自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. 下鴨店TOP
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

満開

2021年3月31日 

今日は黄砂が少なくて気持ちいいですね。

 

花びらが舞い始めましたが、まだまだ桜が綺麗です。

 

 

 

高野川沿いの朝、昼、夕暮れ時を撮りました。

 

春の陽気で、お店の植木も元気です。

 

 

ダメかも…と思ったステビアは息を吹き返し、ワイルドベリーは花が咲きました。

 

 

店内にも飾っておりますので、ぜひご覧ください。

 

 

明日から4月、新年度の始まりです。

本年度は緊急事態宣言に始まりコロナと共に過ぎていきましたが、多くのお客様にご来店・ご注文いただきありがとうございました。

 

依然厳しい状況ではありますが、変わらず感染防止策に最善を尽くして、皆様に心地よくお過ごしいただけたらと思っております。

来年度もよろしくお願いいたします。

 

土田裕子

満開だった

2021年3月30日 

今日は、今年成人式を迎えた次女の、晴れ着姿の後撮り。

芸大店で、毎週コーヒー豆を買いに来てくださっているお客様に、カメラマンの方がいらっしゃったので、撮影をお願いすることにした。

まずは、次女の希望で南禅寺から撮影開始。

南禅寺は、桜の名所というわけではないが、いい感じで桜が点在していて、緑もきれいでロケーション撮影にはバランスが良かったように思うが、次女はこのスポットでも写真を撮ってほしかったらしい。

今回お願いした方は、ウエディング関係の写真や映像の仕事もされていて、ロケーション撮影も多くされていたということで、毛色の違ういろいろな撮影スポットをご存じだったので、あとはお任せしたら、この後は祇園と八坂の塔と鴨川を回り、たっぷり5時間も撮影をしてくださった。

それにしても、さすがに桜が満開とあって、今日はどこへ行ってもロケーション撮影をしている人が多かった。

今はカメラマンの方も繁忙期と言うことなので、データを頂けるのは2~3週間後とのこと、どんな写真になっているか楽しみ。

さて、話は変わって、おかげさまで限定商品の「エチオピア・イルバボールフォレスト」は、のこりわずかとなってきた。

特に、コーヒー豆通販の方で多くのご注文を頂いており、明日か明後日には完売となりそう。

なので、その次のものを焙煎してみた。

ピーベリー、日本語に訳すと「丸豆」と言われるものだけで作ったブレンド。

その名も「ころころブレンド」として、来週あたりから販売予定。

ダークラム、イルバボールフォレストと、なかなかキャラクターの強いものが続いたので、今回はものすごく飲みやすい、よく言うと一日に何杯でも飲める軽い口当たり、悪く言えば、特筆すべき個性はないブレンドだが、テスト焙煎したものを芸大店のテイクアウトで販売したところ、「すごく飲みやすい」とご好評いただいている。

来週には販売開始したいと思うので、軽いコーヒーがお好みの方は、どうぞご期待くださいませ。

春になれば

2021年3月29日 

今日は何となく霧がかかったような朝だった。

昨日の雨で落ちた桜の花びらが、まだ踏み荒らされる前で静かにきれいに落ちていた。

もやっているので、大文字山も見えず。

歩いていると、カタツムリがのんびりと。

もうちょっと歩いていたら、イモリもいた。

冬の間は、見ることのなかったこういう小さな生き物たち。

夜のウォーキングでは、三条と四条の間あたりにコオモリが多数飛び交っていた。

ふと見ると、月がきれいで、その横には照射光が空に伸びている。

なんだか、もやっているというか、霧がかかっているというか、それってもしかしたら黄砂?

