自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. 下鴨店TOP
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

アディスアベバ

2019年11月26日 

昨夜羽田を発ち、ドバイ経由で今朝(25日)エチオピアの首都アディスアベバに到着。

空港を出たら、青空と雲のコントラストが眩しかった。

ホテルのワゴン車で市内中心部にあるホテルへ向かう。

空港周辺は高いビルもあるが、中には建設中なのか取り壊し中なのかよくわからないビルも多数。

ホテルはこの街ではかなり高級な部類に入る所の様子。

一泊2100ブルなので、日本円に換算すると8800円くらい。

日本の少し良いビジネスホテルといった感じ。

パプアのホテルと同じくらいの感じを予想していたのだが、予想を良い意味で裏切る清潔さ。

部屋に虫はいないし、ちゃんと洗面台やシャワーは温水が出るし、トイレの水も流れるし、ミニバーは充実しているし、アメニティも日本のシティーホテル並み。

リモコンのスイッチを入れたら、ちゃんとテレビも映った!(でも、何言ってるか分からないので見ても面白くないけど)

 

で、夕食の時間まで少し余裕があったので、ホテルからの外出は控えるよう言われていたが、同行の人たちを誘って街に繰り出してみた。

あちこちで長い行列ができている。

見ていたら、ライトバンがやってきて、駄菓子の袋詰め放題の如く、人を詰め込んで走り去っていく。

パプアもこんな感じでライトバンやトラックの乗合バスターミナル近辺には多数の露店がでていたなぁ・・・と。

写真を撮ろうとしたら、ほとんどの人から凄い形相で何かわめかれるので、遠目にしか撮れず。

こちらは道路にはみ出してトマトを売っている。

衣類や雑貨の露店も多数。

すごい人が並んでいると思ったら・・・

パン屋さんだった。

こういうチェーン店も進出しているが、値段が高いので、ここにくる人たちは車で店の前まで乗り付けて食べていくようであった。

果物をその場でジュースにして出す店もあったので、飲んでみようかとも思ったが、どんなコップやどんな衛生状態の器具で作っているのか分からず、万一お腹をやられたら明日の長時間移動に差し障るので露店はやめて、ホテルのカフェでコーヒーを。

スイーツも充実。

ラテとココナツのタルトを頂いた。

 

明日はいよいよ産地への大移動。

車で10時間ほど、途中武力衝突が頻発しているエリアを通り、道なき道かもしれないところを四駆で走ります。

街を離れたらwifiは繋がらなくなるので、次に私が更新できるのは土曜日以降の予定。

その間、本店の土田が2回書いてくれる予定なので、また日記もご訪問ください。

と、いうわけで、無事戻れるよう祈りつつ明日から産地へ行ってまいります。

行ってきます。

2019年11月24日 

  1. 今朝は比較的暖かかったですねぇ・・・

まずは昨日の日記。

昨日23日はサロンライヴ。

7月7日にもご出演くださったクラリネットの崔さんが、こんどはチェロとピアノのトリオでご出演。

この組み合わせは初めてだったので、なかなか新鮮なアンサンブルを楽しませて頂いた。

プログラムも、前半はピアソラ、後半はブラームスのクラリネット三重奏全曲という聞きごたえのある内容。

また機会があればご出演願えればと思う。

 

そして、ここからは今日の日記。

今朝は少しゆっくりとして、9時過ぎに造形へ。

店長の今西にいろいろと引継をしたら、こんどは下鴨へ。

月末が近いので、事務担当のスタッフと今月の経費や請求について打ち合わせをしたらドラッグストアとホームセンターへ。

買い物を済ませて自宅へ戻ったら、荷物の準備を開始。

一昨年、パプアニューギニアへ行ったときは、カミさんに「外国へ行くのに前日に用意を始める」と怒られたが、今回はなんと当日の出発ちょっと前から準備を始めるハメになってしまった。

 

羽田発なので、時間と料金を考えて新幹線で移動。

少し早めに着いたので、何か食べようと思ったが、あまり食指の伸びるものがなく、結局こんなのになってしまった。

自分で作った方が美味しいなぁ、と、思いつつ・・・

そんなわけで皆様がこれを読んでいる頃は空の上かも。

ただ今よりエチオピアへ行ってまいります。

Die yet

2019年11月22日 

今朝も頬にあたる風が冷たかった。

さて、万年ダイエットの私ではあるが、9月に一時61キロを計測してしまい、これはマジでヤバいと思い、ここ1ヶ月少々、超真剣モードでダイエット中。

60キロを切ったとき、造形大の店長に、とりあえずあと2週間で2キロ痩せると言ったら、無理だろうと笑い飛ばされたが、そんな嘲笑をバネに昨日から57キロ台に突入。

週末からカロリーコントロールをしにくい状況になる予定なので、1週間で1〜2キロリバウンドすることを加味して、なんとか年内に56キロまで落としたい。

 

とは言え、週に何食かは美味しいものが食べたいので、今夜は好きなインド料理店へ。

しかし、今夜はその店のシェフがいなかったからかもしれないが、注文したものとは全く違うものがでてきて、文句を言いたくても日本語がきちんと伝わらず、結局ほぼ食べられずに店を後にした。

