自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. 下鴨店TOP
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

6年ぶりの笑劇場

2020年1月19日 

今日は、ほぼ昨日の日記です。

朝は雲が多かったが、このまま日の出ちょっと前までいくと、いい感じの空になりそうな雰囲気。

2月にはすれ違う人の顔がしっかり見えるくらいの明るさにはなることでしょう。

 

さて、昨日は午前中に抽出セミナーがあり、今回は店長の今西が担当。

ワンコインセミナーと言うか、500円で珈琲について少し深く知りたい方にはちょうどいい感じの内容をA~Cの三種類ご用意して、月に各2回ずつ開催。

お申し込みがゼロの日もあれば、最大5名様のところ5名様が集まることもあり、場合によっては1対1でじっくりと、ということもあり・・・

まぁ、あまり畏まらずに、とりあえず月に2回×3種類のセミナーを開催しております。

興味のある方は、造形芸大店の セミナーのご案内 ページをご覧になって、お申し込みくださいませ。

 

さて、そんな昨日は約6年ぶりの開催となった ヴェルディ笑劇場。

以前、下鴨で開催していた時は、カウンターのコンロの上とバックの棚にベニヤ板を渡して、被毛線を敷いて畳一畳分の高座を作っていたのだが、今回は春秋座さんのご協力を得て立派な高座ができた。

以前の高座

今回も、店内のソファーと椅子全てを使ってちょうど満席。

下鴨で開催していたときは、一度座ったら身動きもとれないほどの状態だったが、今回はさすがに店舗面積が下鴨の3倍あるので、けっこう余裕を持っての空間作りができた。

まずは、桂 小鯛 さんの「動物園」でスタート。

塩鯛師匠の一席目は、古典の中でもお得意の酒ネタから「変わり目」

休憩をはさんで塩鯛師匠二席目は、桂三枝作の現代落語「宿題」

皆さまとてもご満足下さったようで、恒例行事として定着するかも?

ふだんはサロンライヴでクラッシックの音色に耳を傾ける空間になることの多い造形芸大店の週末だが、たまにはこうしてみんなで笑うのも良いなぁと思うひとときであった。

明日は落語会!

2020年1月17日 

今朝は雲が多かったので、けっこう暗かった。

で、今日は朝から文芸表現学科の学生さん達が、卒業展示でカフェをするため、コーヒの抽出実習に来てくれた。

昨年もヴェルディ の豆を使ってカフェをしてくださったのだが、評判がよかったと、今年も同様にヴェルディ の豆でカフェ営業をすることに。

家でよく珈琲をいれている学生さんもいれば、抽出初体験の人もいて、なかなか楽しく抽出講習をさせていただいた。

午後からは珈琲豆の配達あり、商談ありで、なんとなく慌ただしく夕方が訪れて、閉店間際のお客様が引いたところで、スタッフを一人連れて春秋座へ。

明日開催するヴェルディ 笑劇場の高座を準備すべく、舞台になるひな壇をお借りしに行った。

下鴨では、カウンターとバックの棚の間に板を渡しただけの高座だったので、そんなにたいそうなことになるとは思わず、けっこう気楽にお願いしてしまったら、やはりプロの舞台関係者だけあって、カフェの寄席でもちゃんとしたホール並の装備をお貸しくださった上、組み立てまでお手伝い頂いてしまった。

そんなわけで、明日は落語会。

当日券はあと3枚だけ残っておりますが、それプラス一人二人ならお入りいただけます。

今年の初笑い、もしお時間のある方がいらっしゃいましたらぜひお運びくださいませ。

ちょっと太田に座ってもらってみたら、なかなか見やすかった。

トマトのカリー

2020年1月16日 

今朝はかなり寒かった。

でも、ちょっとずつ空が明るくなり始める時間は早くなってきているように感じる。

そう言えば、今年はまだ冬用タイヤに履き替えていないが、この調子だったら大丈夫かも。

と、思って油断していたら、春も近いと思う頃に雪が積もったりするから、やはり履き替えておこうかなぁ・・・

 

さて、諸般の事情で恐らく一期一会カリーは間もなく終了と言うことになるかと思う。

とりあえず、今週の時点ではレシピナンバーが34まできているので、できれば50くらいまでは作りたいのだが、さて時間的にそこまでできるかどうか。

そんな今週の一期一会カリーは「めっちゃトマト!カリー」です。

このビジュアルのせいか、今日はランチスタートからだいたい3人にお一人くらいのペースで一期一会カリーをご注文下さり、いい感じのすべりだし。

スパイスとともに飴色になるまで炒めた玉ねぎに、ぶどうとブルーベリーを加えて仕上げたカリーソース。

そこへフレッシュトマトに合いびき肉のキーマカリーを詰め込みました。

フレッシュトマトもカットして、全部混ぜてお楽しみ頂いております。

今回のカリーはけっこう早い時間に売切れるので、お試しになりたい方はお早めに。

大切なお知らせ

2020年1月15日 

こんにちは。
今日はずいぶん冷え込みましたね。

風邪が流行っているようですので、皆さまどうぞお気をつけ下さい。

さて、下鴨本店は今月の最終週に4連休を頂戴いたします。

1月27日(月) 定休日
28日(火)・29日(水)・30(木) 冬季休暇

この間は通信販売もお休みとなります。
休み中にいただきましたご注文につきましては、31日(金)から順次発送させていただきます。
※26日(日)にお受けしたご注文は、31日以降の発送となる場合がございます。

