自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. 下鴨店TOP
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記
  3. 2018 5月

2018年05月

???

2018年5月10日 

今朝は久しぶりに日の光をあびながらのウォーキング。

でも、けっこう肌寒かった。

先日、娘二人を乗せて車で走っていたときのこと。

末娘が「チェキが欲しい」と言っていたら、次女が「私は【しゃるんです】でいいかな」と。

【しゃるんです】・・・???

と、一瞬の間があって、私が「もしかして、それ【うつるんです】?」ときいたとたん、車内で爆笑がおこった。

まぁ、たしかに読み方によっては「しゃルンです」にもなるけど・・・

私が学生のころ、これが新発売されたときは、本当に衝撃的な出来事で、当時は普通の厚紙の箱にレンズがついていただけだったので、本当に写るのか?という疑問を多くの人が持ったはず。

でも、それに対する富士フィルムの回答が「はい、写るんです」だったってあたりが語源だと記憶している。

カメラを持っていなくても旅先で記録を残せるという、全くもってコロンブスの卵のような発想だと感心した覚えがある。

 

その後、黙ってしまった次女は、スマホで何やら検索していたが、やがて「ほら、みんなSNSで【しゃるんです】って書いているから、今は【しゃるんです】って言うのが若いものの間では主流なんだよ」と。

んなことないだろう、と、なら若い人に聞いてみることにした。

で、店の大学生Yさんにきいたら「うつるんです」とキッパリ。

もう一人、造形大生のNさんにきいても「うつるんですよね」と。

そこで、社員のOにきいたら「え?しゃるんですってみんな言っていますよね」と言うが、アルバイトの大学生二人からは「え~っ、うつるんですよ」と言われていた。

まぁ、「しゃるんです」と言う人もいるらしい。

しかし、もっと衝撃的だったのは、その社員Oが「マスター、びっくりドンキーのこと、なんて言います?」ときかれたので「ドンキー」とこたえたら「え?ビクドって言いません?」

一緒にいた造形大生Nさんと一緒に「なんか、でっかいミスドみたいやん!?」

どうやら和歌山では、びっくりドンキーのことを「ビクド」と言うらしい。

方言とは面白いものである。

葵祭の日は営業しております!

2018年5月9日 

こんにちは、土田です。

先日、鴨川をどりに行ってきました。

ずっと京都に住んでいるのに行ったことがないと思っていたら、家族いわく、子供の頃に連れて行ったとのことで…

しかしながらなんにも覚えていないので、まっさらな気持ちで楽しんできました。

お茶席での微動だにしない舞妓さんの佇まいや、お皿を持ち帰るというルール。
上ったり下ったりする不思議な造りの劇場内。

なかでもいちばん驚いたのは、お芝居があることでした。
そしてさらに驚いたのは、パンフレットに台本が載っていることでした。
そんな舞台は初めてです。

都をどりには台詞がなくて、鴨川をどりにはあるのだと、連れて行ってくださった方に教えていただきました。

あとはそうですね、ここでも外国人観光客の多さにびっくりしました。
民族衣装を纏った伝統芸能、私が旅行者でもぜひ訪れたいです。

とにかくもう心密かに驚き続けた3時間で、本当に貴重な体験をさせていただきました。

さて、次なる伝統行事はいよいよ葵祭です。

こちらの日記でも以前からお知らせしておりますとおり、15日の第3火曜日は本来定休日ですが、下鴨本店は通常通り営業いたします。

かわって翌週の21(月)・22(火)を連休とさせていただきます。

お間違えのございませんよう、よろしくお願い申し上げます。

葵祭の風雅な王朝行列がお店の前を通りますので、ぜひコーヒーを飲みながらご覧くださいませ。
ご来店心よりお待ちしております。

初めてのイタリアンへ

2018年5月8日 

今日私はお休みを頂いていたので、一応いつもの時間に起きたものの、外から雨音が聞こえていたので鴨川へは出ずにそのままあと1時間寝てしまった。

午前中は、ちょっとデスクワークなどをして、お昼はどうしようかと思ったら、カミさんが行ってみたいお店があるということだったので、高辻 柳馬場のイタリアンへ行くことにした。

伺ったのは シシリア料理 リカータ さん。

テーブルとカウンター合わせて13席というこじんまりとしたお店で、ホールのお兄さんの溢れる笑顔と、店主さんの気さくな雰囲気が初めての訪問とは思えない居心地の良さを提供してくれる。

前菜とパスタ、ドルチェとカフェがセットになった、パスタランチを頂いた。

前菜盛り合わせ

この日記でも、ちょくちょく書いているが、私は基本的にこういった少しずついろいろという前菜よりも、一品でもしっかりポーションのある前菜の方が好きなのだが、ここ最近頂いたちょっとずつ前菜の中でも、なかなか豪華でなおかつ味付けもバシッとメリハリがあるプレート。

