自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. 下鴨店TOP
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記
  3. 店主の休日

店主の休日

日帰り弾丸和歌山ツアー・前編

2016年5月30日 

朝のウォーキング、雨が降っていたらお休みなのだが、今朝は雨天中止になるだろうと思っていたら、なぜか5時過ぎに雨音が聞こえなくなる。

まぁ、休みたいわけではないので良いのだが、どうしてこうも、雨の日でもピンポイントで午前5時半~6時半の間は雨が降らないのだろうか?

でも、やはり毎朝歩いている人の多くは、今朝は雨天中止を決め込んでいたようで、いつもと比べると、毎朝すれ違うはずの人と、ほとんど会わずにウォーキングを終えた。

かわりに、つがいの鴨とすれ違い♪

IMG_2839 IMG_2838

さて、そんなわけで、雨のち晴れの今日は、和歌山でしょ!

ってことで、娘たちを送り出したら、カミさんと一緒に和歌山へ行ってみた。

まずは腹ごしらえ。

何軒か候補を出して、車の中でカミさんに、どこへ行くか選んでもらったのだが、「チーズフォンデュが食べたい」という一言で、「ヴァベーネ」というイタリアンへ行くことになった。

 P1070674

フォンデュランチは、シーザーサラダとプリフィクスのピッツァとパスタ、ドルチェがついて、一人2,000円弱。

ピッツァはマルゲリータをチョイスした。

P1070661 P1070663

そして、チーズフォンデュ。

チーズにつける具材は、バゲットオンリー。

実は、私はチーズフォンデュと言うものに全く魅力を感じていなかったので、今回初めて食べた。

P1070664 P1070666

パスタは、日替わりの「豚肉といんげんのトマトソース」をチョイス。

P1070670 P1070671

ドルチェ盛り合わせと、紅茶で〆。どの皿も、期待値通りであった。

.

お昼を食べたら、せっかく和歌山へ来たのだから、和歌山城へ。

昔の甲冑ってカッコイイ!

P1070682 P1070685

口元は、ハンニバルっぽくってカッコイイし、頭部分は、ダースベイダーっぽくていいですねぇ・・・

P1070688 P1070690

天守閣から望む和歌山市内、青空も見えて来て、とても清々しい光景であった。

IMG_2852

和歌山城を後にしたら、「珈琲百物語」というお店へ。

P1070710

プリン ア ラ モードと、フレンチトースト。

P1070705 P1070709

こちらも、概ね予想通りであったが、比較的年齢層が高め。

京都だったら、私より下の年代の人が主要顧客になりそうな店なので、ちょっと意外だった。

それにしても、こうやって初めての場所へ行って、いろんなお店で食べると、その土地の食文化が分かって面白い。

しかし、とりあえず夜までには京都へ戻らねばなので、食べ終えたら急いで次の店へ向かうのであった。

つづく

麺が多いなぁ

2016年5月16日 

ゴールデンウィークが終わり、葵祭も終わり、毎年5月は16日になってひと段落。

昨日の天気予報によると、今日は朝から雨のはずだったが、日課のウォーキングをする時点では、まだ雲は多いが青空も見える天気。

朝の6時は、まだ肌寒かったが、雲が描く空の模様が、なかなか美しかった。

IMG_2639

さて、今日は午後から打ち合わせなど、けっこうタイトに予定が詰まっていたので、お昼前に自宅を出て、まずは店へ。

午後からの用事の準備などを終えたら、カミさんと一緒に、店の近所のうどん店「ぼの」さんで昼食

P1070600

ぶっかけの黒酢しょうゆ、かき揚げのせ。

なんだか、ぼのさんへ来たら、毎回これを注文している気がする。

しかし、毎回と言っても、このところはいつ前を通っても、けっこう席が空くのを待っている人が多かったので、必然的にスルーしていたのだが、今日は久しぶりにスッと入れた♪

で、そう言えば、このところ麺類が多いなぁ・・・

と、思いながら振り返ると、まずは自宅の近所でひっそりと営業されている「味美庵(あじみあん)」さん。

P1070594 P1070596

讃岐風の自家製麺うどんが、なかなか美味しい。

続いて、フラッと入った定食店で、ちょっと目についた『肉入りつけうどん』

P1070597

先週は、ちと麺類が多かった。

今月からは、再び炭水化物を控える予定。

頑張って、あと2キロ!

