自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. 下鴨店TOP
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記
  3. 2021 6月

2021年06月

横浜でエエやん!?

2021年6月10日 

今朝の鴨川、川の東側は木陰になっていて涼しいのに、西側は朝日があたって暑かった。

さて、昨日は東京へカフェ&レストランショー(展示会)を見に行ってきた。

が、案内状には「東京ビッグサイト」と書かれていたので、何も考えずにビッグサイトへ行ったら、全然人がいないではないか!?

しかも、なんだかイベントをやっている気配すらない・・・

もう一度、招待券をよく見てみると「東京ビッグサイト 青海展示棟」と書かれている。

「ビッグサイト」と言っても、青海展示棟は最寄り駅すら違うではないか!

ってことで、ユリカモメに乗って青海へ。

なんか、これが同じビッグサイト?という感じだったが、中はわりと広かった。

昨年まで、カフェレスショーはパソフィコ横浜で開催されていたが、「今年からは規模を拡大してビッグサイトへ移行」と謳っていたのに、これではパシフィコの方が大きいではないか!?

なら、横浜でやってくれよ~!

横浜だったら、隣駅の石川町まで行けば、美味しい中華食べられるから・・・・

と、ぼやいても仕方ない。

気を取り直して、今回は芸大店で作るスイーツの材料や、今後の通販アイテムのための交渉など、いくつかの明確なミッションがあったので、けっこう真剣に一つ一つのブースを見て回った。

見て回っていたら、セラード珈琲の横山さんを発見。

「出展するなんて、全然聞いていなかったのに、なんでいるんですか?」と訊いたら「いや~、今年はブラジルから人が来れないから、ブースが埋まらないってことで、ブラジル大使館から出てくれって言われて」だそうである。

とりあえず、まだこの日は珈琲を飲んでいなかったので、モーニングコーヒーを一杯頂きつつ、生豆の流通事情などについて雑談 情報交換。

以前から、こんど機会があったら絶対この豆ケース入れたいと思っている、ショーケース制作会社のブースでもいろいろとお話を伺い・・・

その後は、今後OEMをお願いしようかと思っている会社のブースで、かなり突っ込んだ要望を伝えたうえでの見積もり依頼をしたり、スイーツに使いたいと思っている食材の輸入会社さん数軒から仕入れ条件などを伺いつつ、商品の試食をさせてもらったり。

朝一から展示会場に入り、お昼過ぎまでたっぷり3時間、多くの会社の方と名刺交換をしたので、会期後にはいろいろと進めて行ければと思う。

展示会場をを後にして、今年は中華街に繰り出すわけにもいかないので、もうちょっと開拓したいと思っていた新大久保へ。

今日はタイ料理のお店に行ってみた。

このお店の真向かいは、アンビカ(インドのスパイス輸入販売会社)の直営店。

特に、ネットで調べたわけではなく、当てずっぽうで入ってみたのだが、ランチメニューはほとんど800円で、なかなかリーズナブルだった。

カオソーイのランチセットを注文。

麺は、米の平麺。

味の方は、私個人の嗜好として言えば、もうちょっとスパイシーな方が良いかなと思ったが、万人受けという点で言えば、誰彼選ばず食べやすい味かな?と思った。

そんなわけで、なかなか内容の濃い東京。

コロナでなかなか難しい時期ではあるが、だからこそしっかりと情報を集めて、良いものをお客様に提供できるよう頑張らねばと思う。

近々出てくるであろう新商品にどうぞご期待くださいませ。

夏の合図

2021年6月9日 

来月の明日、一年振りに京都の町に鉾が立ちます。

祇園祭です。

巡行や露店はありませんが、鉾が並んで粽が買えるようです。

 

昨年の中止は、実に応仁の乱以来だったと聞きました。

1467年のことだそうで、553年ぶり2度目の歴史的出来事に遭遇したわけです。

 

KYOTO 2020

  

