチェックを受けてから入店。

カルディーズコーヒーの中はこんな感じ。

首都を離れ、延々と山間部の自然豊かな風景を見ながら走っていると、田舎町にたどり着く。

牛やロバ、馬、羊がそこかしこにいる中、車を走らせて目につくのは、大きな荷物を背負った人たち。

小学生くらいの子供から年配者まで、いろいろなものを背負って泥道を歩いている。

小さな子供が多いことも特徴的で、妊婦さんが乳児をおんぶして、その後ろから小さな子供が幼児をおんぶして母親についていくという光景があちこちで見られる。

ともかく子供が多い!

小さな子供でも、ヤギを引き連れていたり、牛や馬をひいていたりという姿を目にすることが当たり前だが、一方で家の前で遊んでいる子供や、何をするでもなく道端で立っている人も大勢。

そして、そんな人たちは、前を通る車を見たら必ずと言ってよいほど笑顔で手を振ってくる。

子供は、「ファランチ、ファランチ」と大声て言いながらおっかけてくるのだが、聞けば「ファランチ=フレンチ=外人」という意味だそうである。

最近では「チノ=チャイナ」と言われることも多いらしい。

山間部の農村では、ニンジンやバナナ、とうもろこしなどを持って車の横を走ってくる少年を目にする。

車が止まったら、窓をたたいて野菜や果物を買って欲しいと訴えてくる。この少年はとうもろこしを売りに来た。

また、売るものを持たない子供たちは、車が止まったら「ブル、ブル」と言いながら手を出してくる。

ブルとは現地の通貨で、要するに「お金頂戴」と言っているわけである。

しかし、珈琲の生産地、イルガチェフを進んでいくとだんだん子供たちの目も澄んできて、非常に人懐っこくなってくる。

カメラを持っていたら「撮ってくれ!」みたいなアピールをしてくるので写真を撮ろうとしたら、周りから大勢が集まってくる。

撮った写真の画像をモニターで見せたら「これ、お前写ってるじゃないか!」「これは俺だ!」といった雰囲気のことを大声て嬉しそうに叫んでいる。

その姿は、大好きなアイドルと間近で接したファンのような素振り。

ここにいる少年たち、これまで一度も自分の写真を撮ったことがない人が大多数なのではないかという反応。

都市部では、カメラを向けたら怒鳴ってくるし、また写真を撮れる雰囲気ではなかったのだが、農村部では「お金」というものに縛られなくても、農作物があるのでこと【食】については豊かな分、都市部の殺伐とした雰囲気ではなくフレンドリーな人たちが多くなるのであろう。

「ボロを着ていても心は錦」それを不幸ととらえるか、逆に「ボロを着ることが恥ずかしい価値観」に縛られている自分を不幸と考えるか、ちょっと考えさせられる。

しかしここで感じた自分の考えが本当に正しいかどうかは分からない。

やはり、本当にそこで生活して、人々の中に入らないと真実は理解できないようにも思うのだが、だからと言って今更エチオピアの農村部で暮らせるかと言ったら、やはりお湯が出て、電気が通っていて、安心して水が飲める生活からは離れられない自分がいる。

人間にとって、現代社会の進んだテクノロジーによる恩恵を受けられることは幸せなのかもしれないが、反面それに慣れてしまって、不便さの中に幸せを見出すことが難しくなってしまったことは不幸なことなのかもしれない。

ただいま

2019年12月1日 

昨日の現地時間15時前(日本時間は21時)にエチオピアを出発して、本日17時過ぎに無事成田に着き、この日記は帰りの新幹線の中で書いています。

コーヒーのことは、現地でメモしてきたことを明日以降にきちんと整理して書いていこうと思うので、ひとまずエチオピアの交通・物流事情について。

街中では、このトゥクトゥクと呼ばれる三輪車バイクのタクシーがよく走っています。

四輪のタクシーは青い色をしていて、主に昔のカローラ。

あとは、馬車やロバもよく見かけます。

写真は物を運んでいますが、人を乗せていることも多く見られました。

そして、少人数の移動はバイクも大活躍。

ほとんどが3〜4人乗りで、舗装されていない悪路をツルツルのタイヤで疾走しています。

エチオピア人のバイクテクニックは、運転手のみならず乗る人もすごいものがあると感心させられます。

少し大きな街になると、タウンエースのようなライトバンに20人くらいが乗る相乗りバス的なものも多くありました。

 

