自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. 下鴨店TOP
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記
  3. なかなか慌ただしかった一日

なかなか慌ただしかった一日

2019年10月1日 

昼間は暑いけど、朝夕は寒いくらいの今日この頃

今朝は少し早めに出たこともあるが、日の出の時間は着実に遅くなっている。

 

さて、今日は消費税の変更初日と言うことで、きちんとレジが作動しているか確認のため朝一で下鴨へ。

ちゃんとイートインが内税で10%、豆やテイクアウトのスイーツは内税で8%になっていることを確認。

ちなみに、ヴェルディ(下鴨・造形とも)では本日以降も増税となる店内飲食も、税込み価格を9月までと同じで営業しております。

実質消費税増税分を値下げしての対応。

どうぞ皆さまご安心の上、ご来店くださいませ。

 

で、チェックを終えたらサクッと帰ろうかと思っていたが、ちょっと珈琲を一杯飲んで・・・と思っている間に焙煎機のスイッチを入れる時間になり、店長の手が離せない状態だったので、私が焙煎機のスイッチを入れたら、なんと「異常」のランプが点灯してアラームが鳴りだすではないか!

すぐに焙煎機の裏のパネルを開けて状態を確認。

機械部分のセンサーなどを見て、概ね状況を掌握したところでメーカーに電話をして症状を伝え、可能な限り早期に修理をお願いする。

とりあえず、今日は焙煎をしなくては豆がないので、ちょっといろいろといじっている間に、なんとか応急処置で焙煎機が動くようになった。

なんだか、先日のエアコンに続き、こんどは焙煎機と続くときは続くものである。

 

そうこうしている間に、ちょっとお取引先へ行かねばならない用事もできて、いったん店を出て豆の卸先さんへ。

そちらの問題も概ね分かり、対応する旨お伝えして再び下鴨へ。

スタッフにいろいろと指示を出して、いざ店を出ようと思ったら、東京のアランチャートさんから紹介されたというお客様がお越し下さり、せっかくだったので私が珈琲を淹れることに。

恐らく1か月半ぶりに下鴨のカウンターに立ってみた。

 

珈琲をお淹れしたら、こんどこそ店を後に。

10月15日の夜に、中央卸売市場の寿司屋さん 京・朱雀 すし市場 桂塩鯛師匠の落語会があるということだったので、そのチケットを購入しに行きついでに、せっかくだったのでランチをとることにした。

平日のランチタイム限定の日替わり海鮮丼

真上から

これが、見た目以上にネタがたっぷりで、ものすごく食べ応えがあり、それでいて900円というお値打ち価格!

ここは一応回転ずしなのだが、ほとんど回っていなくて、食べたいものを注文する感じ。

夜には何度か来ていたが、このランチタイムのサービス丼はコスパいいですねぇ・・・

 

で、食事を終えたら、せっかくの休みだったので、ちょっとは休みらしいことをしよう、ということで一人映画。

このところ、三谷幸喜さんの作品って、私的には面白いと思えないものが続いていたのだが、この「記憶にございません!」は、個人的に「マジックアワー」に次いで面白かった。

そんなわけで、前半は仕事をしたようなしていないような、後半は美味しいものを食べて映画を見て過ごした一日。

明日は造形で新カレーメニューの試作と写真撮影などもしなくてはならない。

頑張って行こう。

 

このページの先頭へ