自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. 下鴨店TOP
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記
  3. トラジャとゲイシャ

トラジャとゲイシャ

2021年7月12日 

川沿いを歩いていると、ほんの一瞬、冷房でもかかっているのではないかと思うほど涼しい場所があったりする。

でも、このところは基本的に朝から蒸し暑い。

暑いのが苦手な私としては嫌だなぁ・・・

さて、昨日からトラジャを今日からはゲイシャを販売開始しましたが、おかげさまで両方とも多くのお客様にお求め頂き、焙煎したものがすぐになくなってしまう状態。

基本的に、限定のスペシャルコーヒーは芸大店にある5キロ釜で私が焙煎しており、今朝もゲイシャを5キロ焙煎したものの、お昼過ぎに通販のご注文を見たら、すでに今日焙煎した豆の量では足りなくなってしまっており、午後からもう一度釜を動かすことに。

トラジャの方は、ゲイシャ以上に動きが大きくて、こちらも追加で焙煎して通販を発送している下鴨へ持って行きました。

本当に有難いことで、全く個性の違う2種類を両方ともお求めくださるというご注文も多く、これは皆さまがいろいろな豆の個性を楽しみたいとお求め下さっているということだろうと思います。

そんなご期待に応えられるよう、これからも良い豆を仕入れて、その豆の特徴をしっかり出せるよう焙煎していかねば、と思います。

で、これまでの限定コーヒー、特にゲイシャなど高価な豆は1袋(箱入りの場合は1ケース)を仕入れて売切れたら終了という形をとってきましたが、今回のゲイシャは下鴨本店18周年記念セールということで、4箱ほど仕入れたので、今までだと早く注文しないと売り切れると思っていた方も、ぜひゆっくりと必要な量だけご注文頂ければと思います。

ただ、トラジャの方は1袋で終了予定。

こちらも、2日間でほぼ半分がなくなったので、トラジャをご希望の方は少しお急ぎ頂いた方が良いかもしれません。

ちなみに、トラジャの次はグァテマラのナチュラルを予定しております。

グァテマラは、レギュラー商品として扱っているウォッシュドを作っている「アルト デ メディナ農園」が試験的に作り始めたナチュラル。

先日、輸入元の会社が開催したカッピング会へ行って、とても高いポテンシャルを感じたので仕入れてみました。

こちらもぜひご期待くださいませ。

このページの先頭へ