自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. 下鴨店TOP
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記
  3. ゲイシャとロブスタ

ゲイシャとロブスタ

2020年10月15日 

今日で53歳になってしまった。

この年になると祝ってくれるのは、たまに買い物をするサイトのメルマガとショップから届くDMくらいなもの。

まぁ、今日から1か月間は、安くお買い物できる特典付きだからいいか。

そんな一つトシをとった朝、いつもの場所にたどり着いたらまだ太陽が大文字山から顔を出していない。

でも、東の空はわりと綺麗だった。

さて、夏の暑さも和らいで、気持ちよい季節になってきた。

涼しくなると、いよいよ珈琲シーズン!

ということで、より皆様に楽しんでいただけるよう、レアな豆や面白い豆を販売しようと、いろいろと仕入れているのだが、今日はその中から2種類の豆を焙煎してみた。

ウガンダ・ロブスタ・ナチュラル

Verdi は全てアラビカ種だったが、このロブスタはなかなか美味しいということだったので、ちょっとだけ仕入れてみた。

浅煎りに仕上げたが、やはりロブスタ、酸味はほとんどなく濃い麦茶のような味わいなのだが、砂糖を入れると焚火をしているような香ばしい香り。

インドネシアやベトナム、インドのロブスタは口にしたことはあるものの、もっと重苦くて美味しいとは思えなかったが、これはちょっと面白そう。

そして、ロブスタの対角線上にあるような豆「ゲイシャ種」は、グァテマラ産のもの。

ロブスタとゲイシャを同時販売っていうのも不思議なめぐりあわせだが、恐らく来週あたりから店頭にお目見えすると思う。

秋の夜長、Verdi のコーヒーで素敵なひとときをお過ごしくださいませ。

このページの先頭へ