自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. 下鴨店TOP
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記
  3. 食べ物

食べ物

なんだか久しぶりな気がする

2018年8月6日 

今朝はちょっと涼しかった。

このところ、ふだんはホットコーヒーをお召し上がりのお客様も、アイスコーヒーをご注文になることが多かったが、今日は久しぶりにアイスではなくホットをお求めになったり。

本当に少し涼しかったのか?と思ったら、「京都では久しぶりに38℃を切ったものの、1週間連続で37℃越え」とニュースで言っていた。

38℃を切って暑さが和らいだというより、ずっと37℃越えで暑いというのが実情か。

 

さて、今日は夏休みで長女が京都へ帰省してきた。

久しぶりの京都なので「何が食べたい?」ときいたら「カレー」という返事だったので白梅町へ行くことに。

次女と三女はそれぞれ習い事で夜は不在だったので、長女とカミさんと私の3人でインド料理となった。

まずは、いつものヌーラーニサラダ

カミさんはビーフ山椒ニハリ、長女はエビのココナツカリー。

私は、マトン ラダブ ダールという季節限定のカリーをマンゴーとサートチャトニ ナンで。

このカリーは、濃厚なマサラグレービーに、クリームやチーズが入ったリッチな宮廷風。

山椒の風味がピリリと効いたナンと一緒に食べると、普通のナンで食べるよりも風味豊かで美味しかった。

このところ、あまりインド料理へ足が向いていなかったので久々のカリー、美味しく頂きました。

ハンバーグ

2018年8月5日 

朝の鴨川沿いは、ちょっとだけ涼しい風が吹いている。

でも、やはり昼間はどうしようもない暑さですねぇ・・・

 

さて、造形芸大店では夏休みの特別企画として「親子コーヒー教室」を開催している。

今日ご参加くださった小学生のお子様は、小型の顕微鏡を持参してバッチリノートもとりながら、完璧な勉強モード。

私もちょっと気合を入れて、いつもより説明もていねいになってしまった。

その親子コーヒー教室、前半は写真などを紙芝居風に見せながら、コーヒーについていろいろと説明。

後半は焙煎度合いが違う4種類のコーヒーを飲み比べてもらうのだが、そのとき深煎りの豆を淹れながら「きちんと焙煎されていたら、こんな風にハンバーグのようにふくらみます」と言いつつ、頭の中はハンバーグモードに突入、コーヒーの説明をしながら、頭の中では「どこのハンバーグを食べようか」と思いめぐらせていたりして・・・

 

そんなわけで、北大路と加茂街道の交差点にある「ハンバーグのはせがわ」へ。

もしかしたら、ここで食べるのは10年ぶりくらいかもしれない。

何を注文しようか迷ったが、ホワイトソース仕立てのきのこハンバーグを頂くことにした。

特別何かがあるわけでないが、こういう非常にオーソドックスなハンバーグ屋さんがもう長い間営業されているということは、ある意味ベーシックなものがいかに強いかという証明かもしれない。

Verdi も、流行に左右されることなく、ベーシックなコーヒーを適正な価格で多くのお客様にお楽しみ頂ける店であり続けたいと思った。

それにしても、たまにはハンバーグもいいものですねぇ

 

ハンバーガーもいろいろ

2018年8月3日 

今朝は、ほんの少し涼しい風も吹いていたり、ちょっと暑さも和らぐのかな?と思いながら歩いていたのだが

まぁ、結局はめちゃくちゃ暑い一日であった。

 

さて、このところ、ちょくちょく北山の バーガーカンパニー へ行っているのだが、なぜかハンバーガー以外のものを食べることが多い。

先日も、末娘と行ったのだが、アボカド ベーコン チーズバーガーを食べている末娘を見ながら、私はトマトサラダとチリチーズポテトを食べてみた。

ところが、先日ちょっと出かけたときに、ふと目についたアメリカンなカフェへ入り、出来心でアボカドチーズバーガーを注文してしまった。

上と下が分かれた状態で提供されて、自分で上下を合わせて食べるという不思議なシステム。

要するに、上下を別々に出したら大きな皿を埋め尽くせるというわけですね。

なかなかボリュームがあって、まさにアメリカンジャンクフード!という感じの味。

テーブルに常設されているハインツのマスタードをこれでもか、というほどつけて食べてみた。

 

話は変わって、このところなんだか夜の寝つきが悪い。

ソファーでテレビを見ていて気付いたら寝ているということはよくあるのだが、なぜかベッドに入るとあれこれ考えてしまってなかなか寝付けない。

そんなわけで、寝つきが悪いとき、昔のお金持ちは寝床の横で音楽を演奏させたりしていたようで、バッハのゴルトベルク変奏曲は、おやすみのお供の音楽として最も有名なものの一つ。

