自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. 下鴨店TOP
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

朝夕

2020年9月1日 

今日は久し振りに仕事の予定が入っていない休日だったので、いつもより1時間ゆっくりして7時頃に鴨川へ。

いつもだったら出町へ向かうところ、出勤時間に縛られないので四条まで歩くことにした。

すると、二条の橋の手前で、後ろから走ってきた自転車の男性に「おはようございます」と声を掛けられ、見てみたら以前芸大店の社員として働いてもらっていた人だった。

まさかこんな時間のこんな場所で・・・と思いながら歩いていたら、御池を過ぎたあたりで、私が住むマンションの管理人さんが向こうから歩いてきた。

こんどから、休みの日のこのコースはやめておこう。

でも、今朝はちょっと涼しかった。

自宅に戻って、シャワーをした後、どうしようかと思ったが、いろいろと資料もあるので、芸大店でデスクワークをしようとパソコンを持って北白川へ。

だが、あろうことかセコムのカードを忘れたので中に入れず、自宅へUターン。

出直すのもなんだかなぁ、ということで、自宅で少し仕事をした後、せっかく予定の入っていない休日だったので、カミさんと長女と一緒に街中へ行くことにした。

旧立誠小学校跡にできたホテルと飲食が入った建物へ。

春水堂で豆花とジャスミンミルクティー。

このところ、自店のスイーツを試食する以外では、久しぶりに外で甘いものを食べてみた。

帰宅して、ちょっとテレビを見たら夜の鴨川へ。

なんだか今日はあまり汗をかかなかったので、やはり少し涼しかったのかもしれない。

四条から北は朝夕同じコースを歩いたので、同じアングルで撮ってみた。

朝の木屋町四条上る
夜の木屋町四条上る

ほぼ毎日歩いているが、木屋町通りも週末以外はけっこう寂しい人通り。

ウーバーイーツの自転車が我が物顔で疾走している。

私の前を歩いていた、ちょっとチャラい系のお兄さん二人も、ウーバーの自転車を見ながら「〇〇さん、ウーバーって使うっすか?」「いや、俺はアレ、いややねん」「なんでっすか?」「誰かわからへん見ず知らずのヤツに来てほしないわ」「そうっすよね、どんなヤツが来るかわかんないっすもんね」

恐らく、このチャラいお兄さん二人と私は、物事の考え方や見方が全く違うのではないかと感じるような雰囲気を持っていたのだが、この点については思わず同意してしまった。

話は変わって

今日も京都タワーは紫から青に色が変わっていた。

そんなわけで、今夜もフットマッサージャーで足のメンテナンスをして明日も一日頑張ろう。

青と紫

2020年8月31日 

今朝はわりと涼しいな、と思いながら川の東側を歩いていたが、朝日があたる鴨川の西側は、朝からとっても暑かった。

さて、今日はショッキングなニュースが届いた。

藤川球児が今季限りで引退するという。

正直、関西では総理大臣の辞任よりも大きなニュースかもしれない。

でも、考えてみたら入団したときの監督はノムさんで、2005年に鉄壁のリリーフトリオだったJFKのJとKは、とっくに引退している。

私が最も印象に残っている試合は、矢野(現監督)の引退試合になるはずだった試合、私も甲子園のスタンドで、リリーフカーに乗って登場する球児を見ていた。

なんと、球児の入場音楽が、彼のテーマではなく、矢野選手のテーマだったので、スタンドにいる全ての観客はキャッチャーも矢野に代わるものと思っていた。

が、球児がマウンドに上がった時、ホームベースの後ろにいたのは城島。

結局、この日に限っていつもと全く違う球児が、ランナーをためて筒香に逆転ホームランを打たれてしまった。

スタンド全体が、打たれた球児ではなく、矢野を使わなかった真弓(そのときの監督)に大ブーイングを送っていた。

ともかく、甲子園へ行ったとき、球児が出てきたらその時点で勝利が確定していたので、どうしても印象に残るのは打たれた試合、それも、あるべきストーリーとは違う展開となった、あの試合になってしまった。

藤川選手、本当にお疲れ様でした、そして、有難うございました。

できれば、今シーズン中、もう一度マウンドでその雄姿を見せて頂ければなぁ・・・

さて、フットマッサージャーのおかげで足も軽く夜のウォーキング。

松原通あたりを過ぎた時、京都タワーは青だった。

でも、五条まで来たら、紫になっていた。

最近、以前と比べると京都タワーに色がついていることが少なくなったのだが、今日は色が変わる演出。

今日は何の日だったのだろう。

念願成就

2020年8月30日 

今朝もとても生ぬるい風が吹く鴨川だった。

朝は生ぬるい風ですんでいたが、昼は容赦なく熱線と熱風が肌に痛い日曜日。

そんな週末の営業を終え、自宅に戻ったら

届いた!

さっそく箱から出してみた。

これです、これ!

