自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. 下鴨店TOP
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記
  3. インド人

インド人

2020年11月22日 

一昨日までは、朝も夜も暖かかったが、今朝は手袋が欲しくなる感じだった。

ヴェルディ京都芸大店では、ホールスパイスを自家調合してカレーを作っているので、だいたい毎月インド人が経営しているスパイス屋から大量にスパイスを購入するのだが、発注書をFAXしたら、しばらくして確認の電話がかかってくる。

私はけっこうインド人と会話をする機会が多いので、何を言っているかだいたいわかるのだが、あまりインド人と会話したことのない人からしたら、インド人の日本語は非常に聞き取りにくいようである。

たしかに私も15~6年前は、インド人の話す日本語が非常にわかりにくかったにだが、その後毎日のようにインド人と話しているうちに、だいたいわかってくるようになった。

でも、これはインド人に限ったことではなくて、パプア・ニューギニアやエチオピアへ行ったときも、現地の言葉でしゃべっていると思っていたら、実は英語だった、なんてこともしばしば。

話は戻って、そのインド人が電話をかけてくるとき、よく「あと500円買ったら送料が無料になるので支払い費用が安くなる」と言われることがある。

これを逆に言うと、500円分の商品を購入しなかったら、送料の1,100円と代引き手数料の300円、合計1,400円を損することになるが、あと500円分購入したら、その1,400円がスパイス屋負担になるというわけである。。

たしかに売り上げは上がるけど、収益的にはどうなんだろう?と思いつつ、送料無償になる金額まで購入することになる。

でも、そんなところも含め、頭はすごく良いくせに、けっこうインド人って面白いところがあり、私はそんなインド人の不思議なところが好きだったりする。

まぁ、特になんてことはないのだが、日本人が日本の価値観だけで日本人とだけ付き合うより、いろんな国の人と話してみると面白いことってけっこうあるものである。

このページの先頭へ