自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. 下鴨店TOP
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記
  3. 食べ初め

食べ初め

2019年1月4日 

このところ、本当に冬らしい日が続いている。

スカッと晴れていると思っていたのに、ふと外を見たら傘をさして歩いている人がいたり。

京都市内の北部の方の冬は、なかなか侮れない空模様である。

 

さて、月末から明日の夕方まで、私は下鴨でカウンターに立っている。

常連のお客様からは「おや、珍しい」とか「久しぶりにマスターの淹れた珈琲飲めて嬉しい」といったお声を頂戴して、やはり下鴨もいいなぁ、と思うのだが、お正月営業のときは普段はあまりお見掛けしないお客様が増える。

元日、2日は家族連れでお立ち寄りになるお客様が多く、いつもはおひとりでお越し下さるお客様が、実家に帰省されたご子息の家族と一緒にお運びくださったり、お孫さんを愛おしく連れ立って寛いでいらっしゃるお姿を見ると、私たちも幸せな気持ちになれて良いものである。

しかし、今日になると少し様子も変わり、ご家族とおいでになるお客様に混ざって、お友達とゆっくり会話を楽しみにご来店になるお客様も増えてきた。

おかげさまで、今日はこの3が日の中で最も多くのお客様にお越しいただき、お昼過ぎからオーダーストップまでずっとウエイティングがかかる中での営業となった。

寒い中外でお待ちくださった多くのお客様には、申し訳ないような有難いような。

貴重なお正月休みのひとときをVerdi でお過ごしいただき、本当に有難うございました。

そんなわけで月末からの下鴨勤務中、なんだか妙にカレーが食べたくなって、洛北高校前の交差点にあるココ壱へ行ってしまった。

まぁ、これはこれで、下手に本格派を装っているインド料理店のカレーよりは美味しいのだが、こういう和風カレーを食べると、やはりちゃんとしたインドカレーが食べたくなってしまう。

この3日間、なかばスパイス禁断症状が出ながらの仕事だったので、今日は閉店後に烏丸紫明へ行ってみた。

まずは、チャルテセットのスープとサラダ

今年最初のカリーはゴビ チェチナード。

チャイで〆

この先、造形に戻ってまだまだ休みなしでの営業が続くので、スパイスをしっかり摂取して頑張っていこう。

このページの先頭へ