自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. 下鴨店TOP
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記
  3. 店主の休日

店主の休日

暑いときは、冷たいの

2016年6月23日 

今朝は、激しい雨のため、朝のウォーキングはお休み。

久し振りに、ちょっとゆっくり6時半まで寝てしまった。

 

さて、一昨日に引き続き、Verdi のお取引先のお店回り。

で、暑い日には冷たいものが欲しくなる。

と言うわけで、ついついたのんでしまう冷たいもの。

まずは、今出川を白川から少し西に入ったところにある Green Canary さん。

恐らくこのお店は、Verdi と珈琲豆のお取引を頂いているお店の中では、最も長くお付き合い頂いているお店。

久し振りにゆっくりさせて頂いた。

P1070993 P1070994

紅茶はディンブラ。キャラメル ナッツのパフェも頂いた。

最近はどこへ行っても珈琲を飲もうと思ったら、同じロゴばかり目につくが、こうして、地元に根付いたカフェが、もっと元気で増えていくことが、本当の意味での景気回復なのではないかなぁ、と、思う。

続いて、暑いときと言えば、かき氷!

かなり久しぶりに伺ったのは、祇園NITI さん。

P1070966 P1070967

キウイのかき氷を頂いた。

中には、キウイをまぜたチーズが入っていて、なかなか面白い組み合わせ。

氷の口どけも良く、やはりそのへんで食べるのとはちょっと違う。

これからの季節、ますますお忙しくなることでしょう。

P1070970 P1070973

カミさんは「宇治抹茶」、新人さんは「ほうじ茶」。

一口ずつ頂いたが、どちらも美味しかった♪

.

店名:Green Canary(グリーン カナリー)

住所:京都市左京区浄土寺西田町88-1(神楽岡通今出川下る西側)

電話:075-751-1815

営業:10:00~19:00 水曜、第1・第3木曜定休

.

店名:GION NITI(祇園ニチ)

住所:京都市東山区祗園町南側570-8

電話:075 525 7128

営業:cafe time 11:00〜18:00 〈水曜定休〉
   bar time 19:00〜26:00

Web:http://www.gion-niti.com/

たまには京都で食べ歩き

2016年6月21日 

いつものように朝の5時過ぎに目が覚めると、激しい雨音が耳に飛び込んできた。

「これは、今日もウォーキング中止だな」と思って、目覚ましを7時にセットして再び目を閉じる。

アラームの音で目が覚めると、もう雨音が聞こえなくなっていた。

てなわけで、定休日だったので、いつもより1時間半遅れで鴨川へ。

IMG_3036

それにしても、雨上がりの雲は、またなんとも幻想的で美しかった。

.

たまには、店のことなど。

先週末より、水出しアイス珈琲パックを販売開始いたしました。

P1070919

ポットの中に、水出しアイス珈琲パックと水を入れて、一晩冷蔵庫へ。

翌朝には、美味しいアイス珈琲ができています!

分量と漬け置き時間については、添付のプリントをご覧いただければ良いかと思います。

店頭と通販(通販の場合は「その他」のカテゴリをご覧ください)でお求め頂けます。

手軽に美味しいアイス珈琲、一度お試しください。

.

さて、実は先週から新人さんを一人採用した。

研修を経て、8月からは正社員として頑張ってもらう予定。

で、働き始めてまだ3日、いろいろと話もしたかったし、Verdi のお取引先を知ってもらいたいとも思ったので、今日は彼女をさそって、Verdi の豆を使って下さっているお店巡りをすることにした。

