自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. 下鴨店TOP
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記
  3. 台湾出張記 その6

台湾出張記 その6

2017年8月3日 

s今回の訪台では、時間に余裕のある限り、カフェや珈琲店へ行ってみた。

今日と明日は、そんなコーヒーショップめぐりの写真などをご紹介。

まずは、ホテルからすぐ近くにあり、多くの台湾人が「初めて口にする珈琲」が、ここのお店と言うか、会社が出している珈琲だったりするという説明を聞いた珈琲店。

「ミスターブラウンコーヒー」は、サードウェーブとかスペシャルティとかそんな時代に突入する前から、台湾に根付いていたチェーン店だということで、まずは敬意を表していってみた。

 

ブラウン=伯朗なんですね。

このおじさんが目印

 

ゆったりとした店内

昔ながらの懐かしい味の珈琲でした。

こちらでは、「本日のコーヒー」というのが、普通のドリップコーヒーで、それ以外はエスプレッソ飲料がメインになっているのだが、以前は砂糖もミルクも入った、甘いコーヒーがミスターブラウンの味だったとか。

一般のお客様は、ボリューム満点のサンドウィッチなどを頬張りながら、朝のコーヒータイムを楽しんでいた。

次に行ったのは、「チーズケーキがめちゃ美味しい!」というカフェ。

こちらは、イタリアから輸入した豆でコーヒーを淹れているとのことだったが、けっこう豆が古そうだったので、コーヒーはパスして紅茶を注文。

チーズケーキは3種類たのんで、ちょっとずつシェアして頂いた。

普通のニューヨークチーズケーキ

チョコレート入りのチーズケーキ

パッションフルーツ入りチーズケーキ

どれも、とても美味しくて、近くにあったら嬉しい一軒。

チョコレートのチーズケーキは、カカオの酸味とチーズの酸味がいい感じに調和していて、なかなか他では味わえなもの。

個人的には、パッションフルーツのものがとても好みであった。

 

レトロな感じが逆に今風の店内

そして、夜はホテルの近くにあったスタバへ。

初めてフラペチーノというものを頂いてみた。

衝撃的だったのは、店内で静かに読書していたおじさんが、かばんからミネラルウォーターとえびせんのようなものをとりだして、ぱりぽり食べだしたこと。

こういうの、こっちのスタバではええんや!?

そして、台北で最初にできた喫茶店の跡地にある珈琲店へ。

こちらは、台湾で採れた豆だけを使っているとのことで、ドリップバッグ中心だが豆も購入できるし、店内で飲食もできるとのこと。

今回は、とりあえずドリップバッグを何種類か購入してみた。

 

壁面には、ずらりとドリップバッグと豆の缶がならぶ

何となくお茶のお店っぽい雰囲気

落ち着いた感じの店内

 

台湾産のコーヒーだけで、7~8種類のドリップバッグがあり、それ以外に缶入りのコーヒー豆も多数。

私は阿里山のコーヒーしか飲んだことがなかったのだが、台湾ってこんなにいろんな種類の豆が採れるのだ、ということが分かり、ちょっと他のものも試してみたくなった。

そんなわけで、明日は人気の珈琲店をご紹介。

台湾って、普通にランチなら日本円にして300円ほどで食べられるのに、専門店のコーヒーは一杯500円前後と、他のものと比べるとかなり高額。

それでも、人気のカフェには若者が多く集っている。

30代以上の人に聞くと、自分たちが若いころは、コーヒー一杯に180元も使うなんて信じられなかったと言うが、ある意味価値観が変わってきているのだろう。

非常に興味のある台湾珈琲事情であった。

このページの先頭へ