自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. 下鴨店TOP
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記
  3. 食べ物

食べ物

朝夕

2020年9月1日 

今日は久し振りに仕事の予定が入っていない休日だったので、いつもより1時間ゆっくりして7時頃に鴨川へ。

いつもだったら出町へ向かうところ、出勤時間に縛られないので四条まで歩くことにした。

すると、二条の橋の手前で、後ろから走ってきた自転車の男性に「おはようございます」と声を掛けられ、見てみたら以前芸大店の社員として働いてもらっていた人だった。

まさかこんな時間のこんな場所で・・・と思いながら歩いていたら、御池を過ぎたあたりで、私が住むマンションの管理人さんが向こうから歩いてきた。

こんどから、休みの日のこのコースはやめておこう。

でも、今朝はちょっと涼しかった。

自宅に戻って、シャワーをした後、どうしようかと思ったが、いろいろと資料もあるので、芸大店でデスクワークをしようとパソコンを持って北白川へ。

だが、あろうことかセコムのカードを忘れたので中に入れず、自宅へUターン。

出直すのもなんだかなぁ、ということで、自宅で少し仕事をした後、せっかく予定の入っていない休日だったので、カミさんと長女と一緒に街中へ行くことにした。

旧立誠小学校跡にできたホテルと飲食が入った建物へ。

春水堂で豆花とジャスミンミルクティー。

このところ、自店のスイーツを試食する以外では、久しぶりに外で甘いものを食べてみた。

帰宅して、ちょっとテレビを見たら夜の鴨川へ。

なんだか今日はあまり汗をかかなかったので、やはり少し涼しかったのかもしれない。

四条から北は朝夕同じコースを歩いたので、同じアングルで撮ってみた。

朝の木屋町四条上る
夜の木屋町四条上る

ほぼ毎日歩いているが、木屋町通りも週末以外はけっこう寂しい人通り。

ウーバーイーツの自転車が我が物顔で疾走している。

私の前を歩いていた、ちょっとチャラい系のお兄さん二人も、ウーバーの自転車を見ながら「〇〇さん、ウーバーって使うっすか?」「いや、俺はアレ、いややねん」「なんでっすか?」「誰かわからへん見ず知らずのヤツに来てほしないわ」「そうっすよね、どんなヤツが来るかわかんないっすもんね」

恐らく、このチャラいお兄さん二人と私は、物事の考え方や見方が全く違うのではないかと感じるような雰囲気を持っていたのだが、この点については思わず同意してしまった。

話は変わって

今日も京都タワーは紫から青に色が変わっていた。

そんなわけで、今夜もフットマッサージャーで足のメンテナンスをして明日も一日頑張ろう。

全スイーツ自家製化計画

2020年8月28日 

今朝もいつも通り6時前に鴨川へ出ようとしたら、バルコニーの手すりに雨粒が当たる音。

そんなわけで、久しぶりに朝のウォーキングはお休み。

ついでに芸大店も、学校の設備メンテナンスのためお休み。

だったが、そういうときこそ社員みんなが集まって、いろいろとやるチャンス!

ということで・・・

大和学園卒業の松尾をヴェルディのパティシエールに任命したものの、一人ですべてを背負わせるわけにはいかないので、今日は他の社員も一緒にキッチンでお菓子作り。

まずは、「守・破・離」(しゅ・は・り)の「守」から。

今まで食べた中で、一番美味しいと思ったロールケーキのレシピを模倣して、作り倒したうえで、ヴェルディとしてのオリジナルを検討しなくては。

ということで、今回はレシピ通りに作ってみる。

さすがに素晴らしいレシピ、味としては文句のつけようがない美味しさ。

ただ、見た目の面でまだまだ改良点もあり、今後の課題がはっきりと見えた。

そして、同時にこのロールケーキは今まで何度か我が家でも作っているので、アレンジすべきポイントもすでに頭の中にできてきている。

しばらく繰り返し製造して、「破」につなげていきたい。

こちらは、オーソドックスなナッツのタルトで、焼きあがった段階で、食べる前に今回ひとつミスをしたことに気付く。

次回、その部分をしっかりと修正しつつ、もう一段良いものにしたい。

同時に、ナッツのタルトは非常にオーソドックスなものなので、ある意味他と明確に差別化できなければ優位性を持てない。

オーソドックスなものを美味しいと思って頂けることの難しさ。

頑張ろう。

そんなわけで、製造後の試食タイム。

左から和歌山No.1の洋菓子屋の娘。管理栄養士。調理専門学校卒後、フレンチ、カフェなどで実務を積んだ当店パティシエール(に勝手に任命)。飲食歴10年近い次期店長候補。それに加えて私。