早く到達したいものである。

間もなく

2016年5月9日 

今朝起きて、雨の音を聞いていたら、何となく『きしめん』が食べたくなった。

そこで、新幹線に乗って名古屋へ。

P1070569

名古屋駅の新幹線ホームで、開店から閉店まで、途切れることなくお客が訪れる超人気店「住よし」

P1070570 P1070572

この店の人気No.1 と書かれていた『かき玉きしめん』を注文。

かき揚げには、予想以上にエビがたっぷり入っており、かつおぶしもたっぷり♪

美味しく頂いて、そのまま京都へもどるのであった。

ってのはウソ。

本当は、名古屋メシの新名物、『あんかけスパゲッティ』を食べに、名古屋市内に数店舗展開している スパゲッティハウス チャオ さんへ。

P1070567 P1070568

店員さんに、一番人気はどれですか?と、きいたら「ダントツでミラカン」という返事だったので、そのミラカンを注文。

このミラカンって、どんな意味なのか分からなかったのだが、いかにも名古屋な一品。

美味しく頂いて、そのまま京都へもどるのであった。

ってのはウソ。

本当は、食器の柄などを転写するシートを作っている岐阜県は土岐市の会社へ、製作工程を見学させて頂きに行ってきた。

P1070563 P1070561

早めに土岐市駅に行って、そこで何かご当地名物でも食べようかと思っていたのだが、結果的に時間がなくて、名古屋駅で食事をとってから向かった。

駅に着いてみて、名古屋で食事をとって正解だったと実感した。

土岐市駅から車で10分ほど。

豊かな緑に囲まれた場所にある、青木転写さんへ。

P1070558 P1070559

会社の中は、撮影禁止だったので、写真はないが、一枚の皿、一客の珈琲椀皿のプリントに、こんな多くの手間のかかる工程があるのだということが見て取れて、とても良い勉強になった。

その後、こちらで作られたシートを貼って、食器に焼き付ける工場も見学させて頂いた。

が、それらは二次的な目的で、本当の目的はこれ。

P1070556 P1070557

予てより制作してもらっていたドリッパーが、ついに焼きあがったということで、その引き取りと、この後、柄をプリントしてもらうために、引き渡しをするのが今回土岐へ行った最大の理由。

こちらに、SOU・SOU さんにお願いしたデザインが入り、Verdi オリジナルドリッパーが間もなく完成する。

今日、青木転写さんで、最終的な色も見せて頂き、これから転写シートの製作に入るため、完成品のお披露目には、まだ1か月程度かかるが、もう間もなくってところまできた。

どうぞ、楽しみにお待ちくださいませ。

ご褒美で

2016年4月19日 

今日は、第三火曜日だったので、お店は休み。

いつも通り、朝のウォーキングをして、これまた日課の体重測定をしたら、ずっと57キロ少々で足踏み状態だった体重が、やっと56キロ前半まで落ちていた♪

そこで、今日の昼は、自分にご褒美ってことで、何か美味しいものでも食べようと思い、ちょっとインド料理も考えたが、せっかくここまで我慢したので、インド料理はパスして、寺町二条まで歩いて行って、ブションでデジュネを頂くことにした。

実は、この春から、ブションの厨房に、松井シェフが入っていらっしゃるので、一度行かねばと思っていたので、丁度良い機会であった。

P1070366

せっかくだったので、ランチではなく、メニューを頂くことに。

メニューだと、タプナードとオリーブが出てくるのが嬉しい。

P1070369 P1070371

まずは、ムール貝のスープ・サフラン風味を頂いた。

濃厚な味わいのスープに、ムール貝がたっぷり入っているのだが、軽く火を通されたレアなムール貝は、食感も面白いが、ねっとりとした甘味が口の中に広がり、今までに頂いたことのない美味しさ。

早速、松井シェフにヤラレタ感。

P1070376

メインは、京都ポークのロースグリエ。

ハーブの風味豊かなグリエは、ポークの旨みがしっかりと楽しめる、至福の一皿であった。

P1070378

ここでデザートを頂くときは、ショコラのムースか、ガトー・オ・ショコラを注文することが多いのだが、今回は久しぶりにクレーム キャラメル。

最近、柔らかさとか、口どけばかりが優先されることの多いプディングだが、この、しっかりとしたクラシカルさがいい感じ。

しかし、ちょっと調子に乗ってしまったので、今日はカロリーオーバー。

明日から、またダイエット頑張ろう!

