自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. 下鴨店TOP
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記
  3. verdi マスター

verdi マスターの投稿

カレー屋 X

2021年11月21日 

すれ違う人の顔が全く判別つかない暗さになってきた。

さて、先日どうしてもカレーが食べたくて、自宅近所にあるインド料理店へ初めて行ってみた。

メニューを見たものの、いまいちピンとくるものがなかったので、とりあえずターリーを注文してみた。

このところ、カレーは白梅町か東京でしか食べていなかったのだが、久しぶりに茹でた玉ねぎやケチャップ味のマサラ系カレーを食べて「失敗した」と思ってしまった。

で、今日は朝から閉店まで、ひたすら動き続け、久しぶりにウエイティングに長蛇の列ができるという状況だったため、仕事を終えた瞬間「今夜はカリーを食べたい!」と思ってしまった。

そこで、帰宅したら10分間だけ足をマッサージャーに突っ込んで、それが終わったら急ぎ足で歩いて白梅町へ。

まずはサラダ

カリーは、私が最も好きなカレーの一つ「ゴビ チェチナード」。

これが、マジでめっちゃ美味しかった。

チャイで〆

やはり、充実しすぎるほど仕事をしたときは、絶対食べ物で失敗したくない。

その点、ヌーラーニは失敗しないので。

マダムの教子さんが、大門未知子に見えてしまったりはしないが、やはりここは「カレー屋 X」だと確信した夜であった。

SCAJ

2021年11月18日 

今朝は今年初めて手袋をして歩いた。

でも、寒さはそんなに厳しくなかった。

さて、昨日は2年ぶりの開催となったSCAJ(日本スペシャルティコーヒー協会)のカンファレンスへ行ってきた。

例年だとビッグサイトでの開催だが、今回は出展社が少なかったためか、青海の展示会場。

だいたいオープンと同時に行ったら、けっこう並ぶことが多いので、30分ほど余裕を見て10時30分に行ってみたら、「マジか!?」という長蛇の列。

会場に着いてから、中に入るまでに50分程度かかってしまった。

ちなみに、昨日のこの時間、同じくらい並ぶ必要があったのはココ

並びながら周りの人たちを見てみると、以前は「同業者」といった感じだったり、大手のコーヒー関連企業っぽい人たちだったりと言った雰囲気だったが、今年は一般の人が多かったような気がする。

今年は器具などをしっかり見たかったので、けっこう真剣に聞いて回った。

このミル、シルバースキンを飛ばすだけのものかと思ったら、刃の形状が違うものを用意しているとのことで、同じ豆、同じ焙煎、同じ粒度ながら刃の形状が違うもの2種類を飲ませてもらったところ、カットされた粉の形状によって味も変わってくるということが良く分かった。

なんか、毎年いろいろと技術が進歩していて面白い。

生豆の商社を何軒か回りつつ、L値計がほしかったのだが、色の度合いを測る機械があったので、いろいろお話を聞いて、つい買おうかと思ったら、30万円すると言われて諦めたり・・・

すごい人だかりだったので、少し時間をおいてから伺ったセラード珈琲さんのブースでは、レギュラー商品として扱われているワインのような風味が特徴の豆に、今年は赤だけではなく、ロゼと白が登場したとのことで、それを飲み比べ。

この、「白」が、本当に白ワインのような風味で面白かったので、「入荷したら買おうかな」なんて悠長なことを言っていたら「20袋しか入ってこないから、今回は一人1袋限定で販売しますけど、もしかしたらカンファレンス中に予約で埋まるかも」なんて言われたものだから「じゃぁ、予約!」と言ってキープしてもらうことになった。

2月入荷だそうなので、どうぞ皆様もご期待ください。

でも、値段聞くの忘れた・・・・

いろんな豆のサンプルがあって、多くのブースでいろいろ試飲させて頂いたが、ちょっと「コンゴ」の豆に興味があって、なんとかサンプルゲットできないかと思って「サンプルください」と言ったら、どうやら早くもコンゴのサンプルはなくなってしまったようで「もうなくなった」と営業の人に言われてしまった。

