自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. 下鴨店TOP
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記
  3. いろいろ

いろいろ

2017年11月3日 

今朝は、いつもより少し早めに歩き始めたので、普段より明るさが足りない中、モノトーンの鴨川を見ながらのウォーキング。

このところ、少し体重が増えつつあるので頑張らねば。

.

さて、今日は祝日だったが金曜日なので珈琲豆の配達回り。

祇園 花見小路から岡崎の平安神宮近辺を回ったが、滅多に祝日の繁華街や観光地へ足を運ばない私としては、祝日の観光地ってすごいんだなぁ、と目を丸めてしまった。

配達を終えたら、少し時間があったので、久しぶりに『そば鶴』さんへ。

ここしばらく、なんとなく食べたかった天丼を注文。美味しく頂いた。

店へ戻ったら、造形芸大の学生さんが5名集まって、焙煎セミナーを受講予約してくれたので、焙煎機を稼働。

少し水分が抜けたあたりから、シナモンロースト、今流行の焙煎度合い、Verdi における浅煎り・中煎り・中深煎り・深煎りと、8段階の焙煎度合いで豆を取り出して皆に臭いをかいでもらい、抽出したものの味見をしてもらった。

焙煎に伴う味の変化は、実際に体験してもらうのが一番分かりやすい。

皆、「〇〇の豆は、こんな味」という評価は、極めて限定的なことで、実は焙煎を抜きにしては珈琲の風味表現はできないということを理解して頂けたことだと思う。

一人でも多くの人に、珈琲について真実を理解して頂ければと思う。

.

全く関係ないが、カメムシの裏側

明日も頑張ろう!

このページの先頭へ