7月らしからぬ静けさと見晴らしの良さに違和感を覚えて、記念に撮った写真です。

 

とりたてて “祭り好き” というタイプでもないですが、やはりこの時期に鉾が立ち並ぶ風景を思うと嬉しいですね。

暑い暑い夏の始まりの合図です。

近々、用事がてら見に行ってみようと思います。

 

暑い暑いといえば…

もう熱中症に気をつけなければなりません。

自転車のサドルの熱さは、この数日で次のフェーズに移ったようです。(←最近覚えました笑)

 

暑い時も寒い時も免疫力のためにも、必要なのは体力かと思いますので、適切な食事と十分な睡眠、それから然るべき息抜きを大切にお過ごしください。

睡眠以外は、ヴェルディでもご提供できれば幸いです。

 

パストラミビーフ&トマト&チーズ

 

モーニングセット

 

オレンジタルト

 

ぜひ、お立ち寄りください。

ご来店お待ちしております。

土田裕子

新大久保面白いし

2021年6月8日 

明日から東京ビッグサイトで始まるカフェ&レストランの展示会のため、今日から私は東京入り。

本当は、明日日帰りしようかと思っていたのだが、就職で東京へ出て行った次女が、今日は研修だけなので早めに上がれるということだったため、次女のところに泊めてもらうことにして今日から東京へ向かった。

で、せっかくだったので、久しぶりに奥沢のアランチャートさんへ。

前回伺ったときは、ちょうど外出されていたのだが、今回はマスターもおられて久しぶりにバッハ系のお店の雰囲気を味わえた。

まずは中深煎りのアランチャートブレンド。

バランスよく飲みやすい、コーヒーらしいコーヒー。

続いて、グァテマラのウエウエテナンゴ中煎り。

私はウエウエテナンゴ産の豆と言うと、パカマラ種を焙煎した経験はあるのだが、こちらは多品種の混合ということで、ストレートなのにバランス重視の味わい。

明るく美しいお嬢様も店をお手伝いされていて、同じく娘を持つ父親としてはちょっと羨ましかった。

奥沢を出たら、新大久保へ。

ちょっと前に、DOMO cafeさんから味についての質問があり、ちょうどDOMOさんのブレンドに使っているニカラグアの農園が変わったところだったので、若干焙煎が不安定になっていたかもしれない。

そんなこともあって、現場でもう一度ブレンドを飲んでみたかったので、DOMOさんへお邪魔した。

実際に、お店でスタッフの方が淹れたものを飲んでみたら、「これ、美味しいやん」と言う感じ。

毎日焙煎したもののテイスティングはしているが、御取引先様専用のブレンドについては、テイスティングする機会が少ないのと、実際のお店でそこのスタッフの方が淹れたものを味見する機会はもっと少ないため、こうして東上した折にはなるべく立ち寄って味をみたいと思っている。

