自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. 下鴨店TOP
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

春です

2020年3月4日 

その移ろいをじっくり感じる余裕を見出し難い日々ではございますが、季節は着々と進んでいるようです。

ヴェルディ下鴨本店では、明日5日から
春のケーキ「プランタニエ」が登場いたします。

この時期限定のメニューとなって早3年

お好みのコーヒーとセットで、春の訪れをお楽しみいただければと思います。

先日、ジュンク堂書店京都店が32年の歴史に幕を下ろされました。

子供の頃からずいぶんお世話になった本屋さんで、つい数ヶ月前にも何冊か購入しました。

結局数ページしかやらなかった問題集とか
買うだけで賢くなった気がした赤本とか…

写真集のコーナーが好きでよく立ち寄ったなぁとか、思い出がたくさんあって感慨深いです。

真面目で気取りない感じが、とても好きでした。

どんな施設に生まれ変わるんでしょうね。
またひとつ大きく景色が変わりそうです。

ジュンク堂書店京都店様
長い間お疲れ様でした。

土田

取材と動画編集

2020年3月3日 

昨夜、私は帰宅したら「フィガロの結婚」のDVD鑑賞を楽しみに一日仕事をしていた。

私が持っていた同オペラの映像はLDだったので、プレーヤーがない今となってはもう見ることができない。

なので、1980年のウィーン国立歌劇場日本公演のDVDをネットで注文、昨日店に届き、往年の超豪華キャストによるフィガロを楽しみにしていたのだが、ベームがタクトを振り序曲が流れ始めたと同時に、あろうことかカミさんが台所でアースウインドゥ&ファイアを流し始めた。

文句を言う私に「だからボリューム落として聞いているんじゃない」と。

私はきちんと聴こうと思っているのであって、BGMとして流しているわけではないので、ボリュームが小さいとかそういう問題ではない。

なんて言っても理解してもらえそうになかったので、一眠りして家族が寝静まった後で見ようとベッドに入ったら、そのまま朝を迎えてしまった。

なので、意図せず昨夜は日記をさぼってしまった。

なので、まずは昨日朝の一枚。

で、こちらは今朝の定点観測。

今朝はウエアを少し薄手にしてみたが、ちょうど良い感じだった。

 

さて、今日は造形芸大店の定休日なので、私も休もうかと思っていたのだが、午前中に下鴨で取材が一本入ったので、今日は下鴨へ。

店長に取材を受けておいてもらえないか頼んだのだが、雑誌ならいいけどテレビは嫌だと言われてしまった。

焙煎しているところや

珈琲を淹れているところを撮って、その後軽くインタビューを受けて終了。

この時間帯に店にお越し下さったお客様には、ちょっと落ち着かなくて申し訳ありませんでした。

で、放映日時を聞いたはずなのだが、番組の内容が書かれた資料を店に置いてきた上、聞いた日時を忘れてしまったので、見たい方は下鴨のスタッフに聞いてください。

 

取材が終わり帰宅した後は、YouTubeにアップする予定の焙煎についての解説動画を編集。

細かいところを少し手直しして、ナレーションを入れて、あとは木曜日に店でラストの部分の動画を撮れば完成。

普通に仕事をしながら、空いた時間でちょこちょこやっているので、やはり一か月に一本がいいところですかねぇ・・・

週末にはアップできるよう頑張ろう。

試作

2020年3月1日 

今日は空を雲が覆い、もやがかかった状態。

山が全く見えなかった。

 

さて、木曜日の夕方に小中高校の休校要請が出て以来、なんだか人が動かないような感じだが、白川通りはスーパーの前だけ駐車場に並ぶ車列がのびていたが、人通りは普段の日曜と比べると非常に少ない。

そんなとき、ぼやいていても仕方ないので、4月以降に販売予定の新メニューを試作してみた。

鶏胸肉をパサつかないようスパイスと玉ねぎで味わい豊かに煮込んで、そこにピスタチオペーストとブルーベリーのダブルソース。

さらに、オリーブオイルで炒めたエリンギを煮詰めたバルサミコでサッと仕上げてトッピング。

ミニスープとラタトゥイユに温泉卵、ライスとサラダがワンプレートにのったもので、これをベースに新しいヴェルディプレートを販売開始しようかと検討中。

なので、ランチのプレートは、カリープレートと新ヴェルディプレートの2種類にしようかと。

通信教育部の卒展も延期になり、しばらくは静かな店内になりそうなので、この期間にしっかりと試作を繰り返して、4月からはお客様に美味しくて体にもよくてヘルシーな料理を提供できるよう頑張ろう。

災い転じて・・・

2020年2月28日 

今日は雲が多く寒い朝だった。

もうすれ違う時に顔がわかるほど明るくなってきているので、朝の寝ぐせ直しは念入りにしなくては。

荒神橋のところまできたとき、朝日が雲の下の部分を赤く染めていて、なかなか神々しい空であった。

 

