自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. 下鴨店TOP
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記
  3. 台湾珈琲レポート その4

台湾珈琲レポート その4

2017年2月23日 

ちょっと体調を崩していたので、今日は少しゆっくりさせてもらい、ランチ前から出勤。

何名かのお客様から「身体だいじょうぶ?」とご心配頂きましたが、薬が効いたこともあってかなんとか元気に働いております。

でも、風邪薬ってけっこうハイになれるから楽しい。

ランチタイムから、明日の「気まぐれカレー」を仕込み終える頃までは、何となくハイな気分で上機嫌のもと仕事をしていたのだが、夕方になってハンドピックをしていると、その分ドーンと疲れてきたような、またちょっと目の奥と頭が痛くなってきた。

とりあえず、だましだましやって行こう。

.

さて、台湾の珈琲店視察その4は、4MANO CAFFE と言うお店へいったところから。

こちらも、何かのチャンピオンが経営しているお店とのことで、本当に台湾はチャンピオンだらけ。

白を基調としたスタイリッシュなお店。

 

4種類の豆が用意されていて、4種類の抽出方法から選べるのが、ここ4MANO COFFE の特徴。

 

私はハンドドリップを頂いたが、ご一緒下さった方は水出しアイス?を注文。

 

こちらは、中に餅が入っているワッフルも有名だとか。

サンドウィッチなどの食事メニューも充実しており、また食器も石が多用されていて、オシャレな雰囲気を醸し出しており、若い人を中心に人気の高さが伺えるお店であった。

.

その後、夕食を頂きに行ったお店の隣(同系列ということ)に、カフェと夜はバーにもなるお店があり、今回私を呼んで下さった方が、このお店を気に入っていらっしゃるということで、少し中を見せて頂いた。

 

こちらも白を基調としたスタイリッシュな雰囲気だが、4MANO COFFE さんよりも、一層カッコイイ感じ。

光の使い方もオトナな雰囲気であった。

 

こちらは、若い人が集うというよりも、もう一段大人を意識した店と言う感じで、ある意味しっかりとすみわけされているということが分かった。

何らかのコンペでチャンピオンになった人が経営するカフェばかり見てきたが、けっこうチェーン店も人気のあるところが多いとのことで、そんなチェーン店も見て回った。

まずは、店舗に焙煎機もある cama cafe 。

黄色に統一されたデザインと、ちょっと横顔がムーミンっぽいこの店のキャラクター。

 

こちらでは、珈琲豆の販売にも力を入れている様子が見て取れるのだが、現地の方に話を聞くと、やはり豆を求めて自宅で飲む比率は、日本の方が高いように思えた。

続いては、ちょっとあか抜けていない感じもするLOUISA COFFEE。

 

こうして見ると、スタンドの珈琲専門店っぽいが、客席に座っている人たちは、珈琲ではなく、うどんっぽいものを食べていたりして、なかなか面白い店であった。

テイクアウトで頂いて、移動の車中に飲んだが、スッキリしていてとても飲みやすいものであった。

こうして、台湾の珈琲店巡りをさせて頂いたが、最終日の打ち合わせで伺った FIKAFIKAさんの本店で飲んだ珈琲は、なかなか衝撃的なものであった。

そのあたりはまたこんど。

つづく

このページの先頭へ