自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. 下鴨店TOP
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記
  3. 2018 1月

2018年01月

ならんでいなかったら、つい・・・

2018年1月11日 

この冬、鴨川沿いを歩いていて、霜柱はたっていても水たまりが凍っていることはなかったのだが、昨日と今朝は水たまりを踏んでしまうとバリっと表面の氷が割れる音がした。

だいたい毎年センター試験の頃は、嫌がらせではないかと思うほど寒くなって雪が降ることも多い。

今年はどうなることでしょうねぇ・・・

そのセンター試験、今年は造形芸大も会場となっているため、明日から日曜日までは入講禁止となる。

それに伴い、明日12日(金)と明後日の13日(土)、造形芸大店は臨時休業を頂きます。

14日(日)は、学校そのものは受験生以外入れませんが、3日も休むわけにもいかないので特別営業いたします。

どうぞよろしくお願いいたします。

.

さて、今日私は下鴨勤務。

年末年始は休まず営業していたので、社員の休みを回すため今日と14日は下鴨の応援に入ることになった。

で、今日は11時からの出勤だったため、一旦造形芸大店へ立ち寄って、その後一件用事を済ませて下鴨に向かう途中、出町の商店街あたりを通り過ぎようとしたら、「ふたば」さんの前に行列ができていなかった!

そうなると、なぜかつい豆餅を買ってしまう。

年末なんかは列が幾重にもなり、何分待ちかも分からないほどだったが、やはりこの時期の午前中は並ばず帰るものなのだろうか。

注文しようとふと店員さんをみたら、なんと開業当初から通って下さっていたお客さまだった。

このところお見かけしていなかったので、随分懐かしい思い。

そして、下鴨のカウンターに立っていると、これまた久しぶりにお目にかかる常連のお客様が多数お越し下さって、嬉しい一日であった。

14日は朝からお昼過ぎまでカウンターに立つ予定です。

寒くなりそうですが、温かい珈琲をご用意してお待ちしております。

2018年1月10日 

こんにちは、土田です。

今日初めて十日ゑびすに行ってきました。

時間帯が早めだったようでそんなに混み合うこともなく、かといって寂しくもなく、いい具合に賑わっていました。

多い時には、大和大路通からすし詰め状態になるようで…

祇園四条駅でも持っている方をよく見かけるあの笹の高級さにびっくり。
笹に結ばれている飾り一つ一つの高級さにもびっくり。
俵と小槌が可愛かったです。

優しくトントンと叩いてきました。
隣の男性はなかなかの強さで叩いておられました。

お姿をチラ見いたしました。

百人一首、懐かしいです。
一生懸命覚えたはずなのに、今パッと思い出せるのは “まつとしきかばいまかえりこむ” ぐらいです。

昨日今日と夜通し開門されているそうで、遅くなるにつれてどんどん盛り上がっていくようです。

露店の立ち並んだ大和大路が人でごった返す様子、けっこう魅かれます。

さて本日は元旦の振替休業を頂戴しておりましたが、明日からは通常営業でございます。
とても冷え込むようですので、温かいコーヒーを飲みに是非ご来店くださいませ。
お待ちしております!

CAFE IN

2018年1月9日 

今朝は雨が降ったり止んだりで雲が多いということもあったが、なんだかすごく暗かった。

いつもなら、行は真っ暗でも帰りは少し明るくなるのに、帰宅するまですれ違う人の顔も分からないほど。

やはり明るい方がいいですねぇ・・・

さて、昨年から『珈琲』を課題として展示紹介する(珈琲というものの情報をデザインする)授業をとっている造形芸大の学生さん向けに、何回かセミナーを開催していたのだが、その展示がいよいよ明後日から始まる。

CAFE IN と銘打って、1月11日(木)~25日(木)まで京都造形芸術大学の大階段を上がって建物に入ったらすぐ左手の場所で展示されるわけだが、今日と明日はその設営をしているということだったので、ちょっと見に行ってきた。