まずはランチ。

お取引の有無にかかわらず、ずっと好きなビストロの一つ、ブションへ。

P1070957 P1070958

まずは、前回来たときに注文して、非常に美味しかった『ムール貝のスープ』

前回は、入荷したてのムール貝だったので、かなりレアで出てきたが、今日のものは、それに比べると、しっかり火が通っていた。

しかし、表面は火が通っているようでいて、中はレアな状態。

これまた絶妙にいい感じのムール貝で、サフランの風味もしっかりしていて、とても美味しく頂いた。

P1070961 P1070960

リーフサラダに続き、今回は初めて注文した「ガスコーニュ風クレピネット」

要は、ハンバーグなわけだが、ハンバーグというのは、ドイツのハンブルグ風ソーセージなわけなので、フレンチにおいてはクレピネット。

中にはフォワグラが入っており、濃厚にして風味豊か。

これは、ワインを飲む人にはたまらない一皿だと思った。

食事を終える頃、玉田さんが「デザートはどうされますか?」と来られたが、今日は数軒回るつもりなので、食後の珈琲と別腹は岡崎で楽しむことにした。

P1070987

P1070988 P1070990

とても美味しく頂きました。

この後、祇園でかき氷を食べたり、某和カフェでクルクル回るアイスコーヒーを飲んだり、Verdi の豆を使って下さっている中では、最も初期からお取引頂いているカフェへ行ったりしたが、一度にアップしたら超長くなってしまうので、この続きはまた明後日。

明日は、店長 土田の日記です。

どうぞお楽しみに。

.

店名:ブション
住所:京都市中京区寺町通二条榎木町1-1
電話:075-211-5220
営業:11:30~14:30 17:30~21:30
木曜定休
Web :http://www.bellecour.co.jp/bouchon.htm

 .

店名:オ タン ペルデュ
住所:京都市左京区岡崎円勝寺町64
パークハウス京都岡崎有楽荘1F
仁王門通り神宮道西50m南側白川に面す
電話:075-762-1299
営業:11:00~21:30 月曜定休 火曜不定休
Web :http://bellecour.co.jp/autempsperdu.index.htm

まさかの

2016年6月20日 

今朝は、どんよりと曇った空をながめながら、昨日は雨天中止だったウォーキング。

風は、わりとひんやりしているのだが、何となく肌をぬめっとなめるような重たい空気。

湿度の高い朝であった。

IMG_3021 IMG_3022

.

さて、俗にいう「5 10日(ごとうび)」というのは、何かと用事があるもので、店は休みだが、経理関係の用事があったのと、明日は第三火曜日で定休日なので、一部間違って明日納品で配達依頼が入ったところに配達回り。

そんなわけで、朝からカミさんと店へ行ったのだが、用事がひと段落したところで、ランチをとりに出ることにした。

で、どこへ行こうかと迷ったが、もう午後1時半だったので、近所で確実に満足できるお店と思い、いつもの家庭的なイタリアン「アズーロ」さんへ伺った。

P1070946

今年初のガスパチョ!

これを頂くと、夏だなぁ、という感覚になる。

これから、いろんなお店のガスパチョを頂くことになるだろう。

パスタは、「イカスミ」と、「フジッリ、ズッキーニとバジルソース」をチョイス。

イカスミの濃厚な風味、バジルソースの華やかな香り、二皿のコントラストが際立っており、とても美味しく頂いた。

P1070947 P1070952

それにしても、やはりイカスミを食べると、ちょっと水で口をゆすいだ程度では、黒いあとが残ってしまう。

なので、これを食べられるのは、打ち合わせなどが入っていない定休日だけ。

P1070954

と、思っていたら、エスプレッソが出てきたところで電話が入り、けっこう重要な用事で人と会わねばならなくなってしまった。

鏡を見たら、まさかのお歯黒べったり・・・

分かってたら、他のもの食べたのに・・・

と言っても仕方ないので、コンビニで炭酸水を買って、まぁ、水よりはイカスミが落ちるかな?と安直な考えの元、炭酸水で口をゆすいで臨んでみた。

そんなこんなで、今日は定休日なので、基本私はお休み。

なので、これからMOVIXにレイトショー見に行ってきまーす。

IMG_3030

面白かったら、明日の日記で。

.

