生豆【生豆】ルワンダ・スカイヒル

【生豆】ルワンダ・スカイヒル

ドイツの宣教師が、レユニオン島からブルボン種を持ち込んで、コーヒー生産を伝搬したのがルワンダコーヒーの始まりでした。

今では、元のブルボン種以上にベリー系の香りが強く、中煎り~中深煎りまでの焙煎度合いでキャラクターを最も発揮できる豆です。

詳細はこちら