なので、本当なら日記に美味しいインド料理の写真をアップするはずが、出来なくなってしまった。

まぁ、これもダイエットを励めと言う天の声なのでしょう。

でも、明日は何か美味しいものが食べたいなぁ・・・

親子ドリア

2019年11月21日 

今朝もなかなか寒かった。

もう少し明るかったら、紅葉が奇麗なのだろうと思いつつ、出勤時間を考えるとどうしても日の出前にウォーキングをしなくては間に合わないので、こんど休みの日は日の出の頃に歩き始めて、紅葉を楽しみながら歩きたいなぁ、と思ったり。

 

そんな今日は朝から下鴨へ。

下鴨のコーヒーミルの調整ができなくなってしまったという連絡が入り、どうしても直せないということだったので、朝一で見に行ってみた。

要するに、コーヒーのカスが摩擦によってほとんどタールのような状態でミルの刃を動かす盤にこびりついていたので、本来なら動くはずのパーツが固まってしまっていた。

金槌でたたいてパーツを取り外し、タールをそぎ落としてふき取って完了。

もうちょっと皆にはメカに強くなってほしかったりする。

 

ミルのメンテナンスが終わったら、造形芸大で一件打ち合わせが入っていたので急いで北白川へ。

Verdi では、ちょくちょく大学や研究所で開催されるシンポジウムの折、休憩用コーヒーの提供を依頼されるのだが、今日は午前と午後にそんな学会用コーヒーの打ち合わせが入っていた。

午前の打ち合わせは、12月初旬のことなのでけっこう具体的に対応を検討。

ランチタイムが終わったら、下鴨と造形の店長会議。

それが終わったら、こんどは急いで岩倉方面へ向かい、12月下旬に開催されるシンポジウムで提供する珈琲の打ち合わせ。

こちらは、もう一度12月上旬に詰めるということで再び北白川へ。

今週は、打ち合わせが普段よりたくさん入っていてけっこうスケジュール的にタイトだが、漏れがないようしっかりとしていかねば。

 

で、突然ですが、今週の一期一会カリーは「チキンキーマの親子ドリア」

マイルドかな?と思いながら食べていると、じわーっと後からやってくるスパイシーなキーマカリーのドリアに、骨からほろっとほぐれるまでしっかり煮込んだ鶏手羽元と温泉卵をトッピング。

あったかドリアとスパイスのパワーで、寒い時期を乗り切りましょう!

今回の一期一会カリーは諸事情により通常より長く、2週間提供させて頂きます。

ぜひお試しくださいませ。

紅葉

2019年11月20日 

こんにちは、土田です。

今朝はちょっと時雨ておりまして…

店内から外を見て、雪?!と思ったのですが、まぁ気温的に考えても雪ではなく…ただ、雨というにもちょっと違うような、なんだかどっちつかずなものが降っていました。

急に冷え込んできましたね。

おかげで紅葉が綺麗です。

今出川から丸太町にかけての川端通の街路樹の紅葉は、映画のワンシーンみたいでとてもロマンチックですし、一週間ほど前に通った紫明通の銀杏並木も美しかったです。

大原エリアは見事な色付きでした。

この時期になると出町柳駅に到着する京阪電車が満員です。

皆さんそこから下鴨神社に向かわれたり叡山電車に乗り換えられたりするようで、普段静かな出町柳駅が時間帯によっては渋谷みたいに混雑しています。

明日も冷えるようですので、暖かくしてお出かけください。

今日は以前働いていたスタッフが遠路遥々訪ねてくれたり、週末さながらに忙しくさせていただいたりと、目まぐるしくも楽しい一日でした。

明日も皆様のご来店を心よりお待ちいたしております。

インロック

2019年11月19日 

昨日は、ほぼ最終で東京から帰ってきて、なんだかんだで遅くなったので今朝のウォーキングはサボってみた。

なので、普段より1時間ちょっとゆっくり寝て、洗濯などを終えてから造形芸大店に行ってカリーを仕込むための準備。

玉ねぎ10キロ・個数にして38個をみじん切りしてみた。

 

玉ねぎ切りを終えて、ちょっと造形芸大店で用事を済ませたら、こんどは下鴨に用事があったので移動しようと車の助手席に荷物を置いてドアを閉め、運転席に回ろうとしたら、ピピッという音がしてウインカーが点滅、あろうことかドアのカギが閉まってしまった。

助手席に置いたカバンの中にオートロックの電子キー。

車に乗り始めて30数年、初めて車の中に鍵を入れたままロックをしてしまった。

と言うか、システム的には社内にキーがあったら、オートロックは閉まらないはずなのに、なんたるこった!?

なのだが、とりあえずカバンの中にサイフも自宅のカギも入っているので、バスで帰宅するにもお金がない。

とりあえず、保険会社に連絡してロードサービスの手配をお願いし、待つこと40分ほど。

開錠ができるロードサービスの人が来て、すぐに開くかと思ったが、わりとてこずって20分近く開錠に時間がかかり、その後の予定は全て1時間遅れで進んでいくことになってしまい、結局予定していた自分の用事を何もできないまま一日が終わってしまった。

鍵を開けてくれたサービスの人曰く、社内にキーがあるのに何かの拍子で閉まってしまうのは、電池がなくなってきて誤作動するくらいしか考えられないらしい。

明日、電池を買いに行こう。

このページの先頭へ