それでも、粘っていたら発送担当のUさんがいらっしゃったので「コンゴ、もうないですか?」と訊いたら、めちゃくちゃ探してくださって、奥の方から1袋だけ出してきてくださった。

やった!初めての豆って、ちょっとドキドキする。

テストローストが楽しみ。

そんな感じで、11時過ぎに入って13時半まで、けっこうしっかりと見て回れて、いろんな方にも会えて、実り多い一日だった。

ビッグサイトではなく青海だったので、ガンダムにも会えた。

で、話は全く違うが、新橋のSL広場にあるSLはクリスマス仕様になっていた。

機関室にはサンタさんがいた♪

ちょっと東京へ

2021年11月16日 

今日は朝から一つ用事があり、それを終えたらお昼前に東京へ移動。

新幹線の S Work という車両に乗ってみた。

先日テレビでこの車両のレポートをしていたので、こんどは使ってみようと思っていた。

そのレポートによると、他の車両と比べてネット環境も良く、ネット会議も問題なくできるレベルで、サクサク仕事ができる車両ということだった。

なので、新幹線の中でバシッと仕事をしようと思っていたのだが、思いのほか wifiがブツブツ切れてしまい、通販サイトの商品登録で情報を全て入力して画像も載せて更新しようとしても、データをアップロードできず、せっかく10分以上かけて作ったページが全て消えてしまう・・・ということが2~3回。

結局全く成果なく品川についてしまった。(涙)

で、今回の東京行きは何かと言うと、明日から開催されるSCAJ(日本スペシャルティコーヒー協会)のカンファレンスに行くというのが一つ。

そして、もう一つは、また近くなったらご報告しますが、来年から、ある家庭雑誌に珈琲についてのあれこれを不定期連載することになったのでその打ち合わせ。

打ち合わせ場所は、フランク・ロイド・ライトの建築として有名な、池袋の自由学園明日館。

まずは、来年の2月号と3月号に執筆後、面白かったらまたお声がかかるかも。

掲載されたらご報告しますので、よろしければ購入の上ご覧ください。

夜は、東京に住む次女の家に泊めてもらうことになっていたので、夕食を一緒にすることに。

何食べたい?と訊いたら、「肉」ということだったので、新大久保でよさげな店を探して入ってみた。

チーズトッポギ

海鮮チヂミ

焼肉盛り合わせ

けっこうリーズナブルな料金で、お腹いっぱいになった。

韓国料理って、私も娘もほとんど食べる機会がないため、美味しいのかどうか分からないが、このところ新大久保界隈で食事をするとなったら、ネパール料理かタイ料理だった。

でも、新大久保ってコリアンタウンなのだからたまには韓国料理も食べねばですね。

とりあえず、この界隈、面白い。

取捨選択

2021年11月15日 

もうすれ違う人の顔を判別できない暗さ。

足元も見えにくいので、ちょっと気をつけねばですねぇ。

さて、最近個人的に危機感を覚えているのがネットニュースというもの。

テレビのニュースは、自分が何に興味あるとか関係なく、一日のいろんなことをテレビ局が重要と思う順に(あるいは、テレビ局が視聴者が興味あると判断したこと)個々の視聴者の主義主張とは関係なく放映される。

一方で、ネットのニュースというのは、個人の閲覧履歴をもとに見ている個人が興味あると思われるものを優先的に表示するようになっている。

同じ事件を扱ったニュースでも、個々の閲覧履歴から、よりその人が納得するような観点で書かれたものが表示されているように感じる。

最近の時事問題で言うと、コロナのワクチンを不安視する人が、ネットで情報を集めていると、検索エンジンが閲覧履歴からその人の主張に近い記事を表示するため、その人のスマホにはワクチンに対するネガティブな情報が優先的に表示され、それによってその人は「ワクチンは危険」という情報が大多数の意見だと錯覚してしまうことがある。

といったことを言う人がいたが、これはある意味分かりやすい実例ではないかと思えた。

私もYahooニュースを開けたら、「主要」のところに野球ネタや飲食ネタが多数出てくるが、ふと「これって主要ニュースに入れるべき内容だろうか?」と思うこともしばしば。