さて、昨日総理大臣が突然小中高校の休校要請が出たわけだが、一夜明けてかなりバタバタしている様子が伝わってくる。

京都市の市立小中高校は5日から休校となることが決まったが、府立の方は3日から。

夕方に、町内会の用事で社会福祉協議会の学区代表のところへ行くことになったのだが、今日は一日走り回っていたとぼやいておられた。

 

で、首相が現場のことを無視して一斉休校を要請したことにより、多方面にわたって多くの影響が出ていることをニュースなどでは取り上げているし、中小零細企業の経営者としては、少なからぬ影響があることは事実なのだが、やはり一国の長は現場の混乱からくる批判を恐れてやるべき対策をとらないなんてことがあってはならないので、こまごまとしたことに目をつぶって「えいや!」と言ってしまったことはスゴイと思う。

けど、専門家の意見を・・・と、専門家の助言に責任の一端があると強調していたのは、ちょっとカッコ悪いなぁ、というのと、もうちょっと早く英断すべきだったのでは、と思った。

 

ただ、今回の COVID-19 は幸か不幸か高齢者や持病のある人を除き、致死率はそんなに高くない。

ただ、もし、万一、今後エボラのような致死率が二桁後半になる凶暴なウイルスが先進国のどこかに上陸した場合の封じ込め対策に活かしていければ、この COVID-19 の流行も意味があったといえるはず。

誤解があってはならないが、重篤化している方や亡くなった方には、本当にお気の毒で決して軽んじているわけではない。

ともかく、一日も早い沈静化と、研究者の方には「正体不明」のウイルスの正体を解明して頂き、日常が戻ることを願うばかり。

とりあえず、私は朝のウォーキングとしっかりスパイスを摂取することで、健康を維持したいものである。

たこ焼き

2020年2月27日 

今朝もいつもの時間に起きて、鴨川へ向かって歩いている途中から雨がけっこう強く降り始めたので、今日はウォーキングをお休み。

出勤の時間には晴れ間も見えたが、一日中雨が降ったりやんだりの変な天気だった。

 

さて、コロナウイルスの影響が広がっている中、造形芸大でも3月に予定されていたいろいろなイベントが縮小か中止、延期となったので、今日はすでに組んでいたシフトの組みなおし。

通信教育部の卒展が延期になってしまったので、現状の人員で営業したらスタッフばかりが多くなってしまう。

アルバイトの皆さんには、シフトを削ってしまい申し訳ないが、今回ばかりは仕方ない。

と、思っていたら、夕方には速報で全国の小中高校を来週から休校にするよう要請すると首相が言っている。

そうなったら、こんどはお子さんをお持ちの主婦のアルバイトさんが逆に入れなくなってしまうかもしれない。

また組みなおさなくてはならないかも・・・

 

さて、そんな今日は4月からのメニュー改定で、造形芸大店ではしばらくお休みしていた「あんこプレスサンド」を復活すべく試作と試食。

同じように見えるが、上の方はソフトフランスタイプのカイザーバンズで作ったもの。

下のものはブリオッシュ生地のハンバーガーバンズで作ったもの。

スタッフで試食して、どちらが良いか聞いたところ、見事に人気が分かれてしまった。

実は、パンの仕入れ価格が倍程度違うので、売価もけっこう大きく変わってしまうため、そのあたりも考慮してどちらにしようか決めようと思う。

で、話は全く変わるが、なんとなく久しぶりにたこ焼きが食べたくなったので、夜にサッと走って「蛸虎」へ。

それにしても、夜の9時ごろに東大路のラーメン街道がこんなに空いている、というか、ほとんど人がいない状態って久しぶりに見た気がする。

このところ、本当に景気の悪い話しか聞かないが、早くこの流行が沈静化してくれることを祈りましょう。

うるう年

2020年2月26日 

栗は英語でマロンじゃない
と知ったときの驚きはかなりのものでした。

もう20年くらい前の話です。

当時も飲食店に勤務しておりまして、外国人のお客様にそれっぽくマロンと言うも全く伝わらず…

困り果てた末に、同僚は「くぅーりぃー」と真顔で言いました。
なんとお粗末な…

当時から今に至るまでずっと笑い話です。

ヴェルディでも毎年大人気の、そんな(?)栗のタルトが間もなく販売終了でございます。

3月の初め頃を目処に、売り切れ次第終了とさせていただきます。

また次の秋までお別れです。
ぜひこの機会にお召し上がりください。

花粉が飛び始め、日が長くなり、春の気配が漂いはじめました。

梅が満開だそうです。

今年はどこにも行っておりませんで、
お土産に貰ったお菓子でお花見しました。

梅と椿が美しい城南宮 名物 椿餅ぃです。

城南宮さんのお庭は紅椿が非常に印象的でしたが、お菓子では白色を楽しみました。
こしあんがたっぷり入って美味しかったです。

気兼ねなく出掛けられる日が待ち遠しいですね。

こんな状況ですので、外出をお控えになっているお客様も多いかと存じます。

通信販売でもコーヒー豆をお求めいただけますので、ぜひとも気軽にご利用下さいませ。

一日も早い事態の収束を願っています。

土田

このページの先頭へ