自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. 下鴨店TOP
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記
  3. 本当か?

本当か?

2019年9月20日 

朝夕は少し肌寒いほどになってきた。

窓を開けて寝ていたら、なんだか背中が冷えていて、明け方に寒くて目が覚めるほど。

もう秋ですねぇ・・・と、言いたいところだが、週間天気予報を見ていたら来週はまた30℃を超えるらしい。

ついでに、明後日以降は雨が続き、この三連休は天気もイマイチっぽい感じ。

その天気、営業的に吉と出るのか凶と出るのか?

 

さて、先週はSCAJ(日本スペシャルティコーヒー協会)のカンファレンスがあったので、豆を仕入れている商社さんや用具関係のメーカーはビッグサイトでのイベントに注力していたため、ある意味珈琲業界は停滞していたような感もあるのだが、今週になると名刺交換をしたブースの会社から「来場有難うございました」といったセールスメールが届いたり、豆の商社さんからはカンファレンスで試飲が出ていた新豆のお知らせが届いたり。

そんな中、産地セミナーやカッピング会のお知らせもいくつか届いていたので、来週の火曜日と10月の頭にはまた東京へ勉強しに行こうかと思っている。

そして、本当は今年か来年の頭に、できれば珈琲発祥の地であるエチオピアの農園視察に行きたいと思っていたのだが、諸般の事情で難しいかとあきらめていたところ、もしかしたら11月後半から行けるかも!?という可能性が出てきた。

まだどうなるか分からないが、行けるとなったときのことを考えて、外務省の渡航情報などを見ていたら、やはりなかなか物騒な国らしい。

しかも、行きたいと思っている地域は、「不要不急の渡航はやめてください」か「渡航はやめてください」と表示されている場所だったりして若干不安ではあるが、【虎穴に入らずんば虎子を得ず】

やはりどうしてもエチオピアの農園は見ておきたい。

でも、【君子危うきに近寄らず】とも言うし・・・・

まぁ、だいたいこういう格言というものには反対の格言もあるのだから、やはり私は君子というより虎党ってことで、エチオピアへ行けることを願って勉強しておこう。

このページの先頭へ