自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. 下鴨店TOP
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

珈琲談義

2017年10月24日 

今朝は久しぶりに歩けた。

でも、スカッと晴れた空は見えず、ちょっとミストっぽく雨も降っている感じ。

そうでなくても日の出が遅いので、ちょっと暗くて寂しい朝であった。

さすがに川の水量は多く、出町の飛び石は水の下に隠れ、亀さんも頭と甲羅が少し見える程度になっていた。

.

さて、先日私も無事『夫婦50割』が適用される年齢に達してしまったので、カミさんと一緒に映画を見に行ったら(別にカミさんじゃなくても大丈夫ということらしいが)安く見られる。

そこで、今日は映画を見に行こうかとカミさんを誘ったが拒否られたので、誕生日クーポンを使って見に行った。

う~ん、貞子VS伽椰子ほど酷くはなかったが、まぁまぁしょうもない、と言うか、全く怖くないホラー映画であった。

と、言うか、私のすぐ後ろに座っていた女性二人組が面白すぎて・・・

始まった瞬間「もう、むりむりむりむり、こわいこわいこわいこわい・・・」中盤にさしかかったあたりでは「あの奥からなんかでてきそう、いやいやいやいや、こわいこわいこわいこわい、キャーッ!」って、もう、それ聞きながら吹き出しそうになっていたので、怖さを全く感じなかったのかもしれない。

やはりホラー映画は、人が少ないレイトショーで見るべきだったと強く確信した。

.

そんなイマイチな映画鑑賞だったが、早めに三条へ行ったので、上映開始までの空いた時間で、久しぶりに六曜社地下店へ行ってみた。

この変わらないスタイルはスゴイ。

いつも通り、ブレンドとドーナツ。

六曜社さんへ来たら、ついドーナツを注文してしまうのだが、こういう『お決まり』というのは素晴らしいと思う。

Verdi でも「つい注文してしまう」ものが作れたらと思うのだが、なかなかここのドーナツに匹敵するものは難しい。

久し振りにカウンター越しに奥野さんと珈琲談義。

最近のなんでもかんでも浅煎りというのはどうなんだろうという話から、そういう酸味系珈琲の中でも、単に知識も技術もなく浅く焙煎してフルーティーと言っているお店もあれば、それなりに美味しい店もあるという話になり、今までは自家焙煎して、ピアスに帽子で営業していたら、なんでもかんでも店が成立していたという傾向だったが、これから浅煎り系専門店(スペリャルティ専門店とも言われる)も淘汰の時代に入るのだろう、と。

そう言えば、私が高校~大学時代は、それまで深煎りが主流だったところ「お湯で割ってアメリカン」というのが何となく流行っていた。

たしか20年ほど前には、随分と浅い焙煎の通称『白珈琲』なんてのも短い期間だったが流行っていた。

松任谷由美の歌の歌詞にも「ドーナツ屋の薄いコーヒー」なんてのがあったり。

そんな薄いコーヒーが流行っていた時代、京都でも当時流行っていた「カフェ バー」という業態へ行ってコーヒーを注文したら、けっこう薄かったなんて話で盛り上がり、でもその後バブルが崩壊したら、再び深煎り系へと潮流が変わって行った。

長くこの業界を見てきている奥野さん曰く、まぁ、コーヒーの嗜好って、だいたい10~15年周期で変わっていくのではないかと。

ただ、今のスペシャルティブームは、日本の流行と言うより、アメリカ主導で動いているということや、北欧系のブームという側面もあるので、もしかしたらその周期論には当てはまらないかもしれない。

今、そのブームをけん引している人たちに言わせれば、20年ほど前の『薄いコーヒーブーム』と今の『スペシャルティコーヒー』は、全く違うものだと強く主張されそうだが、そういうミクロの世界の話ではなく、時代の大きな流れのこと。

要は、そうやって、浅いものがもてはやされたり、深いものが好まれたりという行ったり来たりの中で、クオリティーのボトムアップは着実になされていく。

私としては、そのときそのときの流行に踊らされるのではなく、常に本質を見て行かねばと思う。

なんて話をしながら、ふとメニューを見たら「浅煎り タンザニア」なんて文字が・・・

「こんなの以前からありました?」ときいたら、「最近流行っているから、浅煎りが欲しいと言われたとき、何も勧められなかったらくやしいから作った」と。

せっかくなので頂いてみたら、これが際の部分で酸っぱくなくて酸味が美味しいコーヒーに仕上がっていた。

奥野さんと言えば、深煎り専門というイメージだったが、流石浅煎りを作らせてもピンポイントで良いところを突いてくると、ちょっと感動しながらアナベルを見に行くのであった。