店名:TRATTORIA AZZURRO (アズーロ)
住所:京都市左京区一乗寺大原田町26-1
北大路より叡電踏切沿いを北へ
電話:075-723-4339
営業:11:30~14:00 17:30~21:00(LO)
水曜定休

たまには

2016年6月7日 

近畿地方は梅雨入りしたそうだが、まぁ、例年梅雨入り宣言が出たら、その後はけっこう好天が続いたり・・・

で、今日もバッチリ良い天気であった。

IMG_2920

やはり、天気が良くて日の出が早いと、鴨川沿いは、けっこう朝から人が多い。

今日は、店が休みだったので、普段より10分ほど遅めに歩き始めたのだが、10分の違いでも、随分多くの人が出てきているものだと感心してしまった。

.

さて、昨日は、末娘の通う小学校で『日曜参観』なるものが開催されたので、今日はその代休で末娘はお休み。

そこで、たまには娘を遊びに連れて行ってやろうと思って、長島スパーランドへ私とカミさんと末娘の三人で行ってみた。

P1070779 P1070780

さすがに今日は、なかなか空いていた。

なので、待ち時間も短めで、たくさんのアトラクションに乗れたのだが、中でも最近できた『アクロバット』(写真左)は、うつぶせで乗るコースター。

この態勢で乗るコースターって、初めてだったので、すごく新鮮で面白かった。

結局アクロバットには3回乗ってしまった。

そして、長島スパーランドと言えば『スチールドラゴン2000』

末娘は、最初かなりビビッていて、高くそびえるコースを上っている途中「怖いよ」「高いよ」と真剣に怖がっていたが、いざ乗ってみたら面白かったようである。

たまには、こういう絶叫マシンに乗るのも面白いものである。

帰宅したら、長女と次女にも「こんどは連れて行って」と言われたので、また家族で来ることにしよう。

日帰り弾丸和歌山ツアー・後編

2016年5月31日 

今朝は、寒くもなく暑くもなく、絶好のウォーキング日和、なかなか気持ちの良い朝だった。

IMG_2860

しかし、昼間は気温も上がり、真夏とまでは言わないが、少し動くと汗ばむ陽気。

今日は打ち合わせやら、なんだかんだと、朝から夕方まで外に出ていたのと、車で移動していたので、屋外の駐車場に停めておいて、しばらくしてドアを開けると、中はサウナのような状態。

けっこう暑かった。

.

さて、昨日の和歌山行の続き。

珈琲百物語というお店を後にしたら、こんどは自家焙煎の珈琲専門店へ行ってみた。

P1070714 P1070716

行った先は、『自家焙煎珈琲もくれん』さん。

交通の便が良い場所にあるわけでもなし、近くに何かがあるわけでもなし、住宅街と言うべきか、それにしては住宅の密集度合いも低い感じなのだが、そこの現れる不思議な空間。

独特の空気感を持ったな横丁の一角に、その店はあった。

P1070711 P1070713

「焙煎度合いは?」ときいたら、「うちは、基本まっ黒です」と、豆を見せてくれた。

確かに、Verdi のインディア以上の黒さ!