すぐにでも足を突っ込みたい願望を抑え、夜の鴨川へ。

日課のウォーキングを終え、シャワーで汗を流して、半沢直樹を見ながら使ってみた。

気持ちい~

これで明日からも頑張れます。

全スイーツ自家製化計画

2020年8月28日 

今朝もいつも通り6時前に鴨川へ出ようとしたら、バルコニーの手すりに雨粒が当たる音。

そんなわけで、久しぶりに朝のウォーキングはお休み。

ついでに芸大店も、学校の設備メンテナンスのためお休み。

だったが、そういうときこそ社員みんなが集まって、いろいろとやるチャンス!

ということで・・・

大和学園卒業の松尾をヴェルディのパティシエールに任命したものの、一人ですべてを背負わせるわけにはいかないので、今日は他の社員も一緒にキッチンでお菓子作り。

まずは、「守・破・離」(しゅ・は・り)の「守」から。

今まで食べた中で、一番美味しいと思ったロールケーキのレシピを模倣して、作り倒したうえで、ヴェルディとしてのオリジナルを検討しなくては。

ということで、今回はレシピ通りに作ってみる。

さすがに素晴らしいレシピ、味としては文句のつけようがない美味しさ。

ただ、見た目の面でまだまだ改良点もあり、今後の課題がはっきりと見えた。

そして、同時にこのロールケーキは今まで何度か我が家でも作っているので、アレンジすべきポイントもすでに頭の中にできてきている。

しばらく繰り返し製造して、「破」につなげていきたい。

こちらは、オーソドックスなナッツのタルトで、焼きあがった段階で、食べる前に今回ひとつミスをしたことに気付く。

次回、その部分をしっかりと修正しつつ、もう一段良いものにしたい。

同時に、ナッツのタルトは非常にオーソドックスなものなので、ある意味他と明確に差別化できなければ優位性を持てない。

オーソドックスなものを美味しいと思って頂けることの難しさ。

頑張ろう。

そんなわけで、製造後の試食タイム。

左から和歌山No.1の洋菓子屋の娘。管理栄養士。調理専門学校卒後、フレンチ、カフェなどで実務を積んだ当店パティシエール(に勝手に任命)。飲食歴10年近い次期店長候補。それに加えて私。

と、けっこう(いや、かなり)味にうるさい上、食べ物を作ることに対しても素人ではない面々が知恵を出し合ってヴェルディの珈琲にぴったりくるお菓子を作り上げていこうというチャレンジがスタート。

9月は試作期間という位置づけにして、10月にはなんとか。

食欲の秋に、ヴェルディのスイーツはますます美味しくなるはず。

どうぞご期待くださいませ。

たまには居酒屋さん風も

2020年8月27日 

このところ朝からまぶしい太陽の下歩いていたのだが、今日は雲が多く日差しは柔らかかった。

なんか、いつもと風景が違っていたので、つい1枚。

日差しは弱かったが暑かった。

夕方の空も、なかなかドラマティックだった。

はじめに、一つお知らせです。

ヴェルディ京都芸術大学店は、学校の設備総合点検のため、明日28日(金)を臨時休業とさせていただきます。

恐れ入りますが、どうぞご了承くださいませ。

さて、私はお酒を飲まないので、めったに居酒屋へ足を運ぶことはないのだが、いろいろと事情があって、今夜は久し振りに居酒屋さんへ。

カミさんと長女と一緒に行ってみた。

まずは乾杯

イタリア風焼き枝豆
チーズ三種盛り
酒粕入りシーザーサラダ
燻製マヨネーズのポテトサラダ
トリッパのトマト煮込み
いわし明太フライ
丹波牛とちりめん山椒の和ピッツァ
本日のパスタ=鶏ハートとトマトのクリームソース

ちょっと食べすぎた。

でも、たまには居酒屋料理というのもいいですねぇ。

伏水酒蔵小路 のイタリアン BAR BANA さん。

ちょっと遠いけど、こういうのもいいかもしれない。

現在、第三弾中。

2020年8月26日 

秋の虫の鳴き声が聞こえ始めました。

朝晩の風がちょっと冷んやりしたように感じます。

それだけでもう、日中の暑さへの絶望感が和らぐというものです。

現在ヴェルディ下鴨本店では、17周年記念メニューが目白押し!

第一弾 オレンジアイスコーヒー

第二弾 17th Anniversary Blend ※通信販売でもお求めいただけます!

第三弾 コーヒーフロート

どれもこれも、暑い季節の凌ぎになればと考案したメニューです。

京都の残暑は10月ごろまで続くでしょうか 涙

まだまだお楽しみいただけそうです。

ぜひ!お召し上がりください。

夜風がさらに気持ち良くなりそうな9月には、第四弾も控えておりますのでご期待ください。

店頭の寄せ植え、もりもり育って頼もしいです。

そろそろ選伐しなくては…

明日もご来店お待ちいたしております!

土田裕子

このページの先頭へ