自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. 下鴨店TOP
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記
  3. 住宅街のイタリアン

住宅街のイタリアン

2019年11月5日 

今朝は目覚ましをかけずに寝たのだが、やはり5時くらいには目が覚めて、ちょっと中途半端だったのでもう一度寝たら、次に目が覚めたのは6時40分。

なんとなくその時間から歩きに出るのもどうだかなぁ、と思ったので、今朝はウォーキングをさぼってみた。

でも、先日の計算によると一日ウォーキングをさぼったら、150グラム体重が増えることになるので、今日は夜に歩いてみた。

最近は、朝でもけっこう暗いのだが、同じ暗くても夜と朝とでは全く雰囲気が違って、夜は人の生活感があるなぁ。と思った。

 

さて、今日は午前中からいろいろと手続きなどをして、午後から夕方までは打ち合わせが入っていたので、なんだかんだで帰宅したらもう午後7時ごろ。

珍しく次女が早く帰宅していたので、たまには次女と食事でもしに行こうということになり、先日ふと立ち寄ってみていい感じだった、東一条通のイタリアン、ヴィア トランズィト へ。

カプレーゼ、これがなかなかボリュームがあって、一人だとちょっとしんどい量だった。

シンプルなだけに、細かいところで良しあしが変わるわけだが、オイルやハーブ、ブラックペッパーがいい感じでなかなか美味しかった。

ピッツァはロマーナを注文。

アンチョビの塩気がいい感じで、生地のクラストも良く、これはまた食べに来たいピッツァであった。

栗のニョッキ

以前、ランチを頂いたときに見せてもらったアラカルトメニューに、スパゲッティで「ノルマ」というものがあったので、聞いてみたらベッリーニのオペラ、ノルマからとられた名前のスパゲッティということだったので、それを食べてみようと思っていたのだが、残念ながら今日はメニューにノルマがなかったので、ニョッキを注文。

 

イタリア人のおじさんが一人で切り盛りしているカウンターのお店なので、若干時間はかかるがなんだかいい感じのお店で、ふと昔のグルバブを思い出してしまった。

またこんどはカミさんを連れて行くことにしよう。

このページの先頭へ