そして、物流はやはりロバと馬。

子供が馬をきちんと制御していて、すごいなぁと思いながらみていました。

そして、地域にもよりますがラクダも運搬には欠かせない戦力。

車の関税が中古車で100%、新車だと150%と言うことで、中古のカローラでも500万円近くしてしまうそうです。

また、牛、水牛、ヤギもよく見かけます。

堂々と道路を歩いていて、車は人を避けようとせずクラクションを鳴らしながらつっこむくせに、動物は上手く避けながら走っているのが印象的でした。

牛は、主にミルクや力仕事に使われるようですが、ヤギは食用がメインとのこと。

ただ、街頭の肉屋さんで売られている肉は、ほとんど牛肉ということなので、道路を歩いている牛たちも、明日はこうして朝しめられて、常温で吊るされて売られることになるかもしれないと思うと、ちょっと複雑な気分でした。

そんなわけで、無事日本に戻ってまいりました。

明日から溜まっている仕事を片付けなくてはならないという現実が待っているので、気持ちもリセットして頑張ります。

帰ります。

2019年11月30日 

長かったような短かったようなエチオピア産地視察も終わり、間も無く帰国の途に着きます。

一週間の不在中、店を運営してくれたスタッフたちに感謝しつつ、産地の方は全く電波が飛んでいないので、たまにwifiをつかまえたときにスタッフのLINEに写真と消息確認のメッセージを送っておりました。

 

昨日、土田が日記で書いていたエチオピアの夕陽はこちら。

アディスアベバで怪しいおじさんに勧誘され、不安はあったもよの、せっかくなのでサンセットクルーズしたときに湖上から撮った一枚です。

 

日没後だったので暗かったため、ブレブレですが、野生のカバにもであいました。

おじさんは10分のクルーズと言っていたのに、たっぷり小一時間、アディスアベバの湖から見る景色を楽しみました。

そんなわけで、これから決死の覚悟で街に繰り出し、午後の飛行機で帰国の途につきます。

これだけ見たら、楽しい旅のようですが、なかなかハードな一週間。

詳細は月曜日以降の日記でご報告します。

ともに、明日からスタート!

2019年11月29日 

こんにちは。
今週2度目の土田です。

マスターは元気に産地を視察中です。

CS放送の旅番組みたいな写真が、時々お店のLINEに届きます。

今日見せてもらったエチオピアに沈む夕陽の写真、とてもきれいでした。

アフリカ、と聞いて思い浮かぶもののひとつが
「カバ鍋」

なかなかのお味なんだそうです。
怖いもの見たさ的な興味がわきます…

さてヴェルディ下鴨では、いよいよ明日からシュトーレンがメニューに登場です!

毎年人気のクリスマス限定デザート、コーヒーととてもよく合います。

個人的には、ちょっと深めのコーヒーを合わせるのが好みです。

ぜひ、お好みのコーヒーと一緒にお召し上がりください。

通信販売では、明日から年末特別キャンペーンが始まります!

通常より少しお得に購入いただけるクーポンコード
【NTC1】※半角英数字でご入力ください

2019年11月30日12時〜2019年12月31日15時まで有効

ぜひご利用くださいませ!

店頭では、非常にお得なポイントカードを随時お配りしております!
こちらもぜひご活用ください。

下鴨神社が色づいてきました。

もう少しすると真っ赤に染まるエリアがあるそうで、ピークまでもう間もなくといったところでしょうか。

週末の散策にオススメです。ぜひ!

それでは皆様
今夜も冷えますので温かくしてお休みくださいませ。

クリスマスモード

2019年11月27日 

こんにちは、土田です。

日本からの更新です。

昨日、「あと20分でWi-Fiが繋がらなくなりますが、何か聞いておきたいことはありますか?
次に繋がるのは土曜日です」

と言ってもらったのですが、
なかなかそんなに都合よく問題は起こらず…
“相談事” が発覚したのは3時間後ぐらいでした。

常に連絡手段があるというのは素晴らしいことですね。

それはそうとエチオピアのクリスマスってどんな感じなんだろうとちょっと調べましたら、1月7日なんだそうです。

場所が変わると月まで違うとは…

こちらはいよいよクリスマスシーズン

サンタさんが登場しました。

シュトーレン…なにそれ?という時代はもう終わったようで、先日デパートの地下に行くと、色んなパン屋さんでシュトーレンが山積み状態でした。

こんなに食べるんだろうか?!と多少驚きましたが、それだけ有名になったということですよね。
食べ比べも楽しいですし。

ヴェルディでも販売スタートいたしました!

数のご用意はさほど多くございませんので、ぜひお早めにお求めくださいませ。

サイズは2種類(写真は小です)ありまして、大きい方は今年も予約販売とさせていただきます。

御所望のお客様は、スタッフまでお声掛けください。

店内ご飲食もまもなく開始いたします。

この時期ならではのスイーツ、ぜひお楽しみください。

マスターの産地視察が滞りなく無事に終りますように。

いざ!

2019年11月26日 

ただ今エチオピア現地時間は午前6時。

(エチオピアのローカルタイムは0時)

エチオピアでは、朝の6時を0時にするそうです。

日本はたしか12時

これから産地に出発します!

このページの先頭へ