自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. 下鴨店TOP
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

頑張れ!製氷機

2019年9月15日 

実は、東京から帰った翌日から、ちょっと風邪をひいてしまい、鼻と喉がまずい状態になっていた。

だからと言って休めるはずもなく、造形芸大が学祭で普段の倍以上のお客様がおいでになる中、もうろうとした頭で走り回って体調不良を治すという、まぁけっこうな荒療治に出たわけだが、おかげでなんとか今夜は少し喉が痛いだけというところまで持ち直した。

そんなわけで、今朝はウォーキングを休んでギリギリまで寝て体力を温存。

明日からは鴨川へ出られるのではないだろうか。

 

そんな体調不良を治してくれたのは、もしかしたら昨夜の閉店後に今日のサロンライヴのリハーサルを聞けたからかもしれない。

通常だと、サロンライヴの開催前1時間でリハーサルをして頂くこと炉、今日は学祭ということもあり、もしかしたら音を出す時間があまりとれないかもしれないと伝えたら、前夜にリハーサルをしたいと申し出て下さったので、昨夜の閉店後に急遽お越しいただくことになった。

普段は準備で慌ただしくしており、なかなかゆっくりリハーサルを聞けないのだが、昨夜は店内のいろんな場所でヴァイオリンとピアノの音をじっくりと聞かせて頂けた。

Vn.の米井さんが弾くブラームス、目を閉じて聴いていると、なんとも心地よくて、本当に心洗われる気がした。

インド料理はアーユルベーダと言われるが、聴くアーユルベーダと言うか音で風邪を治癒してもらったような気がする。

そんなこともあり、今日の本番。

普段は Verdi から音楽が流れていても、ほとんど気にすることなく横の廊下を通過していく人たちばかりなのに、さすがに学祭だといろいろな人が来ているもので、入り口の外で立ったまま演奏を聴いている方も少なくなかった。

次回からは、ちゃんと入場料を払って店内で聞いていただきたいものである。

ピアノの出口さん、前回はソプラノの講殿さんとご出演になったが、歌の伴奏以上にソロで聞かせてくれる若々しい弾きっぷり、ヴァイオリンソナタでの掛け合いは、歌曲におけるピアノとは違った角度で聞けてとても素敵に感じた。

ヴァイオリンの米井さんは、本当に惚れ惚れする音で魅了してくれて、今後が非常に楽しみな若きホープだと確信。

ブラームスは水を得た魚のように活き活きと弾かれていたが、前半のドビッシーも時間をおいてもう一度聞きたいと思う演奏だった。

またぜひご出演頂ければと願うのであった。

 

さて、冒頭にも書いたが今日は普段の倍以上お客様がお越し下さり、湿度は低いものの気温からすると真夏日。

冷たいドリンクのご注文が多く、ランチタイムの途中あたりから出ていく氷が製氷機の製造容量を超えてしまい、みるみる氷がなくなっていった。

朝の段階で、満タンだった氷が午後2時には底をつきかけてしまい・・・

仕方なく、午後3時からテイクアウトのアイスドリンクはお断りすることになり、オーダーストップの午後3時30前には、あとアイスコーヒー5杯も作ったら完璧に氷がなくなるというところまできてしまった。

サロンライヴまで1時間半、半分のお客様が冷たい飲み物をご注文になると仮定すると、氷が間に合うかどうかドキドキしながらだったが、何とか無事終えることができた。

そんなわけで、今日は冷たい飲み物のご注文が入り、製氷機を開けるたび、心の中で「頑張れ!製氷機」と祈るような気持ちで仕事をした一日であった。

 

金曜日のカマキリ

2019年9月13日 

今朝はいつもの時間に目が覚めると、窓の外から雨の音。

そこで、あと30分だけ寝ていつもの時間に外に出たら、肌にあたるのは夏の湿度を含んだ生ぬるい風ではなく、爽やかな秋の風だった。

でも、この涼しさを信じていいものなのだろうか?

 

さて、今日は午前中に一つ取材が入っていたので下鴨へ。

最近、料理写真とかを真上から撮って掲載する雑誌が多いのだが、モノによっては真上から撮ったら面白くても、モニによっては「ん~?」と思ってしまうものも。

今回のは、どんな感じの誌面になるのだろう?

 

で、明日から造形芸大は学園祭。

学生さんたちも、その準備で大忙しと言う感じだったが、Verdi も仕込みや準備で大忙し。

そんな最中、今日は金曜日だったので私はコーヒー豆の配達周り。

無事に配達を終えて店に戻ったら、店頭にカマキリがいたのでつい写真を撮ってしまった。

逆からアップで

なんか、カマキリってカッコいいよなぁ、と思ってしまったり。

でも、前回私がカマキリの写真を撮ったのも配達途中の金曜日だった。その日の日記はこちら

なぜか金曜日に私の前に現れるカマキリ?