と、歩きながらちょっと空気の悪さを感じる夜。

小さな生き物も、黄砂の到来も、ある意味「春」の風物詩。

季節はもう春ですねぇ・・・

知らなくてもいい珈琲の話-その11【珈琲鑑定士 Part 4】

2021年3月28日 

珈琲鑑定士についてのお話も第4回目。

今回は、自分で書いていても、恐らくエチオピアの話より分かりにくいだろうなと感じながら、でも始めてしまったからには最後まで書かねばと思いつつ、ちょっと端折りながら、今回で完結できるようにしたいと思います。

本当は、6~7回の連載になるだろうと思ったのですが、書きたいことを箇条書きにしたら、マニアックになりすぎてしまいそうだったもので。

まぁ、テレビドラマでも視聴率が悪かったら、本当は10回放送の予定を8回で打ち切ってしまうなんてことあるし・・・

そういえば、ディズニーが映画製作を開始した「ナルニア国物語」、もう次の話は出ないのだろうか?と思ったり・・・

そんなわけで、珈琲鑑定士が行う仕事の中で、グレード分けや味の評価以外の部分について説明したいと思います。

ブラジルでexporterを訪ねると、たいがいは最初に案内されるサンプルストックの部屋で鑑定士がコーヒーのグレード分けを行っています。

ともかくブラジルにおいては、この「グレード分け=欠点数の算出」がなくてはコーヒーの評価は始まりません。

そんなexporterの倉庫兼事務所には、毎日たくさんのトラックは入ってきます。

トラックに積まれているのは、もちろんコーヒー豆です。

この段階では、私たちが仕入れる60キロ入りの麻袋ではなく、Bica Corrida(ビッカ コリーダ)と呼ばれる1.6~1.8トン入りの袋に入ってきます。

これが、倉庫に積まれて行きます。

そして、入ってきた豆はサンプルが抜き取られて、鑑定士の元に運ばれます。

鑑定士は抜き取られたサンプルを鑑定して、入ってきたロットに欠点数によるTipo分けが行われます。

そうして、Tipo分けされた豆が、次は味評価へと移ります。

ちなみに、後ろの棚に積まれている小さな容器は、このexporterが倉庫に保管している豆のサンプルで、商談のときに使います。

事務所にはサンプルロースターがならび、毎日たくさん入ってくる豆を次々とローストしてカッピングをしていきます。

こうして味の評価をされた豆がサンプル容器に入れられて、豆の取引の折にバイヤーの確認用に使われます。

exporterの事務所には商談スペースが並びます。

買い付けにやってきた人が自分の欲しいグレードや風味特性、価格などを詰めていきますが、その日の相場で価格は変わりますので、商談スペースには証券会社などでよく見るようなリアルタイムの先物価格表示が刻一刻と数字を変化させつつ瞬いています。

これらを元に、バイヤーは細かくグレードや味を指定して豆を購入するわけですが、そのときによく利用されるのが「ブレンド」です。

アフリカなどは小規模農園の豆を集めて、それらを精選するウォッシングステーションが豆のトレースとなっているところが多いのですが、ブラジルは大規模農園も多いため、農園単位のトレースが効きます。

しかし、必ずしも単一農園産のものが、バイヤーの求めているグレードと味になるわけではないので、いろいろな生豆をブレンドしてバイヤーが求めるグレードと味、価格のロットを作ると言うことが出てきます。

私も、鑑定士講習の最終段階で、[Tipo=4-5、風味特性はGrupo1だが、味を安定させるためにコニロン(ロブスタ)を少量配合、最終的に4-5でApenas Moleのロットを作れ]という課題が出されました。

これらを混ぜたら、理論上はTipo=4-5、風味はApenas Mole のものができるはず。

これをサンプルロースターで焙煎して、再度味を見てブレンドの可否を決めます。

ちなみに、このTipo4-5というのは、ブラジル産の豆ではBASEと言われ、一般的なコモディティコーヒー(普及価格帯)の基準となるものです。

欠点数は26~28、300グラム中に発酵豆や黒豆、未熟豆などが20~50粒(欠点の種類によって違う)程度入っていると言うことになります。

日本では、主にブレンドベースに使われるランクのもので、スーパーなどで300グラムが1,000円以下で売られているようなブレンドが、このランクのものだと思えば良いかと思います。

