自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. 下鴨店TOP
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記
  3. 2020 7月

2020年07月

今年は長い

2020年7月24日 

今朝は蒸し暑いものの、雨は降っていなかったので鴨川へ。

2~3日前は「もう梅雨明けですかね」なんておっしゃるお客様もいらっしゃったが、昨日からは梅雨に逆戻り。

夕方の帰宅後、スマホで雲の動きを見てみると、1時間もしないうちに雨雲が京都市内にかかってくるようだったのだが、まだ降っていなかったので鴨川へ行ったものの、予報通り30分程度で雨が降り出したので、結局二条まで行ってUターン。

明日は終日雨っぽい。

例年だと祇園祭の宵山あたりにザーッと強い雷雨があって、翌朝晴れ渡って猛暑の中巡行が行われ、同時に梅雨明け宣言。

なんてのがよくあるパターンだったのに、今年は20日を回ってもまだ梅雨明けしない。

今年の梅雨は長いですねぇ・・・

コロナのせいで、年中行事もほとんど中止になって、季節感がないためなんだか感覚がないけど。

早く梅雨もコロナの流行も明けてほしいものです。

フレッシュフルーツゼリー

2020年7月23日 

今朝は昨日に比べると少し涼しかった。

府立医大の裏あたりから雨が降り始め、急いで帰宅。

午前中に若干雨が降る時間もあったが、一日を通したら曇り空の祝日。

なので、夕方はいつも通り五条まで往復してきた。

行きは鴨川沿いを歩き、帰りは木屋町を北上しているのだが、今夜はこの1か月ほどで最大の人出だったような気がする。

4連休の京都、あまり天気はパッとしなさそうだが、どうなるんでしょうねぇ・・・

さて、芸大店から新商品。

こんな季節は爽やかなスイーツを!ということで作ってみた。

フレッシュフルーツのゼリー。

プリンより簡単だろうと高をくくっていたら、キウイを入れたらゼリーがが固まらなくて、さらに、グレープフルーツゼリーもなかなか固まりにくい。

そんなわけで、グレープフルーツジュースはいったん煮沸してから。

キウイは煮沸してしまうわけにはいかないので、90度おお湯に1分ほど漬けた後、デンシレンジで再度加熱。

そうしたら、今日はバッチリ固まってくれた。

最近、スイーツを自家製に切り替え中だが、こうして毎日試作をしていると、ずいぶんしらないことも多いようで、いろんな方とお話ししていると学ばせて頂くことばかり。

毎日が勉強ですねぇ。

そうだ、オリンピックイヤーだった。

2020年7月22日 


さぁ、いよいよ明後日から東京五輪開幕!…

という、今日はそんな日だった訳ですが。

本当に予想もしないことが起こるものだと、日が近づくにつれ改めて実感します。

明日からは、オリンピック(仮)な4連休ですね。

ヴェルディのカウンターには、感染防止のためのボードをしっかり設置しております。

こまめな換気・消毒も徹底し、ご来店くださるお客様に安心しておくつろぎいただけるよう努めておりますので、ぜひコーヒータイムをお楽しみください。

最近は熱中症予防も加わり「3トル」なんだそうです。

・こまめに水分をとる

・屋外でも人との距離を十分にとる

・十分な距離をとった上でマスクをとる

そして店内に入られる際に、マスクを再着用していただけると幸いです。

大人気メニュー「コーヒーゼリー&アイスクリーム」

コーヒーゼリーだけのご注文もお受けしておりますので、お気軽にお声掛けください。

お中元の発送も大好評受付中です。

今年はリキッドコーヒーも加わり、店頭・通信販売ともに多くのご注文を頂戴しております。

ありがとうございます。

順次発送してまいりますので、ぜひお早めにお申し込みください。

安全で楽しい連休になりますように。

ご来店お待ちいたしております。

土田裕子

カッピング会

2020年7月21日 

今日は両店舗とも定休日だったので、いつもより30分ゆっくり寝て6時半から鴨川へ。

朝の時間って、30分違うと鴨川沿いにいる人も、気温・日差しも全く違う。

いつもの場所なのに、何となくアウェイな気分になった。

ウォーキングを終えて、帰宅してシャワーをして、ちょっとテレビを見たら、堀川五条の業務用食器店へ。

プリンを作るための型を追加購入してから芸大店に向かった。

先日、やっと予定通りの焼き具合が実現できたので、今日からは量産体制に入ることにした。

明日、型から出さないと出来栄えは分からないが、上手くいっていてほしい。

プリンを焼き上げたら、午後からはエチオピアのカッピング会。

主催はエチオピアのMETAD社だが、こちらは昨年私がエチオピアへ行ったときに大変お世話になったプランテーション。

コロナの再拡大に伴い、前日・当日のキャンセルも出たため、定員いっぱいで開催する予定が、若干参加人数は少なくなったが、それでも盛況のうちに開催できた。

産地情報を説明するMETAD社の浅野氏

感染防止のため、カッピングスプーンで直接味見をするのではなく、スプーンは決して口につけず、小さなカップにとってから風味をみるという方法がとられた。

昨年は雨が遅れて、収穫時期が少し遅れたが、その分熟度も高かったようで、昨年のものと比べると数段良い風味になっていた。

今回カッピングした7つのロットの中で、Verdi としてはGOTITI(イルガチェフ最南端)のウォッシュドを使いたいと思う。

GOTITI は、昨年私も訪問して、ここのウォッシングステーションの優秀さは実際に見ているので、安心して使える。

入港するのが楽しみ。

真夏

2020年7月20日 

今年は葵祭の巡行もなく、祇園祭の山鉾を見ることもなく、季節感がないまま7月も下旬を迎えたので、まだ「夏」になったという印象を持てずにいたが、今朝のむーっとした暑さは、いやでも夏になったことを実感するものだった。