そんなわけで、明日から造形芸大店は学園祭の開催に伴い、一部のメニューに限定しての営業となります。

どうぞご了承くださいませ。

SCAJカンファレンス

2019年9月12日 

一昨日~昨日の東京出張、一昨日の昼は初めて訪問する南インド料理店でミールスを頂いたが、その後有楽町で打ち合わせを終え、夜は東銀座のダルマサーガラさんへ久しぶりに伺った。

まずは、インドの屋台スナック「ベルプリ」から

エッグドーサを注文

中はオムレツというか卵のクレープのような感じになっている。

マトンチェチナード

ココナツライスで頂いた。

チェチナードは、もっとガツンとスパイスフルでアロマティックかと思ったら、存外にマイルドなカリーだった。

聞けば、以前はダルマサーガラ史上最辛のカリーだったそうだが、だんだんと落ち着いてきたそうな。

そんなに激辛が好きなわけではないが、やはりチェチナードはもうちょっと刺激的な方が良いかもしれない。

ココナツアイスクリーム

チャイでご馳走様

口のリセット用に出てきたフェンネルとミントのキャンディーが、他の店にないお洒落さと美味しさだった。

 

そんなわけで、久しぶりのダルマサーガラさん。

ミシュランのビブグルマンも取られて益々多くのお客様でにぎわっていた。

 

で、今回東京へ来た目的は、カレーを食べるためではなく(もちろんそれも目的の一つではあるが)打ち合わせとSCAJのカンファレンスが大きなところ。

昨日は朝一でビッグサイトへ向かった。

毎年来ているけど、初日の開場前に来たのは初めて。

マイスターの20キロ釜。

これ、3年後に Verdi が購入予定のやつ?と思って聞いてみたら、販売価格はだいたい1,200~1,300万を予定しているらしい。

う~ん、3年後ではなく5年後に購入予定を修正?その前に買えるのか?

焙煎機の説明を受けたら、セラードのブースへ。

今回はなかなか素敵なスタッフの方がいらっしゃって、テイスティングもいろいろできていい感じだった。

一通り、飲んでみたかったサンプルは味見をさせて頂き、秋以降に何を仕入れるか悩み中。

続いてユーエスフーズさんのブースへ。

こちらは、エチオピアのゲイシャとブラジルの「フルーツバスケット」という精製段階で果実臭をより強く引き出そうとしているものを試飲。

まだ発酵製法ほどの香りは出せていないものの、今後に期待。

そして、パプアのブースへ行ってみたら、神田のファーマーズカフェのオーナーさんがおいでになり、いろいろとお話をしつつ、パプアから来日しているコーヒーインダストリーの担当者に私がパプアへ行ったときの写真を見せたら、なんか一気に距離感が縮まって、「ここに並んでいるの、ぜひ買え!」みたいな感じになってしまった。

ただ、私もパプアへ行ったときに立ち寄ったアイユラの豆は、見た感じとても良くて、これは一度試してみたいと思うものであった。

近々、パプアのスペシャルティーを販売するかもしれない。

そんなわけで、今回は早い時間だったこともありゆっくりと各ブースでお話もでき、同時に今年のクリスマスギフト用の商材も物色できたので、これから店長とも話してクリスマスの計画を立てることにしよう。

 

さて、話は変わって、今週の一期一会カリーは先週とは打って変わってマイルドなもの。

チキンレッグを骨から身がするっととれるほど、ほろほろになるまでしっかりと煮こみ、そこにピスタチオペーストを贅沢に使ったサフランの香りただようペルシャの宮廷風カレーソースをかけた「チキンペシャワリ」が登場。

ただ、今週末は造形芸大の学園祭が開催されるため、Verdi ではアイテムを絞った限定メニューで対応することになる。

なので、この一期一会カリーは明日の金曜日に販売したら、土日は販売をお休みして、16日からまた再開。

そんなわけで、お召し上がりになりたい方は、土日を避けてお越しいただければ幸いです。

よろしければおためしくださいませ。

残暑対策あれこれ

2019年9月11日 

こんにちは、土田です。

下鴨本店は先週、月曜から金曜まで夏休みを頂きまして、土曜日から営業を再開しております。

そろそろ秋を感じたいのですが、ここ数日は真夏に戻ったかのような暑さでした。

もう9月も半ばなのに…と文句も垂れたくなりますが、
そうしたところで涼しくはなりませんので、引き続き暑さ対策をするのみです。

ということで、「ヴェルディしぐれ」まだもうしばらく販売中です。

涼しげなメニューで残暑をお凌ぎください。

が、しかし秋は待ち遠しく。

14日(土)より、栗のタルトが新登場いたします!

