自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. 下鴨店TOP
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記
  3. 店主の休日

店主の休日

久しぶりに

2019年3月19日 

今日は以前から一度一緒に珈琲店めぐりをしようと約束していた、本店スタッフの西本と二人で京都市内の珈琲店を飲み歩き。

まずは、京都の自家焙煎と言えばココと言っても過言ではない六曜社地下店から。

40年近く、全く変わらずに営業し続けるということの凄さを感じさせる。

大坊さんや標さんはすでに亡くなり、田口さんや関口さんはカウンターの第一線を退いてすでに久しい中、数少ない現役の伝説的な自家焙煎店主と言える奥野さんの姿を最初に見せておきたくてこの店をスタート地点にしてみた。

軽い深煎り珈琲というものを初めて知ったのは六曜社地下店であった。

そして、つい注文してしまうドーナツ、恐ろしいスピードで世の中が変わっていく中、変わらない時間の流れがここにあるということに素晴らしさを感じる。

そして、少しずつ時代を今に移していき、最後は今風のお店2軒を回った後、少しお腹もすいたということでオ タン ペルデュさんでスイーツを。

先日カミさんが食べていて美味しそうだったので、ディプロマットをハーブティーと一緒に注文。

最後はコラソンさんで〆て珈琲店巡りは終了。

結局、お昼過ぎから回りはじめ、5軒で珈琲を飲んでみた。

一日で昔ながらのお店、Verdi より少しあとの世代のお店、そしてサードウェーブと言われるコーヒーブーム到来後にできたお店を回るとなかなか面白い。

「珈琲」というものの位置づけも、年代によって全く違っているように思えた。

 

そして、今日は東京でインド料理を食べるとき、いつも胃袋を貸してくれる後輩が仕事の帰りに京都に立ち寄ったので、一緒に夕食をとることにした。

もちろんインド料理なのだが、東京では決して食べられないものを楽しんでもらおうと向かった先は烏丸紫明。

まずはパンチサラダから。

これ、イタリアンの前菜と言っても誰も文句は言わないであろう激旨温野菜サラダ。

続いて、白子65サラダ

これがなかなかのインパクトで、とても美味しかった。

断面をアップで

マトンとクレソンのニハリ

最後は、これも本当にインパクト大な味のホタルイカサートチャトニマサラ。

この刺激的なカリーは、東京でも絶対食べられない逸品。

後輩も少なからぬショックを受けていたが、それよりもインド料理初挑戦の西本がとても美味しいと絶賛していた。

ヌーさんのカリーをベースにしてしまったら、京都中のほとんどのインド料理店で食べられなくなってしまうからちょっとかわいそうなことをしたかもしれない。

ファルーダで〆

今夜も美味しく頂きました。

パスタとカレー

2019年3月5日 

今日は造形芸大店が定休日だったので、私も朝はちょっとゆっくりしてウォーキングはお休み。

昨日は雨だったので体がなまりそうだが、まぁ明日から再び頑張ろう。

で、朝はいつもよりゆっくりだったが、午前中に一つ会議があったので出席したのち、カミさんと久しぶりにアズーロさんでランチを頂いた。

前菜・パスタとも2種類注文してシェアさせてもらった。

鴨肉のゼリー寄せ

サンマのソットオーリオ

聖護院かぶらのポタージュ

アマトリチャーナ

自家製フィットチーネ 生ハムと人参

エスプレッソで〆

アズーロさんは気軽さもあって、ちょくちょく足を運んでいたのだが、このところなんだかんだで伺えていなかったのでちょっと久しぶり。

普段は昼より夜に利用することが多いので、次に夜来たとき何を頂こうかと黒板を見ていたら、リガトーニ ホルモンのグラタンというのがあって、これは次回ぜひ食べたいと思った。

 

お昼過ぎから、学校のご担当者と打ち合わせの予定が入っていたので昼食をとったら私は造形芸大へ。

打ち合わせが終わったら、その足でこんどは歯医者へ。

けっこうタイトな午後になったのだが、昼食をとりながらカミさんが「今夜のごはん、何にしようかな?」と言うものだから、つい出来心で「カレーでも作ろうか?」と言ったら「作って」と言われたので帰宅したらタマネギ切りから。

