自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. 下鴨店TOP
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記
  3. ちゃらっと滋賀へ

ちゃらっと滋賀へ

2020年7月7日 

今朝、いつものように6時前に目が覚めて窓を開けてみたら、けっこう雨音がしっかりしていたので、そのままニュースを見て、洗濯などしていたら、9時ごろに雨がやんだ。

そこで、急いで着替えて鴨川へ。

なかなか水量が多かった。

いつもより3時間遅れで定点撮影ポイント。

ほとんど中洲はなくなっていたが、草が残っているところで、アオサギと鵜と鴨が休んでいた。

いつもは静かな鴨川が、今日はけっこう荒れている。

キノコはすくすく成長していた。

どこまで行こうか考えて、三条か四条まで行こうと思ったが、二条あたりで少し雨粒が落ちてきたので、二条で戻ることに。

疎水から流れ込んでくる水

疎水の水と川の水がぶつかるところで、きれいに色が分かれていた。

歩き終わって、帰宅してシャワーをしたら、芸大店が焙煎を担当している豆を持って下鴨へ。

店長と軽く打ち合わせをした後、ちょっと滋賀県へ。

以前、ヴェルディで働いていたスタッフが、ご主人と一緒にやっている自家焙煎珈琲店 Kaffe Tak(カフェ タック)さんへ。

こちらは約1年前に開店、その後なかなか行けていなかったので、久しぶりに顔を見に行きたいと思っていたのだが、やっと伺えてよかった。

ご夫婦とも元気で仲良く営業されていて一安心。

Verdi も、開業当初は夫婦二人で営業していたなぁ・・・と。

なんとなく懐かしく、ちょっとうらやましく感じながら、店を後にした。

このページの先頭へ