自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. 下鴨店TOP
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

梅雨明け

2019年7月26日 

近畿地方もようやく梅雨明け

今朝は予想通り蒸し暑かったものの、川沿いは時折冷気が肌にあたるのが不思議。

梅雨入り前は、けっこう鴨川の水嵩も低く、川なのか何なのかよくわからないような時期もあったが、このところ出町柳の飛び石カメさんも、甲羅干ししなくて大丈夫な感じ。

それでも雨が上がると水嵩は一気に低くなり、前日まで川に沈んでいた雑草がなぎ倒されていたのがよく分かる。

でも、この雑草たちは晴れが数日続いたら、恐らくまたピンと立って何もなかったような顔で風にゆられていることでしょう。

 

さて、造形芸大店の「一期一会カリー」は、先週ちょっとベースマサラを仕込みすぎたこともあり、本当なら水曜日から次のカリーにかわるところ、今日やっと完売。

そんなわけで、明日からの一期一会カリーを仕込んでみた。

オレンジポークの宮廷風コルマ

北インドの宮廷風コルマは、カシューナッツのペーストを贅沢に使ったまろやかで味わい深い一皿。

インドカリーにポークを使うことはほとんどないのだが、今回はポークを使ってみた。

実際、インドカリーのレシピとしてポークを使ったものは、南インドの「ポークビンダルー」ていどしかないので、どう仕上げようかと悩んだ結果、豚肉をオレンジと玉ねぎ、ハーブ、スパイスでしっかり煮込んで別添えに。

こういう淡い色のカリーは、ガラムマサラやクローブ、クミンなどを使うと色がくすんでしまうし、赤唐辛子を使うと赤っぽい色がでてしまうため、使えるスパイスも非常に限られてくる。

なので、スターターのホールスパイスは3種類、後半に入れるパウダースパイスも3種類、そこにハーブ2種類という非常にシンプルな構成ながら、玉ねぎの炒め具合とスパイスの投入タイミングだけで味わい深く仕上げられるからカリー作りは面白い。

最近、何十種類ものスパイスを使ったと自慢げに語られるカレーが多い中、シンプルなスパイスで味の奥行きを出した濃厚なコルマをぜひ味わって頂ければと思います。

新顔を、二つ。

2019年7月24日 

近畿の梅雨が明けました。
遅く入ったのに早く明けました。

今日の日差しはいよいよ夏がやってきたことを感じさせる強さで、自転車のサドルの熱さが今季1番でした。

下鴨神社では、みたらし祭りが開催中です。

毎年楽しみにしているのですが今年はまだ行けておりませんで、28日の日曜日までやっているので何とかお参りしたいと思っているところです。

下鴨本店では先週から、オレンジのタルトが新登場いたしました!

夏らしい爽やかなオレンジの風味を、コーヒーと一緒にぜひお楽しみください。

ヴェルディしぐれのご注文も増えてまいりました。

今年から始まった “きな粉トッピング”

これまでとは少し違う印象でお召し上がりいただけるのではないかと思います。
ぜひともお試しください。

暑い日の、もはや栄養補給ともとれる「幸せ気分のアイスクリームコーヒー」
これからの季節におススメです。

そしてまさに本日から新登場したのは…

人気グルメ雑誌 dancyu です。

大人のOFF休刊にともないバトンタッチいたしました。

以前からお好きな方も、ちょうど今月から読みたかった!という方も、コーヒータイムのお供にご覧ください。

さぁ、ここから夏が加速していきそうです。
天気予報にも、今までとはひと味違った数字が並んでおります。

昨年のような酷暑は本当に勘弁願いたいのですが、まぁ、暑いことには変わりありませんので…

コーヒーブレイクで英気を養っていただきながら、良い夏になりますように。

ご来店お待ちいたしております!

3連勝なるか?!

