自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. 下鴨店TOP
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記
  3. 店主の休日

店主の休日

セミナーカウンター

2016年9月13日 

昨夜の段階で、今朝は雨が降っている予定だったので、目覚ましをいつもより遅い時間にセットして、今日はゆっくりと寝てみた。

で、7時に起きて、準備をしたら、今日は造形芸大店の補修工事。

9時にデザインをして下さった辻村先生もおいでになるということだったので、それに合わせて店へ。

今回は、電気関係の工事が、予定より随分ずれ込んでしまったのと、まだしっかりとできていない部分があるため、定休日の今日を利用しての工事となった。

 

その後は、本店へ行って、本来なら5日くらいまでに終えているはずだった8月の月次集計。

なんだかんだで、結局今日も一日新店と本店を行き来して仕事をしてしまった。

来週の定休日には、会議だとか雑誌の対談だとか予定が詰まっているので、とりあえず目標として今月中に一日は、仕事をしない日を作ろう。

.

さて、Verdi 京都造形芸大店では、焙煎機の前に珈琲を抽出できるカウンターがある。

しかし、こちらは下鴨店のカウンターのように、カウンターにお座り頂いて、ゆっくり珈琲をお召し上がり頂く場所ではなく、私たちは「セミナーカウンター」と呼んでいる。

何がセミナーカウンターなのかと言うと、珈琲豆をお求めくださったお客様が、その場で抽出体験をできるというのがこのカウンターのウリ。

さらに、同じ産地でも、精製方法が違うと、どのように味が変わるのか、とか、品種が違ったらどう味が違うのか、などの飲み比べをして頂いたり、珈琲についてのあれこれを学んでいただくためのスペースとなっている。

img_3693

一番すごいところでは、実際に焙煎をしながら、焙煎を進める途中途中で、少しずつ豆を取り出して、焙煎が進むにしたがって、味がどう変化していくか、飲み比べて体験して頂けるというものも。(焙煎見学は要予約)

昨夜も、一人のお客様が、同じ産地の豆でも、焙煎度合いが違うと、味の質がどう変わるかをこのカウンターで体験して行って下さった。

せっかく学校の中にあるお店なので、このスペースを使って、珈琲についても気楽に学んでいただけるお店でありたいと思う。

抽出体験(豆をお求めのお客様限定)や、飲み比べなどは、当日でも受け付けます。

どうぞ、皆様お気軽に、珈琲の様々な体験を楽しんでくださいませ。

今年は三食目

2016年8月16日 

今日は、お昼前後に少し用事があったので、店へ行ったり四条方面へ行ったり。

まぁ、店は休みでも、なかなか私は丸一日休みとは行かないもので、それでもこの二日間は、ちょっとゆっくりさせてもらった。

それにしても、今日も暑い京都。

こう暑いと、冷たいものでも食べたくなる。

そんなわけで、カミさんと長女を誘って、先日開店した『甘味と和食 香穂』さんへお邪魔した。

P1080377 P1080389

七条通を川端から東へ入った北側、今はまだ食事メニューなどはないので、試運転といったところだと思うが、かき氷とソフトクリームが食べられる。

P1080378 P1080382

氷を削る杉井社長、笑顔で楽しそうに仕事をされていて、こちらもつい笑顔になる。

カミさんと長女は、濃厚抹茶を注文。

P1080385 P1080387

私は、黒蜜生姜を注文。

抹茶の風味も素敵で美味しいが、私の好みとしては、この黒蜜生姜はビンゴ!な感じ。

そう言えば、昨年は一回もかき氷を食べなかったのに、今年は NITI さん、さるやさんに続き、もう三食目のかき氷!こういうのは、食べ始めると、続くものだなぁ・・・

奥様と二人三脚で、これからお店を造って行かれるとのことで、間もなくマグロ丼などもメニューにのるらしい。

何気に、この界隈で何か食べようと思ったら、東へ行ってパッパラルドでピッツァを食べるか、西へ行ってキンカーオでタイ料理を食べるか、という感じだったが、今後は和食も加わって嬉しい限り。

またお料理も出されるようになったら伺おう、いや、その前に、また氷を食べに来るかも、だな。

.

話は変わって、今日は五山送り火。

お盆に戻ってきていたご先祖の霊を冥界へお送りするために、大文字から始まり冥界のある西へ向かって夜空に炎の絵文字が浮かぶはずだった。

が、日が暮れてから突然降り始めた激しい雨で、今夜はほとんど火の絵文字が見られず。

P1080390 P1080391

かろうじて『法』は見えたが、あっと言う間に消えてしまい、『大』は、はらいの部分がほんの少し見えただけ。

私の場合は、自宅マンションから見えるから良いが、送り火を見るために地方からおいでの方や、夕方から鴨川で場所取りをしていた人にはかわいそうな天気であった。

でも、ご先祖の霊をお送りするために灯されるはずの送り火が、こんなに点かなかったのでは、戻ってきていたご先祖は、無事あちら側へ帰れたのだろうか?

