自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. 下鴨店TOP
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記
  3. ケバブ屋

ケバブ屋

2018年10月1日 

台風一過で青空の京都。

雲はすっかり秋ですねぇ

今朝の雲は奇麗だった。でも、この定点観測では一部しか見られないので、初めて i phone のパノラマモードで撮ってみた。

なんか変な写真になった。

 

さて、今日は下鴨本店のレジ入れ替えがあったので、造形のランチタイムが終わったら下鴨へ。

1年後に消費税が上がるのだが、ただ上がるだけならまだしも、軽減税率というものが導入されるため、イートインとテイクアウトで税率が変わってくる。

それに対応できるレジの導入をしなくてはならないと思っていたのだが、購入を先送りしても最終的にはレジを入れ替えねばならないので、善は急げでちょうど半期が終わったタイミングで購入することにした。

 

話は変わって、百万遍あたりを車で走っていたら、マクドナルドのすぐ西にケバブ屋さんがオープンしていたので行ってみた。

ムーンスターって、靴屋さんみたいな名前

オーダーは券売機で食券を購入するスタイルだが、一昔前と違いケバブも市民権を得つつあるとはいえ、普通の人だと何を注文していいか分からないような気もした。

店内にはトルコ人と思しきお兄さんと、日本人のアルバイトと思しき若い男性。

とりあえず、「ケバブ&サラダセット」590円の食券を購入。

「こちらでお召し上がりですか?」ときかれたので「はい」とこたえると、「お持ちしますので2階でお待ちください。」と。

2階に上がってみたら「Oh my god ! 」という心の叫び声が聞こえた気がする。

写真では分かり辛いが、薄暗い店内に小型のミラーボールが回っているではないか!?

なんとなく、この時点で「ここはアカン店に違いない」と確信するに十分な要件が出そろってしまう。

待つことしばらく、階段を駆け上がる音が聞こえ「お待たせしました」とコレが出される。

ちょっと選択を誤ったか?と

アップで

このケチャップがバシッとかかったケバブに、サウザンドレッシングがかかったキャベツの千切りとぶつ切りの合間のようなキャベツサラダ。

ビジュアルを見ながら、失敗したかも、と、半分後悔しながら食べ始めたのだが、数口食べてみると、意外とイケルではないか!と。

食べ進むうちに縁日の屋台のような、ジャンキーではあるがなんだかおいしく感じてしまうコレはいったい何だ?と思い始める。

そして、恐らく売れていないからであろうが、ケバブの絶妙なカリカリ感と下手くそな千切りキャベツの食感がなんとも心地よくなってくる。

値段を考えると、これは下手な定食を食べるより価値があるのではないかという気持ちになってしまった。

営業時間は11:00~14:00、18:00~22:00と言うことで、仕事の後でも立ち寄れる。

わりとちょくちょく来てしまうかもしれない。

このページの先頭へ