自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. 下鴨店TOP
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記
  3. 実は・・・

実は・・・

2016年4月28日 

昨日、今日は、久しぶりに朝一からカウンターで抽出に入った。

このところ、私はあまりカウンターに入らないようにしていたのだが、まぁ、たまには。

すると、昨日は開店直後から次々お客様がお越し下さり、9時ごろには満席に。

今日も、雨なので閑散とした店内になるかと思っていたら、存外に多くのお客様がお越し下さり、慌ただしくモーニングの時間が過ぎて行った。

やはり、私がカウンターの中にいると、お客様が大勢おいで下さるんだなぁ、と、勝手に喜んでみた。

 

しかし、まぁ、なかなかそんな勢いは続かないもので、昨日も今日も、10時を回って他の社員が出勤してきて、抽出をバトンタッチした途端、なぜか空席が目立ってしまう。

やはり、私がカウンターに立たないと・・・って、たまたまですね。

 

実は、今だから言えるというわけでもないが、私が抽出を控えていたのには、二つ理由があって、一つは社員を育てるためで、これが大義名分ではあるのだが、私にとっての本当の理由は、ここ1年ほど右腕の調子がいたって悪く、閉店後の片付けをしているとき、シュガーポットをテーブルから持ち上げたら、右手の力がなくなり、落としてしまうということがしばしば。

その後も、抽出のためにポットを持つと、腕に激痛が走ったり、肘の骨を少し触るだけで、けっこうヤバイ痛さを感じたり。

 

明らかに職業病なのだが、同じ調子で抽出を続けていたら、恐らく悪化してしまうだろうと思って、可能な限りポットを持たないようにしていたら、やっと握力も戻り、ポットを持っても痛みを感じなくなってきた。

まぁ、この仕事を続けている限り、避けては通れない部分なので、私のみならず他のスタッフも、あまり一人に抽出が偏らないようにして、皆の腕の負担を少なくできるようにしなくてはだな。

 

さて、今日は雨で少し肌寒い気温だったが、このところ夏日のような暑さの日も少なくない。

そんなときは、つい『塩釜』さんの「冷やし五目」が食べたくなる。

少し余裕のあった午後、サッと塩釜さんで、蕎麦のランチを頂いた。

P1070477 P1070481

限定販売の「生粉打ち」が、まだあったので、麺は生粉(きこ・一般的には十割蕎麦と言う)にしてみた。

この『冷やし五目』は、器が小さくて、非常に食べにくいのがたまにきずだが、久しぶりに美味しく頂いた。

これからの季節、また食べに行きたくなることも多いだろうなぁ・・・

.

店名:蕎麦切 塩釜
住所:京都市左京区一乗寺西閉川原町29-13
電話:075-721-2966
営業:11:30~16:00/18:00~21:00(各30分前LO)
月曜・第三火曜定休(祝日の場合翌日振替)

このページの先頭へ