自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. 下鴨店TOP
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記
  3. カレーつくりは楽しい

カレーつくりは楽しい

2019年3月28日 

昨夜というか、今日の未明というか、ともかく夜中に右足のふくらはぎが猛烈に痛くなり、足が引きちぎれるかという感じの時間が続いた。

実際には数分だったのかもしれないが、そういうときって永遠かと思うほど時が長く感じる。

なんとか痛みはひいて、ちょっと足がつったような感じで朝を迎え、一応ウォーキングに出ようかと思ったが、まともに歩けなかったので、とりあえず鴨川へ出るのはあきらめて、シャワーで温めながらふくらはぎをもんでみたり。

結局ホルタレンテープという湿布をはって出勤。

午前中は歩くのが辛かったが、午後はなんとか痛みも和らいで、あまり影響なく仕事ができて一安心。

でも、やはりまだ何となく右足には違和感があるので、夜中にまた痛むのではないかとちょっと不安。

やはり運動不足なんでしょうかねぇ・・・

 

そんな今日は、これまで宿泊施設として営業されていたお取引先が、この春からカフェに業態変更されることになり、コーヒーマシンが搬入されるので、その味調整に立ち会うため現場へ向かった。

わりとスムーズに味の調整ができたのだが、ほんの0.5秒の蒸らし時間変更や、ほんのちょっとの挽き目の変更で全く味が変わるから面白いもの。

私はけっこうこういう場面に立ち会っているので、そんなものだと思っているが、初めてマシンの味調整に立ち会ったこのカフェのオーナーさんは驚いておられた。

こちらは、昔ながらの民家を改装したもので、なかなか情緒があっていい雰囲気。

この丸二つがこちらのロゴマーク

こういう席で、ゆっくりと時間を過ごしたいものですねぇ。

オープンは4月下旬なので、また正式に開店したらお知らせいたします。

 

さて、昨日の話ではあるが、昨夜は京大のある研究室のが、送別会にヴェルディ造形芸大店をご利用下さった。

昨年の忘年会でもご利用頂いて、今回が2回目だったのだが、こちらの研究室にはビーガンのインド人の方がいらっしゃって、研究室で飲み会を開催しても、豆腐くらいしか食べられるものがなく寂しい想いをされているということだった。

そんな中、昨年の忘年会ではインド人に理解のあるヴェルディで開催され、インドの方にもいたく気に入って頂いたそうで、今回もヴェルディで、ということになったらしい。

で、料理はサラダやピザ、唐揚げなどの後、もちろんメインはカレーということで、3種類のカレーを作ることに。

当日のランチタイムが終わるころから私はレシピを書いて、スパイスを量って準備を開始。

野菜カレー2種とチキンカレー1種。

トマトベースのマサラカレーと、ココナツ&ピスタチオペースト&ヨーグルトベースの南インド風カレー、そしてほうれん草のカレーという、見た目も味も全く違う3種類を作ることにしたのだが、ランチのピークが終わってから6時までに作り終えねばならないので、けっこう時間に追われつつ、まずは玉ねぎ切りからスタート。

全く息つく間もなく作り続け、なんとか6時には3種類のカレーを作り終えた。

何となく、この時点で仕事を終えた気分だったが、実は本番はこれからということで急いで会場のセッティング。

無事に料理を全て提供できて、インド人の方にもご満足頂けたようで一安心。

やはりカレー作りは楽しいもの。

来年度は、もっといろんなカレーを皆様にお楽しみ頂けるよう、ちょっとメニューを変更してみよう。

そんなわけで、明日は足が大丈夫であることを祈りつつ。

このページの先頭へ