このように、珈琲鑑定士はグレード付けをするのみならず、バイヤーの要望に合ったコーヒーのブレンドなども行う役割があります。

そのあたりを見ると、本当に生産国=輸出側の立場に立った資格であることがよくわかります。

そうして、商談成立となったら、ドライミルにかけた後、60キロの麻袋に入れ替えられます。

スペシャルティコーヒーの場合は、真空パックにされたり、ビニールに入れて箱詰めして出荷されたりしますが、ブラジルのほとんどの豆は、この麻袋状態で輸出されます。

港の倉庫からコンテナに入れられ、出荷されますが、ブラジルの出荷港として有名なのが「サントス港」ここからは、Tipo2も4-5も、それよりもっと下のクラスのものも出荷されますし、味についてもMole~Dura、Rioに分類されたものもここから出荷されます。

これまでの経緯をご覧頂いたら、「サントス」という名称は、単なる出荷港の名前に過ぎず、味については何の保証もないことが分かるかと思います。

私の場合、「サントス」は単なる港の名前で合って、「ブラジル・サントス No.2」というのは、サントス港を出港した欠点豆が少ないものである、ということ以外は、何のトレースも風味面での評価もされていないと言うことは、鑑定士になる以前から承知していたことでした。

しかし、実際に鑑定士という資格をとってみると、ブラジル産の豆がどのような評価でどのように価格決定されているのか。

また、トレースが効くもの(単一農園産)以外の、ブラジル豆がどのように扱われ出荷されているのか、ということがよく分かりました。

そして、ブラジルのコーヒー業界においては、この鑑定士の資格を持っていると、だいたい食いっぱぐれることがないことも。

もし、私も食うに困ったら、家族みんなでブラジルへ移り住もうかと思います。

~珈琲鑑定士編、おわり~

哲学の道 桜2021

2021年3月27日 

こんにちは

本日もご覧下さりありがとうございます。

昨日のマスターの投稿は朝桜、夜桜

では、私は昼桜担当で!ということで

今週の哲学の道、桜情報をお届けいたします♪

今日も桜の撮影をしようと哲学の道にでると、人、人、人!!!びっくりしました。

こんなに沢山の人々が哲学の道に集まる光景は久々です。

今日は土曜日で天気も良くお散歩日和♪暑いくらいです!

感染広がらないかと心配はありますが…

予防はしっかり徹底して春を楽しみましょう。

今週がピークになるかなという感じです♪

先週と比較するとわかりやすいですね。

哲学の道からカフェヴェルディ京都芸術大店へは徒歩15分くらいです。

白川通りを北へまっすぐです!!

桜を見たあと、ゆっくり珈琲飲みたいなぁと思った方は是非、是非、カフェヴェルディ芸大店へお越し下さいませ♪

朝桜、夜桜

2021年3月26日 

今朝はけっこう湿度が高く感じられた。

出町に着く頃が、ちょうど日の出の時間になってきた。

ぼちぼち桜も満開になってきたのだが、昼間に花見をする時間がないので、朝夕のウォーキング時間が私にとっての花見の時間。

なので、今日は朝と夜のウォーキングに小型ミラーレスを持って出かけてみた。

上の写真はスマホで撮ったもの。

で、こちらは、ほぼ同じ位置からデジカメで少し引いて撮ったもの。

秋ごろまでは、毎朝ここのベンチで読書をしているおじさんがいたのだが、日の出が遅くなってからは見かけていなかった。

日の出の時間が早くなり、数日前から再びベンチで読書を始められたようである。

少し今出川方面へ移動したところの桜

何気に、この川端通の桜並木、好きだったりする。

一日は早く過ぎ去り夜のウォーキング。

月がまぶしい夜だった。

木屋町のライトアップ。

灯篭が続き、なかなかいい感じ。

桜が咲くと、人出も多くなり賑わっているのは良いのだが、緊急事態宣言が解除されてから、じわじわと感染者も増えてきてちょっと心配。

気を付けながら春を楽しみたいものである。

このページの先頭へ