自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. 下鴨店TOP
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

カフェとカレーと

2019年5月16日 

今日は朝からけっこう暑くなりそうな気配。

朝の陽ざしがだんだん痛くなってきた。

 

さて、一昨日に東京へ入り、昨日の朝は新宿で用事があったので、新宿三丁目近辺で人気の珈琲店「4/4 (all season) coffee」さんへ。

店内には小型焙煎機もあり、ここで焙煎されているようなのだが、どうもサイクロンや硝煙装置が見当たらない。

新宿のど真ん中で、小型とは言え大丈夫なのだろうか?とちょっと思ってしまったが、もしかしたら壁の中に硝煙装置が埋め込まれているのかもしれない。

店内を見渡して、そんなことを考えてしまうのはやはり職業病でしょうねぇ・・・

レジカウンターの横でハンドドリップをしてくれる。

3~4種類ある豆から選べるので、私はルワンダをチョイス。

目の覚めるような酸味を強調した焙煎であった。

ほんの30分ほどだったが、外人さんを中心に次々とお客様が入ってきて、満席になったので私は退散。

その後、神田で用事を済ませた後、ネットで調べて小川町のカレー屋さんへ。

歩くこと10分少々、ビルの2階にあるお店は、この前行った荻窪の吉田カレーを思い起こさせる。

でも、ちゃんと看板も出ているし、営業中でもシャッターが半分閉まっている吉田カレーよりは商売っ気がある様子。

ご亭主はちょっと怖い人かと思ったが、吉田カレーよりは怖くない店だった。(と言うか、全然怖くなかった)

カレーは3種類ある中から、2種類選んで合い掛けにするような感じ。

私は、オーソドックスにチキンカレーと豆のカレーをチョイス。

とてもマイルドで、誰彼かまわず食べやすいカレーではないかと思った。

ターゲットが広い分、ネットでの評価も高いのであろう。

店内が狭いこともあり、けっこう並んで皆さん食べていて、私はギリギリ並ばずに済んでラッキーだった。

 

そんなわけで、カレーを食べたら、神田明神まで歩いて行って、レトロな喫茶店で食後の珈琲を飲んだのだが、そのお話はまた明日。

 

葵祭

2019年5月15日 

おはようございます。

本日は葵祭です。

優美な衣装に身を包んだ王朝行列が、下鴨本店の前を通ります。

馬や牛も通りますよ。

10:30 京都御苑出発


11:40 下鴨神社到着

14:20 下鴨神社出発


15:30 上賀茂神社到着

気温はさほど上がらないようですが、それでも、熱中症には十分お気をつけください。

厚い雲が晴れますように。

今週のコーヒーは
「スマトラ・ガヨ・ワイニー」

先週に引き続きスマトラ産の豆ですが、また全然違ったタイプのコーヒーです。

生産者であるアントン氏独自の “ワイニー製法” という行程で作られており、たしかに名前の通りワインのような深い香りと味わいが特徴です。


アントン農園のアントンさん↑

私が今まで飲んだ中でも、かなり強烈な個性を持っているコーヒーのひとつです。

この機会にぜひお召し上がりください。

ヴェルディで一息つきながら、京都最古のお祭りをご堪能くださいませ。

ご来店お待ちしております。

土田

わりと慌しい1日だった。

2019年5月14日 

今日は朝から大阪へ。

インテックス大阪で開催されている、飲食関係の展示会へ造形店長の今西と一緒に行ってきた。

 

今回は展示会そのものではなく、同時開催されるセミナーで、聞いてみたいものが二つほどあったので、朝一と午後のセミナーを聞くことが主な目的であった。

まず、朝一はメニューデザインのセミナー。

1時間のセミナーなのに、講師の自己紹介が15分以上、自分の趣味とか、友人から受けたサプライズバースデープレゼントのこととか、入社時に自分は50倍という競争率を突破した話とか。

この女性講師、自分はメニューを作るとき、完全なお客様目線で考えると話していたが、セミナーの講師をするときも聴講者目線で講義内容を組み立てて欲しいと思った。

セミナー本編で語られていた内容は良かっただけに、あの長大な自己紹介さえなければ・・・と、思った。

午後は、客単価2,000円以下のお店の収益力アップについての講義。

こちらの講師はコンサル会社の講師だったので、やはりさすがの分かりやすさ。

分かっていてもできていないことも多く、やはり基本の徹底は重要だと再認識。

色々な意味で、とても勉強になった。

 

