自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. 下鴨店TOP
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記
  3. カパラオの小規模農園 その2

カパラオの小規模農園 その2

2018年9月9日 

久しぶりに朝のウォーキング。

しかし、鴨川に出たとたん、荒神口の橋のたもとにあった大木が根っこから倒れているのを目にして、先日の台風が凄まじかったことを実感する。

帰宅したら、カミさんや娘たちが、本当に怖かったと言っていたが、私はそのころブラジルの山の中で春のような陽気の中、農園視察をしていたので台風の情報はある種自分のいるところとは違う世界のことのように感じていたのだが、こうして台風の爪痕を目にして、ずいぶん遅れたもののちょっと怖くなった。

今日は今にも降りそうだが、なんとかもっているといった感じの朝であった。

 

さて、カパラオの小規模農園レポートその2。

次に向かったのは、セラード地域の大規模農園と比べると小さいものの、このあたりでは比較的大きな土地で家族経営しつつクオリティーの高い豆を作り続けているマニュエロ家の農園へ。

自宅のすぐそばには、大きな乾燥機がある。

このあたりでは、もっと小さな農園だと公共の乾燥施設を使って収穫→水洗処理の後乾燥プロセスを経るとのことで、こんな乾燥機があるということは、やはりこのあたりでは大きな農園ということが分かる。

入るとすぐにコーヒーの花が奇麗に!・・・ではなく、これはみかんの花!

みかん(オレンジ?)も、たわわに実っていた。

木々の生えている地面を見ると、白い粉が撒かれている

これは土壌が酸性にならないよう、石膏を撒いて少しだけアルカリ性の土壌にしようということらしい。

セラードの大規模農園とは違い、ピッカーを雇うのではなく家族で収穫~生成まで一貫しておこなう。

紅い実を持って「どうだ、完熟しているだろ?」と自信満々で見せてくる。

歩いていたら、いきなり一本の木を引き抜きつつ「これがマンジョーカ」と言う。

このマンジョーカは芋の一種で、芋としても料理に使えるが、これからとれるでんぷんがタピオカの元になり、そのタピオカを使って作られるのがブラジルの国民食?ともいえるポンデケーケージョ。

行く先々でポンデケージョを食べたが、どこも微妙に味が違い、言わば一種の「おふくろの味」のようなものかもしれない。

わりと簡単に抜かれてしまった。

得意顔でマンジョーカを手に自宅へ戻る。

このあと、どんな料理に変身するのでしょうねぇ・・・

次に蜂蜜を出され「これも自家製、うまいだろ」と。

たしかに、甘さの質が濃厚で香りもよく、とても美味しい蜂蜜であった。

こうしていろいろとやっているのを見ると、本業の方はどうなんだろう?と思ってしまったが、こちらでもオリジナルの発酵工程を持って精製しているようで、この日の夕方のカッピングでは、なかなか良い豆が出ていた。

こちらでは、カパラオ アマレロとカツアイがメインで植えられていた。

素敵なファミリーでした。

このページの先頭へ