シシリー島の郷土色を一皿で表したような盛り合わせといったところだろうか。

カミさんは、気まぐれパスタを注文

私は、鮪とカラスミと野菜のラディアトーリを注文したはずなのだが、トラパニ風鮪とミント、トマトソースのブカティーニが出てきた。

出てきた瞬間「え?」と言ったら、「作り直します」とご店主。

しかし、正直どちらにしようかと迷っていたもう片方の料理だったので「もう、これで大丈夫ですから」と言ったのに、このパスタを食べ終えるころ「半分の量ですが・・・」と、ラディアトーリも出してくださった。

どちらも素材の味を大切にしつつ、しっかりとした味付けと、ちょっとひと手間かけた調理で、とても美味しく頂いた。

ドルチェは自家製ジェラート

エスプレッソで〆

食後に夜のメニューも見せていただいたが、なかなか魅力的な料理が並んでおり、こんどは夜に来たいと思うのであった。

そんなわけで、明日からダイエット頑張ろう。

久しぶりに普通の日

2018年5月7日 

今朝は、一応いつも通り目覚めて外に出てみたら、けっこう雨が降っていたのでウォーキングはお休み。

ちょっと浮かない気分で出勤したが、天気同様スカッとしない営業であった。

やはり、大型連休が終わり、しかも雨とあってはみなさんなかなか外に出ないですねぇ・・・

昼間に岡崎へ行ったカミさん、昼食はうどんにしようと思いつつ、並んでいるだろうと思って行ってみたら、おかきたにしようか、めんぞうにしようか、どちらもスルーで入れる状態だったそうな。

まぁ、そういう日だったのだから、造形芸大店に超穏やかな空気がただよっていても当然だったのかも。

でも、4月の都をどりから、5月の大型連休と、普通ではない日々が続いていたので、やっと腰を落ち着けていつものお客様に対する普通の営業ができるわけで、明日は定休日なので明後日から頑張っていこう。

夜中のたこ焼き

2018年5月6日 

今朝は雲が多かったものの、寒くない程度に涼しくて、ウォーキングには最適な感じであった。

今日でゴールデンウィークも終わり。

この連休中、下鴨は連日多くのお客様にお越しいただいていたようだが、造形の方はやはり学校がお休みということで、学生さんや教職員の方がほとんど来店されないので、普段よりも落ち着いた営業。

そんなわけで、今日はランチタイムのピークが終わったら、倉庫にものをとりに行く用事もあり下鴨へ。

久しぶりに下鴨のカウンターに立ってみた。

久しぶりにお目にかかるお客様も多く、みなさま「お久しぶり」とか「今日は造形お休み?」とか声をかけていただき、同じ看板でもお客様との距離感の違いを実感した。

造形芸大も、そろそろメニューやオペレーションがしっかりしてきたので、そろそろ下鴨に私が入る日を増やしていこう。

そんな下鴨で、ふと作業中の土田を見たら、なんとなく以前よりスリムになったような気がしたので「やせた?」ときいたら「いや、やせてないですよ」と笑顔で返された。

で、抽出がひと段落したところで、こんどは土田から「マスター、太りましたね」と。

はい、太りましたよ。

都をどり中は、節制する元気もなく、本能おもむくままに食べてしまったので、3月末は56キロだった体重が今朝は58.2キロ。

急いで2キロ痩せなければ・・・

と言ったら「まぁ、まだ2キロなら大丈夫だな」などと土田は言っていたが、メニューにステーキがある造形では、肉屋さんからキロ単位のブロック肉が納品される。

その2キロのブロックを見たら、「この肉が腹のまわりについてしまった」と実感するわけで、これは緊急事態。

ゴールデンウィーク明けの今日から、本気モードでダイエットしよう。

ということで、まだ今日は本気モードではない。

な~んか、岡崎あたりを夜中に車で通ったら、つい「二つちょうだい」って声をかけてしまう。

明日からは本気で節制します。

夜中のショコラ

2018年5月4日 

今朝は久しぶりにスカッと晴れた空の下、気持ちよく鴨川沿いを歩けた。

太陽の位置もずいぶん高くなってきたが、今朝は少しひんやりする気温であった。

緑も濃くなり、川面にうつる新緑も美しかった。

でも、昼間にはいきなり空が暗くなり、けっこうしっかり雨が降ったのに、夕方にはすっかり青空が戻っていた。

 

さて、なんだか「夜中の」シリーズになってしまってた今週、その〆はやはりコレ。

夜中のショコラ!

白梅町あたりで辛いカリーを頂いた後、円町からほど近いショコラさんで頂くショコラショとフォンダンショコラは、まさに法悦のひと時。

「連休中は少し早めに閉めるかもしれません」と言われたので「何時ごろですか?」ときいたら「11時ごろには・・・」って、全然早くないし。

そんな夕食をゆっくりとった後でも、しっかりスイーツが食べられるこちらのお店、ついふらっと足が向いてしまう。

夜中にカロリーの高いものを食べるのは、まさに至福のひと時ではあるが、ダイエットの大敵でもある。

ゴールデンウィーク明けたら、ダイエット頑張ろう。

このページの先頭へ