自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. 下鴨店TOP
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記
  3. 気になる店には早く行くべし

気になる店には早く行くべし

2018年12月4日 

今朝は目覚ましをかけなかったので、7時まで寝てしまった。

天気予報によると午後から雨ということだったので、午前中に洗濯物を干してしまわねばと思い、とりあえず7時過ぎから洗濯機を3回転。

けっこう今日は暖かかったので、わりと乾いた。

 

さて、今年の2月にカミさんと一緒に初めて行ったイタリアン、オペレーションがすごかったので、造形芸大店長の今西にぜひ見てほしいと思っており、以前から一緒に行こうと誘っていたのだが、なかなかタイミングが合わず行けていなかった。

しかし、やっと都合があったので行ってみることにしたら、なんとこの秋に閉店してしまっていたようで、私的にすごいと思ったランチのオペレーションを残念ながら見せられなかった。

鉄は熱いうちに打てと言うべきか、ともかく何でも先延ばしせず、思ったときに行動しなくてはいけない。

同時に、最近はお店ができるのもなくなるのもサイクルが速いし、良い店だからと言って長く続くとは限らない(逆に、なぜこんな?と思うお店に行列ができていることも多いが)ので、良いと思ったら早々に足を運ばねばだと思った。

そして、Verdi も長く続けられるように日々努力しなくては。

と、前置きはよいとして、せっかく予定を合わせたので、普段は店で5分~10分程度しか時間を作れない打ち合わせをランチを取りながらゆっくりとしようということになり、四条烏丸あたりで食事をすることになった。

で、伺ったのは高辻柳馬場のシシリア料理店 Licata さん。

こちらも私は2回目の訪問だった。

まずは、自家製のパンが出てくる

続いて前菜の盛り合わせ

個人的には前菜もしっかりとしたポーションで食べたい人なので、こういう少しずついろいろ盛りは好きではないのだが、この皿からあふれんばかりに盛られた絵は、なかなか圧倒される。

パスタは、プリフィクスから二人とも違うものを注文したら「お時間があるようでしたら、ハーフポーションで取り分けてお出ししましょうか?」とシェフから嬉しいご提案を頂いたのでお言葉に甘えて。

まずは、シシリーの定番と紹介されたパレルモ風 鰯と松の実、レーズン、ウイキョウのブカティーニ

もう一皿は、牡蠣のトマトソース

両方とも魚介になったが、どちらも味がバシッと決まっていて、ワインを飲みながら食べるにはとても良いと思われた。

ドルチェは、ミルクのジェラートとフランボワーズのソルベ。

エスプレッソで〆

このあと、高木珈琲店に場所を移して、造形芸大店のメニューやオペレーションについて打ち合わせ。

今回は、商品別の詳細なデータを用意していたので、ある意味けっこう突っ込んで話し合えた。

ただ、高木珈琲店さんは最近にしては珍しく全席喫煙可なので、外に出たらなんとなく自分の髪や服がたばこ臭く感じた。

 

そんな今日の日記を書く BGM は、ドヴォルザークの交響曲第8番とチェロコンチェルト。

ターリッヒ / チェコフィル による1952年の録音だが、音質に古さを感じるものの、しっかりと芯の通った演奏は8番のスタンダードと言っても良いのではないかと思う。

そして、ロストロポーヴィッチが弾くチェロコンチェルトも骨太のしっかりとした演奏の中に、若々しい歌心が感じ取れる名演。

ドヴォルザークは桜の紅葉によく合う音楽のように感じるのは私だけだろうか。

このページの先頭へ