もしかしたら・・・・

今年は Ghost Busters!の出番か? タイミング、よすぎ。

.

店名:甘味と和食 香穂

住所:京都市東山区七条通川端東入ル下堀詰町234

電話:075-744-6611

久し振りに大津へ

2016年8月15日 

昨夜、ついテニスの試合を見てしまったので、今日はけっこう寝坊して、久しぶりに朝のウォーキングはおさぼり。

そして、今日は久しぶりに大津までハンバーガーを食べに行こうと思っていたので、洗濯などを一通り終えたら、車に乗って一路滋賀へ!

と、思ったとたん、前が真っ白になるほどの大雨。

このところ、全くと言って良いほど雨が降っていなかったので、久しぶりのお湿りとなった。

そんなこんなで、ちょっと出遅れたが、遅めの朝食兼昼食を頂いた。

IMG_3504 IMG_3505

久し振りに来た(多分2年ぶり)大津のアンティミーバーガーさん。

けっこうメニューを見ながら悩むのだが、今回は奮発して「ビッグミーバーガー」にチャレンジ!

なかなかのボリュームで、なんだかワイルドアメリカンな気分になれた。

P1080360 P1080365

和牛100%のパティを丁寧に焼いて作られる。できたところでご店主の岩波さんがポーズ!

写真の左は私のビッグミーバーガー、右はカミさんのプレミアムチーズトマトバーガー。

P1080368

今日は外で食べてみた♪

.

そして、前から買おうかどうしようか悩んでいたコレを購入してみた。

IMG_3506

実は、次女と三女は、東京の親戚の家に遊びに行っているので、珍しくチャンネル権は私がもっている。

てなわけで、連ドラの一気見などしてしまったら、今夜も深夜になってしまった。

明日は歩けるかなぁ・・・

.

店名:AUNTY-MEE BURGER アンティミーバーガー
住所:滋賀県大津市見世1-11-21
電話:080-3761-8480
営業:11:30~22:00(日曜は、~18:00)
水曜・第三火曜定休
Web :http://www.cable-net.ne.jp/user/uncle-mee/AMB.h

起きられた♪

2016年8月8日 

一昨夜は、ゴジラを見に行ったとき、携帯電話をマナーモードにしていたのを忘れて、そのまま寝てしまったので、アラームの音が聞こえず寝坊してしまった。

で、昨夜もレイトショーを見に行ったのだが、こんどはちゃんとマナーモードを解除したので、今朝はちゃんと起きられて、ウォーキング前に洗濯機を回し始めて、戻ったら干すという、なかなか効率良い朝を過ごせた。

IMG_3470

ここ数日は、ともかく暑くて仕方ないと言った感じではあるが、朝の鴨川沿いは、思いのほか涼しい風が吹いていた。

でも、やはり川の西側は直射日光が当たって、朝とは言え刺すような暑さ。

昼間が思いやられる早朝ウォーキングであった。

.

さて、一昨日はゴジラを見に行ったが、昨夜は『ニュースの真相』という実話をもとにした映画。

ゴジラは IMAX で見たが、昨夜のような映画は迫力のスクリーンより、ゆったりとしたリクライニングソファーで、落ち着いてみたい。ので、プレミアスクリーンで見てみた。

IMG_3458 IMG_3468

ゴジラが日本的政治の風刺映画ともとれる内容なのに対し、ニュースの真相は、アメリカ的物事の動かし方のドキュメントと言っても過言ではないだろう。

なかなか恐ろしいものである。

それにしても、ロバート・レッドフォード、トシとったなぁ・・・

.

一夜明けた今日は、洗濯物を干して、シャワーをしたら、ちょっと次の店のメニューに考えている、ブリオッシュのフレンチトーストを食べにお出かけ。

P1080327

そもそもリッチな生地のブリオッシュをフレンチトーストにするのだから、美味しくないはずはないのだが、これに、ちょっとだけカルダモンの風味が加わったら、Verdi っぽい味になりそう。検討してみよう。

その後は、一度店へ行って、少々仕事をした後、設計事務所の方にご同行願って、左京区役所の衛生課へ。

新店の図面を見てもらって、営業許可の出願前アドバイスを頂いた。手直しして次は申請に来なければ。

区役所を後にして、こんどは烏丸丸太町の特許事務所へ。

でもアポイントの時間まで1時間弱あったので、烏丸丸太町のあたりで前から気になっていた海鮮居酒屋風のお店でランチ。

P1080329 P1080330

いつも車で前を通って、ちょっと気になっていたのだが、リーズナブルでなかなか美味しかった。

ちょっと魚を食べたいときは、なかなか良いかもしれない。

その後は、店に戻って、お昼過ぎから夕方までに採用面談が2件、夕方からは工事関係の打ち合わせと、なんだか定休日にまとめて仕事をしたような感じであった。

もう、泣いても笑っても1か月。

まだまだ人員面で不安をかかえてはいるが、ともかくなんとか頑張って行こう。

.

