自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. 下鴨店TOP
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

映画とブションと定規散髪

2017年9月5日 

今日は、造形芸大店が定休日なので、朝はちょっとゆっくりめに起きて、カミさんを誘い9時半から三条へ映画を見に行ってきた。

司馬遼太郎原作の『関ヶ原』

誰もが知っている関ヶ原の合戦だが、視点を変えてみると随分見え方が違ってくるもので、日本史には疎い私ではあるが、かなり引き込まれてしまった。

そして、映画を見終えたら、ふらふらと寺町二条まで歩いて、久しぶりにブションで昼食をとることに。

今日は、恐らくこの夏最後であろうガスパチョを食べたかったので、ムニュから選ぶことにした。

ガスパチョ

カミさんは、クスクス

クスクスにかけるスープ

私は鶏胸肉のフォワグラ挟み焼き

ショコラのムース

クレームキャラメル

珍しくカプチーノ

9月下旬から、造形芸大店はランチメニューとグランドメニューをリニューアルするのだが、その前にブションで食べておきたくて、と、言うか、現在ショコラのムースの試作中。

なかなか思ったようにはできないのだが、私にとってリーズナブルな価格帯のレストランにおけるショコラのムースの基本がブションになっているので、やはり食べておかねば、と言うのを理由に、美味しく昼食を頂いた。

で、その後は下鴨店へ行って、豆を受け取って配達に行った後、ちょっと前から髪の毛を切りに行きたかったのだが、なかなか時間が取れなかったので、配達を終えたら下鴨のカットエースへ。

しかし、4人も待っているがカットのお兄さんは2人だけ。

2時間くらい待たねばならないようだったので、鞍馬口のカットヘースへ行ってみたら、こっちは待ちなしだった。

が、カットしてくれたお兄さんが、新人さんだったのかどうなのか・・・

私が「今の半分くらいの長さにしてください」と言ったら、やおら定規を取り出して私の髪の毛の長さを測り「今、8センチなので、4センチお切りしてよろしいでしょうか?」と。

来月にはカミさんと映画を見に行ったら、夫婦50割の適用になるほどの人生を歩んできて、床屋で定規を出してこられたのは初体験。

なかなか衝撃的であった。

さらに、このお兄さん、はさみを入れるごとに定規で長さを測りながら髪を切って行く。

律儀なのか、経験不足なのか、そういう性格なのか?

なかなか楽しい体験であった。

お好み焼き

2017年9月3日 

今朝と言うか昨夜と言うか、夜はけっこう涼しいので快適に寝ていたら、突如右足のふくらはぎあたりに激痛を覚え目が覚めた。

ともかく足をのばしたら痛いので、ひざをたたんでみたものの、少し足を動かすとふくらはぎの肉がそぎ落ちるのではないかと思うほど痛くて、足首を動かそうものならベキっと音を立てて自分の足が崩壊しそうな感覚。

多分、これが俗にいう「こむらかえり」と言うものだろうと思いつつ、恐らく痛さに悶絶していた時間は数分だったはずだが、こういうときって時間が永遠に過ぎないような感覚になる。

まぁ、でも、そのうち痛さもおさまって再び少し寝て、目覚ましで起きたらやはりまだ少し痛みが残っており、足の指の関節を動かしたら、ちょっとつりそうな感覚であった。

でも、昨夜はカロリー摂取過多だったので今朝もウォーキング。

しばらく歩いていたら、だんだん足が痛くなってきたので、無理せず少しゆっくりめにペースダウン。

いつもより時間をかけて歩いてしまった。

さて、昨夜のカロリー摂取過多について。

長女が大学の寮に戻るため、昨夜でしばらく京都とお別れ。

で、何が食べたいかきいたら「お好み焼き」という返事だったので、下鴨中通の「ここ家」さんへ伺った。

まずは茄子煮、ニシンがいい感じ

オムレツ、予定調和な美味しさ

砂ずり、なぜか娘たちの好物

焼きそば

お好み焼きの形について、お兄さんがカウンターの向こうから「何か作りましょうか?」と訊いて下さったのだが、特に今回は思いつかなかったので、「なんでも」とこたえたら、星形のお好み焼きをつくってくれた。

星形お好み焼き!