台風は辛いよ

2017年10月23日 

1時間ごとの天気予報を見てみたら、今朝は私が起きる頃に雨が上がるかどうか微妙な感じだった。

ちょっとだけ期待して、いつものように目覚ましをかけて起きてみたが、やはり外からは雨音が聞こえてくる。

ぼちぼち歩かないと、なんだか身体が重い気がしてきている。

でも、私の日課以上に困るのが、週末に来る台風はお客様商売にとって打撃が大きいと言うこと。

この日曜日、台風による事故や建物の破損について、幸い京都市内での被害はあまり聞かなかったが、時代祭が中止になるなど、観光業やサービス業にとっては本当に恨めしい台風であった。

SNSなどを見ていると、よく行くお店も台風接近に伴う早仕舞いや臨時休業を告知しているところが少なくなかった。

かく言う Verdi も22日は下鴨の本店が早仕舞い、造形の方はなんとかサロンライヴを開催できたものの、ご予約いただいていたお客様の中にはキャンセルされる方も多く、さらに通常の営業においても、台風が接近してきた22日は、前週比で半分程度しかお客様がおいでにならないという困った事態。

今年は多くのお客様がおいでになると予想している日に限って台風が来るから困ったもの。

これも温暖化の影響なのだろうか。

とは言え、ぼやいていても仕方がない。

だんだん寒くなってきて、温かい飲み物が好まれるようになってきたので、食べ物だけではなく珈琲飲料でも新商品を出そうということになり、造形芸大店では学生に人気が出そうな甘いフレーバーラテを作ることにした。

何種類か試作して、アルバイトの女子大生に飲んでもらったが、皆が「美味しい」となかなかの好評。

私のような、オジサンからすると甘くてちょっと・・・と思うものも、彼女たちにとってはちょうど良い甘さの様子。

11月から販売開始できるよう、もう少し試作を重ねて、多くの方に楽しんで頂けるよう頑張ろう。

台風接近でもサロンライヴ

2017年10月22日 

今朝、造形芸大の店に出勤して事務所の鍵を開けようとしたとき、事務所の中から電話が鳴っているのが聞こえた。

朝の7時45分、こんな時間に電話をかけてくるとしたら、朝一番のアルバイトが出勤できないという連絡か何かかと思って出てみたら、今夜のサロンライヴを予約していたお客様からのキャンセル電話であった。

その後も、今日は一日中サロンライヴがあるのかどうか、これから風雨が強くなった場合、どうなるのか?といったお問い合わせの電話がひっきりなしにかかってくる状態。

結局、電話でキャンセルを伝えてきて下さったお客様、最終的においでにならなかったお客様も多数いらっしゃったが、それでも足元の悪い中30名の方々がお運び下さり、熱気に満ちたサロンライヴが開催できた。

今回はロシア特集!

塚田さんもソロでラフマニノフやスクリャビンを披露

最後はロシアからイタリアへ戻ってプッチーニで終了

今回は、普段あまり聴く機会のないラフマニノフの歌曲や、CDでは聴いていても、生では耳にする機会の少ないチャイコのボリスゴドノフなど今までとは違ったラインナップで楽しませて頂いた。

井藤さんの歌は、回を追うごとに深みを増している気がする。

次回、井藤さんの出演は年明けの1月21日、ソプラノとのデュエットを中心としたプログラムになる予定。

その前に、来週はヴァイオリンとヴィオラにソプラノの競演という、これまでになかったプログラムです。

サロンライヴの様子は、Verdi の Facebook に動画をアップしておりますので、よろしければご覧ください。

.

コンサートが終わったら、少し風が強くなってきていた。

雨風が強い時は、やはりコレでしょ!

ってことで、イーサンでカオソーイを頂いた。

いつも通り、安定の美味しさであった。

よく載せたなぁ・・・

2017年10月20日 

今朝も起きて窓を開けたらバルコニーの手すりをたたく雨の音。

毎朝のウォーキングは、雨天中止ということでやっているので、このところなかなか歩けない。

レインコートを着て歩くかどうしようか検討中。

それにしても、今年の秋は雨が多い。

.

さて、昨日の日記でも書いた、造形芸大店の焙煎見学セミナーについて。

昨日発売された CAFERES という雑誌でも取り上げて頂いた。

まぁ、所謂業界誌なのでコンビニなどでも目にする情報誌に掲載されるのとは違い、一般の方の目に留まることはほとんどないため、普段は雑誌に掲載されても、この日記でお知らせすると言うことはしなかったのだが、恐らくこの日記を読んで下さっている方々は、誰もこの雑誌を見ないだろうと思って、たまには掲載情報も書こうかと。

今月号のテーマは『スペシャルティコーヒーのカッピング』

テイスティングとカッピング、似ているようで若干ニュアンスが違い、テイスティングはより広い意味で、味見だったり飲み比べだったり。

一方でカッピングは、味見と言うよりプロがその豆を評価(点数をつける・あるいはジャッジメント)するための手段という色が濃い。

そうしてみると、Verdi で開催されている焙煎見学セミナーは、カッピングとは言えないので、編集者はよくこんなテーマの特集に Verdi の焙煎見学セミナーを載せようと思ったなぁ、と感心してみたり。