多くの人は、グールドのゴルトベルクが最高だと評しているが、個人的にはあまりグールドの録音が好きになれない。

なので、今回はちょっと変化球ってことで、、マイスキーがストリングス3本バージョンで録音したバージョン。

バッハ「ゴルトベルク変奏曲」 ミッシャ・マイスキー / ジュリアン・ラクリン / 今井信子

これが、聴き始めたらなかなか面白くて、寝るどころか聞きこんでしまうから困ったもの。

やはり、この曲で寝ようと思ったらチェンバロで演奏されたものをかけるのが良いのかもしれない。

お疲れ様でした。

2018年7月31日 

今日は造形芸大店が定休日で、私も休みだったので少しゆっくりとしてから下鴨店へ。

月末だったので、いろいろと用事もあったが、今日は Verdi で約8年間働いてもらった T子さんが7月いっぱいで退職することになったのでどうしても店へ行きたかった。

よく常連のお客様から、「やはりマスターが淹れるコーヒーは違うわ」と言われることがある。

良い意味で違うのか、悪い意味で違うのか、前者であってほしいと思うのだが、基本的に誰が淹れても同じ味であることが好ましいとはいえ、やはり人それぞれ味に特徴があることは否めない。

そして、常連のお客様曰く「T子さんの作るトーストが一番美味しい」

せっかくだったので、最後にトーストを焼いてもらった。

それにしても、最後のシフトを終えて帰っていく彼女の姿を見ていると、8年間の思い出が蘇り走馬灯のように頭の中を回りだす。

この間、Verdi もいろいろなことがあったが、それらを乗り越えてこれたのも、こうして一生懸命働いてくれたスタッフの力あってのこと。

8年間、本当にお疲れ様、そして有難うございました。

これからも元気で楽しく過ごしてもらえればと切に願います。

 

さて、そんなわけで今日で7月も終わり。

7月は31日まで、ということは、31へ行かねば!

ってことで行ってきた。

でも、今サーティーワンでは、スモールダブルを注文したら同じ価格でレギュラーダブルになるキャンペーンを開催中。

ってことは、もしかしたらスモールダブルの31%引きでレギュラーダブルが食べられるのか?

と、思ったが、やはり31%OFFは、各々の価格に対してであって、レギュラーを注文したらレギュラーの価格から31%引きであった。

まぁ、世の中そんなに甘くない。

でも、アイスクリームは甘かった♪

甘い誘惑に弱い私。

明日からまた節制しよう。

このまえ閉まっていたので

2018年7月30日 

今朝の光は、なんとも言えない不思議な色だった。

と言えば、先日の夕方のような全てパープルピンクに染まるようなことをイメージするかもしれないが、むしろ無色で、朝だからと言って紅い空とかそういうのではなく、光の空気感とでもいおうか、なんとも神々しい雰囲気の光の状態だった。

そして昼間は、ちょっと一皮むけた?というべきか、痛いほどの暑さから、やめてほしい程度の暑さにスケールダウン。

まぁ、いずれにせよこの暑さはしんどいことに変わりはないか。

さて、暑い時に食べるのはスパイスものと相場が決まっているが、こう暑いとインドは油っこすぎてしんどい。

なのでタイです。

この前の火曜日に店の前まで行ったものの、火曜日が定休となっていたので引き返してきた イーサン へ。

 

まずは、サラダがわりに空心菜の炒め物

今までなんとなく注文したことがなかった、肉と野菜の炒め物。

肉は豚で。

そして、マッサマンカレー

やはり、タイ料理はいいですねぇ・・・

と、この前閉まっていて食べられず、なんとなくずっと食べたいと思っていたのでことのほか美味しく頂いた。

 

そんな今夜のBGMは、ハイフェッツ。

昨日のサロンライヴがヴァイオリンだったこともあり、なんとなく聞きたくなって。

ビゼー「カルメン ファンタジー」/ ハイフェッツ(Vn)/ ヴォールヒーズ / RCA ヴィクター交響楽団

ベートーヴェンのコンチェルトとオペラ カルメンからの抜粋を一曲にまとめたカップリング。

断然面白いのはカルメン。

正確無比なまさに完璧といえるテクニックで曲芸のごとくヴァイオリンを操るハイフェッツ。

だが、このカルメンを聴くと、本当に歌心というかオペラでは見られない魅力を感じられる一曲。

仕事の後などに聞くとちょっと元気がもらえそうな演奏である。

そばです

2018年7月27日 

今日は、ほんのちょっとだけ暑さが和らいだ気がしないでもない京都。

天気予報を見ていたら、あの記録的豪雨の後から今日まで、連続して35度以上の猛暑日が続いているらしい。

こまったものです。

 

で、そんな暑い日には、やはりツルっと蕎麦を食べるのが一番。

てなわけで、一条寺の「塩釜」さんへ。

食欲も落ちてくる中、小麦よりも栄養価の高い蕎麦を摂取して、ついでに出汁だけではなく失われがちなマグネシウムやビタミン補給も考えて、豚ごまだれのつけ蕎麦を頂いてみた。

この盛りが並だから、ここは絶対大盛を注文できない

アップで

ツルっと美味しく、歯ごたえのあるコシも素晴らしい。

最近、うどん比率がけっこう高かったが、やはり私はそばの方がすきだったりするなぁ・・・

とりあえず、しっかり食べて夏バテしないように頑張りましょう。

 

このページの先頭へ