自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. 下鴨店TOP
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記
  3. なんだか運が悪いかもしれない

なんだか運が悪いかもしれない

2018年4月29日 

今朝はスカッと晴れて日の光もまぶしい朝。

同じ時間に歩いていると、日に日に太陽の位置が高くなっていることがわかる。

ちょっと前までは、「暖かくなってきたな」と思いながら歩いていたが、今朝などは鴨川の西側を歩いていると「ちょっと暑いな」と感じるようになってきた。

暑いのが苦手な私としては、いよいよ嫌な季節になってきた。

 

話は変わって、先日ホームセンターに買い物に行って、荷物を車に積み込み出庫しようと思ってエンジンをかけたら、軽のミニバンがけっこうなスピードで私の前を通過していった。

私が止めていたのは、出口から3台目くらいの位置だったので、恐らくこの車は駐車場から出ていくものだと思って、私の前を通過した後、追従して行ったら、いきなり出口のちょっと手前で止まり、バックギアが入ったランプが点灯するではないか!

思いっきりブレーキを踏んだ次の瞬間、私の頭のなかを巡ったのは【確か私の隣にはポルシェが止まっていて、すでにエンジンがかかっていた】というほんの数秒前の記憶。

もしやとバックミラーを見たら案の定ポルシェも私を追従しており、その車間は1メートルもないほど。

「これはヤバイ」と思った次の瞬間、ガガッという鈍い音とともに私の車が後ろに押し込まれていた。

恐らく、私が前の車に追従する形で車を出してからほんの10秒ほどの出来事。

どうやら、そのミニバンは出口すぐ手前にある車いすマークがついた駐車スペースに止めようと思っていた様子。

すぐに警察を呼んで事故の状況説明。

私はぶつけられた時点では完全停止していたと強く主張。

相手の運転手さんは事故経験が皆無なのか、あるいはすごく正直な人なのか、止まってからバックにギアを入れてすぐにバックした。

走行中、後続車はいないと思っていたので、止まってからはバックの確認をしていなかった。

と、正直におまわりさんに話しているのが耳に入ってきた。

で、フロントバンパーを交換しなくてはカッコ悪い姿になってしまった。

そんなわけで、相手の保険会社から電話がかかってきた時点で、過失割合 10:0 を主張しつつ、保険会社提携の自動車整備工場に車を持っていったら、翌日整備工場から電話がかかってきて、相手側の保険会社が金額などをすべて了承したので、もうバンパー交換しますね。と。

どうやら10:0の主張も通ったらしく、めでたく車はきれいになったのでした。

まぁ、けがもなかったし、バンパーも新品になってきれいになったからよかったのだが、それ以上に不要な時間を事故関係のために使わざるを得なくなったのがなんとも無駄だった。

そういう意味で、運が悪かったのか、不幸中の幸いだったのか・・・

 

さて、造形芸大店では、以前より多くのお客様より「食後に軽いスイーツが食べたい」というご要望を頂いていたので、今回のメニュー改定で「プチスイーツセット」を販売開始。

また、ご好評いただいているヴェルディプレートにも新たなラインナップが加わりました。

都をどりが終わり、店内も落ち着いてゆっくりとお食事を楽しんでいただけるものと思います。

ゴールデンウィーク中も、火曜日以外は営業しております。

皆様のご来店、お待ち申し上げております。

このページの先頭へ