美味しく淹れて頂いていて感謝。

その後、娘と合流して新大久保にあるネパール料理店ラトバレへ。

目的のお店へ行く手前にも、なかなか面白そうなお店が多く、新大久保ってちょっと(いや、かなり)いろいろと探索したいお店が多いエリア。

ちょっとタイ料理店に後ろ髪を引かれつつ、でも今日はネパール料理を食べるんだ!という固い意志を持ってラトバレへ。

まずはパニプリから。

プリ(揚げパン)の中にジャガイモのスパイス和えが入っているものに、タマリンドのスープを入れて食べるインドの屋台スナック。

ネパールでもこれが食べられているのかどうかは不明だが、とりあえず個人的に好きなので注文。

Pangra(パングラ)は砂肝のスパイス炒め。

これは、完全にお酒のアテですね。

娘が食べたそうだったので、モモも注文。

ネパール料理と言うより、モモはチベット料理に分類されるので、ある意味中華の餃子と同源かも知れない。

もっちりしていて美味しかった。

Vegetable Pakoda(野菜のパコダ)、要するに野菜のかき揚げなのだが、ひよこ豆の粉で揚げる天ぷら、香ばしくて好き。

〆はChowmein(チャウミン)要するにネパール風焼きそば。

これに飲み物も入れて、3千円台前半というリーズナブルなお店。

新大久保の懐の深さを見せてもらった気がする。

娘はタイ料理が好きで、駅からこのお店までの間に何軒もタイ料理屋があったので、こんどはタイ料理も食べたいらしい。

新大久保と言えば、コリアンタウンというイメージが強いし、実際表通りは焼肉屋とか韓国のジャンクフードのお店が軒を連ねるが、メインストリートを少し外れると、むしろタイ料理やネパール料理が幅を利かせている。

私の場合、韓国料理については食指が動かないものの、それ以外のアジア料理には大いに魅力を感じる。

また開拓しておくよ、と、娘に言いつつ、なんで京都在住の私が東京在住の娘に東京のお店を開拓しておくと言わねばならないんだ?と疑念を抱いたりして。

でも、新大久保は開拓したくなる街ですねぇ。

喉も足も疲れますねぇ

2021年6月8日 

昼間は真夏の暑さだが、朝はけっこう気持ちの良い今日この頃

これで熱帯夜とかになってきたら辛いなぁ・・・

さて、芸大店では新型コロナの感染防止策として、全テーブルにアクリルの仕切り板を設置している。

せっかくなので、アクリル板にPOPもつけたりして。

で、レジカウンターにも金銭授受用の開口部のあるアクリル板を設置しているのだが、ただでさえマスクをしていると声がこもって聞こえ辛い上、アクリル板で仕切られていると、よほど声の通る人でない限り何をおっしゃっているのか聞こえないことが多い。

そこで、会議用と書かれている小型スピーカーを購入してみたのだが、説明によると会議などのときに利用できるようマイク内蔵ということだったのに、どうやらそれはオンライン会議のことのようで、実際には別にマイクをつながないといけなかったらしい。

そこで、昨日は閉店後にてくてく歩いてヨドバシへ。

京都タワーが紫なのかピンクなのか、ともかくスゴイ色だった。

ピンマイクを購入して、いざつないでみたが、残念ながらマイクの音声がスピーカーから流れることなく撃沈。

でも、ヨドバシの店員さんが「もしうまく接続できなかったら返品に応じるので、また来てください」と言われたので、今日もヨドバシへ。

今日は、小型スピーカーも持参して行ったのだが、どうやらこれはBluetoothで接続しないと上手く行かないらしい。

そのBluetoothマイクはというと、だいたいが3万以上!

用途を言ったら、ハンズフリー拡声器ではどうかと言われて、そちらを見たら4,000円ほど。

そんなわけで、ハンズフリー拡声器を購入して帰宅。

レジでの会話の折、お客様の声が聞こえにくいということは、こちらの声もお客様に聞こえにくいということなので、どうしても大声で接客しなくてはならなくなる。

ランチタイム中ずっと大声でレジを打っていたら、だんだん喉も痛くなってくるし、何度もヨドバシまで歩いて行っていると足も疲れてくる。

ハンズフリー拡声器のおかげで、休み明けからは平和な接客ができそうである。

知らなくてもいい珈琲の話-その19【コーヒーの品種-3】

2021年6月6日 

前回は、ティピカ種について書きましたが、今回はティピカ種から派生した品種について書いて行きたいと思います。

ものすごくアバウトなコーヒーの品種系統図は、前々回載せましたが、もう一度こちらに載せておきます。

アラビカ種は、大きく分けて「ティピカ系」と「ブルボン系」に分類されます。

それ以外ですと、エチオピアで生産されている豆(エチオピア在来種)と、今回ヴェルディでも取り扱っている【イエメニア】になります。

そんな中で、今回はティピカ種の系統について説明します。

「全てのアラビカ種は、元をたどればティピカに行きつく」と言われるほどなので、下手をすると数百種類がティピカの系統になってしまうのですが、今回はヴェルディでも取り扱った豆や、けっこう源流に近い豆などだけに限定して説明します。