店名:京りき屋

住所:京都市中京区烏丸通押小路上る東側

電話:075-211-0755

営業:11:30~14:00(LO) 17:30~23:00(LO)

何かとバタバタ

2016年8月1日 

今朝は、ウォーキングに出ようか、テニスを見ようか、けっこう悩みつつ、結局いつもより少し遅れて鴨川へ。

戻ったときに、まだ試合が続いていたら、第2セットを錦織がとったということだろうと思いながら、いつもより少しハイペースで歩いて戻ってみたら、もうすでに表彰式の映像になっていた。

やはりジョコビッチ、強いなぁ。

IMG_3416

今日も、雲一つないと言っても過言ではない青空と、生ぬるい風がふく川岸。

早く秋にならないかなぁ・・・

いや、今年に限って、この8月は45日くらいあってほしい。

無理だよなぁ・・・

.

さて、実は先日より自宅の洗濯機の調子が悪く、ともかく時間がかかって仕方ない。

カミさんが見ていたら、どうやら給水がされていない様子。

水がたまらなくて、時間がかかってしまっているようだったので、修理をたのむことにしたのだが、3年前に購入した洗濯機、もしかしたら購入した時に、長期保証に入っていたかも、と、思って調べてみたら、5年保証に入ってたので、修理代はかからなかった。

ラッキー。

修理業者の人が来て、給水バルブを交換したのだが、それでも水があまり出ない。

どうやら、バルブも劣化していたが、洗濯機につながっている蛇口も劣化していたようで、とりあえずバラしてみようと試みたが、これがけっこう難敵だったので、結局水道蛇口の方の修理を頼むことに。

こちらは、保証がなかったので、けっこう高くついてしまった。

業者さんのアドバイスによると、使っていないときは、水道の蛇口を閉めておいた方が、蛇口も洗濯機も長持ちしますよ。とのこと。確かに。

.

そんなわけで、無事洗濯機も動くようになって良かったのだが、自宅の用事以外にも、今日はやらねばならないことがたくさん。

月末の集計作業もしたかったが、その時間は洗濯機と水道の修理でとれなくなってしまったので、取り急ぎの仕事として、法務局とハローワークへ。

ハローワークでの求人登録を終えたら、もう午後5時前になっていたので、役所関係の仕事はそこで打ち止め。

昨夜、映画を見たときに映画館の売店で飲み物を購入して、コンセチャレンジというのをしたら、映画無料券が当たったので、今日も何か映画でも見に行こうかと思ったりもしたが、なかなかその余裕なく。

明日もいろいろあるが、頑張って行こう。

なんか、いよいよ開店が近くなっていると言う実感、しっかり準備しなくてはだなぁ。

焦り始めている

2016年7月24日 

梅雨も明けて、もっと暑くなるかと思っていたのだが、日中でも35度を超える日が少なかったり、朝と夜は比較的涼しかったり、ちょっと予想に反して過ごしやすい今年の夏。

なんて言っていたら、この後ひどい目にあいそうなので、気を抜かずに行かねばだな。

IMG_3355

今朝も、鴨川の西側は日差しが強かった。

.

先日、新店のことを書いたら、多くの方から「どこに出すの?」とか「いつ?」といったご質問を頂いたので、きちんとおこたえします。

場所は、北白川の京都造形芸術大学の大階段南にある白い建物『瓜生館』

オープンは、9月10日を予定しておりますが、その前に2日ほど、何方でもお越し頂けるプレ・オープンをする予定なので、また詳しいことが決まり次第、このサイトとFacebook でお知らせいたします。

P1080195 P1080198

この土日、造形芸大ではオープンキャンパスが開催されていたので、そのタイミングで今回の店舗区画に告知ポスターを。

今は、白い板になっているこの部分、間もなくガラスが入ってサッシになるため、このポスターは数日中に剥がされる予定です。

そして、先日も開業までの予定を一表にまとめてみて思ったのが、『ちょっとかなりヤバイかも。』

けっこう焦り始めているのが事実。

頑張らねば。

さて、このところ毎日打ち合わせや商談が入っているものの、やはり日曜日はそんな商談相手の会社もお休みなので、新店についての対外的仕事は一休み。

なので、今日は午前中だけ出勤して、午後からは店をスタッフに任せ、改装後初めてとなるロームシアター京都(旧 京都会館)へ、バレエを観に行ってきた。

IMG_3361s IMG_3359

今回の主役は、パリ オペラ座のエトワール、カール・パケットさんと先日ブノワ賞を受賞されたプルミエールのオニール 八菜さん。

私の次女も、出演を希望したものの、体重でひっかかって、当初は控えに回されていたが、この3か月ほど、計量前のボクサーかと思われるほどストイックなダイエットを頑張ったおかげで、無事舞台に立たせて頂いた。

コールドとは言え、世界のトップと同じ舞台に立てるということ、一流のダンサーと直に接するということは、何物にも替えがたい良い勉強だと思う。

いつもは、バレエと言えば娘の発表会を見に行くという感覚だったが、今回は本当にバレエという舞台芸術を堪能させてもらった。

このページの先頭へ