で、カミさんがチキンな気分ではないということだったので、たまにはということでシーフードカレーを作ってみた。

マラバール風シーフードカレー

玉ねぎを切るところから出来上がりまでで、ほんの30分という簡単カレー。

わりと美味しく食べられた。

またちょくちょく、と言ったらカミさんの目が輝いてしまいそうなので、また気が向いたら作ることにしよう。

実は・・・

2019年2月19日 

先日、これを食べに行った。

食べていたら、なんだか固いものを噛んでしまい、それを出したら奥歯が割れてしまっていた。

もう5年ほど前に、かなり横めに生えていた親知らずを抜いたのだが、そのとき親知らずに圧迫されていた奥歯に少し亀裂が入っていたのではないかと思う。

5年の時を経て割れてしまったようなのだが、当初痛みは感じていなかったのだが、昨日歯医者さんへ行ってとりあえずの処置として詰め物をしてもらったら、急に下あご全体が痛くなって、けっこう辛い二日間を過ごしている。

明日、再度歯医者さんへ行って、ちゃんと処置をしてもらう予定なのだが、歯が痛いと本当に何もする気にならないもの。

今日は午前中に会議があって、そのあと下鴨へ行って店の事務関係の仕事を終えて帰宅したら、何もする気になれずテレビを見たり昼寝をしたりと、ひさしぶりにぐーたらな一日を過ごしてしまった。

明日、歯医者さんへ行って、明後日には心身ともに復帰します。

皆様も、歯は大切にしましょう。

久しぶりにゆっくり

2019年1月15日 

世間では年末年始のお休みはとっくに終わり、もうすっかり仕事モードにはいっているのだが、私は年始からずっとバタバタしていたので、今日は久しぶりに一日お休み。

造形芸大店も、遅めの冬休みを頂いている下鴨店も営業していないので、店から電話がかかってくる心配もなく、久々ゆっくり寝てしまった。

8時半ごろに起きて、洗濯機を回してから、1本ビデオを見ていたとき、そういえば今日は全豪オープンだったとテレビをつけたら錦織選手は第一セットを予選勝ち上がりの若手選手に取られていて、第二セットも先にブレイクされるという苦しい展開。

危ういところでブレイクバックして、タイブレイクに持ち込んで、これで1セット取り戻せると思ったら、まさかの2セット連取されてしまうという展開・・・

しかし、今日は長女の携帯電話の機種変更と買い物に付き合うことになっていたので、後ろ髪惹かれながら高野のソフトバンクショップへ。

機種変更が終わったころ、2セット取り戻してファイナルセットで相手棄権により2回戦進出が決まったことを知り一安心。

相手選手は初のグランドスラム本戦で、しかも相手がトップ10選手ということもあり、最初から飛ばしすぎて息切れしたのかもしれない。

 

さて、高野まで来ていたので、そのままランチは今年初のアズーロさんへ。

やはり、年が明けた後は行きつけのお店に一通り行っておかないと、な感じなので、今日は昼にパスタを頂くことにした。

ランチセットのサラダ

ごぼうのポタージュ

パレルモ風魚卵のスパゲッティ

エスプレッソで〆

ぼちぼち他の店にも行くことにしよう。

食べたかった。

2019年1月7日 

このところ、はっきりしない天気の日が多かったが、今日は朝から晴れて久しぶりに好天の一日かと思っていたら、やはり午後は曇ってきた。

そんな今日は一日休みをもらって、家の用事や店の買い物など。

その買い物ついでに天丼を食べに行った。

天丼なんて、どこでも食べられると思われるかもしれないが、私は京都風の天丼ではなく東京風の天丼が好きなのに、京都ではなかなか好みにあるものが見当たらない。

東京でサラリーマンをしていたころは、会社から歩いて行ける神田あたりの天ぷら屋さんで、ちょくちょく昼食に天丼を食べていた。

ごま油でカリッと揚がった天ぷらに、甘辛いたれをかけるとジュワッという音がして、丼からはみ出る海老や穴子を一口噛むと、サックリとした食感にごま油の香りが後に残る、ある意味ソウルフードのような食べ物だった。

まぁ、そばなどは東京の真っ黒い出汁のものより、京都の物の方が好きなのだが、こと天丼とうな丼については関西風より東京風の方が好きだったりする。

で、ちょっと前からカミさんに「東京風の天丼が食べたい」と言っていたら、カミさんがいろいろと調べてくれて、丁度今日はヨドバシへ買い物に行く予定があったので、そのヨドバシの6階に「日本橋からり」という天ぷらと蕎麦のお店があると教えてくれたので行ってみた。

サックリと揚がっていて、甘辛いタレもいい感じだったのだが、いかんせん上品な味わい。

あの、ちょくちょく神田で食べていたジャンキーなソウルフードとしての天丼とはちょっと違った。

そんなわけで、私の天丼探訪は続くのであった。

このページの先頭へ