自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. 下鴨店TOP
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記
  3. 食べ物

食べ物

育ってほしい

2020年10月16日 

今朝もけっこう肌寒かった。

例年だと、この時期は区民運動会や防災訓練などがあって、週末は店と自宅近所の小学校を行ったり来たりしているので、なかなか慌ただしいのだが、今年はそんなことがないので季節感に乏しい。

年中行事がないと、こういう感覚なのだろうか・・・

さて、昨日のこと、ヌーラーニの教子さんがお越し下さって、とても嬉しいプレゼントをくださった。

カレーリーフ!

そのままだと腐ってしまうので、カウンターの奥にある豆ストック棚につるしていたら、スタッフの一人が「新興宗教の神棚みたい」と言っていた。

カレーリーフって、生と乾燥したものでは香りが全く違う。

私が大好きな、「チェチナード」なんかは、この生のカレーリーフを使うか否かで全然美味しさが変わるので、生のカレーリーフは超貴重。

しかも、今回頂いたものには実がなっていたので、こんど植えてみようと思う。

発芽して木になってくれたら、ヴェルディで提供するカレーにも、生のカレーリーフが使える!

育ってほしいものである。

ちょっとお出かけ

2020年10月13日 

火曜日の朝は、いつものコースではなく四条か五条まで歩いているのだが、今朝も鴨川を南下していたら、二条の手前あたりの飛び石を制服姿の中学生が団体で渡っていた。

京都の学生が、この時間に大勢で飛び石を渡るなんてことないので、恐らく修学旅行生。

7月くらいまでは全くと言ってよいほど観光バスを見かけなかったが、ここにきてけっこう観光旅行者も回復傾向にある。

修学旅行も戻ってきたようで、経済の回復が期待されるが、それでもまだまだ。

早く世界経済が元気になってほしいものである。

さて、今日は所用でイオンモール京都桂川へ。

ここで何年ぶりだろう?という人と会ったのだが、ここまできたらもう一軒行きたい店があった。

Verdi 芸大店(当時は造形芸大)で学生時代アルバイトとして働いてくれていて、ゴディバに就職した後、イオンモール京都桂川へ配属になったYさん。

行こう行こうと思いながら、なかなか機会がなかったので、ここがチャンスと行ってみた。

まだ転勤していないかという心配と、マスク姿で、分かるか不安だったが、店の中を見たらVerdi の制服姿よりもゴディバの方がキマッているYさんがいた。

入ると、彼女もすぐにわかってくれて1年半ぶりの再会。

せっかくだったので、こんなのを頂いた。

ゴディバに対抗するつもりはさらさらないが、現在ガトーショコラなどを作るために、クーベルチュールを数種類持っているので、Verdi でもチョコレートドリンクを出そうかなぁ?と思ってしまった。

たまご!

2020年10月12日 

今朝はいい感じで涼しくて、気分よく歩けた。

なんだか空が秋ですねぇ・・・

さて、先日行った展示会。

いろんなブースを見て歩いていたら、いきなり「ゆで卵いかがですか?」と声をかけられた。

いろんなブースで試飲や試食が出されており、最近よくお客様から問い合わせがあるビーガンメニュー用のベジミートなどは、同業者も関心が高いようで多くの人が試食をしていたが、【ゆで卵の試食】って初めて。

とりあえず、殻がついたまま渡されたので、机でコンコンと殻をむいて食べてみたら、塩をかけなくても濃厚な味。

聞けば、名古屋コーチンを育てている養鶏所で、サンプルに生卵ももらったのだが、つい出来心でこの養鶏所の名古屋コーチンの卵と、エサにこだわったという特別仕様の卵を合計10キロ仕入れてみた。

そしてその卵を使ってプリンとロールケーキを焼いてみたところ・・・

左:普通の卵 右:名古屋コーチンの卵

全く色が違うのだが、名古屋コーチンは黄身が通常のものより大きく濃厚。

でも、すごいのは白身が旨いということであった。

ちょっと興味があって、温泉卵にして食べてみたら、「これなんだ!?」ってほど味が強烈で、塩などかけなくても卵だけで美味しい。

しかし、そんな名古屋コーチンの卵もスイーツにしたら、豊かな味わいが逆に砂糖の甘みやリキュールの風味を相殺してしまって淡白な味になってしまった。

そこで、もう一つのエサにこだわった特別仕様の卵で再度プリンを作ったら、こちらは濃厚な味ながら舌触りもなめらかで、風味も良いものができた。

今まで使っていた卵はなんだったんだ?という感じ。

もう、混ぜている時点で全く違うことがわかるもの。

プリンと同時進行でパティシエールの松尾が作ったロールケーキは、どちらの卵も甲乙つけがたいものだったが、弾力の面で特別仕様卵かな?という感じ。

こちらは、もう少しブラッシュアップして、近々販売を開始できればと思う。

そんなわけで、卵が変われば商品のクオリティーも変わる。

でも、原価も変わる・・・

正直、今仕入れている普通の卵と比べると、ずいぶん高くなってしまうが、Verdi のお客様は、「安くてそこそこ」より「少し高くても、他より美味しいもの」をお求めくださると信じて、今あるものがなくなりしだい、卵を変えようかと思う。

