自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. 下鴨店TOP
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記
  3. 給湯器は冬に壊れる

給湯器は冬に壊れる

2018年1月8日 

昨夜のこと、日記を書き終えてなんとなく Fire TV stick で映画を見ていたら、ちょっと寒くなってきたので床暖房を入れた。

しかし、30分経っても暖かくならない・・・

どうしたんだろう?と思いつつ、キッチンへ飲み物をとりに行ったら、給湯器のコントロールパネルに見慣れない数字が点滅しているではないか!?

給湯器の取扱説明書でエラー番号を見てみたら、異常感知のときに出る数字らしい。

対処方法を見ると、一度電源を切ってみて、再度つけたときに数字が出なかったら問題ないと書かれている。

って、ぜんぜん対処方法にもなっていないではないか。

当然、一度電源を切って再度入れてみるが、何度やってもダメ。

すでに時計の針は12時30分を指している・・・

さすがに、この時期に水風呂に入る気にはならず、結局今朝は出勤前にカミさんの実家へ寄ってシャワーをさせてもらってから店に出た。

夏だったら水のシャワーでも良いのだが、さすがに冬は辛い。

それにしても、真夏の一番暑い時期の、しかも世間がお盆休みのときなんかに冷蔵庫が壊れてしまったりするものだが、給湯器は冬の一番寒い時期の、しかも連休中に壊れたりするから困ったもの。

さっそく大阪ガスに電話をして修理依頼をしたが、休日対応料金になるため通常の3割増しになると言われ、それでもお湯も床暖房も使えないのは困るので修理の手配をお願いした。

で、今日の夕方にガス店の人が来てみてくれたのだが、計時劣化による負荷がかかり、動作不良によって異常警報ができてるらしい。

かれこれ18年前の給湯器なので修理したくても部品がないらしく、とりあえずリセットしたものの、恐らく床暖房をつけたらすぐに同じ状態になるであろうこと、普通にお湯を使う分には今のところ何とか動くが、いつ完全に壊れてもおかしくない状態で、次に異常警報が出たらリセットできない可能性もあると言われ「どうしますか?」と。

で、計算したら、マンションの斡旋価格で購入するのと、10年リースするのでは1万円しか差がない(購入の方が1万円安い)上、リースの場合は10年間の期間終了まで、故障したときは無償修理をしてもらえるが、購入の場合は1年間しか保証がない。

ということで、その場でリースをすることに決めたら、3割増しと言われていた出張修理費も「今回はけっこうです」と言ってもらえた。

ラッキーだったのか、そもそも壊れて残念だったのかよくわからないが、とりあえずぼちぼちヤバいと思っていた給湯器の不安が解消されることになったので、まぁ、良かったことにしておこう。

そんなわけで、出張修理費支払のために用意していた金額よりも安くで食べられたお魚。

次女は寒ブリの造り定食

三女は平目の造り定食

私はブリ大根(アラ煮)

だいたい休日は早々と売り切れで店を閉めてしまうはずの十両さんが、今日は8時前でも食べられた。

聞けば、休み明けの連休最終日で今日は暇やったわー、と。

そんなこんなで、正月休みと三連休が終わり、明日から Verdi の下鴨本店は正月の振替休業を含め2連休を頂きます。

造形芸大店は、火曜日ですが営業いたします。

と言うか、明日からいよいよ学校も授業がスタート。

本店がお休みの明日と明後日、よろしければ造形芸大店へお運びくださいませ。

このページの先頭へ