自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. 下鴨店TOP
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記
  3. コントラバスのソロ

コントラバスのソロ

2018年6月17日 

今朝は風が涼しくスカッと晴れて、一日中こんな感じだったらさぞ過ごしやすいだろうと思うような感じだった。

そんな今日は、午前中に造形芸大店の窓際の席で、ある雑誌のグラビア撮影があった。

実は、今日シフトに入っていたアルバイトの N さんは、そのグラビアのモデルになっている方の大ファンだそうで、出勤してきた彼女に「今日、〇〇さんの撮影があるから」と言ったあたりから、ちょっと彼女のテンションが変わってきた。

普段はおとなしく、感情の起伏をほとんど見せない彼女が、なんとなくハイになっていて、「窓際の席だからガラス拭いておかなきゃだね」と言ったら、ものすごく丁寧にガラス拭きを始めた。

そして、いよいよ撮影。

珈琲を飲んでいるシーンを撮り終えて「お疲れ様」となったのだが、そのモデルの方が「この珈琲おいしいから、残ったの持って行っていいですか?」と嬉しいお言葉。

もちろん!ということで、テイクアウトカップにうつしかえて、その N さんに「持って行って」と言ったら、ひっくり返った声で「え~っどうしよう・・・」と、なかなか持って行かない。

「時間無いから早く」と言ったら、やっと珈琲を持って行ったのだが、もうなんだか足がガクガクしていて手は震えていて。

実は、撮影前にその方のマネージャーさんに「今、働いている彼女は、〇〇さんの大ファンだそうなので、サインして頂いていいですか?」と N さんの名前を伝えていたものだから、マネージャーさんから「彼女、ファンだそうですよ」と耳打ちされたそのモデルさん、N さんと握手までしてくださった。

握手してもらいつつ、立ちながらコケているような N さん。初めて人の腰が抜けるというシーンを見た。

その後、店を出ていく撮影隊ご一考にむかって N さんはこれ以上ないという素晴らしい声で「ありがとうございました!」と。

その声を聞きながら、その「ありがとうございました」をいつも全てのお客様に発してほしいものだと思いつつ、サインしてもらった色紙を渡したら、N さんはその場に崩れ落ちてしまった。

なんか、よくテレビとかで、人気俳優さんとかが突然ファンの前に出てきたとき、そのファンの女の子の反応がすごかったりして、「本当に、あんな失神しそうなほどのリアクションしめすものだろうか?」と思っていたが、本当だった。

勉強になった。

 

さて、今夜のサロンライヴは、なんと初登場のコントラバス。

これで、打楽器と金管(ホルンを除く)以外のメジャーな楽器は、ほぼヴェルディで演奏されたのではないだろうか。

まぁ、ピッコロとかバスクラはまだか。

でも、なかなかコントラバスのソロって聞く機会がないので、なかなか興味深いサロンライヴであった。

演者は地元出身ということもあり、60名を超える多くのお客様がご予約下さり、熱気に満ちたステージであった。

来週(今週?)は、夏のスイーツなどを続々と新発売しようと思っているので頑張っていかねば。

どうぞお楽しみに。

 

このページの先頭へ