今回取り上げる豆の部分だけを切り取ると、このようになります。

ティピカとブルボンの交配でできたムンドノーボは別途説明するとして、まずはジャワから説明したいと思います。

【ジャワ】

JAVAと表記することから「ジャバ」と呼ばれることもあります。

由来

エチオピア~インドネシア・ジャワ島

1699年、オランダがインドのマイソールからジャワ島へ持ち込んだものが起源とされます。

DNA解析によると、エチオピア在来種と多くの面で一致していることから、ババ・ブーダンが持ち出したものが祖先と考えられます。

その後、このジャワ島の種子がヨーロッパへ渡り、1913年にドイツ宣教団によってカメルーンへ渡ります。

そこで、この品種が持つ炭疽病への耐性が注目されました。

ニカラグアのリモンシージョ農園(ヴェルディ取り扱い豆)が作っている「ジャバニカ種」は、カメルーンからニカラグアへ渡り、長らく栽培されていなかったものをリモンシージョ農園が作り始めたものです。

木および豆の特徴

木の高さは中規模程度で発芽後3年ほどで収穫できる。

豆のサイズは大きく細長い、俗にいう「ロングベリー」

収穫量は少な目で生産性は悪い。

炭疽病、さび病への耐性はあるが、線虫には弱い。

風味

フルーティーな酸味があり、やわらかい果実系の風味が特徴。

【マラゴジッペ】

● 由来

エチオピア~オランダ~ギアナ ⇒ ブラジル

1870年にブラジルで発見されたティピカ種の突然変異品種です。

バイーア州のマラゴジッペというところで発見されたことから、地名が品種の名称となりました。

● 木および豆の特徴

マラゴジッペの特徴と言えば、何と言ってもその大きさです。

コーヒーの生豆を見たことがない人でも、その大きさは他と違うことが分かるほど。

当然、木や枝ぶりも普通のティピカより大ぶりですが、生産性が悪いことが最大のネックです。

ただ、大きい割には病害虫に対する耐性が低く、特にさび病には非常によわいため、さび病の流行があるといの一番に被害を受ける品種でもあります。

● 風味

大粒なので味の方も大味かと思いきや、存外にマイルドで口当たり良く甘みもある良質な味を持った豆です。

そんな生産性の悪さを補うため、パーカス種と掛け合わせた「パカマラ種」が近年多く栽培されるようになっています。

次回もティピカ系の品種について説明いたします。

あづさヰ

2021年6月5日 

今日の夕暮れもとても綺麗でした。

一瞬西の空が真っ赤に!!

さて、ヴェルディ芸大店は毎日新作メニューの試作に奮闘中でございます!

来週の6月12日(土)からは新たなランチプレートメニュー登場予定です♪(11時〜14時までの数量限定でのご提供となっております。)

どんなメニューになるのか!!

詳しくは近々お知らせ致します♪

乞うご期待下さいませ♪

早いものでもう6月、あちこちで紫陽花が咲き始めましたね。

紫陽花といえば白、ピンク、紫色、水色、いろんな色や種類がありついつい足を止めてシャッターを押してしまいます。

紫陽花あるあるではないでしょうか?笑

土によって色が変わるアジサイ。

アジサイには「アントシアニン」と呼ばれる色素が含まれており、この色素がアジサイを発色させているそうです。

土中にアルミニウムが多く含まれていると、アルミニウムとアントシアニン色素が結合して青色に。

逆に土中のアルミニウムが少なければ、薄紅色やピンク色に近い色に変化するそうです。

皆様は何色の紫陽花が好きですか?

ちなみに私は水色です♪

この花びらの多い紫陽花かわいいです。

しばらく私の写真アルバムは紫陽花だらけになりそうです。。

このページの先頭へ