と、けっこう(いや、かなり)味にうるさい上、食べ物を作ることに対しても素人ではない面々が知恵を出し合ってヴェルディの珈琲にぴったりくるお菓子を作り上げていこうというチャレンジがスタート。

9月は試作期間という位置づけにして、10月にはなんとか。

食欲の秋に、ヴェルディのスイーツはますます美味しくなるはず。

どうぞご期待くださいませ。

たまには居酒屋さん風も

2020年8月27日 

このところ朝からまぶしい太陽の下歩いていたのだが、今日は雲が多く日差しは柔らかかった。

なんか、いつもと風景が違っていたので、つい1枚。

日差しは弱かったが暑かった。

夕方の空も、なかなかドラマティックだった。

はじめに、一つお知らせです。

ヴェルディ京都芸術大学店は、学校の設備総合点検のため、明日28日(金)を臨時休業とさせていただきます。

恐れ入りますが、どうぞご了承くださいませ。

さて、私はお酒を飲まないので、めったに居酒屋へ足を運ぶことはないのだが、いろいろと事情があって、今夜は久し振りに居酒屋さんへ。

カミさんと長女と一緒に行ってみた。

まずは乾杯

イタリア風焼き枝豆
チーズ三種盛り
酒粕入りシーザーサラダ
燻製マヨネーズのポテトサラダ
トリッパのトマト煮込み
いわし明太フライ
丹波牛とちりめん山椒の和ピッツァ
本日のパスタ=鶏ハートとトマトのクリームソース

ちょっと食べすぎた。

でも、たまには居酒屋料理というのもいいですねぇ。

伏水酒蔵小路 のイタリアン BAR BANA さん。

ちょっと遠いけど、こういうのもいいかもしれない。

スリランカ

2020年8月25日 

今朝は、ちょっとゆっくり目に起きて、いつもより40分ほど遅れて鴨川へ。

やはり、40分遅いと太陽の位置も高くなっていますねぇ。

さて、今日は前から気になっていたご近所のスリランカカレー屋さんへ。

店からの帰り道にあって、前から気にはなっていたが、なかなか行くことができず。

ちょうどコロナの流行と同時あたりに店の存在を知ったので、外食がしにくい時期と、スーパーダイエットの時期に重なってしまった。

カレープレートのマトンカレーを注文。

カレープレートにのっている副菜は、店内の黒板に書かれている。

カウンターにはスパイスがならんでいる。

スパイスが並んでいると、ついレシピを考えてしまうのだが、なかなか興味深かった。

スリランカは、インドの南に位置するので、つい南インドのカレーと比較してしまいそうな気もするのだが、けっこうスパイスの使い方も違っていた。

食べた感じ、レストランのカレーと言うより、けっこう家庭的な味に感じた。

歩いていける距離にあるので、日本人が日常の中で家庭的な味のお店へ行きたいときに、近所の定食屋へ行く感覚で通えそうな気がする。

もっと早く言っておけばよかったかも。

紅玉

2020年8月23日 

なんとなく朝はちょっとだけ涼しい。

昨日は、夕方のいつも歩きだす時間に東の空に稲光が繰り返し見えた。

お天気アプリで雲の予想進路を見たら、19時30分頃をピークに21時くらいまでけっこう激しい雨が降るということだったので、歩くのをやめようかと思ったが、19時30分を過ぎても雨は降っていないので、鴨川へ出て歩きはじめたが、結局帰宅するまでほとんど降ることなく、最終的には朝まで降らずに終わった。

天気予報の直近予想も外れるものですねぇ。

さて、連日作れば作っただけ売れる「クレームキャラメル」だが、まだまだ、もっと美味しくしたい!という思いから、材料やレシピの研究を続けている。

で、今回は京都産の特濃な「紅い玉子」を使ってみることに。

割ってみたら、まぁ、普通の卵よりは少し赤いかな?という感じだったが・・・

つぶしてみたら、かなりオレンジ色!

