自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. 下鴨店TOP
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記
  3. 私が欲しい

私が欲しい

2016年2月25日 

昨日、今日は、寒かったこともあり、朝の立ち上がりが、非常に穏やか。

なんだか店内にも寒気が流れ込んでいるようで、ちょっと寒々としてしまうわけである。

その分、午後に多くのお客様がお越し下さり、ちょっとバタバタしてみたり。

まぁ、季節によって、お客様の動向も変わるので仕方ないのだが、どんな流れでも、しっかり対応できるよう、スタッフも準備してかからねばである。

 

さて、このところ、私が不在になることの多い Verdi 。

何かと慌ただしく動き回っているのだが、考えてみると、今私がしている仕事って、以前サラリーマンをしていた頃は、10人くらいのチームで、役割を分担してやっていたような内容であることに気付く。

そういう意味で言えば、あと9人私がいたら、滞りなく物事が進むのだろうが、そうもいかないから、できればあと2~3人でいいから、私が欲しい。

 

そんな叶わぬ願いをむねに、打ち合わせの帰りに車を走らせていたら、スピーカーからは、ジェシー・ノーマンが歌う “ Je te veux ” が、流れてきた。

それを聴きながら、つい「貴方が欲しい」じゃなくて “ Je me veux ” だ!

と、思うのであった。

 

さて、そんな慌ただしくしていると、何となくガツンとパワフルなイタリアンが食べたくなる。

そこで、久しぶりに、かつてよく行った、ガッツリ系イタリアン B のシェフ Tさんがいらっしゃる、ホテルサンルート京都 のイタリアン「トラットリア・ヴィアーレ」へ、ちょうど一緒に行動していた、カミさんと共に行ってみた。

 

ここは、前菜やサラダ、ドリンクはブッフェ形式になっていて、メインかパスタをチョイスするのが、ランチのスタイル。

P1060920

価格から考えると、なかなかパフォーマンスの高いブッフェだと思う。

メインは、海苔のニョッキと、豚と白インゲンのラグー・パッパルデレを注文。

P1060924 P1060925

ニョッキを食べてみて、カミさんと顔を見合わせる。

美味しいのは良いのだが、どうも T シェフの味ではない。

やはり、ホテルのレストランとなれば、味の方もおとなしくなるのか?という感じ。

次いで、豚ラグーのパッパルデレを一口、これは、絶対に違う!

と、思って、帰りにホールにいたスタッフの方に聞いてみたら、もう別の店に移動されていたそうである。

ガツンと食べたかったので、ちょっと肩透かしを食らった気分ではあるが、ランチとしては、とても満足度の高いものであった。

できれば、次は、ダイエットが終わってから行きたいものである。

このページの先頭へ