ネット時代の情報収集においては、サイバー空間にあふれるデマをしっかり見抜くことや、情報を取捨選択して得なければ、偏った情報に翻弄されると言われる。

が、入ってくる情報そのものが、ネットによって取捨選択されたものが届くのであれば、見た人が情報の取捨選択をすることは難しいように感じる。

まぁ、そうしてみると、やはり必要で調べたい個々のものではなく、世の中の広い情報を得るという点でみれば、ネットではなく新聞やテレビで取得することが重要ではないかな?とか思ったりする今日この頃。

とは言え、新聞もテレビも各社論調は違うので、各々の観点やポジションを理解して読んだり見たりしないと、真実を知ることはできないように思う。

いろんな意味で、ネットの世界に身を置くと、取捨選択をしているようで、実はネットに取捨選択されているということなのかもしれない。

お幸せに

2021年11月14日 

もう朝は真っ暗ですねぇ・・・

今日は、このところあまり出ていなかったスイツモーニングのご注文が多い朝だった。

甘いものが食べたい!でも、カロリーが気になる・・・

というのは、多くの人が考えてしまうことだと思うが、朝だったらちょっと罪悪感も薄れるというもの。

私も、常にダイエット中ではあるが、朝からしっかりと作りこまれたスイーツを食べられるお店があったら、きっとたまに行くような気がする。

ダイエット中の方も、そうでない方も、カロリーは朝に摂取しましょう!

さて、そんな今日は、午後から焙煎セミナーのご予約が入っていた。

先週までは、コラボカフェのためセミナーを休止していたのだが、コラボカフェが終わったとたん、ほぼ毎日セミナーの問い合わせや予約の電話が入り、開催可能な日は、かなり埋まっている状態だが、今日セミナーに来てくださった若いカップルは、ちょっと他の方とは趣旨が違っていた。

もちろん、珈琲がおすきでないと申し込まれないのだが、なんと来週の土曜日に結婚式を挙げるにあたり、お祝いに来てくださった方へのプチギフトに自分たちで焙煎した珈琲のドリップバッグをプレゼントしたいということでのお申込みだった。

ドリップバッグを300袋=3キロ必要なのと、ご自宅用を合わせて今回は5キロ焙煎にチャレンジ。

ご主人がハンドピックするところを撮影される奥様。

奥様もハンドピックにチャレンジ。している横でピースするご主人。

いいコンビだなぁ、とつくづく思いました。

仲良く香りをかいだりしつつ、焙煎は進み・・・

私は撮影をしていたので、太田監修のもと煎り止め。

普通だったら、この後味見をして終了だが、今回はこれからが本番。

3キロの豆を挽いて、ドリップバッグのフィルターに詰めて、外装の袋にはお二人が焙煎している姿を撮影して作ったラベルシールを貼り付け、全部をシーラーでとめていく。

結局午後2時から始まった焙煎セミナー、ドリップバッグ300袋を詰め終わったら午後7時を回っていたが、こうして二人が作った自家製のプチプレゼントを配るのっていいなぁ、と思う。

仲良く作業をされるお二人を見ながら、私もちょっと幸せのおすそ分けを頂いた気分になった。

どうぞ末永くお幸せに。

朝と夜

2021年11月12日 

今朝は目が覚めたらバルコニーの手すりに当たる雨粒の音・・・

そんなわけで、朝のウォーキングはお休み。

夕方には、ちょっと用事があって大津のカフェ タックさんへ。

ミラーに写った夕焼けがきれいだった。

用事を済ませ、帰る前にラテを一杯。美味しかった。

店に戻って、やり残していた仕事を終えて帰宅したら、朝歩けなかった分鴨川へ。

いつもの場所でパシャッ

この定点撮影地点の横にはベンチがあり、朝はいつも初老の男性が座って読書をしているのだが(最近は暗いのでいないことも多い)夜に来てみたら、若いカップルが熱い抱擁を交わしていた。

それにしても、同じコースを歩いていても、朝と夜で随分雰囲気が違う。

朝は、恐らく平均年齢65~70代って感じだが、夜は平均年齢20代!

朝と夜で、ずいぶんちがうなぁ、と思いながら夜のウォーキングであった。

このページの先頭へ