そんなわけで、京都は昼間の最高気温が35度を超え、これだけ暑いとプリンではなく爽やかなゼリーだろう、と思って、フレッシュフルーツを使ったゼリーを作って急遽販売開始!

だが、何の告知もしていなかったこともあってか売れ行きはイマイチ。

反対に、プリン(クレームキャラメル)は、お昼過ぎに完売。

プリン人気は侮れない。

そんな今日の午後は、ヴェルディの珈琲をお使いくださっている 宝泉堂 さんのスタッフさんたちが珈琲の抽出実習にご来店くださった。

宝泉堂さんと言えば、丹波大納言を中心とした和菓子の名店。

珈琲が入り込む余地はなさそうなのだが、京都駅の新幹線改札内にあるお店の茶寮で提供される珈琲に ヴェルディの豆をお使いくださっている。

そのJR新幹線京都駅店が、現在改装中で間もなくリニューアルオープンされるので、その前に再度皆さんがちゃんと抽出できるようお越し下さったというわけである。

単に豆のお取引をするだけではなく、少しでも美味しく提供したいと、こうして勉強しにお越し下さるという姿勢を見ると、私たちも身が引き締まる思い。

新幹線で京都を訪れた方々に、美味しい珈琲をお楽しみいただけるよう、私たちも日々良い商品を作らねばと思いも新たにするひとときであった。

久しぶりにインド料理!

2020年7月19日 

スカッと晴れた朝!

朝から暑かったですねぇ・・・

出町の飛び石カメさんも、すっかり姿を現した。

ふと見ると、セミの抜け殻もあったりして、もうすっかり夏です。

しかし、雨の日もお客様の足は湿りがちだが、真夏の暑さもお客様の外出意欲をそぐというもの。

開店から12時台まで、けっこう静かな芸大店だったので、暑いとダメかと思っていたら、遅めのお昼から多くのお客様がお越しくださって、いっときは数組ウエイティングがかかる状態になってしまった。

とは言え、席数を半分に減らしているので、お客様の数としては以前の半分以上にはなりえない。

早く薬ができて、みんな心置きなく外に出られるようになったらいいですねぇ。

さて、今日もノルマの1日10キロウォーキング。

いつもなら、日が暮れた後に歩きはじめるのだが、今日はちょっと早めに出発して、まだ明るさが残っているうちに四条を通過。

日曜の夕方、鴨川沿いも四条通りもかなり人が多かった。

で、いつも通り五条まで歩いて再び北上。

通常ならそのまま帰宅するところ、最近お外マサラをしていないなぁ、と感じていたので、久しぶりにインド料理を食べに行った。

帰り道の途中にある インド料理 ムガールさん。

私が自分で作ったもの以外のインドカレーを食べるのは、もしかすると3~4か月ぶりかもしれない。

それだけに、絶対後悔しない店に行きたかったので、今日はベストチョイスだと思った。

まずはシーフードラッサム。

ラッサムはいろんな種類があるし、多くの店で食べたが、個人的にムガールさんのシーフードラッサムは今まで頂いたラッサムの中で、私の嗜好におけるベスト3に入ると思う。

今日はこれを食べようと決めていた「マトンのキーマ マタル」と「ジーラ(クミン)ライス」

ヴェルディで出しているキーマカリーは、同じマトンキーマでも基本は南インド風だが、ちょっと東インドの要素も取り入れたもの。

ニゲラが入っていないパンチフォロン(ベンガル系インド料理におけるオーソドックスなミックススパイス)の香りがするココナツ風味のカリー。

ムガールさんのキーママタルは、しっかりとした北インド風。

個人的には南インドのカリーが好きだが、こういうバシッとキマッた北インドのカリーも無性に食べたくなることがある。

「よかったら混ぜて食べて」とタマネギとパクチーのみじん切りを出してくださった。

コレ、マトンキーマに混ぜると激旨になる。

生タマネギ侮るなかれ。

チャイでご馳走様。

久しぶりのインド料理、やはりプロが作る本物の味はいいですねぇ。

今日は、美味しいインド料理も食べられたし、トラさんチームも連勝で借金返済、3位浮上といいことづくめ。

オーナーの平田さん曰く、この前インドへ行ったとき、チキンムグライ発祥のお店で食べて、レシピを変更したという「チキンムグライ」と、ロンドンへ行ってあちらのNo.1インド料理店でインスピレーションを得たという「ブナ ゴーシュ」(ゴーシュ=4本足の肉≒ラムorマトン)も食べに来なくては。

また、ウォーキングの帰りにお邪魔します。

このページの先頭へ