自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. 下鴨店TOP
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記
  3. カフェとカレーと

カフェとカレーと

2019年5月16日 

今日は朝からけっこう暑くなりそうな気配。

朝の陽ざしがだんだん痛くなってきた。

 

さて、一昨日に東京へ入り、昨日の朝は新宿で用事があったので、新宿三丁目近辺で人気の珈琲店「4/4 (all season) coffee」さんへ。

店内には小型焙煎機もあり、ここで焙煎されているようなのだが、どうもサイクロンや硝煙装置が見当たらない。

新宿のど真ん中で、小型とは言え大丈夫なのだろうか?とちょっと思ってしまったが、もしかしたら壁の中に硝煙装置が埋め込まれているのかもしれない。

店内を見渡して、そんなことを考えてしまうのはやはり職業病でしょうねぇ・・・

レジカウンターの横でハンドドリップをしてくれる。

3~4種類ある豆から選べるので、私はルワンダをチョイス。

目の覚めるような酸味を強調した焙煎であった。

ほんの30分ほどだったが、外人さんを中心に次々とお客様が入ってきて、満席になったので私は退散。

その後、神田で用事を済ませた後、ネットで調べて小川町のカレー屋さんへ。

歩くこと10分少々、ビルの2階にあるお店は、この前行った荻窪の吉田カレーを思い起こさせる。

でも、ちゃんと看板も出ているし、営業中でもシャッターが半分閉まっている吉田カレーよりは商売っ気がある様子。

ご亭主はちょっと怖い人かと思ったが、吉田カレーよりは怖くない店だった。(と言うか、全然怖くなかった)

カレーは3種類ある中から、2種類選んで合い掛けにするような感じ。

私は、オーソドックスにチキンカレーと豆のカレーをチョイス。

とてもマイルドで、誰彼かまわず食べやすいカレーではないかと思った。

ターゲットが広い分、ネットでの評価も高いのであろう。

店内が狭いこともあり、けっこう並んで皆さん食べていて、私はギリギリ並ばずに済んでラッキーだった。

 

そんなわけで、カレーを食べたら、神田明神まで歩いて行って、レトロな喫茶店で食後の珈琲を飲んだのだが、そのお話はまた明日。

 

このページの先頭へ