自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. トップページ
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

スノー カフェ・ラ・テ

2017年7月3日 

今朝はスカッと晴れた空の下、暑いながらも気持ち良い汗をかきつつ・・・

と、思っていたら、大文字山には思いのほか雲がかかっていて山の頂が見えない状態。

毎日同じ位置から見ているが、こういう大文字山の景色はあまりお目にかからないなぁ、と思った。

そして、歩を進めると、気に生えたコケがいい感じで緑に輝いて綺麗だったので、思わず一枚。

初夏と言うのは、けっこう厳しい暑さだが、なんとか乗り切って行かねば。

そんな今日は、京都でも猛暑日とか天気予報で言っていたが、実際今日の昼間は随分暑かった。

こんな気温になると、やはりスッキリとした飲み物や、涼しくなる氷菓子が食べたくなる。

なので、明後日から造形芸大店では新商品を緊急発売!

 

まずは、ハンドドリップで淹れた珈琲で作ったカフェ・ラ・テを使った粉雪のような食感のふわふわかき氷「スノー ラ・テ」

コーヒーの濃度を何種類か試し、甘さも控えめからキュンっと甘いものまで試してみて配合を決めた一品。

これ一つ食べると、かなり涼しくなるので、これからの時期はぜひお楽しみ頂きたいアイテム。

そして、本店ではすでに夏の定番となっている「ハニーレモンアイスコーヒー」

珈琲とレモン?と思われるかもしれないが、古くからローマではエスプレッソにレモンをしぼって飲む風習もあったので、実は相性抜群の組み合わせ。

明日の定休日をはさみ、明後日から新発売!

どうぞお試しくださいませ。

できごころ

2017年7月3日 

このところ、ちょっと梅雨らしい空模様だったこともあってか、今朝はむし~っと生ぬるい風が肌にまとわりつく中のウォーキング。

夏でも、何となく川の上を流れる空気は少し涼しげに感じるのだが、今朝の川から吹き上がってくる空気は生暖かいものであった。

さて、今日は造形芸大の春秋座で鼓童のコンサートがあったので、ランチタイムは大賑わい。

11時からピークがスタートして、開場時間前にいったん落ち着いたと思ったら、そこからは一般のお客様も多くお越し下さり、なんだかジェットコースターのような状態でお昼の営業を終えた。

そんな慌ただしかったお昼が終わり、夕方からは週末恒例のサロンライヴ。

今回は、木管3本とピアノからなる変則アンサンブル「はなり」さんのパフォーマンスを多くのお客様にお楽しみ頂いた。

はなりさんは、フルート、オーボエ、クラリネットとピアノという、私もあまり聞いたことのない編成なのだが、さらに和装で演奏する美女4名という、ビジュアル的にも素敵なアンサンブル。

普段は着物で演奏されるそうだが、7月と8月の2か月は浴衣ということで、7月には行った瞬間、夏のイベントという雰囲気のサロンライヴになった。

今月は、最終週もピアノと木管のアンサンブル(オーボエ、クラリネット、ホルン、ファゴット)と、なかなか豪華なのだが、来週は「琴」と「フルート」のデュオという、これまた今までにない組み合わせ。

日曜日の夜、よろしければ素敵な音色をお楽しみください。

.

そんなこんなで、一日を勢いよく走りきって、気が付けば昼食もとっていなかったのだが、店の片付けを終えたらけっこう遅くなっていたので、さっとお腹を満たしに回っている寿司店へ。

でも、夜の10時前って、もうあまりレーンの上を回っていないから、食べたいものをオーダーして出してもらうことになる。なんだか回っているのか、回っていないのか・・・

そんな状態だったこともあり、つい出来心でカレーうどんなるものを注文してしまった。

まぁ、でもまぁこれはこれで。

さぁ、明日も一日頑張ろう!

デザイン

2017年6月30日 

今朝は激しい雨音で目が覚めた。

そんなわけで、ウォーキングはお休み。

まぁ、梅雨なんだから雨が降って当たり前、でも歩かないとなんだか一日身体が重いから困ったものである。

 

さて、まだ夏本番にもなっていないが、今は全力でクリスマスギフトのパッケージを検討中。

袋のデザインを考えている中、以前テイクアウトバッグのデザインコンペで入賞した学生さんの中から、一人気になっている人がいたので声をかけてみたら、絵を描いて持ってきてくれた。

クリスマスツリーのようでもあり、よく見ると珈琲豆や抽出器具がちりばめられており、このデザインをブラッシュアップして行くと、なかなか良いものができそうな気がする。

次に出てくる作品に期待。

そして、話をしている中、彼女の専門である染色の作品も見せてもらった。

 

