自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. 下鴨店TOP
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

カレーつくりは楽しい

2019年3月28日 

昨夜というか、今日の未明というか、ともかく夜中に右足のふくらはぎが猛烈に痛くなり、足が引きちぎれるかという感じの時間が続いた。

実際には数分だったのかもしれないが、そういうときって永遠かと思うほど時が長く感じる。

なんとか痛みはひいて、ちょっと足がつったような感じで朝を迎え、一応ウォーキングに出ようかと思ったが、まともに歩けなかったので、とりあえず鴨川へ出るのはあきらめて、シャワーで温めながらふくらはぎをもんでみたり。

結局ホルタレンテープという湿布をはって出勤。

午前中は歩くのが辛かったが、午後はなんとか痛みも和らいで、あまり影響なく仕事ができて一安心。

でも、やはりまだ何となく右足には違和感があるので、夜中にまた痛むのではないかとちょっと不安。

やはり運動不足なんでしょうかねぇ・・・

 

そんな今日は、これまで宿泊施設として営業されていたお取引先が、この春からカフェに業態変更されることになり、コーヒーマシンが搬入されるので、その味調整に立ち会うため現場へ向かった。

わりとスムーズに味の調整ができたのだが、ほんの0.5秒の蒸らし時間変更や、ほんのちょっとの挽き目の変更で全く味が変わるから面白いもの。

私はけっこうこういう場面に立ち会っているので、そんなものだと思っているが、初めてマシンの味調整に立ち会ったこのカフェのオーナーさんは驚いておられた。

こちらは、昔ながらの民家を改装したもので、なかなか情緒があっていい雰囲気。

この丸二つがこちらのロゴマーク

こういう席で、ゆっくりと時間を過ごしたいものですねぇ。

オープンは4月下旬なので、また正式に開店したらお知らせいたします。

 

さて、昨日の話ではあるが、昨夜は京大のある研究室のが、送別会にヴェルディ造形芸大店をご利用下さった。

昨年の忘年会でもご利用頂いて、今回が2回目だったのだが、こちらの研究室にはビーガンのインド人の方がいらっしゃって、研究室で飲み会を開催しても、豆腐くらいしか食べられるものがなく寂しい想いをされているということだった。

そんな中、昨年の忘年会ではインド人に理解のあるヴェルディで開催され、インドの方にもいたく気に入って頂いたそうで、今回もヴェルディで、ということになったらしい。

で、料理はサラダやピザ、唐揚げなどの後、もちろんメインはカレーということで、3種類のカレーを作ることに。

当日のランチタイムが終わるころから私はレシピを書いて、スパイスを量って準備を開始。

野菜カレー2種とチキンカレー1種。

トマトベースのマサラカレーと、ココナツ&ピスタチオペースト&ヨーグルトベースの南インド風カレー、そしてほうれん草のカレーという、見た目も味も全く違う3種類を作ることにしたのだが、ランチのピークが終わってから6時までに作り終えねばならないので、けっこう時間に追われつつ、まずは玉ねぎ切りからスタート。

全く息つく間もなく作り続け、なんとか6時には3種類のカレーを作り終えた。

何となく、この時点で仕事を終えた気分だったが、実は本番はこれからということで急いで会場のセッティング。

無事に料理を全て提供できて、インド人の方にもご満足頂けたようで一安心。

やはりカレー作りは楽しいもの。

来年度は、もっといろんなカレーを皆様にお楽しみ頂けるよう、ちょっとメニューを変更してみよう。

そんなわけで、明日は足が大丈夫であることを祈りつつ。

京都駅は、好きですか?

