自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. 下鴨店TOP
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記
  3. PNG 旅行記・農園視察その1

PNG 旅行記・農園視察その1

2017年5月22日 

今日は開店前に躊躇なくエアコンを冷房にしたのだが、店の窓際は暑いのに奥の方へ行くと微妙に寒かったり。

でも、もう気分は夏ですねぇ・・・

 

と、思っていたら、鴨川沿いは微妙に梅雨の準備段階だったりして・・・

.

さて、日本はしっかりと四季があるのに対して、パプアニューギニア(以後PNG)は、赤道直下に近いので常夏の島!と言いたいところだが、珈琲農園があるのは標高1500メートル以上の高地なので、一年中春か秋のような気持ち良い気温。

最高気温が24~25℃程度で、最低気温は10℃前後。

この気候だけ持ち帰りたいと切に思うのであった。

よもやま話はよいとして、朝から車に揺られてハイランド地方に到着したら、翌日は朝から四駆に分乗して農園へ。

日本の道路ならこれでも大丈夫だが・・・

途中、かなり険しい山道もあり

そのうちコーヒーノキが見えてきたら

農園の入り口に到着!

すると、むこうから武装した怪しげな原住民

こういう民族衣装を着て?踊るのって観光客用のアトラクションかと思っていたが、どうやら部族ごとに飾りやペイントも微妙に違って、今ではシンシンダンスを踊るのは最上級の歓迎の意を表するものらしい。

収穫して脱穀した豆を乾燥中

保管庫に案内されて豆を見る。

オーストラリア統治時代の発電設備はあるが、もうほとんど使えないとのことで、この集落はかなり原始的な生活をしている様子。

こちらもオーストラリア統治時代の水洗加工場だが、電気式の脱穀機が使えないため、このボリュームの水洗処理をするには至らず、現在は使われていないとか。

手回しの脱穀機

.

そんなこの集落に、日本のMGコーポレーションという企業が、PNGのコーヒー協会とのプロジェクトで、ソーラー発電機と電気式の脱穀機を設置!

現在、MGコーポレーションはCICが取り扱うPNGの珈琲豆を日本に輸出しているため、今回のツアーで選出した豆は、MGを通して私たちの元へ入ってくる。

そんなわけで、今回のツアーはCICとMGコーポレーションが企画したものなので、こちらの農園の方々は最上級の歓迎をしてくれたわけである。

この農園で食べたバナナ!

今まで食べたバナナの中で最高の美味しさだった。

農園を後に、再び山道を戻る

集落が遥か遠くに離れ

街に到着

CIC の本部でハイランド地方の豆をカッピング

車に乗っていると、「オラが作った駒いらんかえ~」とおじさんが手製の駒を売りに来るのであった。

つづく

このページの先頭へ