2019年7月23日 

と、言うわけで、勝ったら帰宅してから更新します。

トラさんの3連勝と、今年の私の観戦試合3連勝を祈りつつ。

 

終わりました。

負けませんでしたが疲れました。

これから甲子園を後に帰宅します。

皆さまおやすみなさいませ。

寝てしまった

2019年7月23日 

今日は仕事を終えて自宅に戻り、ソファーに座ってテレビを見ていたら、知らない間に寝てしまって目が覚めたら日付が変わっていた。

そんなわけで、とりあえずちゃんと寝る前に「本日の日記はパス」とだけ書いて寝ます。

みなさまおやすみなさいませ。

チャレンジ

2019年7月21日 

朝から蒸し~っと、肌に空気がからみつくような感じ。

暑いだけなら良いのだが、この湿度はきついですねぇ・・・

そんな今日は、造形芸大のオープンキャンパスもあり、多くのお客様にご来店頂けるかと思っていたら、存外にランチの前半はお客様が少ない状態・・・

後半からは、オープンキャンパスのために来校された高校生や父母というより、近隣の方々がお越し下さったような感じだった。

やはり、工事のフェンスが撤去されたことも大きかったのかもしれない。

そんな今日はサロンライヴ。

今回は、ピアノとヴァイオリン、チェロのトリオ。

ある意味オーソドックスなトリオではあるが、考えてみるとこの組み合わせはヴェルディサロンライヴで初めて。

61回も開催していて、こういう組み合わせがなかったというのも意外だった。

前半は個人のソロメインで後半は三重奏というプログラム。

まずは、バッハの無伴奏チェロソナタのプレリュードから。

続いて、ピアノも入ってフォーレの夢の後に。

チェロの次はピアノソロで、ラヴェルのハイドンメヌエットとショパンの幻想即興曲。

ヴァイオリンは、サラサーテによるカルメン幻想曲。

弦の方は、なかなか難易度の高い選曲できたなぁ、という感じであった。

後半は、ラヴェルのピアノトリオ イ短調。

これまた非常に難易度が高い選曲。

こういう高いテクニックを要する曲というのは、バシッと決まったらスゴイのだけど、下手をすると何がしたいのだか分からない演奏になってしまうという諸刃の剣。

しかし、ある意味こういう難しい演目にチャレンジできる場を提供できるのも、ヴェルディサロンライヴの良いところかもしれないと思った。

これまでの出演者の選曲を見ていても、ロシアものにチャレンジしたり、京都ではめったに演奏されないヤナーチェクを何曲も演奏したり、先日は椿姫のハイライト盤1枚まるまる演奏に近いものがあったり。

若きアーティストが、他ではなかなかできないことをヴェルディですることによって、今後への布石にして頂ければそれも素晴らしいことだと思った。

 

で、チャレンジと言えば・・・

つい、出来心でチャレンジ ザ トリプルいってしまった・・・・

一応、ダイエット中です。

頑張ります。

囲いがとれた!

2019年7月19日 

今朝は、目覚ましが鳴る前に、明けた窓から聞こえてくる雨音で目が覚めた。

そんなわけで、ウォーキングはお休み。

朝はけっこう激しく降っていた雨も、店が開く時間あたりからは弱くなり、終日断続的に降ったりやんだりという一日だった。

そんな不安定な空の下、造形芸大店は縞模様の柵に「安全第一」の文字が入った囲いが設置されていたが、ようやくデッキ部分の工事が終わり、いよいよフェンスが撤去された。

間もなく白川通りから直接入れる出入口ができて、8月上旬にはリニューアルオープン予定。

同時に、自動ドアの横には自転車置き場もできて、お客様をお迎えする準備が整う。

開店して3年弱、いまだに「ここは学校関係者以外も入っていいの?」と聞かれることが少なくないので、やっと学外のお客様に対するアピールができるようになる。

この時期、雨で工事が進まないこともあるので、まだ正確なリニューアルオープンの日程をご案内できないのが残念ですが、来週頭にはご案内できるかと思います。

新しくなる造形芸大店、どうぞよろしくお願いいたします。

このページの先頭へ