たっぷり栗の入った毎年大人気の一品です。

秋らしいデザートで残暑をお忘れください。

通信販売では、まもなく16周年企画がスタートいたします!

温かいコーヒーが恋しくなってくる季節(になるはず)ですので、ぜひこの機会をお見逃しなく!

ご来店ご注文、お待ちいたしております。

今日でよかった

2019年9月10日 

  1. 今朝もウォーキングのため鴨川へ出てみたら、空はちょっとだけ秋っぽく見えた。

いつもの定点観測地点からだとこんな感じ。

そこからちょっと河原に下りたら、いい感じの雲のカーペットみたいだった。

それにしても、今朝も蒸し暑い。

なので、暑い京都を脱出して、台風一過の東京に来てみたが、東京も36度で蒸し暑かった。

昨日も、東京の友人とやりとりしていたら、8時に家を出たのに職場に着いたのは午後12時を回ってからだったとか、けっこう大変だったらしい。

今回東京に来ることになった用事のひとつである打ち合わせの相手からは「京都は台風大丈夫でした?」と聞かれたが、ある意味渦中にいた人たちからしたら、世の中全てが凄いことになっているような感覚だったのかもしれない。

東上するのが今日でよかった。

 

さて、そんなわけで、せっかく東京に来たので、早速お昼は小川町あたりにこの春できた南インド料理屋へ行ってみた。

伺ったのは、三燈舎さん。

ランチタイムはこんな感じのミールス風のワンプレート。

本日のカレーはこの3種。

夜も南インド料理店に予約を入れていたので、軽めにBセットを注文。

こんな感じで運ばれてくる。

見えにくかったので、ドーサを折ってみた。

ブラックペッパーチキン

辛口とあったが、あまり胡椒の風味とパンチは感じなかった。

中辛のマトンキーマと大根。

クセなく食べやすい味。

甘口の冬瓜とブロッコリー。

全体に可もなく不可もない、バランスのとれたカレー。

近所にあったら、ちょくちょく行きそうな気がする。

ただ、夜はどんなだろう?と言うことで、次回は夜に来てみよう。

つづく

久しぶりに

2019年9月10日 

このところ熱帯夜に真夏日。

もう「朝は涼しい」なんて言葉が出てこないですねぇ・・・

暦の上では秋でも、まだまだ過ごしやすいとは言い難い気温、早く名実ともに秋にならないかなぁ。

 

そんな今日は、今日までの分ともって仕込んでいた一期一会カリーが昨日でなくなってしまったので、開店前に今日一日分を仕込むべく早めに出勤して朝から玉ねぎ切り。

なんとか無事に仕込みも終えたのだが、そんな日に限って一期一会カリーは1食しかご注文が入らないという悲しい現実。

やはり「辛い」と言ったら皆さんたじろいでしまうようで、マニアックなカレー専門店ではない Verdi としては、あまり極端な方向には行けない難しさがあったりする。

 

で、開店前に大急ぎでカレーを仕込んだら、朝から焙煎を4品。

ところが、ちょっとアクシデントがあって、3品は焼き直しをしなくてはならなくなってしまった。

そこからなんだかペースが乱れだして、お昼過ぎには取材が一件入っており、いつものお店紹介と同じような感じかなと思って気軽に受けたものの、今回は単なるお店紹介ではなく、私の話が中心で4ページも割いて下さるという有難いような怖いような内容だったので、終わってみれば2時間も話しっぱなしと言うなかなかハードな内容であった。

何せ、16世紀のロンドンから始まり、話題はフランス革命とカフェ文化にまで及び、その100年後に日本が初めて珈琲豆を輸入したその量は、ちょっと豆を売っている自家焙煎店一軒分程度だった・・・などなど。

そりゃぁ2時間話し続けなくてはならないわなぁ、という感じであった。

でも、恐らく私の持っている珈琲の知識の1割も話していなかったようにも思う。

どんな記事になるのか、楽しいような不安なような・・・

 

そして、取材が終わると同時に発送作業に入る。

7月から準備を進めていた amazon での販売がいよいよ本格的にスタート。

すでにドリップバッグは超細々と販売してきたが、それは一応登録をするためという位置付で、恐らく明日の夜か明後日あたりから販売を開始する珈琲豆が本当のスタート。

店舗では売っていない、amazon 専用商品として、まずは2種類を投入。

一つは「すっぱくない けど フルーティー」な珈琲。

もう一つは「ほろ苦い けど 後味スッキリ」な珈琲。

ある意味、今の時流に真っ向逆さまを向いた商品ではあるが、世の中には酸っぱくない珈琲やほろ苦い珈琲を欲している方も多いはず。

ということで、販売をすることになった。

パッケージデザインは、京都芸術デザイン専門学校 の学生さんたちに授業の一環として作って頂いたもの。

売れたらいいなぁ

このページの先頭へ