自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. 下鴨店TOP
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記
  3. 来てほしいような、ほしくないような・・・

来てほしいような、ほしくないような・・・

2021年7月22日 

今朝もスカッと晴れたが、思いのほか朝は涼しかった。

けど、昼間はめちゃくちゃ暑かった。

そんな今日は、朝からテイクアウトで受ける注文はアイスコーヒーばかり。

ホットは数えるほどしか出なかったのではないかと思う。

店内では、ホットとアイスが半々くらいだが、やはりテイクアウトで外に持って出ることを考えると、アイスになってしまうんだろうなぁ、と。

さて、芸大店の平日は、ある意味テイクアウトのみの営業となっており、店内でもお召し上がりいただけるものの、店頭とショーケースに並ぶものをお求め頂いてセルフサービスでのご提供となっている。

なので、フードメニューがないかわりに、仕入れたパンを並べて販売しているのだが、昨日の朝そのパンを袋に入れているところに外人の女性がご来店。

私に英語で「パンがほしいけど、これは何のパン?」と訊いてこられた。

そこで、一つ一つのパンの説明をしていたのだが、どうも話しているとその方の発音とイントネーションが英語圏の人ではない。

でも、イタリア語やドイツ語を母国語にしている人の英語でもないから、きっとフランス人ではないかな?

と、思いながら接客していたら、私は「レーズンデニッシュ」と説明したはずなのに、Deux Pan Olésan と注文された。

やはりそうか、と思いレジを打ちながら Français ?と訊いたら Oui と笑顔で言われたので、思わず商品を渡しながら Merci beaucoup と言ったら、満面の笑顔で Oh merci と返された後、フランス語でまくしたてられてしまい、全く意味わからなかったので、とりあえず笑顔で「ありがとうございました」と言ったら、その女性も「アリガト」と言って手を振ってお帰りになった。

レンタルではない自転車でおいでになっていたので、もしかしたらご近所に住んでいる方かもしれない。

明日もご来店になって、最初っからフランス語で話しかけてこられたらどうしよう、と、若干恐怖を感じながら、今朝は店を開けたが今日はご来店にならなかった。

ちょっとホッとしたような、また来てほしいような・・・

とりあえず、スラスラっと「私はフランス語をしゃべれません」と言えるよう練習しておこう。

このページの先頭へ