送られてきた雑誌をさらっと見た限りでは、「どこそこ産の何とかという農園の豆はこんな味」だとか、「同じ国の豆でも、○×農園はフローラル系だが△□農園はシトラス系」とか【豆】については全ての人が熱く語っているが、焙煎によって同じ豆が全く違う味わいになるということを言っている人は私しかいなかった。

まぁ、私は平気で『焙煎で味が変わる』なんてことを言うから、スペシャルティコーヒー専門の人たちからは嫌われるし、最近は雑誌の取材依頼が来ても、だいたいが「スペシャルティコーヒー」というテーマが多いので、そういうことを言ったら掲載見送りになったり扱いが小さくなってしまう。

要するに、概ね世の中【本当のこと】を語ると嫌われるもの。

※ 【本当のこと】は、見る側面によって変わるので、一概に全ての側面において【本当】とは言えない。

なので、言い換えれば【注目したくない側面が存在するということ】を語ると嫌われる、と言えるかもしれない。

「○×農園の豆はこんな味」と言っている横で「それも焙煎次第で味は全く変わる」なんて言われたら困ってしまいますからねぇ・・・

そういう意味で、よく旭屋出版さんは、平気で『珈琲の味作りは産地・品種も重要だが、同等かそれ以上に焙煎が大切』と言い切る私を載せるなんて、業界の方向に逆行することをよくやったなぁ、と感心したわけである。

そんなわけで、もし興味のある方がいらっしゃったら、購入する必要はないと思うので、書店でぱらっと立ち読みでもしてみてください。

ちなみに、下鴨の本店、造形芸大店とも、この雑誌と言うか、Verdi が掲載されたからと言って掲載誌は、いつも置いておりませんのでどうぞご了承ください。

おめでとう

2017年10月19日 

今日は、朝から京都造形芸大・情報デザイン科の学生さんが3名、焙煎セミナーを受けに来てくれた。

と、言うのも、後期の授業として、珈琲についていろいろと調べて発表するというものがあり、そのために珈琲をより深く理解するため、焙煎による味の変化を体験したいというのが趣旨であった。

私も先週、その授業の後半に教室へ入れて頂き、学生たちの発表の途中経過を見せて頂いた。

最終的な発表がとても楽しみになる内容であった。

シナモンローストの臭いをかぐ学生さん

生豆が色付いて行き、深煎りに至るまでのプロセスを全て見て、新鮮な驚きを見せる学生さんたち。

毎日焙煎をしている私たちからしたら、ごくごく普通のことが、一般の方々にとっては、純粋に驚きであったりするわけで、こうして一人でも多くの方に珈琲に対する理解を深めてもらうことも、私たちの仕事だと思う瞬間である。

今日は、夕方からその珈琲についての授業があったはず。

何かの役に立てれば嬉しいと思う。

.

さて、珈琲について学ぶと言えば、造形芸大店の社員、太田がコーヒーマイスターの試験を受けて、無事合格してマイスターの仲間入りを果たした。

アップで

左側がマイスターのバッヂ。ちなみに、右のバッヂは造形芸大店で抽出を担当できる人だけがつけられるバッヂ。

マイスターになったと言うことは、それなりに珈琲の知識を習得したということではあるが、その知識を生かして、お客様に珈琲の美味しさや楽しさをお伝えして、皆さんによりより豊かな珈琲ライフを楽しんで頂けてこそ、その資格も有意義なものになってくる。

こんどは頑張って、お客様に説明したりお客様の要望に応えられるスキルを身につけていってほしい。

でも、まずは合格おめでとう。

よく降りますね

2017年10月18日 

こんにちは、土田です。

よく降る秋ですね。
今も小雨がぱらついています。
昨日久しぶりに青空が見えた時は本当に嬉しかったです。
でもまたしばらく雨続きで…
台風も来ているようで…

爽やかな秋晴れが待ち遠しいです。

10月に入ったということで、ヴェルディの店内にもチラホラとカボチャを飾っております。

今年のハロウィンは火曜日です。
一度、仮装して出かけてみたいです。

死者の霊が帰ってくる、という謂れなのでアニメのキャラクターのコスプレなどは適していないようです。
知り合いが甲冑を纏っていたのですが、それはまぁ、ざっくり正解のような気がします。

アメリカ大陸でカボチャが発見される以前は、カブが用いられていたそうです。

ハロウィンも去ることながら、22日は時代祭ですね。
夜には鞍馬の火祭りもあります。
そして選挙も…

てんやわんやの一日になりそうですが、とにかくお天気が心配です。
観光客の方もたくさんおいでになるかと思いますので、晴れてくれるといいのですが…

交通規制が解けた際にはぜひ、ヴェルディまで足をのばしてくださいませ!

・ ・ ・ ・

まだしばらくスッキリしないお天気が続きそうですので、気分転換にコーヒーと甘いものでもお召し上がりにご来店ください。

お待ちしております。

このページの先頭へ