注)1月12日(金)~14日(日)の3日間は造形芸大がセンター試験の会場となるため、一般の方の入講はできません。

展示用の棚を作っていく学生さんたち

データを整理している学生さんたち

麻袋をつなげて

天井から吊るす

といった感じで、明後日が楽しみである。

この展示については、今後SNSでも紹介されるので、よかったらチェックしてみてください。

Face Book

Twitter

—————————————————————————————————————-

CAFE IN

2018.1.11 thu ~ 1.25 thu

京都造形芸術大学 人間観1Fインフォメーション前(実質的には階段を上がった2階です)

“cafe” とは、元々コーヒーを指す言葉だった。

コーヒーから生まれるのは、人と社会との繋がり。

コーヒーを知ることは、世界を知ることだ。

私たちが「コーヒーのなか」にみた事柄を伝える。

 

workshop

デカフェ豆と普通豆の飲み比べ

2018.1.16 thu 12:30-

—————————————————————————————————————-

お時間のある方は、ぜひお運びください。

給湯器は冬に壊れる

2018年1月8日 

昨夜のこと、日記を書き終えてなんとなく Fire TV stick で映画を見ていたら、ちょっと寒くなってきたので床暖房を入れた。

しかし、30分経っても暖かくならない・・・

どうしたんだろう?と思いつつ、キッチンへ飲み物をとりに行ったら、給湯器のコントロールパネルに見慣れない数字が点滅しているではないか!?

給湯器の取扱説明書でエラー番号を見てみたら、異常感知のときに出る数字らしい。

対処方法を見ると、一度電源を切ってみて、再度つけたときに数字が出なかったら問題ないと書かれている。

って、ぜんぜん対処方法にもなっていないではないか。

当然、一度電源を切って再度入れてみるが、何度やってもダメ。

すでに時計の針は12時30分を指している・・・

さすがに、この時期に水風呂に入る気にはならず、結局今朝は出勤前にカミさんの実家へ寄ってシャワーをさせてもらってから店に出た。

夏だったら水のシャワーでも良いのだが、さすがに冬は辛い。

それにしても、真夏の一番暑い時期の、しかも世間がお盆休みのときなんかに冷蔵庫が壊れてしまったりするものだが、給湯器は冬の一番寒い時期の、しかも連休中に壊れたりするから困ったもの。

さっそく大阪ガスに電話をして修理依頼をしたが、休日対応料金になるため通常の3割増しになると言われ、それでもお湯も床暖房も使えないのは困るので修理の手配をお願いした。

で、今日の夕方にガス店の人が来てみてくれたのだが、計時劣化による負荷がかかり、動作不良によって異常警報ができてるらしい。

かれこれ18年前の給湯器なので修理したくても部品がないらしく、とりあえずリセットしたものの、恐らく床暖房をつけたらすぐに同じ状態になるであろうこと、普通にお湯を使う分には今のところ何とか動くが、いつ完全に壊れてもおかしくない状態で、次に異常警報が出たらリセットできない可能性もあると言われ「どうしますか?」と。

で、計算したら、マンションの斡旋価格で購入するのと、10年リースするのでは1万円しか差がない(購入の方が1万円安い)上、リースの場合は10年間の期間終了まで、故障したときは無償修理をしてもらえるが、購入の場合は1年間しか保証がない。

ということで、その場でリースをすることに決めたら、3割増しと言われていた出張修理費も「今回はけっこうです」と言ってもらえた。

ラッキーだったのか、そもそも壊れて残念だったのかよくわからないが、とりあえずぼちぼちヤバいと思っていた給湯器の不安が解消されることになったので、まぁ、良かったことにしておこう。

そんなわけで、出張修理費支払のために用意していた金額よりも安くで食べられたお魚。

次女は寒ブリの造り定食

三女は平目の造り定食

私はブリ大根(アラ煮)