.

店名:ブション
住所:京都市中京区寺町通二条榎木町1-1
電話:075-211-5220
営業:11:30~14:30 17:30~21:30
木曜定休
Web :http://www.bellecour.co.jp/bouchon.htm

当分安心

2016年4月18日 

今日は定休日だったが、この日記でも書いた通り、先日、焙煎機が止まってしまったので、今日は岡山から焙煎機メーカーの技術者2名がお越し下さって、焙煎機の解体メンテナンスを実施。

ファンモーターを取り換えたので、ひとまず通常通り焙煎はできるようになったが、排煙ダンパーの動きが、ちょっとヤバイ気配もあったので、フルメンテナンスをすることになった。

P1070364 P1070362

ダンパーを取り外したら、恐ろしいほどタールが付着しており、メーカーの方曰く「よくこれで動いていたね」とのこと。

今まで、フルメンテナンスは2年に1回の頻度で行ってきたが、まだ2年経過していないのに、この状況では、もっと短いスパンで実施しないと、また焙煎機が止まってしまう恐れがある様子。

まぁ、でも、とりあえず、これで当分安心して焙煎ができる。

とは言え、解体すると、丸一日作業になってしまうので、先日ファンモーターをばらして掃除する方法も分かったことだし、今後はもうちょっと私たちも、できる範囲で細かくメンテナンスをしていこう。

ダイエットの訳

2016年4月11日 

今日は、朝からちょっと用事があって、カミさんと一緒にお出掛け。

予定よりも少し遅くなったと思っていたら、末娘から「お腹すいた~」と電話がかかってきた。

小学校は、新学期が始まったものの、給食はまだ始まっていないことを忘れていた。

 

そんなわけで急いで戻り、娘も連れて、一乗寺のトラットリア・アズーロさんへ。

先日から、ご主人がインフルエンザにかかってしまい、奥さんが一人でカフェ営業をされていたのだが、今日から通常営業再開ということだったので、快気祝いでもないが、ランチを頂きに伺った。

P1070313

生ハムのサラダ

P1070316

水茄子のパルミジャーノあえ

P1070315

ローマ風コッパ

いつものことなのだが、基本的に私は、「前菜もりあわせ」が、あまり好きではない。

どちらかと言うと、ちょっとずついろいろ食べるより、一つのものをしっかり食べたい方なので、アズーロさんの前菜は、一品をしっかりとしたポーションで提供してもらえるので、食べ応えがあって嬉しい。

どれも美味しく頂いたが、水茄子のパルミジャーノは、メニューにあれば、つい注文してしまう一皿。

P1070319

ペンネ、ゴルゴンゾーラ

P1070324

スパゲッティ、ほたるいかの軽いロッソ

P1070329

自家製フェットチーニ、生ハムとピゼッリのクレマ

パスタも過不足なく美味しく頂けて、いつ伺っても、満足のポーションと美味しさ。

P1070331

エスプレッソで〆

こういう家庭的で、気軽に美味しく食べられるお店が、近所にあると言うことは、本当に嬉しいなぁ、と、思いながらお店を後にした。

.

さて、こうして毎日の日記をご覧の方は、「本当にダイエットしているのか?」と思われるかもしれない。

実は、私のダイエットには周期があって、娘の誰かが卒業とか入学とか、そんなイベントがあるときは、必ずダイエットをしているわけである。

やはり、卒業とか入学とか、そういうときに学校へ行って、あまり見た目の悪い体型の父親だと、娘がかわいそうなので、まぁ、元がカッコイイ容姿ではないから、少しは見苦しくないオヤジを演じねばなぁ。

と、言うのがその理由。

でも、考えてみると、このあと3年間連続で、卒業式と入学式があるではないあか!?

向う3年は、この体重を維持減少させ続けねば・・・

イタリアンなんて食べている場合ではないではないか!

でも、食べてしまったものは仕方ないので、明日もウォーキングして、腹筋して、なんとか今日食べちゃった分を取り返そう。

.

店名:TRATTORIA AZZURRO (アズーロ)
住所:京都市左京区一乗寺大原田町26-1
北大路より叡電踏切沿いを北へ
電話:075-723-4339
営業:11:30~14:00 17:30~21:00(LO)
水曜定休

このページの先頭へ