そして、焼き上げたものを見ると。

左:紅玉 右:いつもの卵

ということで、なんだかトマトクリームソースのような色合いのプリンになった。

明日も別の製法でもう一品試してみようと思っている。

秋の本格的な需要期(が来てほしい)に向けて、よりお客様に美味しい珈琲とスイーツを楽しんでいただけるよう頑張ろう。

久しぶりにインド料理!

2020年7月19日 

スカッと晴れた朝!

朝から暑かったですねぇ・・・

出町の飛び石カメさんも、すっかり姿を現した。

ふと見ると、セミの抜け殻もあったりして、もうすっかり夏です。

しかし、雨の日もお客様の足は湿りがちだが、真夏の暑さもお客様の外出意欲をそぐというもの。

開店から12時台まで、けっこう静かな芸大店だったので、暑いとダメかと思っていたら、遅めのお昼から多くのお客様がお越しくださって、いっときは数組ウエイティングがかかる状態になってしまった。

とは言え、席数を半分に減らしているので、お客様の数としては以前の半分以上にはなりえない。

早く薬ができて、みんな心置きなく外に出られるようになったらいいですねぇ。

さて、今日もノルマの1日10キロウォーキング。

いつもなら、日が暮れた後に歩きはじめるのだが、今日はちょっと早めに出発して、まだ明るさが残っているうちに四条を通過。

日曜の夕方、鴨川沿いも四条通りもかなり人が多かった。

で、いつも通り五条まで歩いて再び北上。

通常ならそのまま帰宅するところ、最近お外マサラをしていないなぁ、と感じていたので、久しぶりにインド料理を食べに行った。

帰り道の途中にある インド料理 ムガールさん。

私が自分で作ったもの以外のインドカレーを食べるのは、もしかすると3~4か月ぶりかもしれない。

それだけに、絶対後悔しない店に行きたかったので、今日はベストチョイスだと思った。

まずはシーフードラッサム。

ラッサムはいろんな種類があるし、多くの店で食べたが、個人的にムガールさんのシーフードラッサムは今まで頂いたラッサムの中で、私の嗜好におけるベスト3に入ると思う。

今日はこれを食べようと決めていた「マトンのキーマ マタル」と「ジーラ(クミン)ライス」

ヴェルディで出しているキーマカリーは、同じマトンキーマでも基本は南インド風だが、ちょっと東インドの要素も取り入れたもの。

ニゲラが入っていないパンチフォロン(ベンガル系インド料理におけるオーソドックスなミックススパイス)の香りがするココナツ風味のカリー。

ムガールさんのキーママタルは、しっかりとした北インド風。

個人的には南インドのカリーが好きだが、こういうバシッとキマッた北インドのカリーも無性に食べたくなることがある。

「よかったら混ぜて食べて」とタマネギとパクチーのみじん切りを出してくださった。

コレ、マトンキーマに混ぜると激旨になる。

生タマネギ侮るなかれ。

チャイでご馳走様。

久しぶりのインド料理、やはりプロが作る本物の味はいいですねぇ。

今日は、美味しいインド料理も食べられたし、トラさんチームも連勝で借金返済、3位浮上といいことづくめ。

オーナーの平田さん曰く、この前インドへ行ったとき、チキンムグライ発祥のお店で食べて、レシピを変更したという「チキンムグライ」と、ロンドンへ行ってあちらのNo.1インド料理店でインスピレーションを得たという「ブナ ゴーシュ」(ゴーシュ=4本足の肉≒ラムorマトン)も食べに来なくては。

また、ウォーキングの帰りにお邪魔します。

このページの先頭へ