それをネルでていねいに淹れてくれるのだが、見た目通りスモーキー&ビターなのに、少し砂糖を入れたら、スーッと軽くなる。

立地的に、そんなに良いとは思えない場所なのに、けっこう多くのお客様が入っていて、人気の高さが窺えた。

P1070718

深煎りの珈琲を飲んだら、今回の主目的である『匠 太平』さんへ。

目についたケーキを数種類購入してみた。

P1070728 P1070733

P1070737 P1070726

P1070731 P1070729

P1070738

こちらのケーキは、決して奇を衒わず、最近の流行とは一線を画す、オーソドックスなものが多い。

同時に、そんなオーソドックスなものが、どれも高い完成度で、素直にとても美味しい。

まさに、王道を極めている店と言っても過言ではないだろう。

ケーキでも珈琲でも、雑誌などを見ると、「新しい」をコンセプトに、見た目の派手さやスタイルだけが先行しているものがあふれている。

でも、「新しい」ものは、遠くない将来「新しくない」ものに劣化してしまい、もう少し先には「古い」ものになってしまう運命を持っている。

しかし、王道は、決して新しくないが、時間の経過とともに、古くなると言うより、深くなっていくもの。

Verdi の珈琲は、決して新しいものではないが、しっかりと王道を極めたものであるよう、私たちは日々努力しているわけで、そういう点で『匠 太平』さんには、共感できるものが多かった。

目新しいものは、それだけでアドバンテージがある一方、伝統的なものは、クオリティの追及でしか差別化は図れない。

私たちも頑張らねばだばぁ、と、思った。

.

ケーキを購入したら、京都へ戻るまでに、「道の駅」で野菜などを購入。

新鮮で安いものがいっっぱいだった。

P1070719

そんなわけで、明日は店長土田の日記です。

どうぞお楽しみに。

日帰り弾丸和歌山ツアー・前編

2016年5月30日 

朝のウォーキング、雨が降っていたらお休みなのだが、今朝は雨天中止になるだろうと思っていたら、なぜか5時過ぎに雨音が聞こえなくなる。

まぁ、休みたいわけではないので良いのだが、どうしてこうも、雨の日でもピンポイントで午前5時半~6時半の間は雨が降らないのだろうか?

でも、やはり毎朝歩いている人の多くは、今朝は雨天中止を決め込んでいたようで、いつもと比べると、毎朝すれ違うはずの人と、ほとんど会わずにウォーキングを終えた。

かわりに、つがいの鴨とすれ違い♪

IMG_2839 IMG_2838

さて、そんなわけで、雨のち晴れの今日は、和歌山でしょ!

ってことで、娘たちを送り出したら、カミさんと一緒に和歌山へ行ってみた。

まずは腹ごしらえ。

何軒か候補を出して、車の中でカミさんに、どこへ行くか選んでもらったのだが、「チーズフォンデュが食べたい」という一言で、「ヴァベーネ」というイタリアンへ行くことになった。

 P1070674

フォンデュランチは、シーザーサラダとプリフィクスのピッツァとパスタ、ドルチェがついて、一人2,000円弱。

ピッツァはマルゲリータをチョイスした。

P1070661 P1070663

そして、チーズフォンデュ。

チーズにつける具材は、バゲットオンリー。

実は、私はチーズフォンデュと言うものに全く魅力を感じていなかったので、今回初めて食べた。

P1070664 P1070666

パスタは、日替わりの「豚肉といんげんのトマトソース」をチョイス。

P1070670 P1070671

ドルチェ盛り合わせと、紅茶で〆。どの皿も、期待値通りであった。

.

お昼を食べたら、せっかく和歌山へ来たのだから、和歌山城へ。

昔の甲冑ってカッコイイ!

P1070682 P1070685

口元は、ハンニバルっぽくってカッコイイし、頭部分は、ダースベイダーっぽくていいですねぇ・・・

P1070688 P1070690

天守閣から望む和歌山市内、青空も見えて来て、とても清々しい光景であった。

IMG_2852

和歌山城を後にしたら、「珈琲百物語」というお店へ。

P1070710

プリン ア ラ モードと、フレンチトースト。

P1070705 P1070709

こちらも、概ね予想通りであったが、比較的年齢層が高め。

京都だったら、私より下の年代の人が主要顧客になりそうな店なので、ちょっと意外だった。

それにしても、こうやって初めての場所へ行って、いろんなお店で食べると、その土地の食文化が分かって面白い。

しかし、とりあえず夜までには京都へ戻らねばなので、食べ終えたら急いで次の店へ向かうのであった。

つづく

このページの先頭へ