自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. 下鴨店TOP
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記
  3. てくてく

てくてく

2021年5月25日 

今日は、午前中に街中で一つ打ち合わせがあったので、朝のウォーキングはパス。

朝一で芸大店へ行って打ち合わせ用の資料を作り、下鴨へ伝票などを届けに行ったら、ウォーキングがてら四条高倉あたりまで。

週末は鴨川の色が茶色く濁っていたのに、今日はものすごくきれいに澄んだ水だった。

そして、もうほとんどのお店が床の準備を進めていた。

毎年、葵祭の巡行で春から夏への移り変わりを感じるのだが、ここ2年は葵祭も神社内での神事だけなので、何となく季節感がない。

でも、こうして床ができているのを見ると「あぁ、夏になるんだなぁ」と思う。

川の水は澄んでいたが、橋脚には大きな木や流れ着いた草などがまだまだ残っていた。

午前中の打ち合わせを終えた後、もう一つ寺町竹屋町近辺で用事があったので、進々堂でキッシュを食べてみた。

実は、ヴェルディの芸大店でもランチタイムに、キッシュ ロレーヌとパテ ド カンパーニュ、温玉のせのラタトゥイユにパンとコーヒーとスペシャルプリンがセットになったものを出そうかと思っているので(と言うか、もう試作を重ね、すでに味は決まったので、あとはいつ販売開始するかという段階だけど)

ちょっと他のキッシュはどんな感じか食べてみたかったので、ちょうど良かった。

ちなみに、ヴェルディで出す予定のキッシュとパテのプレートはこんな感じ。

パンはまだ何にするか検討中、プリンも角切りではなく、スフレカップに入ったものをお出ししようかと思っております。

そんなわけで、お昼過ぎまでに用事を済ませ、こんどは車で西大路五条にあるパッケージ屋さんへ。

芸大店の資材を購入して、戻ったらこんどは動画制作に使うコードを買いにヨドバシへ。

またまた鴨川を南下。

午後になると、人もたくさん出てきていた。

こんどは打ち合わせとは違い、時間に制約がないので、ちょっと写真など撮りながらヨドバシへ向かう。

この花、なんていうのか知らないけど、けっこう好き。

この花も、1センチ程度しかない小さい花だけど、よく見るとなかなか綺麗。

この葉っぱは、そのうち全部赤くなるのだろうか。

川べりって、言わば雑草なのだろうが、小さいながらいろいろな花があって、よく見ながら歩くとけっこう飽きない。

夜のウォーキングで、毎日通っているのだが、やはり明るいうちに歩かないと見えないから、たまにこうして昼間に散歩したらけっこう楽しいものである。

日も傾いてきて、日が照っている間は汗ばむほどだったが、だんだん風が心地よく感じられる気温になってきていた。

わき目も降らず歩いたら、恐らく40分弱でヨドバシまで歩けるのだが、こうして散策しながら歩いていたので、1時間弱かかってヨドバシに到着。

コードを購入して、サーティーワンでアイスクリームでも食べようかと思ったが、最近ちょっと体が重くなってきたので自重して、ヨドバシのはす向かいにある珈琲館でブレンドコーヒーを一杯。

この時点で、今日はすでに18キロ歩いていたので、ちょっと足が疲れており、休憩してから帰りたかった。

そんなわけで、今日は合計20キロほど歩いた一日。

このところ、雨で歩けない日もあって運動不足気味だったので、ちょうど良い休日であった。

このページの先頭へ