自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. 下鴨店TOP
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記
  3. トップ

トップ

2019年7月14日 

朝5時ごろに目が覚めた時は、窓の外から雨の音が聞こえていたのだが、6時にはもう止んでいたので今朝も鴨川へ。

雲が低く立ち込めていた。

昨日はいったん中州が見えていたのだが、今朝はまた水の下に消えていた。

 

さて、今日はランチタイムまで造形芸大店に入り、夕方からはロームシアターへバレエの公演を見に行ってきた。

パリオペラ座の最高位であるエトワールを10年間続けてきたカール パケットの引退公演。

すでにパリでは昨年の大晦日に引退公演を終えていたので、今夜が全世界での最後の舞台ということで、やはり最後に偉大なダンサーの踊りを目に焼き付けておこうと足を運んだわけである。

 

初めてカールを見たのは DVD 。

白鳥の湖で、家庭教師とロットバルトの二役を演じていたのだが、これがすごくカッコ良くて、ある意味主役の王子以上の存在感だった。

一昨年は、ドンキホーテを見に行ったが、一幕を見た時、さすがに40歳ともなると少し落ちてきたような印象を持ったものの、三幕では「少し落ちたなんて思ってごめんなさい」というような圧倒的な演技。

そして、今夜のジゼルでも見事な演技で魅了させてくれた。

 

10年間もその世界でトップに君臨し続けることのすごさ、本当に言葉では言い表せないものがあると思うが、今夜の公演後に異例ではあったがカールがそのまま舞台でしたスピーチは、皆の胸に残るものであった。

「一つの星(エトワール)が輝くために、一つの星は終わりを迎えます」

こんな言葉を後進に言い残して去れるトッププレーヤーがいったいどのくらいいるのだろうか。

そう言えるカールに畏敬の念を覚えると同時に、自分という星が消えても新たな星が輝けるということを心底実感できるということは、幸せなことではないかとも思った。

このページの先頭へ