中煎り【中煎り】イエメニア

【中煎り】イエメニア

1500年の時を経て、イエメンより新たな母体品種が登場!

今、世界中で激しい争奪が行われている新品種、ヴェルディに上陸!!

エチオピアを起源としたコーヒーが、約400年前イエメンからオランダへ渡り、のちに世界の生産国へと広がりました。

その品種は、ティピカ種として多くのコーヒーの母体品種となり、現在の多様性の源になっています。

今回新たに発見されたイエメン固有種は、ティピカとも違う新たな母体品種であることが遺伝子検査の結果判明。

この新たな品種の名称、YEMENIAのNIAは女性名詞、母体品種という意味で名づけられました。

上品でフルーティーな、全く新しいコーヒーの誕生を是非味わってください。

極少量入荷につき、現在ご予約は受け付けておりません。

5月22日(土)販売開始

詳細はこちら