左:既存の卵 右:名古屋コーチンの卵 奥:特別仕様の卵

珈琲も、良い農園が丹精込めて作った豆はクオリティーが高いが、それと同様で卵も細部にわたってしっかりと管理された単一養鶏所のものの方が安定して良いものになることは当然のこと。

今後、スイーツの自家製化をすすめるにあたり、もっと原材料について勉強して行こうと思うのであった。

ダバだ

2020年10月11日 

今日は久し振りに朝夕ともに歩けた。

このところ、少し寒いほどだったが今朝はわりと暖か。

夜も半そでで歩いていると汗ばむ感じだった。

そんな今日は、有難いことに下鴨も芸大も多くのお客様がお越し下さり、慌ただしく一日が過ぎていった。

私は、朝の7時からプリンの仕込みで店に入り、そのまま閉店まで休憩も取れずに走り回るほど。

そうなると夜は何かしっかり食べたくなり、つい白梅町へ行ってしまったのだが、そこで食べた初めての味についてはまた明日。

今夜のカリーの前に、水曜日のカリー。

鎧塚さんのお店でスイーツを食べた後は、その斜向かいにあるダバ インディアへ。

まずはドーサから。

続いて、パニール(インドのチーズ)とゴビ(カリフラワー)のタンドール焼き

海老と魚のシャクティマサラ

揚げナスとマッシュルームのピーナツカレー

ロティ(インドの全粒粉のパン)で頂いた。

〆はチェチナードチキン

どれも予定調和の美味しさで、全く冒険はないけど(でも、どれも京都では食べられない味)外すこともない。

この夜も満席で大賑わいのダバであった。

3日ぶりに

2020年10月9日 

今朝も雨。

ウォーキングができなくて、けっこう体がなまっている。

はやく止んでくれないかなぁ・・・

そんな中、コロナでしばらく休止している芸大店の珈琲セミナーだが、リクエストがあったので参加者1名だけでフルコースを開催してしまった。

久し振りだったので、ちょっと段取りが悪かったものの無事できた。

現状は、このサイトにスケジュールを公開することはできないが、リクエストを頂けば、時間さえあったら開催できるので、芸大店までお問い合わせください。

ある意味、今なら一人で貸し切りセミナーになるので、実は超お得かも。

さて、火曜~水曜は横浜と東京の展示会へ行ってきたのだが、例年だと10枚名刺交換しても、その後出展者から連絡が入るのは1社あるかどうかなのに、今回は戻ると同時にメールが届いていたり電話がかかってきたり。

今日は、一昨日に立ち寄ってお話をさせて頂いた出展社の大阪営業所の方がヴェルディにお立ち寄りくださった。

そして、昨夜のうちに見積もりを送ってきてくれた出展社さんに、今日は初回の発注をしてしまうほど。

コロナのせいで、入場者が少ないぶん、お互いより積極的に商談が進んで行く。

この冬に向けて、選択肢が増えたので、よりお客様に良いものを提供できるようしっかりと検討していきたい。

そんな展示会、ビジネス面でもいろいろと刺激はあるのだが、せっかく東京へ来ているのだから、いろいろ食べなくては!

ってことで、帰る前は八重洲でインド料理店に予約を入れていたのだが、ビッグサイトから東京へ来たところで、予約の時間まで1時間ほどあったので、インド料理店から程近くにある鎧塚さんのお店へ。

カミさんはピュイ ダムール

私はシュー ペイザンヌ。

このシュー ペイザンヌ、個人的にはシュー生地がもっとサックリしている方が好きなのだが、かなりしっとりしていて思ったものとはちょっと違った。

珈琲は猿田彦。

先に「別腹」を満たしてから、インド料理へ行くのであった。

2020年10月8日 

昨日は出張で歩けなかったうえ、やはり東京へ行ったらたくさん食べてしまうため、本来ならいつも以上にバッチリ歩きたかったのだが、朝からしっかり降っていたので朝のウォーキングはお休み。

天気予報によると、夕方から雨が上がるということだったのに、結局夜もやむことなく歩けなかった。

このところ、雨が降っていても朝か夜かどちらかは歩けていたのでちょっと残念。

動かなかったら摂取カロリーを減らさねばなので、ちょっと節制していこう。

さて、今回は初日が横浜での展示会だったということもあり、泊りは横浜。

なので、朝は中華街でお粥を食べてみた。

サービスのシュウマイ

ザーサイ

見た目は白粥だが

肉粥(ホルモン系)は、中にたっぷり肉が入っていた。

前夜も中華街で軽く台湾料理を食べたのだが、食事を終えて外に出ると、午後9時前だというのに、雰囲気としては午後10時を回った河原町通りのような感じ。

食後にお茶でもしようかと思ったものの、開いているお店の方が少なく、お土産物屋などに至っては、ほぼ全て閉まっている。

以前は、この時間もっと賑やかだったのに。

少し寂しさを感じる中華街であった。

このページの先頭へ