こちらは、蝋で白い部分(染めない部分)を覆って染め上げたものだそうで、なかなか面白いなぁ、と。

造形芸大に来てから、こういった今まで知らなかった世界を身近に見聞きする機会が増え、いろいろと勉強になる。

デザインが持つ力というものに、改めて気づくひと時であった。

そして、ついに、と言うか、やっと、と言うか、以前テイクアウトバッグのデザインコンペで採用作となったものが形になって納品されてきた。

珈琲豆を一粒一粒選んでいることを前面に出した紙袋。

こちらの紙袋は、珈琲豆200g以上を入れてお渡しいたします。

A4の紙も入る使い勝手の良いサイズ、どうぞテイクアウトバッグもよろしくお願いいたします。

80%

2017年6月29日 

今朝はむし~っとした朝だった。

ちょっと歩くと汗がじわーっと出てくるのだが、ここ数日の中では最も湿度が高い気がする。

何となく、夏だなぁ・・・という感じか。

.

さて、造形芸大店では、今週からモーニングがスタートしたが、まだまだ認知が足りないこともあり、モーニング目当てのお客様はいらっしゃらないのが現状。

そこで、モーニングの内容をご紹介!

バタートーストは、下鴨と同じものだが、造形では自家製ジャムがないかわりに、モーニングからシナモントーストをお召し上がり頂ける。

そして、プレス式のホットサンドも3種類用意しているのだが、スタッフイチオシはこちら。

アーモンドとビターチョコのバゲットトースト!

こちらは、バゲットを半分に切ったものに、ラム酒の入ったシロップをしみ込ませ、カカオ80%のクーベルチュールを挟み込み、アーモンドプードルでコーティングして、スライスアーモンドをちりばめたもの。

ご注文いただいてから、オーブンで焼き上げるため、10分少々お時間を頂戴するが、ラム酒シロップの甘味とカカオ80%のチョコレートのビターな風味に、アーモンドプードルの香りが相まって、他では味わえない美味しさ。

このカカオ80%のチョコレートを選ぶにあたって、実は30種類近くのものからチョイスしていったという、なんでもないモーニングにしては、なかなか時間をかけて開発した商品。

そして、味作りにあたっては、ヴェルディブレンドとの相性をとことん追求。

ぜひ一度お試しくださいませ。

ちなみに、造形芸大のモーニングは、こんな構成になっています。

週末の朝、北白川でゆったりと素敵なひと時をお過ごしくださいませ。

久しぶりの登場です!

2017年6月28日 

こんにちは、土田です。

お店の辺りでは相変わらず梅雨らしくないお天気が続いております。

店内に紫陽花を飾りました。

下鴨本店ではハワイ・コナの販売が終了いたしまして、数年ぶりにブルーマウンテンが登場しております。

取り扱っているのはブルーマウンテンFineというグレードのもので、ブルーマウンテンNo.1よりも2パーセントほど多く欠点豆を含んで入荷されるのですが、これをハンドピックすることでNo.1に近い状態でご提供いたします。

浅煎りと中煎りの境目あたりの焙煎で、ブルーマウンテンらしい上品な風味がとてもしっかり感じられます。

ブルーマウンテン専用のこのカップも、久しぶりに稼働です。
ぜひご賞味ください。

そろそろ梅雨も折り返しでしょうか。
蒸し暑かった今日は、ヴェルディしぐれのご注文を多くお受けしました。

爽やかなデザートとコーヒーのセット、おすすめでございます。

明日も皆様のご来店お待ちしております。

モーニングスタート

2017年6月27日 

今日は、造形大店が定休日だったので、私も朝はちょっとゆっくりさせてもらい、娘たちが学校へ行ってから仕事をスタート。

午前中は自宅でデスクワークをして、午後からはちょっと下鴨の方の用事を済ませ、包材を探しに西大路五条へ。

せっかくそのあたりまできたので、お昼はリサーチパークの Nick Stock でハンバーガーを食べることにした。

ダブルチーズバーガー

アップで

食べながら、何となく外を見ていたら、スタッフの人たちがイスをふいていた。

その手前のテーブルを見てみると

アップで

これからの時期、刺されますからねぇ・・・なんとなく面白かった。

それだけ。

さて、明日より京都造形芸大店ではモーニングをスタートします。

定番のバタートーストから、プレスサンドウィッチまで、6種類のモーニングメニューでお待ちしております。

ぜひご利用くださいませ。

このページの先頭へ