ご理解ご了承のほど何卒よろしくお願い申し上げます。

明日も寒くなるようですので、暖かくしてお出かけください。

ご来店お待ちいたしております。

休日

2020年1月14日 

今日は下鴨は祝日営業の振り替えでお休み、造形芸大店は定休日だったので、ちょっと店へ行って事務作業をする程度で基本私も終日お休み。

そんなわけで、いつもより少しゆっくり7時まで寝て、NHKのおはようにっぽんが終わるまでニュースを見てから少し洗濯などして下鴨店へ。

小一時間ほどで用事を済ませて、先日来行こうと思っていたカフェへ。

このプレート、ネットで写真を見た時はカレーかと思って食べに行ったら、ひよこ豆のシチューだった。

でも、辛さはないし少しインド料理のスパイス使いとは違うが、けっこういい感じのスパイス感だった。

コーヒーも、このお店を紹介しているSNSの写真を見たら、サイクロン(焙煎機に付帯する集塵機)が写っていたので、てっきり自家焙煎かと思ったら、今は郊外にある自家焙煎店から豆を仕入れているらしい。

「今は」と言われたので、以前は自家焙煎していたのかも。

そんなわけで、ちょっと勘違いして行ってみたわけだが、いろいろと参考になることも多かった。

 

その後、もう2軒ほど喫茶店を回って、いい感じでお腹がたぽたぽになったので、ちょっと静かにしたくて映画を1本見ることに。

今朝、NHKのおはようにっぽんで監督のインタビューが流れており、カンヌ映画祭の金獅子賞を取ったということだったので、ちょっと見てみようかと。

見終えてから、いろいろと疑問が出てきたので少しネットで調べてみて、この映画は事前に韓国社会のいろいろなことを予備知識として持っていたら、もっとのめりこめたかもしれないと思った。

もし同じテーマを取り上げたとしても、日本人が監督をしていたら、こんな風にはならなかったと思うのだが、ある意味強烈な映画だった。

 

そんなこんなで、最近なんとなく仕事のための勉強ということもあって、けっこうカフェをめぐることが多く、胃袋は一つしか持っていないため、自分が本当に食べたい(仕事上行きたい店と、個人的に食べたい店はちょっと違う)店になかなか行けないのが困ったもの。

先日、本当だったら早めに仕事を切り上げてカフェへ行こうと思っていたところが、存外に夕方までバタバタして行きたいお店の営業時間中に抜けられなかったので、これがチャンスと娘を誘って今年の中華食べ初め。

豆腐とピータンのサラダ

上海風焼きそば

げんこつ

今年も、チャンスがあればちょくちょく七福家さんのお世話になりたいと思っている。

ソニータイマー?

2020年1月13日 

今朝は東の空が凄く赤かった。

普段より5分ほど自宅を出るのが遅れたのだが、朝の空の色って本当に数分で変わってしまうので、歩きながら東の空を見ていたのだが、この色もほんの5分ほどで消えて明るくなってきた。

そして、夕方に造形芸大の大階段の上に行ってみたら、西の空がきれいだった。

で、今日はランチの後半から慌ただしくなってきて、本当はランチ後に店内が落ち着いた頃から少し外に出ようかと思っていたのに、閉店まで店を離れられず。

明日の定休日に行動することにしよう。

 

さて、このお正月あたりから自宅のテレビに変なものが現れ始めた。

どうも、このテレビの機能をテロップで流しているようなのだが、取扱説明書を見ても、メーカーのサイトを見ても消し方がわからない。

テレビを起動して数分経ったら、画面上部にこういうテロップが流れ始めて、しばらくして消えたと思ったら・・・

こんどはそのテロップが画面下の方に移動して流れ続ける。

しばらくしたら勝手に消えるのだが、また数分したら出てきてしまうから困ったもの。

リモコンの「戻る」ボタンを押せば一時的に消えるものの、2~3分で再び現れてしまう。

朝などはニュースを見つつ、テレビの上の方に出ている時間を見て出勤準備をしているのだが、テロップが上に流れているときは時間が見えないし、下の方に流れているときはニュースの映像に出ている字幕が読めない。

普通にテレビ放送を見ているときも、録画した番組やDVDを見ているときもこのテロップは現れるので、字幕の映画を見ているときなどは、なかなかいらついてしまう。

サポートセンターに電話してみたものの、1時間近く待たされてもつながらず、コードレス電話の充電がなくなってきたので「早くつながるLINEでサポートします」と流れるアナウンスにつられ、そちらに登録したのだが、1週間たっても連絡は来ない。

このテレビは、地デジが始まる前年に購入したので、もうそろそろ10年近くになるため、そろそろソニータイマーが起動して、普通に利用できなくなってしまったのかもしれない。

この日記もネット社会、デジタル社会のおかげで書けているのだが、アナログな時代と今の時代と比べてみると、なんとなく不要なストレスが増えたような気がする。

まぁ、便利さが増すと人間はこれまで持っていた能力を失っていっているように感じるが、同時に不要なものまで入ってきているわけで、まぁ、仕方ないんでしょうねぇ・・・

このページの先頭へ