味は、丸いのと同じだった。(当たり前か)

その間にネギ焼きが作られて

ネギ焼き

ここ家さんは、お昼にも定食を食べに来ることが多いので、何となくお好み焼き屋というより、普段使いの「いつもの店」って感覚。

翌日京都を離れるという夜に、何か特別なものではなく「いつもの」を選ぶというのも、ある意味正解なのだろう。

プチ改装 その3

2017年9月1日 

まだまだ油断をしてはならないが、最近朝夕は涼しくなってきたと言うのが実感。

でも、昼間はまだまだ暑い。

とは言え、朝夕が過ごしやすいと、ちょっと身体は楽になってくる。

このまま秋にならないかなぁ・・・

今朝は、雲一つない青空!

さて、今日は業界誌の取材が一件。

掲載号の特集テーマは「カッピング」らしい。

要するに珈琲のテイスティングのことだが、それについての特集と言うことで、造形芸大店で行っているセミナーのことを書かせてほしいと言われ、正直業界誌に載ってもロクなことはないため、最近はほとんどお断りしてきたのだが、今回は初めての出版社だったので取材を受けてみた。

普段は雑誌に載ったとか、あまり書かないのだが、まぁ、一般の情報誌ではく業界誌ゆえ、この業界の人は目にするかもしれないが、一般の方はあまり見ないと思うので、一応出版されたら日記でもお知らせします。

話は変わって、造形芸大店のプチ改装。

中置の棚を少し変えてみた。

物販棚から、珈琲のディスプレー棚に

上段には焙煎度合いの豆サンプル

下段は、香りを試していただけるようにしてみた。

ガラスの蓋をとって、自由に香りをかいでみて頂けるようにしたので、ご来店の折は、珈琲によって違う香りをお試し頂ければ楽しいのではないかと思う。

各豆の説明カードも作り、欲しい方はカードをお持ち帰り頂けるようにもしてみた。

もう一点プチ改装するところはあるが、それは製作に時間がかかるので、もう数か月先かな。

だんだんと、珈琲のスペシャルショップっぽくして行こうと思う。

プチ改装 その2

2017年8月31日 

今朝は思いのほか涼しくて、朝の鴨川沿いは快適に歩ける気温であった。

でも、雲はドラマティック!

そして、今日は午前中から打ち合わせなどもあって外出していたのだが、10時を回っても、まだ涼しい風が吹いている。

もう秋か?と思ったのもつかの間、打ち合わせを終えて外に出たら、やはりもう涼しくない。

車の中はサウナになっていた。

さて、先日プチ改装のため工事をしたのだが、今日は壁面に飾っていた写真が油絵にかわった。

今年いっぱい、造形芸大店の白い壁の面は、公募で入選した二人に展示をしてもらうことになっているのだが、9月からは御村さんの絵が飾られることになった。

絵の作者、御村さん

これまでの写真とは一転、やはり絵も良いものだと感心してみたり。

こちらの絵は、展示期間が終わったら販売もいたしますので、ご希望の方はスタッフまお声掛けください。

そんなわけで、(全く絵とは関係ないが)朝夕は涼しくなったものの、昼間はまだまだ真夏の暑さ。

暑い日は、ツルッと蕎麦というのが定番。

で、久々の『塩窯』さんへ。

とろろそば

アップで。

となりの男性は、せいろの大盛りを注文していたが、並みでも盛りのよい塩釜さんで、大盛りというのはかなり気合が入らないと無理。

もうちょっと少なくしてもらえないかなぁ・・・と、思っていたら、後から私のすぐ横に座った女性が「冷やし五目の蕎麦少な目に」と、言っているではないか!?

蕎麦少な目、できたんだ・・・

こんどから私も「少な目」で注文することにしよう。

秋めいてきました!

2017年8月30日 

こんにちは、土田です。

涼しくなりましたね!
朝晩は季節の移ろいを殊に強く感じます。
この時期の夜になると登場し始めるコオロギ(的なもの)の鳴き声も聞こえ始めました。
待ち焦がれた秋が始まりそうです。

今日も今日とて。
このところ、日々分解されては綺麗になってゆく焙煎機です。

いつもはもっと可愛い顔なのですが、いろいろ取り外し中で、すっぴん状態です。

これは、普段は見られない表情です。

なにかしらの入り口のようです。

ちゃんと元通りになって、明日はまたいつも通り稼働します。

焙煎機共々、皆様のご来店を心よりお待ちいたしております!

季節の変わり目ですので、体調崩されませぬようお気をつけくださいませ。

プチ改装

2017年8月29日 

壁面のレベルを合わせて

棚の上を片付けて

ランプを取っ払ってしまって・・・

まだ完成までには若干時間はかかりますが、造形芸大店のプチ改装進行中。

9月中旬には、ちょっとコンセプトから変えて行こうかと思っているので、どうぞお楽しみに。

3 / 8912345...102030...Last »

このページの先頭へ