自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. 下鴨店TOP
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記
  3. 日帰り東京弾丸ツアー 表参道編

日帰り東京弾丸ツアー 表参道編

2018年1月28日 

今朝も寒かったものの、昨日よりはマシだったような気がする。

鴨川沿い、自転車が通った後のわだちが完全に凍っていて、真っ暗な中気を付けないと足をひねってしまいそうで怖かった。

.

さて、日帰り東京ツアーの後編は表参道。

まずは、お食事系タルトをいろいろと見ると言うことで What a tart!へ。

前回、店長と一緒に来たときに、ここへ寄ろうと思っていたのだが、残念ながら臨時休業だったため、鎧塚さんのキッシュ店へ行ったこともあり、今回はちゃんと営業していることを確認の上訪問。

ちょっと遅めの時間だったこともあってか、並んでいるタルトも少な目だった。

でも、いろいろなタルトがあって、見た目にも楽しい。

『ローステッドトマト』と『さわら、黒胡麻、赤カブ」

『豚バラコンフィ』と『焼きりんご、ゴルゴンゾーラ』

『ポルチーニと彩きのこ』と『クラブケーキ』

どれもひと手間かけられていて、なかなか美味しく頂いた。

ドリンクは、ハーブティーをチョイス。

タルトを食べたら、スイーツということで、DOMINIQUE ANSEL BAKERY へ。

ここは、先に注文してから席をとらなくてはならないので、自分のオーダーしたものができた時点では、座る場所がない可能性が高いと言う、なかなかリスキーなお店。

面白いケーキたち

まだ、このあたりは食べたことがない

なんじゃこれ?!

この発想、素晴らしい!

とりあえず、先に注文するよう促されるも、店内は満席で、席が空くのを待っている人がそこここに立っており、ある種椅子取りゲームの様相を呈している。

そうこうしている間に、私のレシート番号が呼ばれたので、受け取りにカウンターへ。

フローズンスモアをキャラメリゼする店員さん。

「まだ席がないからちょっと待ってくれる?」と言うも、耳に入っていない様子で、全く無視してキャラメリゼし始める。

続いてミルクショットにミルクを注ぐ。

で、注文したのはこちら。

シュー生地にアイスクリーム

クッキーショット

フローズンスモア

私たちはなんとかハイテーブルを確保できたので、立ち食いはできたのだが、店内ではトレーを持ってうろうろと席が空くのを待つ人多数。

開業以来のこのシステム、確かに客数をとるためには良いのかもしれないが、客の立場からすると「席をとるのが先だろう」と思ってしまう。

それでもこれだけ人が入るのだから、店側としては修正すると言う考えにはならないのだろう。

『お店ファースト』とでもいうべきか、まさに『今のアメリカ』を体験できるお店かもしれない。

これ以上甘いものは食べたことがないのではないかと思うほど甘い、まさにインド人もびっくりなスイーツを食べたら、無性にコーヒーが飲みたくなり、だからと言って酸っぱいコーヒーでは、よけい胃が痛くなりそうだったので安全策を取って SOU・SOU さんへ。

ちょっとホッとするのであった。

話は変わって、今年からリニューアルしたメニューの中でも、ダントツの一番人気『本日のヴェルディプレート』。

今日から2月5日までは、このプレートとしては初の魚が登場。

白身魚とトマトの煮込み ディル風味がメイン料理になっている。

温かい一品は、先日出してからなぜか人気を博している「店主レシピによる豆とキーマの甘口カレー」を引き続きご提供。

一応、2月5日までの提供予定ですが、今日も12時30分前に売り切れとなってしまい、大変ご迷惑をおかけしました。

もしこの調子で出続けると、早めの終了となることもあるので、その際はご了承くださいませ。

また、今週の造形芸大店は、入学試験の関係もあり、火曜日は営業して水曜日に臨時休業を頂きます。

お間違いのないよう、どうぞよろしくお願いいたします。

 

このページの先頭へ