自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. 下鴨店TOP
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記
  3. 購買意欲

購買意欲

2016年4月20日 

今日は水曜日なので、本来なら店長の土田が日記を担当するはずなのだが、明日の夜は私が日記を書けないため、今日と明日を入れ替えてもらった。

そんなわけで、土田ファンの皆様、ごめんなさい。

 

先日の連休は、二日続けてレイトショーで映画を見に行った。

初日は、『スポットライト』、二日目は『獣は月夜に夢を見る

IMG_2523

どちらも、スカッと爽快!って感じの映画ではないが、個人的には、けっこう楽しめた。

今シーズンのロードショー、わりと見に行きたいものが多く、他にも数本見たいと思っているのだが、なんだかんだ言って、次に見に行くのは『名探偵コナン』のような気がしている。

さて、今日は私の自宅近所に、新しくスーパーマーケットがオープンした。

昨日プレオープンがあったので、早速昨夜のうちに下見に行ったのだが、夜の9時過ぎとは思えない盛況ぶり。

何気に、私の自宅近辺は、スーパーがなくて、我が家の日常の食料などは、仕事の後に店の近所のスーパーで買って帰るか、車でカナートまで出かけるか。

徒歩や自転車で行けるお店がなく、ちょっと不便であった。

そんな地域なものだから、けっこういろんなスーパーへ行ってみたりするのだが、入って買い物かごを手に、店内を回ってみて、「よし、買おう!」と、テンションの上る店もあれば、なんとなく買いたい気分にならない、テンションの上がらない店もある。

店が暗かったり、陳列棚がスカスカだったり、なんか整然としすぎていて、起伏がなかったりすると、買いたいと言う気分にならないものだが、明るく清潔感がありつつ、どこか崩れているというか、メリハリの効いた棚作りだと、つい商品に手が伸びてしまう。

今回自宅の近所にできたスーパーは、そういう意味で言えば、わりと購入意欲の湧くお店かもしれない。

考えてみると、これは、スーパーに限らず、どんな業種にも言えることで、ついお金を使ってしまうお店と、財布のひもを引き締める店があるわけで、Verdi も、いろいろとスーパーから学ぶべきことが少なくない。

もっとお客様のテンションが上がるお店にするには、どおうすべきか、けっこう考えている今日この頃。

てなわけで、明日は土田の日記です。

このページの先頭へ