2019年3月27日 

京都駅が好きです。
行くと、つい撮ってしまいます。

私は無機的な建物が好きなようで、この鉄骨感溢れる造りにとても惹かれます。

ちなみにそういった類の建物でいちばん胸が踊るのは、スカイツリーです。

ですが京都駅は、 “京都らしくない” という理由で特に海外の方からがっかりされることが多いのだとか…

仰りたいことはわかります。
違和感は否めません。

だけど私にとっては、町並とのギャップもまた大きな魅力のひとつです。
レトロな東京駅が素敵なことと似ている気がします。

4月を目前に、どんどん人出が増えてきましたね。

京都駅のバスターミナルは、いつバスに乗れるんだろうと思うほど長蛇の列です。

桜も徐々に咲いてきました。
来週はちょっと花冷えになりそうな予報ですので、今年は長く楽しめるかもしれません。

ヴェルディでは、ラインナップの定番だったパナマが、もうまもなくで終了となります。

長く定着していた豆なので個人的に寂しい思いですが、代わってコスタリカが新登場いたします。

それに伴いまして、マイルドブレンドの内容とお値段を改定させていただくことになるかと思います。

その他にもいくつか価格改定を予定している豆がございますので、決定次第お知らせをさせていただきます。

また通信販売につきましては、新年度から送料が変更となります。
それにつきましても、詳しく決まり次第お知らせをさせていただきます。

ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解いただければと存じます。

今後ともカフェ・ヴェルディをよろしくお願い申し上げます。

土田

再訪

2019年3月26日 

先日から Amazon prime video で、「民王」を見始めていたのだが、昨夜はつい調子に乗って、ラスト3本を続けてみてしまった。

エピソード1から、ちょっと原作とは違うなぁとおもっていたが、最終回はちょっとあまりにも原作から逸脱しすぎていて、池井戸作品の面白さがずいぶんねじまげられていて、例えるなら小説だと思って読んでいたら、最終章はタブロイド紙のようになってしまっていたという感じ。

まぁ、それはいいとして、そんなわけで昨夜は2時前までテレビを見ていたので今朝はウォーキングをサボってしまった。

 

そんな昨夜は、民王を見始める前に、無性に餃子が食べたくなっていたので、カミさんとラッキー餃子センターへ。

この店、餃子はわりと美味しいのだが、それ以外のものはまぁ専門外ですねというものだった。

しかし、先日行ったとき、常連らしき人たちはみな担々麺を食べていたので、今回は餃子と担々麺を食べることにした。

普通の餃子と生姜餃子を合計で5人前注文。

わりと小ぶりなので、この程度なら二人でペロッと食べられる。

担々麺

アップで

この担々麺が、存外に(失礼)美味しくて、こりゃ常連さんたちが注文するのも分かるというもの。

次回以降も、餃子と担々麺だな。

 

さて、うちの次女が無事高校を卒業して、この春の入学式に着るためのスーツを買いに行かねばという話になっていた。

自宅には、どこでそういう名簿を仕入れるのか分からないが、紳士服の青山とかアオキとかから「フレッシャーズスーツフェア」みたいなハガキが届いており、娘が「どっちに買いに行こうかなぁ」と悩んでいた。

彼女的には、どちらもあまり魅力的ではなかったようだが、だからと言って、そんなに着ないものを百貨店で高いお金を出して買うのもどうなのか?と思っていた様子。

なので、それなら竜王のアウトレットへ行って、好きなブランドのものを買っては?と言ったら、そうするという返事が返ってきたので、お昼前から竜王へ行ってきた。

で、まずは腹ごしらえ。

手っ取り早くフードコートで昼食をとることにした。

カミさんに「なんでカツカレー?」と聞かれたが、逆に私は滅多にこういうカレーを食べる機会がないので、たまにはいいのではないかと思って食べてみた。

懐かしい味わいだった。

食事を終えたら、カミさんと娘はスーツ選びのためいろいろなショップを回る。

私も、一通りショップを回ってみたが、特にほしいものもなかったので、店の買い物を一つした程度。

でも、娘は納得できるスーツをDMに載っているスーツと大差ない金額で購入出来て満足していた様子。

馬子にも衣装と言うが、試着室から出てきた娘を見て、なんか一歩ずつ大人に進んでいく姿を嬉しくも寂しい気持ちで見るのであった。

スーツが決まったら、モロゾフカフェでティーブレイク。

たまには、こういう一日もいいかもしれない。

鴨川沿いも

2019年3月25日 

昨日はけっこう寒かったが、今朝はちょっと緩和された感じ。

これから数日は、ちょうど日の出を拝めるようである。

そして、出町柳のソメイヨシノも少しつぼみが緩み始めた。

もう数日で開花しそうだなぁ・・・と思いながら荒神口に来たら、もうちらほらと花が咲き始めている。

今朝の天気予報を聞いていたら、今年は少し長めに花が咲き続けるらしい。

いよいよ春ですねぇ

 

そんなわけで、今夜はここまで。

明日は久しぶりに少し遠くに出る予定。

まわりには花粉症で辛いと言っている人も多いが、花粉に負けず、春を満喫しましょう!

