自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. 下鴨店TOP
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記
  3. おもちゃ

おもちゃ

2021年9月6日 

朝夕はずいぶん凌ぎやすくなってきた。

朝日と雲の雰囲気も、すっかり夏とは違ってきましたねぇ・・・

さて、先日おもちゃを購入した。

今年の第一便が入船したら、サンプル送るね。

と言われていたエチオピア・イルガチェフのサンプルが送られてきたが、ヴェルディの焙煎機は5キロ釜と10キロ釜なので、最低でも1キロ焙煎しないと釜が回らない。

今までは、生産国から送られてきたサンプルを商社が輸入前にカッピング会でテイスティングさせてくれたもので判断したり、とりあえず1キロ購入して焙煎してみていたが、コロナでカッピング会もままならず、入船して間もなく、まだ小分けもへったくれもない状態だとそうもいかず。

サンプルの300gだと焙煎機に入れられないため、超小型家庭用焙煎機を購入してみた。

ワンロット60gの焙煎ができて、ミディアムかダークの2種類の焙煎度合いが選択できる。

ミディアムは、1ハゼ終了直後に焙煎が終わるので、カッピングサンプルにはちょうど良い焙煎度合い。(かなり酸っぱいけど)

かなり煎りムラはあるが、まぁ、ポテンシャルを見るだけなので大丈夫。

3種類、立て続けに焙煎してみたが、一応ちゃんと焼けた。

評価的には、19/20のクロップと概ね同じで、ヴェルディにおける基準的な味と言えるのはGEDEB のGOTITI。

でも、CHELELEKTUも捨てがたい風味を持っていて、けっこう悩む。

恐らく、今回のサンプルロットは、すぐになくなってしまうので、どのウォッシングステーションのものにするか決めたら、1年分の量を契約をしなくてはならない。

ここで決めたものが、この一年間のエチオピア・ウォッシュドの味になるから、もうちょっと慎重に検討してみよう。

と言うことで、来月あたりからエチオピアもニュークロップに変わります。

どうぞご期待くださいませ。

このページの先頭へ