自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. 下鴨店TOP
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記
  3. ピンクグレープフルーツ

ピンクグレープフルーツ

2019年9月22日 

今日は、ここ数日の中では「涼しい!」という実感のない朝だった。

でも、雲はすっかり秋なんだよなぁ・・・

 

さて、今週の一期一会カリーは、ピンクグレープフルーツとカリフラワーのココナツカリーです。
ちょっと涼しくなってきたのに、ものすごく夏っぽいカリーですが、実は先週の学園祭でたくさんご注文を頂くはずだったピンクグレープフルーツのパフェが、まさかのあまり売れずで仕入れたグレープフルーツを使わなくてはならないという必要に迫られ、創作意欲がわいてきて作ってしまいました。

マスタードシードにカレーリーフ、フェンネルを使ったココナツ風味のコルマがベースと言えば、ものすごく南インド風なのですが、グレープフルーツのフルーティーさが必要以上に夏らしい風味を出してしまったので、セオリー無視でカシューナッツペーストを投入。

辛味はグリーンチリとホワイトペッパーに加え、山椒を隠し味に使い、見た目よりけっこう辛めですが、Hot な辛さと言うより、Cool な辛さを楽しめます。

金曜日より販売を開始して、「こんなの初めて!想像していた味を良い意味で裏切られた」というようなお声を多数頂戴しております。
おかげさまで、金曜日は多くのご注文を頂き、大量にあったグレープフルーツも残り30食分ほどになってしまったため、この調子だと1日10食以上ご注文が入ったら連休中に終わってしまうかも、と思ったら、昨日は春秋座の公演があったため、大勢のお客様がお越し下さったものの、あまり前衛的なカレーを食べてみようという方はいらっしゃらなかったので、連休後も販売を継続できそうです。

ただ、今回のものは、これまで提供してきた一期一会カリーの中でも2番目に辛いかもしれません。

「ちょっと辛いですよ」と言ったら「じゃぁ、バターチキンにしておく」とおっしゃるお客様も多く、意外と1週間もってしまうかも・・・

とは言え、グレープフルーツの発注ミスや大幅な予想外れがない限り、と言うか、グレープフルーツなんてそう滅多に注文しないので、恐らくもう二度と食べられない今回のカリー、ぜひおためしくださいませ。

このページの先頭へ