だいたい休日は早々と売り切れで店を閉めてしまうはずの十両さんが、今日は8時前でも食べられた。

聞けば、休み明けの連休最終日で今日は暇やったわー、と。

そんなこんなで、正月休みと三連休が終わり、明日から Verdi の下鴨本店は正月の振替休業を含め2連休を頂きます。

造形芸大店は、火曜日ですが営業いたします。

と言うか、明日からいよいよ学校も授業がスタート。

本店がお休みの明日と明後日、よろしければ造形芸大店へお運びくださいませ。

タイカツカレー

2018年1月7日 

このところ、スカッと晴れた青空を見ていない気がする。

今朝もけっこう寒かった。

お正月休みが終わったと思ったら、こんどは成人の日をからめた三連休。

年末年始は、豆などの物流がストップしてしまうので、けっこう年末に在庫を抱えてはいるものの、予想以上に豆が売れたりすると、急きょ年始にも発注したいのだが、この三連休で再び物流がストップ。

その他、年始営業で不足してしまった材料や資材などを注文しようと、仕入れ先の正月休み明けに電話をしたら、この三連休明けでないと手配ができないと言われることが多い。

昔は、成人の日と言えば1月15日で固定されていたので良かったが、1月の第二月曜となると下手をすると今年のようにクリスマス前から半月以上納品がなくなってしまうこともある。

お正月休みがガッチリとれるのであれば問題ないかもしれないが、Verdi の場合ずっと稼働しているわけで、年末年始に売れたら売れたで在庫がなくなって営業に支障をきたすし、売れなかったら過剰在庫を抱えてしまい、最終的にはロスが出て原価率の高騰につながってしまう。

祝日というものは、何らかのいわれがあってその日に制定されていたはずなのだから、なんでもかんでも連休にするために祝日を毎年移動するのではなく、もとに「その日」にもどしてもらえないかなぁ?とぼやいてみたり。

まぁ、無理だろうなぁ・・・

さて、仕入れ関係以外にも、何かと考えねばならないことが多く、ちょっと頭の整理をつけるためにマサラを補給したいと思っていたら、カミさんが「シャムさんがカツカレーはじめたんだって」とおしえてくれたので、早速円町へ行ってみた。

で、これを注文しようと思ったら、あろうことかこんなメニューまで・・・

シャムさんの鴨カレーって、とてつもなく美味しいものではないか!

迷っていたら池本さんが「カツカレーはレギュラーメニュー入りが決まりましたが、鴨はあと1~2週間で終わっちゃいますよ」と悪魔の囁き。

でも、今日は初志貫徹でカツカレーを頂くことにした。

チキンカツカレー

普通にカツカレーっぽく、カツとご飯にカレーをかけてみた。

でも、やはり鴨が気になって気になって仕方なかったので、カレーではなくサラダで頂くことにした。

美味しかった♪

でも、やはりサラダよりも鴨カレーのレッドを食べたいぞ~

てなわけで、あと1~2週間は鴨があるらしいので、その間にもう一度来ようと心に誓って店を後にするのであった。

 

明日から!

2018年1月5日 

年末年始は時間短縮営業もあって、鴨川へ出る時間が普段より少し遅めだったが、今日から普段の時間に戻った。

やはり真っ暗だった。

そんなわけで、今日は開店前から下鴨へ。

久し振りに朝の開店準備をしたのだが、けっこう手順を忘れていたりして、営業に支障はなかったがなんだかバタバタしながらOPEN。

無事お昼過ぎまでにスタッフの休憩回しまで終えたところで、私は珈琲豆の配達をしてから造形へ。

今日はまだ学校が閉まっているので店休だったが、社員の皆は明日からの営業再開に合わせ、料理の仕込やホールの準備、焙煎する豆のハンドピックをしていたので、私も準備のために行ってみた。

そして、今年からキッチンの主任が交代。

経験豊富な女性スタッフと店長にメニューやオペレーションを考えてもらうことになった。

そんな新体制でのスタートとなる今年の目玉は、これまでの日替わりランチを全面リニューアル。

『本日のヴェルディプレート』として、数量限定でランチタイムから限定数量が終わるまで(時間に関係なく)販売をすることになった。

本日のメイン料理と、冷たい小皿、温かいココット、ミニスープ、サラダ、イエローバターライスがワンプレートにのって980円。

ちなみに、明日のメイン料理はポークの香草オーブン焼き。

よろしければ、おためしくださいませ。

 

このページの先頭へ