3時間20分

2019年3月24日 

今日はいつもより5分ほど歩きはじめるのが遅れたのだが、そしたらちょうど太陽が大文字山から顔を出す瞬間に出会えた。

私のウォーキングタイム、もうすっかり日の出の時間になってきたなぁ・・・

 

さて、今日はサロンライヴ。

今回は初のご出演となるフルートの占部智美さんとピアノの森麻衣子さんのお二人によるライヴだった。

フルートとピアノのデュオあり、ピアノソロありの内容だったが、今回はピアノでヤナーチェクのピアノソナタや、ポンセのエストレリータのフルートヴァージョンが演奏されたりと、なかなか楽しいプログラムだった。

そんな今夜のもようを少しだけ。

こちらはとてもメジャーな曲で、ラヴェルの亡き王女のためのパヴァーヌ。

フルートのコンサートはちょくちょくあるのだが、今回はプログラムがいつもとちょっと違っていて、なかなか素敵な夜であった。

次回は来月の14日で、こんどもフルートの奥田さんがご自身の木管グループ「アンサンブル パスレル」としてご出演。

よろしければ、お運びください。

 

で、全く関係ないのだが、今日の夕方4時ごろはミッキーと会うのに3時間20分もかかっていたらしい。

4時に並び始めたら、夜パレが見られないではないか!?

やはり、春休みはすごいことになっているんだなぁ・・・・

出来心で

2019年3月22日 

学校が春休みに入った末娘が、今日から小笠原諸島へ旅に出るため、集合時間の6時20分に京都駅まで送りに行った。

なので、今朝はウォーキングをお休み。

集合場所まで送ろうと思ったが、「車寄せまででいいよ」と言って一人で改札へ向かっていった。

「行ってらっしゃい」と言っても、「じゃぁ」とだけ言い残して振り返りもせず行った。

まぁ、中学くらいの年頃はそんなものなのだろう。

 

せっかく朝の6時半ごろに京都駅にいたので、いつも並んでいるのを横目に通り過ぎる第一旭へ。

まぁ、ちょっと出来心ってやつですね。

営業時間を正確には知らなかったが、ずいぶん長い時間営業されているんだなぁ・・・

とりあえず、店内に入ろうとしたら、ちょうど私のところで満席だったようで、「外でお待ちください」と。

私が入り口のところで待っていたら、後ろに3人くらい並び始めた。

通された席は私の後ろに並んでいた人と相席になり、何を注文しようかと思ったら、その相席になった40くらいの男性が「特製ヌキとご飯と餃子」と注文。

オーダーをとった店員さんが「ハイ」とこたえてふりむきざまに私を見たので「特製と餃子」と注文してしまった。

出てきたのはコレ

なかなかなボリュームにかすかに後悔の念をいだきながら、でも、餃子はちょっと小さめだなと思ったり。

写真を撮り終えて、いざ食べようと思ったがテーブルの上に箸立てがない。

相席の人を見たら、もう塩コショウに唐辛子らしきものもかけて、割りばしを割ってラーメンをすすっているではないか!?

しまった、箸のありかを見逃した!と思ったが、もしかしたらと思ってみてみると・・・

箸を発見!

やはりこういうシステムがよく分かっていない店って、ちょっと緊張しますねぇ・・・

麺は太目のストレート

味の方は、まぁ、「The 醤油ラーメン」という感じ。

トンコツが食べられない体になってしまった私としては、これなら食べられる味だった。

そうこうしているうちに、隣のテーブルも空いて、こちらも相席で男性二人が入ってきた。

そのうちのケンドーコバヤシみたいな男性が「ラーメンとライス」と注文すると、もう一人も「特製」と注文。

恐らく、この二人は第一旭の達人なんだろうと思っていたら、ラーメンが運ばれてきたとたん、二人ともテーブルの上をキョロキョロ、そして「箸、ないですよね」と二人で言っている。

なんだ、単なる一見さんか。

と思っていたら、店員さんが「引き出しに入っています」と。

店員さんに聞かずに見つけられた私って、けっこうスゴイと自分で自分をほめてみた。

 

そんなわけで、今日は午前中、若干胃もたれ状態で仕事をして、午後からは豆の配達周り。

平安神宮あたりへ行ったら、そろそろ桜のつぼみもふくらんでいた。

しかし、ふと横を見ると、もう仁王門通り沿いも、咲いている桜が一本。

ぼちぼち春ですねぇ・・・

このページの先頭へ