自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. 下鴨店TOP
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記
  3. マイナーチェンジ

マイナーチェンジ

2019年10月10日 

今朝は雲一つない青空。

今日はちょっと早めに歩き始めたら、ちょうど太陽が大文字山から顔を出すか出さないかというタイミングになった。

朝はけっこう寒かった。

 

さて、造形芸大店のメニューをリニューアルして、ヴェルディのカリープレートを販売開始したのだが、同時に人気のバターチキンカリーをマイナーチェンジ。

これまでは、チキンを一口大に切ってルーの中にまぜて提供していたのだが、今回のメニュー変更で骨付きのチキンを使うことにした。

骨付きだと、身が骨からするっととれるくらいまで煮こんでいないと食べにくいので、その部分には細心の注意を払い、スプーンでチキンをおさえたら、骨からほろっと肉が離れるように仕上げている。

以前、スモークチキンレッグを提供していた時は、下げてきた皿の上に、けっこう骨に身が残った状態のものがあったのだが、今回は下げてきた食器に残っているのは、身がついていないツルっとした骨のみ。

新しくなったバターチキン、ぜひおためしくださいませ。

 

で、全く関係ない話なのだが、大型カメラ店や家電量販店で売られているカメラやレンズの値段って、実は激しく乱高下している。

ちょくちょく店頭の価格を見ていたら、1週間で1万円程度販売価格が変わっていることもしばしば。

造形芸大店のメニュー写真は、全て私が撮影しているのだが、販促用に店内や外観の写真を撮ろうとしたとき、私が持っているレンズでは、どうしても画角がせまくて全体を撮れなかったりすることも少なくなかった。

何しろメニュー撮影用に使うレンズは、ほぼすべてが 100mmのマクロレンズで、標準ズームは持っているものの、広角レンズがないので欲しいとは思いつつ、なかなか手が出ない日々。

なのて、ちょくちょくネットで値段をチェックして安くなったら購入しようと思っていた。

目的のレンズを週に1~2回はヨドバシドットコムでチェックしていたのだが、今年の春ごろに「もしかしたら最安値か?」という瞬間があったので、翌日ヨドバシへ行こうと決めたものの、翌日のお昼過ぎに価格をチェックしたら、あろうことか1万円値上がりしていたという苦い経験がある。

だいたいヨドバシの価格変更は木曜日のお昼ごろに行われるので、毎週木曜日は必ず価格をチェック。

もちろん、今日も日課的な感じで価格をチェックしていたら、春ごろに最安値か?と思っていた値段よりさらに安くなっているではないか!?

もう、これは「明日」なんて言っている場合ではないので、仕事を終えたら急いでヨドバシへ向かった。

ヨドバシに着いて、カメラ売り場で目的のレンズの前に立った時目に入った価格表は、このところ数週間で私が見た中では最高値の数字が書かれていたので、すぐに店員さんに言ってドットコムと同じ価格にしてもらった。

もしかしたら、もう少し待てば、まだ安くなるのかもしれないが、あまり欲を出していると、ある日を境にしばらく高額のゾーンに入ることもあるので、この辺がいいところだろうと、清水の舞台から飛び降りてみた。

しばらくは価格を見ないようにしよう。

なんだか株か先物でもやっているような感覚。

そんなわけで、わが家の一員になった新しいレンズ。

早く撮りたいなぁ・・・

このページの先頭へ