セミナーを聴き終えたら、私は一路東京へ。

明日は、朝から一件商談が入っており、午後には通販関係のセミナーと個別相談会。

こんどヴェルディの通販をお手伝い願おうと思っている会社に、本当にお手伝い願うかどうかの最終判断。

このところ、時間が許せば可能な限りセミナーや勉強会に参加しているのだが、それによって店の運営方針を変えると言うより、世の中の流れやお客様の動向を知り、考え方を整理するのに役立っているので、やはり時を惜しんで勉強し続けねばと思う。

 

せっかく東上したので、夜は西荻窪でミールス。

西荻窪ガード下にある大岩食堂さんへ。

パパドの下はバスマティライス。

とても食べやすい味。

個人的には少し物足りなかったが、その分サラッと食べられるので、近所にあったらちょくちょく行くだろうと思った。

水曜からは

2019年5月13日 

今朝は、もうTシャツで歩けばよかったと思う陽気だった。

造形芸大店の週替わりカリー、おかげさまでメニュー変更以来ご好評いただき、毎週食べにお越し下さる方も。

今日まで販売していた「しびれチキンカリー」は、けっこう辛口な上、本当に食べるとしびれるチキンがドンとのっかっていたので、どれだけの人がお召し上がりいただけるかと思っていたが、提供した日数6日の間に、4回お召し上がり下さった方を筆頭に、2~3回お楽しみになった方もおいでになり、なかなかコアな人気であった。

ただ、やはり普通の方には少し強烈だったと思うので、明後日の水曜日からは濃厚なのにマイルド、それでもしっかりスパイスフルな「白身魚のピスタチオカリー」を提供すべく、本日カリーのベースを仕込んでみた。

毎日数量限定で、明後日水曜日から販売開始。

ピスタチオペーストの濃厚な舌触りに、ヨーグルトと爽やかなスパイスで決して重くならない清涼感と味わい深さを併せ持ったカリーです。

よろしければおためしくださいませ。

ダブルフルート

2019年5月12日 

今朝も暖かい好天。

日中は30℃くらいまで上がると天気予報で言っていたが、どうだったのだろうか?

とりあえず、もう真夏日になろうかというその予報を目に下だけで、暑さに弱い私はクラッときてしまった。

荒神橋の西側のスロープを降りたところにある紫陽花も、けっこう成長してきた。

 

さて、今日は5月最初のサロンライヴ。

超長かったGW明けで、みなさん疲れが出たのか、これまで56回開催してきたサロンライヴの中で、ご予約いただいたのに当日キャンセルの方が最も多い会となった。

毎回、ご予約人数に応じて席を準備するので、ちょっと空席が目立ってはいたが、演奏はなかなか白熱。

これまで木管トリオとかクァルテットなどは何度かあったが、フルート2本という編成は初めて。

でも、この組み合わせも素敵だなぁと思いながら聞かせて頂いた。

今回は、なかなか難しい曲が多く、よくこの曲で同じ楽器2本とピアノがうまくかけあえるものだと思いながら、会場においでになったみなさんとても楽しまれたのではないかと思う。

今夜の様子は、明日にでも動画でアップいたします。

どうぞお楽しみに。

 

チェリー

2019年5月10日 

今朝はずいぶん暖かくて、半分くらい歩いたところで汗ばんできた。

目に入る風景も、日に日に緑が濃くなっており、鼻孔を抜ける空気も春の香りから初夏のそれになってきている。

個人的には暑いの嫌いなので、ちょっと嫌だったりするかも。

 

そんなことを考えながら歩いていたら、花が散って葉桜になった後の枝には、うすくピンクになった実がなっている。

当たり前と言えば当たり前のことなのだろうけど、自然ってすごいなぁ、と思ってしまった。

 

で、自然とは全く関係ないことだが、私はけっこうこの標識好き。

では皆さま、良い週末を

このページの先頭へ